ぶ〜け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ぶ〜け』は、集英社1978年から2000年まで発行していた少女漫画誌。「ぶ〜け」はbouquet のひらがな表記である。

概要[編集]

  • 1978年マーガレット』の妹誌『プチ・マーガレット』と『りぼん』の妹誌『りぼんDX』を母体に創刊(1978年9月号)。“マーガレットをりぼんで束ねてぶ〜け”ということでこの誌名がついた。初めてのA5判少女漫画月刊誌であった。両雑誌に掲載された人気作品が再録されるのが目玉だった。
  • 1980年 ぶ〜けコミックスが発刊。
  • 1980年ぶ〜けデラックス』が創刊。
  • 1983年ぶ〜けせれくしょん』が創刊。
  • 1989年 創刊以来の編集長佐治輝久が、5月号を最後に交代。創刊から休刊までの本誌の、ちょうど半分を担当したことになる。
  • 1994年 12月、ぶ〜けマーガレットコミックススタート。マーガレットコミックス(MC)へのレーベル統合が始まる。
  • 1996年 1月号より判型を変更。A5判からB5判へ。レディースコミック的な内容の漫画が増えてくる。
  • 1999年りぼん』との共同編集(ただし編集長は『ぶ〜け』の編集長が務めた)で、増刊『Cookie』が創刊。
  • 2000年 3月号限りで事実上廃刊。これに伴い『Cookie』が月刊誌に昇格(2000年7月号から)。

主な掲載作品[編集]

ぶ〜けデラックス[編集]

ぶ〜けデラックス(ぶ〜けDX)』は、『ぶ〜け』の増刊雑誌として1981年に創刊された。不定期刊。全68冊。

2000年『ぶ〜け』が休刊した後も『Cookie』増刊として発行されたが、同年AUTUMN号を最後に休止、2001年から『クッキーボックスCookie BOX)』が発行されるようになった。

ぶ〜けせれくしょん[編集]

ぶ〜けせれくしょん』は、それまでに発表された漫画作品のアンソロジーや漫画家についての特集などを収めた雑誌。1983年から7冊刊行された。

第1号は1983年、第2号(内田善美特集号)は1984年、第3号(水樹和佳特集号)・第4号(松苗あけみ特集号)は1985年、第5号(吉野朔実特集号)は1987年、第6号は1989年、第7号は1990年に発行。

外部リンク[編集]