ファミコンジャンプ 英雄列伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212JIS X 0213)が含まれています詳細
ファミコンジャンプ 英雄列伝
ジャンル アクションRPG
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 トーセ
発売元 バンダイ
プロデューサー 橋本名人
ディレクター 東海林隆
かみやはるき
大久保悌伸
デザイナー 荻野目洋
シナリオ 杉本則之
プログラマー あさくさNABE
TRACY KAZUYA
音楽 安達春樹
ペルー
シリーズ ファミコンジャンプシリーズ
人数 1人
メディア 3メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 198902151989年2月15日
アスペクト比 4:3
売上本数 日本 約110万本
テンプレートを表示

ファミコンジャンプ 英雄列伝』(ファミコンジャンプ ヒーローれつでん)は、バンダイより発売されたファミリーコンピュータ用のアクションロールプレイングゲーム

概要[編集]

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』の創刊20周年を記念して発売された、同誌の歴代漫画キャラクターが共演するクロスオーバー作品である。主人公(デフォルト名は"はしもと"で、「橋本名人」からきている)は『ジャンプ』の読者であり、ピッコロ大魔王(『ドラゴンボール』)によって支配されようとしているジャンプワールドをヒーローたちとともに救うことが使命である。

ジャンプワールドは5つのエリアに分かれており、さらに現代の世界と過去の世界とがある。各エリアで仲間になるヒーローたちは、活躍できるエリアが決まっており、エリア外へ連れて行くことはできない。また、対戦型格闘ゲーム形式のボスとの戦闘やシューティングゲームスポーツゲームレースゲームの要素を取り入れたミニゲームがゲーム中の各所に盛り込まれている。ピッコロ大魔王を倒すとジャンプヒーロー16人とジャンプ作品の悪役たちがRPGのようなバトル形式で激突する「最終決戦」があり、この決戦を勝ち抜けばエンディングとなる。

玩具店だけでなく、コンビニエンスストアや書店でも発売された。

本作では、通常のファミコンカートリッジより縦の幅が2倍ほど長く、「FAMICOM JUMP」「BANDAI」と刻印された独自の形状のカートリッジを採用している。

続編として、『ファミコンジャンプII 最強の7人』(1991年)が発売された。作風は大きく変更されているが、カートリッジの形状は本作のものを引き継いでいる。

ゲーム内容[編集]

パラメーター[編集]

  • せいめい値 - ヒーローの生命力。これが0になるとヒーローは死んでしまう。主人公のせいめい値が0になるとヒーローが生き残っていてもゲームオーバーになってしまう。
  • どりょく値 - 敵を倒したりすることで溜まる値。これが多いと最終決戦時に有利となる。ヒーローによってはヒーロー値、ギャグ値、ねっけつ値と呼び名が異なる。ゲームオーバーになると1/4に減らされる。
  • ゆうじょう値 - 心のパラメータを示す。パラメータが善に近づけば飛び道具の射程間隔が短くなり悪に近づくと逆に飛び道具の射程間隔が長くなる。フィールドにいる善人に攻撃したりミニゲームに失敗すると悪に近づいてしまう。

ドラゴンボール[編集]

現在のフィールドにはドラゴンボールが落ちていることがある。ドラゴンボールがある場所の近くでAを押すと発見できる。ありかに関してはドラゴンレーダーを使って探索できる。 7つ揃えるとアイテムとして使えるようになり死んでしまったヒーローをエリア問わずに全員生き返らせることができる。 なお一度使用すると再び飛び散るので再度集めなおす必要がある。

ミニゲーム[編集]

特定の場所に行くとミニゲームが発生する。ミニゲームはボスと対決する決戦ゲームとそれ以外のゲームに分かれている。 前者は失敗すると対戦したヒーローが死んでしまう。後者は死亡ペナルティはないものの心が悪に近づいてしまう。

