中村佐喜子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 佐喜子(なかむら さきこ、1910年5月7日 - 1999年10月10日[1])は、日本翻訳家作家。本名は石川佐喜子

経歴[編集]

北海道札幌市出身[1]日本女子大学英文科卒業[1]1942年に発表した小説『雪のりんご畑』が改造社の文芸推薦を受け、その後数作を発表。戦後は翻訳家としての活動が中心となり、数多くの英米文学の翻訳を行う[1]。中でも角川文庫版『赤毛のアンシリーズ』は、その格調高く、且つ温かみのある訳文によって親しまれ、村岡花子訳の新潮文庫版とともにロングセラーとなった[1]

その他の著書に評伝『ロレンスを愛した女たち』、エッセイ『トマス・ハーディの全小説を楽しむ』などがある[1]

著書[編集]

小説[編集]

  • 雪のりんご畑 1942
  • 流離 新潮社 1958
  • 楡の葉に残す記録 1975 ※毎日新聞社「現代の女流文学 第8巻」収録

評伝[編集]

エッセイ[編集]

  • トマス・ハーディの全小説を楽しむ 三月書房 1991

翻訳[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 『婦人公論』1999年11月22日号、p90「メモリアル - 盛田昭夫・酒井美意子・中村佐喜子」

参考資料[編集]

  • 婦人公論 1999年11月22日号「メモリアル - 盛田昭夫・酒井美意子・中村佐喜子」