えばんふみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
えばん ふみ
生誕 ????9月19日
日本の旗 日本福岡県
職業 漫画家
活動期間 2004年 -
受賞 第55回りぼん新人漫画賞準入選
テンプレートを表示

えばん ふみ9月19日[1] - )は、日本漫画家福岡県出身[2]血液型はA型[1]集英社の漫画雑誌『りぼん』を中心に執筆活動を展開していた。

2004年、第55回りぼん新人漫画賞で準入選を受賞し、デビュー。当初は「江斑ふみ(えばんふみ)」というペンネームで活動していたが、初連載作品である「木々のゆくえ」からは「えばんふみ」と改名して活動している。なお、「えばんふみ」というペンネームは、小中学時代のあだ名「ふみばん」にちなんでいる[3]

2011年を最後に『りぼん』での活動を終え、2012年から白泉社の『花とゆめ』で読み切りや短期連載を発表している。ちなみに、『花とゆめ』でのペンネームは「夏芽ミカン(なつめ みかん)」であり、2015年からはTwitterでも「えばんふみ/夏芽ミカン」の名前で記事を投稿している。

集英社の『Cookie』2016年1月号から再び「えばんふみ」の名前で活動を始めている。

作品リスト[編集]

江斑ふみ名義[編集]

  • 春風吹く島(デビュー作・2005年『りぼん冬休みびっくり大増刊号』掲載)
  • ハーモニー(2005年『りぼんオリジナル4月号』掲載)
  • サンタになりたい(2006年『りぼん冬休みチャレンジ!大増刊号』掲載)
  • ミドリの架け橋(2006年『りぼん春のチャレンジ!大増刊号』掲載)
  • きっと輝ける(2006年『りぼん夏休み超びっくり大増刊号』掲載)
  • 3月の夢(初本誌・『りぼん』2007年3月号掲載)
  • 声になる(2007年『りぼん春の超びっくり大増刊号』掲載)

※単行本では「えばんふみ」で統一

えばんふみ名義[編集]

  • 木々のゆくえ(初連載・全3回・『りぼん』2007年7月号 - 9月号掲載)
  • 光の巣へ(連載・全6回・『りぼん』2007年12月号 - 2008年5月号掲載)
  • こもれび。(連載・全5回・『りぼん』2008年8月号 - 12月号掲載)
  • 温度(2009年『冬休み大増刊号りぼんスペシャル』掲載)
  • だけど、あまのじゃく(2009年『夏の大増刊号りぼんスペシャルハート(およびダイヤ)』掲載)
  • 夜明け前に(2010年『冬の大増刊号りぼんスペシャル』掲載)
  • ブルーフレンド(連載・『りぼん』2010年5月号 - 11月号および2011年『冬の大増刊号りぼんスペシャル』掲載)
  • 君と僕のさがしもの(2010年『夏の大増刊号りぼんスペシャルオレンジ』掲載)
  • ブルーフレンド〜second season〜(連載・『りぼん』2011年7月号 - 11月号掲載)
  • ブルーフレンド〜虹色の彼女〜(2011年『秋の大増刊号りぼんスペシャルリアル』掲載[4]) - 『青春はゾンビでした』第1巻に収録
  • 青春はゾンビでした[5](『Cookie』2016年1月号[6] - 2017年7月号[7]、全3巻)
  • 幼な妻でごめんっ[8](『ザ マーガレット』2017年8月号)

夏芽ミカン名義[編集]

  • 迷子の果実(『花とゆめ』2012年8号掲載) - 第434回HMC優秀賞・新人賞受賞
  • 歌えないFairy(『花とゆめonline』掲載)
  • まるふく片想い(『花とゆめonline』、『花とゆめ』2012年15号掲載)
  • 大みそか、ぼっちなう?(『花とゆめ』2013年1号掲載)
  • キスはアドリブで(『ザ花とゆめ』2013年6/1号掲載)
  • フジョシ×コイカツ(『花とゆめ』2013年21号掲載)
  • 春の3人の帰り道(『花とゆめ』2014年13号掲載) - 高屋奈月フルーツバスケット』のトリビュート漫画
  • パパには秘密なのですが(『花とゆめ』2014年14号 - 16号・19号・22号掲載)
  • うさぎくんのしつけ方。(『花とゆめ』2015年6号・12号・13号掲載)
  • 恋するストーカー(『ザ花とゆめ』2015年12/1号掲載)

書誌情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b えばんふみ先生のデータ 2011年11月15日閲覧。
  2. ^ えばんふみ先生 インタビュー 2010年4月1日更新、2011年11月15日閲覧。
  3. ^ このあだ名は、彼女の留守中に友達から電話がかかって来た際、応対した弟が「ふみばんは、今いないよ。」と言ったことに由来する(単行本『光の巣へ』の巻末おまけページより)。
  4. ^ 谷川史子、りぼんに12年ぶり執筆!増刊リアルに読み切り”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年10月21日). 2017年1月3日閲覧。
  5. ^ 作品紹介『青春はゾンビでした』”. 集英社 Cookie公式サイト. 2017年1月3日閲覧。
  6. ^ 「NANA」の“それから”テーマにした、矢沢あい描き下ろしカレンダー”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年11月26日). 2017年1月3日閲覧。
  7. ^ えばん ふみ 2017年5月26日のツイート2017年5月28日閲覧。
  8. ^ えばん ふみ 2017年6月24日のツイート2017年6月29日閲覧。
  9. ^ 青春はゾンビでした/1|えばん ふみ|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2017年1月3日閲覧。
  10. ^ 青春はゾンビでした/2|えばん ふみ|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2017年1月3日閲覧。

外部リンク[編集]