エリア1
  • カイオウとの対決(北斗の拳) - エリア1のボスカイオウとの格闘ゲーム方式の対戦。カイオウの生命力を0にすれば勝利。
エリア2
  • 鬼ごっこ(シティーハンター) - 香さんのハンマーを避けながら冴羽を捕まえる。3回殴られると失敗。
  • カリン様の修業(ドラゴンボール) - 制限時間以内にカリン様を10回捕まえる。
  • レッド総帥との対決(ドラゴンボール) - エリア2のボスレッド総帥の乗るモビルスーツとシューティング方式で対戦。モビルスーツに10発当てれば勝利だが悟空が死ぬと即敗北。が死んでも敗北にならないが手下の兵士が見えなくなる。
エリア3
  • 頭墨印ゲーム(魁!!男塾) - 制限時間以内に江田島平八の頭に押した墨印の数を競う。防御側はヘルメットで墨印を押されるのを邪魔する。穴は8つあるが斜めに出た時は何もできない。
  • ウイニング・ザ・レインボー(リングにかけろ) - 制限時間内に菊姉さんが構えるミットに10発当てれば成功。たまに攻撃してくるので竜児のスタミナにも注意すること。
  • リメル要塞シューティング(ウイングマン) - 道中の雑魚敵に注意しながら進み奥にいるリメルを倒して再び戻ることが目的。一般ゲームであるものの主人公がウイングマンになって挑戦する関係上失敗したらゲームオーバーになってしまう。
  • サガとの対決(聖闘士星矢) - エリア3のボスサガとの格闘ゲーム方式での対戦。弾を3方向に打てるが星矢の射程はサガと比べ短くなっている。
  • サブマリンゲーム(北斗の拳) - 赤鯱から借りた潜水艇で機雷を避けながら進む。クリアしてもこの後のウラシママリンを倒さずに戻ると再度挑戦するハメになる。
エリア4
  • 地獄昇柱(ジョジョの奇妙な冒険) - ボタン連打後一定の波紋を保ちながら柱の頂上を目指す。
  • レーシングゲーム(サーキットの狼) - 早瀬との10週レースを行い燃料切れする前に先に10週した方の勝ち。クリアにはチューンナップ前提だがチューンなしでも一応勝つことが可能。
  • サンタナとの対決(ジョジョの奇妙な冒険) - エリア4のボスサンタナとの格闘ゲーム方式での対戦。ダメージを与えるには攻撃をヒットさせた後専用ボタン連打で波紋を注入させる必要があり足りないと逆に自分がダメージを喰らう。
エリア5
  • PK線(キャプテン翼) - 5本制度のPK戦を行う。引き分けの場合は決着がつくまで延長戦となる
  • 野球ゲーム(県立海空高校野球部員山下たろーくん) - 9回裏2アウト満塁かつ0-3の状況で代打ホームランを打てば成功。但しその為には本物の魂のバットが必要であり最低1回は失敗する必要がある。
  • リフティングゲーム(キックオフ) - 20回リフティングを継続すれば成功。チャンスは3回まで。
  • ピッコロ大魔王との対決(ドラゴンボール) - エリア5のボスピッコロ大魔王とシューティング方式で対戦。主人公1人で戦う都合上敗北してしまうとゲームオーバーになってしまう。

登場キャラクター[編集]

16人のヒーローたち[編集]

各ヒーローたちはそのエリアから出ることができず、その場で別れてしまう[2]

エリア1

現在

過去

  • (なし)
エリア2

現在

過去

エリア3

現在

過去

エリア4

現在

過去

エリア5

現在

過去

『ファミコンジャンプII』への続投[編集]

本作のうち、以下のヒーロー(およびその作品のキャラクター)が『ファミコンジャンプII』にも引き続き登場した。

  • 引き続き主役として登場
    • 孫悟空
    • 剣桃太郎 - なお彼が主人公の『魁!!男塾』は、IIの発売時点ですでに連載終了している。
  • 脇役として登場
    • ジョジョ(ジョセフ・ジョースター) - 「ジョセフ」名義で登場。また主役として、孫の空条承太郎が「ジョジョ」名義で登場。

また、本作では脇役だった両津勘吉が主役に昇格している。

各エリアのボス敵[編集]

