ファミコンジャンプ 英雄列伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212JIS X 0213)が含まれています詳細
ファミコンジャンプ 英雄列伝
ジャンル アクションロールプレイングゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 トーセ
発売元 バンダイ
プロデューサー 橋本名人
デザイナー HIROSHI OGINOME
シナリオ NORIYUKI SUGIMOTO
プログラマー あさくさNABE
TRACY KAZUYA
音楽 安達春樹
ペルー
シリーズ ファミコンジャンプシリーズ
人数 1人
メディア 3メガビットロムカセット[1]
発売日 日本の旗 1989年2月15日
アスペクト比 4:3
売上本数 日本の旗 約110万本
テンプレートを表示

ファミコンジャンプ 英雄列伝』(ファミコンジャンプ ヒーローれつでん)は、バンダイより発売されたファミリーコンピュータ用のアクションロールプレイングゲーム

概要[編集]

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』の創刊20周年を記念して発売された、同誌の歴代漫画キャラクターが共演するクロスオーバー作品である。主人公(デフォルト名は"はしもと"で、「橋本名人」からきている)はジャンプの読者であり、ピッコロ大魔王(『ドラゴンボール』)によって支配されようとしているジャンプワールドをヒーローたちとともに救うことが使命である。

ジャンプワールドは5つのエリアに分かれており、さらに現代の世界と過去の世界とがある。各エリアで仲間になるヒーローたちは、活躍できるエリアが決まっており、エリア外へ連れて行くことはできない。また、対戦型格闘ゲーム形式のボスとの戦闘やシューティングゲームスポーツゲームレースゲームの要素を取り入れたミニゲームがゲーム中の各所に盛り込まれている。ピッコロ大魔王を倒すと、ジャンプヒーロー16人とジャンプ作品の悪役たちがRPGのようなバトル形式で激突する「最終決戦」があり、この決戦を勝ち抜けばエンディングとなる。

玩具店だけでなく、コンビニエンスストアや書店でも発売された。100万本以上出荷したものの、発売後数週間でワゴンセール行きとなり『こちら葛飾区亀有公園前派出所』では「大味な内容」・「不気味なゲーム」と両津が回想している(105巻「やったぜ!ゲーム化の巻」)。

本作では、通常のファミコンカートリッジより縦の幅が2倍ほど長く、「FAMICOM JUMP」「BANDAI」と刻印された独自の形状のカートリッジを採用している。

1991年には続編の『ファミコンジャンプII 最強の7人』が発売された。作風は大きく変更されているが、カートリッジの形状は本作のものを引き継いでいる。

登場キャラクター[編集]

16人のヒーローたち[編集]

各ヒーローたちはそのエリアから出ることができず、その場で別れてしまう[2]

エリア1

現在

過去

  • (なし)
エリア2

現在

過去

エリア3

現在

過去

エリア4

現在

過去

エリア5

現在

過去

『ファミコンジャンプII』への続投[編集]

本作のうち、以下のヒーロー(およびその作品のキャラクター)が『ファミコンジャンプII』にも引き続き登場した。

  • 引き続き主役として登場
    • 孫悟空
    • 剣桃太郎 - なお彼が主人公の『魁!!男塾』は、IIの発売時点ですでに連載終了している。
  • 脇役として登場
    • ジョジョ(ジョセフ・ジョースター) - 「ジョセフ」名義で登場。また主役として、孫の空条承太郎が「ジョジョ」名義で登場。

また、本作では脇役だった両津勘吉が主役に昇格している。

各エリアのボス敵[編集]

太字は各面の大ボス。◎印は、格闘風ミニゲームで戦うボス。※印は、シューティング風ミニゲームで戦うボス。☆印は、最終決戦でも登場するボス。

エリア1[編集]

現在

  • キン肉マン
    占いババの館に登場。仲間(抜作)を探す占い料金代わりの試合で順に対戦する。
  • 北斗の拳
    • ヒョウ
    カイオウの城に登場。リンが幽閉されている部屋への鍵を持っている。
    エリア1(現在)のボスで、リンをさらった。ケンシロウと戦う。

過去

  • (なし)

エリア2[編集]

現在

  • ドラゴンボール
    如意棒を盗んだ張本人。
    • レッドリボン軍総帥・レッド
    レッドリボン軍本部に登場するエリア2(現在)のボス。レッドの乗り込んだパワードスーツと兵士2人を相手に、悟空との2人が戦う。兵士は何度倒しても復活するので、パワードスーツを倒すことが必要。

過去

  • Dr.スランプ
    • キャラメルマン
    Dr.マシリトが操るロボット。
    • オボッチャマン
    Dr.マシリトが操るロボット。アラレがいると戦わずに済む。

エリア3[編集]

現在

  • 魁!!男塾
    男塾へ行く途中の闘技場(驚邏大四凶殺)で順に対戦する。
  • 聖闘士星矢
    • カミュ、シュラ、デスマスク、アフロディーテ
    サンクチュアリにいる黄金聖闘士。サガのいる最深部へ向かう際、順に対戦する。
    • サガ◎☆
    エリア3(現在)のボスで、サンクチュアリを支配する黄金聖闘士。星矢と戦う。

