本宮ひろ志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本宮 ひろ志
本名 本宮 博
生誕 1947年6月25日(69歳)
千葉県千葉市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1965年 -
ジャンル 青春劇画、歴史劇画
代表作 男一匹ガキ大将
俺の空
硬派銀次郎
サラリーマン金太郎』 他
テンプレートを表示

本宮 ひろ志(もとみや ひろし、本名: 本宮 博(読み同じ)、1947年6月25日 - )は、日本漫画家千葉県千葉市出身。葛飾区立小松中学校卒業。埼玉県立浦和高等学校(通信制)中退。代表作は、『男一匹ガキ大将』、『俺の空』、『サラリーマン金太郎』など多数。
妻は、漫画家のもりたじゅん。「菅直人元首相の復活に期待する会」の発起人の一人。

経歴[編集]

中学校卒業後はパイロットを目指して航空自衛隊自衛隊生徒として入隊するも、17歳で除隊。その後漫画家を目指す。1965年貸本漫画「きみとぼく」11号(日の丸文庫)掲載の『遠い島影』でデビュー(本宮博 名義)。

1968年に創刊された「週刊少年ジャンプ」において、同年に連載を開始した『男一匹ガキ大将』はアニメ化・映画化され、同時期の『ハレンチ学園』に次ぐ人気作品となり、1970年代の「ジャンプ」の躍進に大きく貢献した。担当編集者の西村繁男は、「打倒ハレンチ学園」を掲げて本宮を鼓舞した。

この時、『ハレンチ学園』の作者の永井豪が、週刊少年マガジンにも連載を持つ事となった。永井への対抗心から本宮がこれに続く事を危惧した当時の編集長の長野規は、本宮と専属契約を結ぶ。その後も続く事になる少年ジャンプの専属契約システムの第1号であった。

『男一匹ガキ大将』の終了後、『武蔵』の連載を開始する。これは本宮にとって思い入れのある作品であったが、『男一匹ガキ大将』の人気には及ばす打ち切りとなる。結果、本宮本人の意思に反して『男一匹ガキ大将』の連載が再開される事となる。

この時期、専属契約の最中にも関わらず、週刊少年マガジンへの連載を約束し、問題となる、週刊少年ジャンプ編集部は必死の慰留を続け、編集長の長野は本宮に土下座してまでして、思いとどまらせた。

その後は、本宮本人が述べる所では「絵が下手」との事で、『男一匹ガキ大将』に比肩するようなヒット作には恵まれず苦労する。例えば『大ぼら一代』は、主人公の一介の不良少年が、日本を動かす立場になるという意味で、『男一匹ガキ大将』の2番煎じと評された。そんな中、1973年から「週刊プレイボーイ」で『春雷』の連載を開始し、青年誌に活動の場を拡げる。また専属契約の切れ目において、週刊少年マガジンにおいて『群竜伝』の連載を行い、かつての「借りを返した」ものの、これもヒット作とはならず、本宮にとっても週刊少年マガジンは肌に合わなかった。

再び少年漫画でのヒットとなったのは、「週刊少年ジャンプ」の読み切り『硬派山崎銀次郎』だった。同業の妻もりたじゅんの発案による本作を、本宮が発展させ、「月刊少年ジャンプ」で『硬派銀次郎』として連載し人気作にした[1]。また青年漫画でも、1975年週刊プレイボーイ」で『俺の空』をヒットさせる。

「週刊少年ジャンプ」では1978年から『さわやか万太郎』の連載を開始する。これはかつての担当編集者の西村繁男が編集長に就任した事を祝してのものだった。大きなヒットにはならなかったがそれなりにヒットし、西村はこの当時において最も頼りになる漫画家だったと述懐している。

1980年4月には突如「休筆宣言」を行い物議をかもすが、1981年から自伝的作品『春爛漫』を発表して再び執筆活動に入った。1982年、「参議院選挙全国区から立候補する」と宣言、連載開始した『やぶれかぶれ』において選挙の様子をリアルタイムで執筆したが、この時から参議院選挙が比例代表制となった為、立候補を断念する。作品の人気は振るわなかったものの、菅直人とその秘書が選挙の指南役として登場し、当時「闇将軍」として政界に大きな影響力を持っていた田中角栄元首相との対談を実現させて話題となる。