太字は各面の大ボス。◎印は、格闘風ミニゲームで戦うボス。※印は、シューティング風ミニゲームで戦うボス。☆印は、最終決戦でも登場するボス。

エリア1[編集]

現在

  • キン肉マン
    占いババの館に登場する。仲間(抜作)を探す占い料金代わりの試合で順に対戦する。頑張って占い料金60000ゼニーまで溜めれば戦わずに済む。
  • 北斗の拳
    • ヒョウ
    カイオウの城に登場する。リンが幽閉されている部屋への鍵を持っている。
    エリア1(現在)のボスで、リンをさらった張本人。ケンシロウと戦う。なお、カイオウの弟であるラオウも最終決戦にて登場する。

過去

  • (なし)

エリア2[編集]

現在

  • ドラゴンボール
    悟空の如意棒を盗んだ張本人。
    • レッドリボン軍総帥・レッド
    レッドリボン軍本部に登場するエリア2(現在)のボス。レッド総帥の乗り込んだパワードスーツと兵士2人を相手に、悟空との2人が戦う。兵士は何度倒しても復活するので、パワードスーツを倒すことが必要。

過去

  • Dr.スランプ
    • キャラメルマン(キャラメルマン1号)
    Dr.マシリトが操るロボット。
    • オボッチャマン
    Dr.マシリトが操るロボット。アラレがいると戦わずに済む。

エリア3[編集]

現在

  • 魁!!男塾
    男塾へ行く途中の闘技場(驚邏大四凶殺)で順に対戦する。
  • 聖闘士星矢
    • カミュ、シュラ、デスマスク、アフロディーテ
    サンクチュアリにいる黄金聖闘士。サガのいる最深部へ向かう際、順に対戦する。
    • サガ◎☆
    エリア3(現在)のボスで、サンクチュアリを支配する黄金聖闘士。星矢と戦う。

過去

  • リングにかけろ
    • ゼウス
    サンクチュアリ(過去)にいる。倒すとカイザーナックル(桃のパワーアップアイテム)が手に入る。
  • ウイングマン
    • リメル※
    過去の闘技場(現在の驚邏大四凶殺)にて、シューティング風ミニゲームで戦う[3]。リメルを倒すとドリムノートが手に入り、万吉が仲間になる。
  • THE MOMOTAROH
    • ウラシマ・まりん
    竜宮城にいるボスで、浦島太郎の末裔。倒すと新しい如意棒が手に入る。

エリア4[編集]

現在

  • ゴッドサイダー
    • ハルパス
    イーストヒルで流璃子を捕えている。同族が一般の敵としても登場する。
    • パズス
    サザンクロスに出現。先にリリスを倒さないと何度でも復活してしまう。
    • リリス
    ある場所に潜み、パズスを再生している。
  • ジョジョの奇妙な冒険
    • サンタナ
    ナチスシェルターにいるエリア4(現在)のボス。ジョジョと戦う。

過去

  • (なし)

エリア5[編集]

現在

  • ドラゴンボール
    • ピッコロ大魔王☆※
    キングキャッスルにいるエリア5(現在)のボスにして、ジャンプワールドを支配する悪の親玉。主人公と戦う。最終決戦でもマジュニアとして再登場する。

過去

  • (なし)

最終決戦の敵[編集]

ピッコロ大魔王の上に君臨する13人の反逆同盟。戦闘は1対1のRPG風。主人公は戦闘に参加できず、戦闘ごとにヒーローの中から1人を選ぶ。基本的には誰でも選べるが、中には相手またはヒーローが拒否して選べない組み合わせもある。キャラクターごとに相性の差があり、また技に対する特殊なリアクションが用意されている場合もある。ちなみに♠印は、通常の方法で倒す場合、数回倒し続けなければ勝てない敵。