過去

  • リングにかけろ
    • ゼウス
    サンクチュアリ(過去)にいる。倒すとカイザーナックル(桃のパワーアップアイテム)が手に入る。
  • ウイングマン
    • リメルス
    過去の闘技場(現在の驚邏大四凶殺)にて、シューティング風ミニゲームで戦う。倒すとドリムノートが手に入る。
  • THE MOMOTAROH
    • ウラシマ・まりん
    竜宮城にいるボスで、浦島太郎の末裔。倒すと新しい如意棒が手に入る。

エリア4[編集]

現在

  • ゴッドサイダー
    • ハルパス
    イーストヒルで流璃子を捕えている。同族が一般の敵としても登場。
    • パズス
    サザンクロスに出現。先にリリスを倒さないと何度でも復活する。
    • リリス
    ある場所に潜み、パズスを再生している。
  • ジョジョの奇妙な冒険
    • サンタナ
    ナチスシェルターにいるエリア4(現在)のボス。ジョジョと戦う。

過去

  • (なし)

エリア5[編集]

現在

  • ドラゴンボール
    • ピッコロ大魔王☆※
    キングキャッスルにいるエリア5(現在)のボスにして、ジャンプワールドを支配する悪の親玉。主人公と戦う。最終決戦でもマジュニアとして再登場。

過去

  • (なし)

最終決戦の敵[編集]

ピッコロ大魔王の上に君臨する13人の反逆同盟。戦闘は1対1のRPG風。主人公は戦闘に参加できず、戦闘ごとにヒーローの中から1人を選ぶ。基本的には誰でも選べるが、相手が拒否して選べない組み合わせもある。キャラクターごとに相性の差があり、また技に対する特殊なリアクションが用意されている場合もある。ちなみに♠印は、数回倒し続けなければ勝てない敵。

  1. 大豪院邪鬼(魁!!男塾)
  2. Dr.マシリト(Dr.スランプ)
  3. キン肉マンスーパー・フェニックス(キン肉マン)
  4. 峠球四郎(アストロ球団)
  5. ジノ・ヘルナンデス(キャプテン翼)
  6. ライエル(ウイングマン)
  7. ラスネール伯爵♠(ゴッドサイダー)
  8. ヒゲゴジラ(ハレンチ学園
  9. エシディシ(ジョジョの奇妙な冒険)
  10. 赤カブト♠(銀牙 -流れ星 銀-
  11. サガ(聖闘士星矢)
  12. ラオウ(北斗の拳) - 「北斗七星の脇に輝く双星を見たことがあるか」と問われ、「ある」と答えたヒーローのみが戦うことができる。
  13. マジュニア(ドラゴンボール)

その他キャラクターたち[編集]

下記以外にも、ザコキャラクターの姿は毒鬼悪憎(ついでにとんちんかん)やモヒカン(北斗の拳)など、原作の登場キャラクター達の姿が元になっている(ただし、一度に何人も同時出現する)。

エリア1[編集]

現在

過去

エリア2[編集]

現在

過去

  • きまぐれオレンジ☆ロード
    • 鮎川まどか
  • Dr.スランプ
    • 則巻千兵衛、山吹みどり、ターボくん
  • キャッツアイ
    • 来生瞳

エリア3[編集]

現在

過去

  • きまぐれオレンジ☆ロード
    • 鮎川まどか、檜山ひかる
  • リングにかけろ
    • 高嶺竜児、高嶺菊
  • ハレンチ学園
    • 柳生十兵衛みつ子
    • ウイングマン
    • 広野健太、アオイ、小川美紅
  • ハイスクール!奇面組[3]
    • 一堂零河川唯
    • またゲーム中には登場しないものの、「きよしくん(出瀬潔)」の名前が上記2人の台詞に登場する。
  • シェイプアップ乱
    • 寿乱子、原宗一郎

エリア4[編集]

現在

過去

エリア5[編集]

現在

  • THE MOMOTAROH
    • モモタロウ
  • ゴッドサイダー
    • 行仁和尚

過去

スタッフ[編集]

評価[編集]

ファミリーコンピュータMagazineの読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、30点満点中19.53点となっている[1]。また、同雑誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では「『ジャンプ』歴代ヒーローが100人以上登場しファンにはオススメだ」と紹介されている[1]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.90 3.12 2.79 2.87 3.29 3.56 19.53

関連作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 156頁。
  2. ^ その際の台詞は「またこのエリアに来たらいつでも力を貸そう!」または「残念ですがここでお別れです」であるが、エリア2の孫悟空と則巻アラレのみは性質上独特の台詞となっている。
  3. ^ a b 連載当初は『3年奇面組』であるが、ED上では記載されていない。また、クレジット表記が「!」のない「ハイスクールきめんぐみ」(当ゲーム上では漢字は使用されていない)になっている。