一ツ橋グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小学館(左手前)と集英社(右奥)(2005年12月撮影[1]

一ツ橋グループ(ひとつばし-)は、日本の大手出版社である小学館集英社を中核とする企業グループである。出版社としては、講談社光文社を中心とする「音羽グループ」や、KADOKAWAを中心とする「KADOKAWAグループ」とともに代表的な企業グループといえる。

概要[編集]

名称は小学館及び集英社の本社所在地である東京都千代田区一ツ橋に由来する。なお小学館の創業地ではなく、東京商科大学(現在の一橋大学)が1933年に国立市へ移転した際、跡地と旧校舎を取得してからである。

小学館を創設した相賀一族が、当時学習雑誌の出版が主体であったため、娯楽雑誌部門として集英社を設立。後に小学館自身も娯楽出版事業へ参入。1953年の組織改革以降、小学館と集英社は競争原理に基づく両者の成長・発展を促すために、独立した組織として競わせているが、出版物流、不動産事業、有価証券投資など関連会社を通じてグループ経営を行っている。

現在もオーナーである相賀一族の影響が強く、代表取締役などの経営責任者には同一族の人間が就任する同族経営である。

グループ会社[編集]

国内[編集]

  • 小学館
    • 集英社(小学館の娯楽誌部門から独立)
      • 白泉社(集英社から独立)
      • 集英社クリエイティブ(集英社の関連会社創美社として1969年4月設立。創美社と綜合社が合併し社名変更)
      • ホーム社(集英社の雑誌「週刊ホーム」の受託編集のため1969年8月設立。雑誌・書籍・コミックスの出版およびコミックスの編集)
      • 集英社インターナショナル(集英社の雑誌「PLAYBOY日本版」の受託編集のため1994年5月設立)
      • 千代田スタジオ(写真撮影、動画撮影、編集、スタジオ運営)
      • 集英社ビジネス(不動産の賃貸・管理業務、保険代理店。旧広和商事)
      • 一ツ橋企画(書店向け公開サイトの運営・s‐bookのカスタマーサービス・共有書店マスタの管理・物販在庫管理業務・ジャンプキャラクターズストア関連業務・デジタルコンテンツ管理業務)
      • 集英社サービス(集英社の営業・販売促進)
      • Project8 (集英社のデジタル部門から分離。集英社のWebサービスの開発・運営)
        • 株式会社ZONA(映像制作会社。2018年10月グループ化[2]
      • 集英社EP(ジャンプフェスタ等のイベント事業の運営)
      • 日本アート・センター(出版物の校閲校正。河出書房新社の関連会社として設立され1968年独立、2021年3月に集英社グループ入り。)
      • 株式会社集英社ゲームズ(コンシューマー、PC、スマートフォンでのデジタルゲームの企画・開発・販売 およびアナログゲームの企画・開発・販売[3]
    • 小学館集英社プロダクション(旧小学館プロダクション、集英社の出資により社名変更。株主は小学館・集英社・白泉社[4]
    • 昭和図書(一ツ橋グループの物流会社)
    • 数理計画(一ツ橋グループのITソリューション、環境コンサルタント。s‐bookのシステム開発および運用[5]
    • 小学館パブリッシング・サービス(小学館の営業・販売促進。小学館・照林社発行雑誌の定期購読。一ツ橋図書と小学館サービスが合併し社名変更)
    • 祥伝社相賀徹夫の個人出資会社からグループ入り。)
    • 照林社(医療・看護系の出版)
    • 昭和ブライト(雑誌・書籍の製版・組版・DTP及び漫画データの制作。旧昭和写真製版所。株主は小学館・集英社・昭和図書)
    • 小学館クリエイティブ(三友社が吸収分割により表現研究所と一ツ橋美術センターの事業を継承し社名変更)
    • 小学館不動産(株主は小学館51.1%・集英社48.9%)
    • ネットアドバンス(「知識」をテーマとした電子コンテンツ・パブリッシング)
    • 小学館スクウェア(小学館の自費出版部門、小学館関係会社での写真関連業務、小学館スタジオの管理・運営)
    • 小学館メディアプロモーション(小学館の雑誌・Web広告の代理店。旧一ツ橋メディア・レップ)
    • 小学館イマージュ(小学館のダイレクトマーケティング部門から分離)
    • 小学館ナニング(漫画単行本などの編集受託)
    • 九段パルス(特例子会社、マッサージ業)
    • 株式会社MERY(小学館とDeNA電通の共同出資会社)
    • 株式会社エイトリンクス(電子書籍事業・ITソリューション・e-Sports事業・研究開発・映像スタジオ事業、2019年11月に株式会社リンクトデータと株式会社エイト・ソーシャルウェアが合併し設立。)
      • 株式会社ヴイ・フォーク(マルチタレント・声優・クリエイターのマネージメント)
      • 株式会社リグネ(本と出会うサービス 「ホンシェルジュ」の運営)
    • 小学館CODEX(『週刊ポスト』『女性セブン』などの雑誌・書籍・WEBメディアの編集受託)
    • フォーリー株式会社(スマートフォンアプリの企画・開発、知育コンテンツの企画・開発。2017年3月にグループ化[7]
    • 株式会社COMPASS(学習コンテンツの制作・配信。2019年12月にグループ化[8]
    • 株式会社C-POT(小学館とVOYAGE GROUPの共同出資会社)
    • 昭通(総合広告会社、旧昭和通信社)
    • 一ツ橋マネジメント(グループ会社の経理業務、給与業務、経営コンサルティング業務。株主は小学館49%・集英社47%)
    • 尚学図書(過去に国語・英語の高等学校用教科書を発行。)
    • ビズ・コミュニケーションズ・ジャパン(過去にコミックスを発行。)