  1. 大豪院邪鬼(魁!!男塾)
  2. Dr.マシリト(Dr.スランプ)
  3. キン肉マンスーパー・フェニックス(キン肉マン)
  4. 峠球四郎(アストロ球団)
  5. ジノ・ヘルナンデス(キャプテン翼) - 一定確率で攻撃をキャッチして無効化、または攻撃を弾き返してくることがある。さらに星矢の攻撃は確実に無効化か弾き返してくる。また外人であるため抜作先生の日本語ギャグは一切通じない。
  6. ライエル(ウイングマン)
  7. ラスネール伯爵♠(ゴッドサイダー) - テレポーテーションで攻撃を回避する事がある。
  8. ヒゲゴジラ(ハレンチ学園) - 生徒系ヒーロー(剣桃太郎、戸川万吉)は教師に手を上げることができないという理由で自ら戦闘を放棄してしまう。
  9. エシディシ(ジョジョの奇妙な冒険) - ピンチになると「あァァァんまリーだァァアァ」と泣きまねして攻撃力を上げてくる。
  10. 赤カブト♠(銀牙 -流れ星 銀-) - 霊気は罪のない生き物と戦えないという理由で自ら戦闘を放棄してしまう。ジョセフだけは赤カブトに無視されてしまう。また、ケンシロウの攻撃をすべて無効化する。その他動物なので抜作先生のギャグが一切通用しない。
  11. サガ(聖闘士星矢)
  12. ラオウ(北斗の拳) - 「北斗七星の脇に輝く双星を見たことがあるか?」と問われ、「ある!」と答えたヒーローのみが戦うことができる。
  13. マジュニア(ドラゴンボール)

その他キャラクターたち[編集]

下記以外にも、ザコキャラクターの姿は毒鬼悪憎(ついでにとんちんかん)やモヒカン(北斗の拳)、海坊主ファルコン(シティーハンター)、ペルセウス星座のアルゴル(聖闘士星矢)など、原作の登場キャラクター達の姿が元になっている(ただし、一度に何人も同時出現する)。

エリア1[編集]

現在

過去

エリア2[編集]

現在

過去

  • きまぐれオレンジ☆ロード
    • 鮎川まどか
  • Dr.スランプ
    • 則巻千兵衛、山吹みどり、ターボくん
  • キャッツアイ
    • 来生瞳

エリア3[編集]

現在

過去

  • きまぐれオレンジ☆ロード
    • 鮎川まどか、檜山ひかる
  • リングにかけろ
    • 高嶺竜児、高嶺菊
  • ハレンチ学園
    • 柳生"十兵衛"みつ子
  • ウイングマン
    • 広野健太、アオイ、小川美紅
  • ハイスクール!奇面組[4]
    • 一堂零河川唯
    • またゲーム中には登場しないものの、「きよしくん(出瀬潔)」の名前が上記2人の台詞に登場する。
  • シェイプアップ乱
    • 寿乱子、原宗一郎

エリア4[編集]

現在

過去

エリア5[編集]

現在

  • THE MOMOTAROH
    • モモタロウ
  • ゴッドサイダー
    • 行仁和尚

過去

スタッフ[編集]

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 21/40点[5]
ファミリーコンピュータMagazine 19.53/30点[1]
  • ゲーム誌『ファミコン通信」の「クロスレビュー」では21点(満40点)[5]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.53点(満30点)となっている[1]。また、同雑誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では「『ジャンプ』歴代ヒーローが100人以上登場しファンにはオススメだ」と紹介されている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.90 3.12 2.87 3.29 2.79 3.56 19.53

関連作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 156頁。
  2. ^ なお、その際にヒーローは「またこのエリアに来たらいつでも力を貸そう!」、または「残念ですがここでお別れです」と発言するが、エリア2の孫悟空と則巻アラレ(いずれも鳥山明原作キャラ)のみはキャラクターの性質上独特の台詞となっている。
  3. ^ 厳密には縦スクロール型シューティングステージであり、リメル打倒後に引き返す形式。
  4. ^ a b 連載当初は『3年奇面組』であるが、ED上では記載されていない。また、クレジット表記が「!」のない「ハイスクールきめんぐみ」(当ゲーム上では漢字は使用されていない)になっている。
  5. ^ a b ファミコンジャンプ 英雄列伝 まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年6月3日閲覧。