稚野鳥子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
稚野 鳥子
生誕 ????8月25日
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1988年 -
ジャンル 少女漫画
代表作 天国の花
クローバー
公式サイト Torico-lore
テンプレートを表示

稚野 鳥子(ちや とりこ、8月25日[1] - )は、日本漫画家血液型はO型[1]

来歴[編集]

1984年女子美術短期大学(現・女子美術大学短期大学部)卒業後、ホテルグループOLを経て、1987年に『ぶ〜け』(集英社)まんが家養成コース長編部門第2席。その後「半透明のトビラ」(『ぶ〜け』1988年11月号)で漫画家デビュー[1]

『ぶ〜け』『コーラス』『Cocohana』(いずれも集英社)や『Kiss』(講談社) などで活躍。代表作は『天国の花』『クローバー』など。

1997年から連載の『クローバー』は、ホテル会社に勤めるOLを主人公としており、自身の経験が反映された作品。同作連載中に利き手を痛め長期休載した。2014年11月1日、実写映画が公開された。

2014年9月から『Cocohana』にて「家族スイッチ」[注 1]と「クローバー trèfle」を、『Kiss』にて「東京アリス」をそれぞれ連載している。

作品リスト[編集]

  • 団地階段会談
  • MIRACLE - 単行本全4巻
  • 薔薇柄の欲しい年頃
  • わたしの一番好きな人
  • 天使に聞いて - 単行本全4巻、文庫版全2巻
  • 天国の花 - 単行本全6巻、文庫版全4巻
  • クローバー(1995年 - 2010年、『ぶ〜け』・『Cookie』・『コーラス』、集英社)- 単行本全24巻、文庫版全13巻
    • クローバー trèfle(2012年 - 連載中、『Cocohana』、集英社)単行本既刊8巻
  • 東京アリス(2005年 - 2015年、『Kiss』、講談社)- 単行本全15巻
  • 家族スイッチ(2010年 - 休載中、『コーラス』→『Cocohana』)- 単行本既刊4巻
  • 月と指先の間(2015年 - 、『Kiss』[2]) - 単行本既刊3巻

その他[編集]

  • ちやとり図鑑(イメージアルバム)
  • アニバーサリー 〜デビュー25周年記念出版〜(イラスト集、河出書房新社

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 休載中
  1. ^ a b c Cocohana | 作家プロフィールより(2014年9月5日閲覧)
  2. ^ 稚野鳥子が55歳の女性マンガ家描く新連載「月と指先の間」Kissで開幕”. コミックナタリー (2015年9月25日). 2015年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]