吉野朔実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉野 朔実
生誕 (1959-02-19) 1959年2月19日
日本の旗 日本大阪府
死没 (2016-04-20) 2016年4月20日(57歳没)
職業 漫画家
活動期間 1980年 - 2016年
ジャンル 少女漫画青年漫画エッセイ漫画
代表作少年は荒野をめざす
ジュリエットの卵[1]
テンプレートを表示

吉野 朔実(よしの さくみ、1959年2月19日 - 2016年4月20日)は、大阪府出身の日本漫画家血液型O型。

概要[編集]

父の転勤で熊本東京などを転々とした。千葉県立柏高等学校を経て[2]短期大学[3]

1980年に「ウツよりソウがよろしいの!」(ぶ〜け)でデビュー。『ぶ〜け』誌を中心に作品を発表していたが、集英社との専属契約が切れたため、小学館の雑誌に活動の場を移している。『瞳子』で青年誌にも進出した。

1985年から『ぶ〜け』に連載された『少年は荒野をめざす』と、引き続いて1988年より『ぶ〜け』に連載された『ジュリエットの卵』が代表作。クールで分析的な作風で、しばしば心理学を題材とする。青年期アイデンティティ・クライシスを描くために、直接的・間接的に双子を扱った作品が多い。

作風は、松苗あけみ山本直樹の影響を受けたと語っており、歌人の穂村弘や精神科医の春日武彦との交友関係が知られている。

文学にも造詣が深く、『本の雑誌』で書評エッセイを連載したほか、NHKの書評番組である『週刊ブックレビュー』にも、過去数回、書評者として出演した。

2016年4月20日に死去した。57歳没[1]。小学館側の発表では「病気のため逝去」としか語られておらず、詳細な死因は明らかにされていない[4][5]。晩年の活動としては2003年から2014年まで『月刊IKKI』に『period』を長期連載して完結させ、死の直前である2016年には『月刊フラワーズ』6月号に読み切り「いつか緑の花束に」とインタビューを掲載、『本の雑誌』には「吉野朔実劇場」の連載を続けていた[6]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

絵本[編集]

  • プレゼントをあげる(大和書房、1999年)
  • ましまる おかえりなさいをきくまでは(大和書房、2001年)

カバーイラスト[編集]

挿絵・挿入漫画など[編集]

  • つまらない人生入門 (鬱屈大全)(アスペクト春日武彦、2011年)
  • 精神のけもの道―つい、おかしなことをやってしまう人たちの話(アスペクト、春日武彦、2008年)
  • 「治らない」時代の医療者心得帳―カスガ先生の答えのない悩み相談室(医学書院、春日武彦、2007年)
  • 精神のけもの道―つい、おかしなことをやってしまう人たちの話(アスペクト、春日武彦、2008年)
  • つまみぐい文学食堂(角川書店、柴田元幸、2006)(角川文庫、2010)

エッセイ[編集]

  • こんな映画が、吉野朔実のシネマガイド(パルコ出版局、2001年)
  • 眠れない夜には星を数えて(大和書房、1996年)
  • お父さんは時代小説(チャンバラ)が大好き(本の雑誌社、1996年)(角川文庫、2002)
  • お母さんは「赤毛のアン」が大好き(本の雑誌社、2000年)(角川文庫、2004年)
  • 弟の家には本棚がない(本の雑誌社 2002年)
  • 犬は本よりも電信柱が好き(本の雑誌社 2004年)
  • 本を読む兄、読まぬ兄(本の雑誌社 2007年)
  • シネコン111 吉野朔実のシネマガイド(エクスナレッジ、2007年)
  • 狂気な作家のつくり方(本の雑誌社 2009年、平山夢明と共著)
  • 神様は本を読まない(本の雑誌社 2010年)
  • 悪魔が本とやってくる(本の雑誌社 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ a b “漫画家の吉野朔実さん死去 「少年は荒野をめざす」”. 朝日新聞. (2016年5月2日). http://www.asahi.com/articles/ASJ525JV5J52UCVL01S.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr01 2016年5月2日閲覧。 
  2. ^ https://twitter.com/eguchinn/status/727066228682969088” (日本語). Twitter. 2020年11月13日閲覧。
  3. ^ 紀伊国屋書店著者紹介
  4. ^ 小学館コミック「月刊flowers」公式サイト
  5. ^ 【訃報】吉野朔実さん - 本の雑誌特派員|WEB本の雑誌
  6. ^ 吉野朔実が病気のため逝去(2016年5月2日)、コミックナタリー2016年5月2日閲覧。