ザ マーガレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ マーガレット
The Margaret
愛称・略称 ザマ
ジャンル 少女漫画
読者対象 少女
刊行頻度 季刊
(3月(春号)、6月(夏号)、9月(秋号)、12月(冬号)24日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 760円
出版社 集英社
編集部名 ザ マーガレット編集部
発行人 今井孝昭
編集長 河野万里子
雑誌名コード 14149
刊行期間 1982年2月 -
発行部数 20,000部(2020年10月 - 12月日本雑誌協会調べ)
姉妹誌 マーガレット別冊マーガレット
ウェブサイト 最新号のザ マーガレット
テンプレートを表示

ザ マーガレット』は、集英社が発行する日本漫画雑誌。3月(春号)、6月(夏号)、9月(秋号)、12月(冬号)24日発売(日曜、祝日の場合はその前日)。『ザ・マーガレット』とも表記される[1]

マーガレット』、『別冊マーガレット』、『Cookie』、『Cocohana』、『りぼん』で活躍する漫画家の長編読み切りが主であるが、シリーズ作品や連載作品も掲載されている。

概要[編集]

  • 1982年 - 2月に創刊。当初は不定期刊。
  • 1989年 - 隔月刊(奇数月刊)誌となるが、偶数月は増刊を発行し、実質的に月刊誌となる。
  • 1997年 - 正式に月刊誌となる。
  • 2011年 - 2月号より隔月刊(偶数月刊)誌に戻した。
  • 2019年 - 12月24日、2020年より季刊誌化(3月、6月、9月、12月)されることが発表された[2]
  • 2020年 - 2021年3月24日発売の2021年春号より、ロゴ及び判型A5判からB5判サイズに変更、紙版と同日に電子書店での配信が行われ、『ザ マーガレット 新人マンガ大賞』が創設される事が発表された[3][4]

現在連載中の作品[編集]

※ 2021年3月24日(2021年春号)現在。作品名五十音順。

過去の主な連載作品[編集]

作品名五十音順。

関連誌[編集]

印刷証明付き発行部数[編集]

  • 2003年9月1日 - 2004年8月31日、216,666部
  • 2004年9月 - 2005年8月、200,000部
  • 2005年9月1日 - 2006年8月31日、198,333部
  • 2006年9月1日 - 2007年8月31日、177,916部
  • 2007年10月1日 - 2008年3月、167,084部
  • 2008年4月 - 6月、165,000部[8]
  • 2008年7月 - 9月、163,334部[8]
  • 2008年10月 - 12月、160,000部[8]
  • 2009年1月 - 3月、156,667部[8]
  • 2009年4月 - 6月、151,667部[8]
  • 2009年7月 - 9月、150,000部[8]
  • 2009年10月 - 12月、145,000部[8]
  • 2010年1月 - 3月、141,667部[8]
  • 2010年4月 - 6月、133,334部[8]
  • 2010年7月 - 9月、126,667部[8]
  • 2010年10月 - 12月、121,667部[8]
  • 2011年1月 - 3月、120,000部[8]
  • 2011年4月 - 6月、108,000部[8]
  • 2011年7月 - 9月、108,000部[8]
  • 2011年10月 - 12月、108,000部[8]
  • 2012年1月 - 3月、108,000部[8]
  • 2012年4月 - 6月、108,000部[8]
  • 2012年7月 - 9月、108,000部[8]
  • 2012年10月 - 12月、105,000部[8]
  • 2013年1月 - 3月、100,000部[8]
  • 2013年4月 - 6月、100,000部[8]
  • 2013年7月 - 9月、95,000部[8]
  • 2013年10月 - 12月、95,000部[8]
  • 2014年1月 - 3月、90,000部[8]
  • 2014年4月 - 6月、89,000部[8]
  • 2014年7月 - 9月、88,000部[8]
  • 2014年10月 - 12月、84,000部[8]
  • 2015年1月 - 3月、83,000部[8]
  • 2015年4月 - 6月、75,000部[8]
  • 2015年7月 - 9月、73,000部[8]
  • 2015年10月 - 12月、68,000部[8]
  • 2016年1月 - 3月、63,000部[8]
  • 2016年4月 - 6月、58,500部[8]
  • 2016年7月 - 9月、55,000部[8]
  • 2016年10月 - 12月、52,000部[8]
  • 2017年1月 - 3月、50,000部[8]
  • 2017年4月 - 6月、49,000部[8]
  • 2017年7月 - 9月、46,000部[8]
  • 2017年10月 - 12月、41,500部[8]
  • 2018年1月 - 3月、40,000部[8]
  • 2018年4月 - 6月、38,000部[8]
  • 2018年7月 - 9月、36,000部[8]
  • 2018年10月 - 12月、33,000部[8]
  • 2019年1月 - 3月、26,000部[8]
  • 2019年4月 - 6月、24,000部[8]
  • 2019年7月 - 9月、23,000部[8]
  • 2019年10月 - 12月、22,000部[8]
  • 2020年1月 - 3月、20,000部[8]
  • 2020年4月 - 6月、20,000部[8]
  • 2020年7月 - 9月、20,000部[8]
  • 2020年10月 - 12月、20,000部[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 誌名は、表紙と『マーガレット』公式サイトでは『ザ マーガレット』、『別冊マーガレット』公式サイトでは『ザ・マーガレット』と表記。
  2. ^ ザ マーガレットが隔月刊誌から季刊誌に、次号は3月発売”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年12月24日). 2018年12月24日閲覧。
  3. ^ ザ マーガレットが次号リニューアル、マーガレットや別マと同じB5判サイズに”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年12月23日). 2020年12月26日閲覧。
  4. ^ ザ マーガレットが新装刊!B5判サイズになって、新連載が3本スタート”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年3月24日). 2021年3月25日閲覧。
  5. ^ a b c ひうらさとる、石井まゆみ、あいざわ遥のYOU連載作がザ マーガレットに移籍”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年12月22日). 2018年12月24日閲覧。
  6. ^ 2021年春号より連載化。
  7. ^ 阿坊鴨から改名。『Cookie』2017年11月号113頁。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay 1号あたりの平均印刷部数”. 印刷部数公表. 一般社団法人 日本雑誌協会. 2020年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]