海外[編集]

  • VIZ Media,LLC.(ビズ・メディア) - 株主は小学館40%、集英社40%、小学館集英社プロダクション20%
  • VME PLB SAS
  • 上海碧日諮詢事業有限公司(ビズ・メディア・上海)
  • 台湾小学館 - 教育事業会社。株主は小学館、小学館集英社プロダクション
  • Shogakukan-Shueisha Productions Vietnam Co., Ltd.(小学館集英社プロダクションのベトナム法人。幼稚園・保育園向け教育プログラムの提供)
  • 小学館アジア - シンガポールにある小学館の東南アジアにおける事業拠点。
  • Shogakukan Production Holdings

関連会社[編集]

関連法人[編集]

その他出資先[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小学館の社屋は現在と異なる。
  2. ^ 集英社関連会社 Project8 (プロジェクト エイト)と映像制作会社 zona inc.(ゾナ)が資本提携”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年1月2日閲覧。
  3. ^ 株式会社集英社ゲームズ 設立のお知らせ”. 集英社. 2022年3月31日閲覧。
  4. ^ ShoPro and Group Business”. 2017年11月3日閲覧。
  5. ^ 【出版社・書店の受注サイト特集】株式会社小学館「s-book」” (日本語). 文化通信デジタル (2021年11月1日). 2022年1月2日閲覧。
  6. ^ a b 昭和ブライトの関連会社 - ウェイバックマシン(2000年6月4日アーカイブ分)
  7. ^ フォーリー株式会社、株式会社小学館と資本・業務提携”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年1月2日閲覧。
  8. ^ AI 型教材「Qubena(キュビナ)」を開発する COMPASS 小学館グループ参画のお知らせ”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年1月2日閲覧。
  9. ^ 大崎駅近くの病院施設を取得、小学館と集英社の関連会社”. 2017年7月26日閲覧。
  10. ^ 講談社、丸紅など5社、新会社設立”. www.shinbunka.co.jp. 2022年3月31日閲覧。
  11. ^ 株式会社dot×小学館 資本業務提携のお知らせ”. PR TIMES. 2022年6月25日閲覧。
  12. ^ 小学館グループの出資を得てWEB+BOOK=Webooksを設立しました。”. 2017年7月26日閲覧。

関連項目[編集]