中野祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中野 祐介(なかの ゆうすけ、生年不詳 - 1997年11月25日[1])は日本編集者。『週刊少年ジャンプ』第2代編集長、『週刊ヤングジャンプ』初代編集長[2]

来歴[編集]

早稲田大学中退後、出版社でアルバイトをしていたが、嘱託として集英社に採用され、その後準社員を経て社員となる[3]。『りぼん』『少年ブック』の編集を経て『少年ジャンプ』(後の『週刊少年ジャンプ』。創刊時は月二回刊。)の創刊に同誌初代副編集長として参加。編集長の長野規を補佐して西村繁男らと共に『少年ジャンプ』の発展を支えた。

1974年、長野規の後を継ぎ『週刊少年ジャンプ』編集長に就任。在任中には「サーキットの狼」などのヒットで発行部数を200万部に伸ばす。ただ『少年ジャンプ』編集長在任中の1976年に入院し胃の摘出手術を受けたため、以後の2年間は副編集長の西村が実質的な采配を行っていたという[4]

1978年に『週刊少年ジャンプ』を離れ『ヤングジャンプ』(後の『週刊ヤングジャンプ』。創刊時は月二回刊。)の創刊編集長に就任。同じくジャンプを離れた角南攻らと共に同誌の発展に尽力した[2]

人物[編集]

漫画家の面倒見が良く、特に貸本漫画から一般漫画誌に転向した川崎のぼるを育てたのは中野であるという。成人したばかりの川崎を上京させ、生活の面倒を見、ストーリーの作り方を指南し、人生教訓まで指南した。 川崎は『週刊少年マガジン』に引き抜かれたためジャンプ創刊号より連載することは叶わなかったが、中野を「おやじ」と呼び、漫画業界における一番の恩人として慕っていた。

漫画編集者としては長野規と西村繁男という強烈な個性の持ち主に挟まれ、苦労も多かったことが西村繁男の著書よりしのばれる。

参考文献[編集]

  • 「BEARS 30th LEGEND 週刊YJクロニクルズ」『週刊ヤングジャンプ』2009年7号(1月29日号、31巻5号、通巻1424号)集英社、434 - 435頁

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「東京12チャンネルの挑戦」(金子明雄著、三一書房、1998年)p.127
  2. ^ a b 「週刊YJクロニクルズ 第2回」。
  3. ^ 西村繁男「さらばわが青春の『少年ジャンプ』」(飛鳥新社)p.33
  4. ^ 「さらばわが青春の『少年ジャンプ』」p.225
先代:
-(創刊)
週刊ヤングジャンプ編集長
初代(1979年 - 1983年?)
次代:
角南攻(1983年 - 1992年