エピソード[編集]

  • 航空自衛隊時代の同期に武論尊がいる。先に自衛隊を辞め漫画家として成功を収めていた本宮の下で、武論尊が居候状態だった時期がある[2]
  • 自衛隊を辞める前日に、本宮を虐めていた性格の悪い先輩を木刀で追い掛け回したという逸話を持つ[3]
  • さいとうプロのように製作に分業体制を用いていることを自伝やTV番組などで公言している。また、本宮自身は「私は絵が下手だ」とエッセイなどで述べているほか、「登場人物しか描いていない」とも言っている[4]。女性キャラは妻のもりたじゅんの手によるものが多い[5]
このことは、もりたじゅんも、「始めは絵が下手で苦しんでいたが、やがて割り切って『さわやか万太郎』から下絵はすべて人に任せ、人物のペン入れだけしてストーリーに集中している。」「『男一匹ガキ大将』の後半から本人に頼まれて女性キャラの下絵は自分が全て描いている。」と裏付ける証言をしているが、「本宮が登場人物にペン入れすると、はるかにいい絵になる。」とも、記している。
ただし、1回喧嘩して「代わりならいくらでもいる」と他の人に頼んだがどうしてもうまくいかず、本宮は「土下座してかーちゃんにもう一度描いてもらうことにした」と述べている。だが、それはウソで、もりたは気軽に受けたとしているが理由は「お前が描く女でないと主人公が恋できん」だった[6]
  • 本宮自身は主人公の目(あるいは顔)しか書いていないという噂もあるが詳細は不明。[7]
  • 天地を喰らう』に代表されるように強引なエンディングを迎える作品も多く、一時は「物語を完結させず、途中で連載を打ち切ってしまう漫画家」などと言われていた。『天地を食らう』の打ち切り理由は、単行本最終巻のあとがきで「アンケートではかなり低かった」と語っている。しかし、コミックGON!創刊号(ミリオン出版)で当時の週刊少年ジャンプ各号のアンケート結果が公開されており、それを見る限りでは本作はアンケート人気の上位を維持し続けていた事が判明している。
  • 創刊初期の週刊少年ジャンプを支えた功労者である。第3代編集長の西村繁男は異動の際、本宮の漫画を永続的にジャンプに掲載する旨の申し送りを行っている。しかし結局、週刊ヤングジャンプ他の集英社系青年誌に移籍することになる。
  • ゴルフ好きで有名で、イーグルポイントの主要メンバーである。
  • 駆け出しの頃、水島新司に作品を持って行った際、野球チームを作ろうとメンバーを探していた水島の「お前、野球できるか?」がきっかけで弟子入りしている。
  • 自伝的作品『春爛漫』によると、中学時代は副番(副番長)で、一時期暴力団に入っていたことがある。その一方で、半ノンフィクション作品『やぶれかぶれ』では、暴力団員の来訪に怯える本宮自身が描かれている。
  • 『やぶれかぶれ』によると、創価学会員であるが二世会員で信仰心は強くない。
  • 『国が燃える』の終了後、同じヤングジャンプ誌にゴロツキが政治政党を立ち上げるというストーリーの作品『悪党』を連載するが、その際に作中で幾つかのマニフェストを揚げて、信任投票(=実質上のアンケート投票)という形で連載を継続させるかを募ったが、票が集まらず、不信任結果という形で正式に打ち切りの告知が掲載されて終了した。
  • 作家の井上ひさしとは隣家住まいの時期が長く親交があり、『天然まんが家』で作家としての姿勢に尊敬の念を語っている。
  • 2004年に撮影されたとされる、山口組二次団体のH会長の誕生会動画には本宮ひろ志も出席している。[8]
  • NTTソルマーレが、iPhone/iPod touch/iPad端末及びauandroid端末向けに本宮の作品を毎月30冊ずつ配信している(アプリ『定額本宮ひろ志魂』)

年表[編集]

  • 1965年 - 「遠い島影」によりデビュー。
  • 1968年 - 「週刊少年ジャンプ」で「男一匹ガキ大将」の連載を開始。
  • 1969年 - 『男一匹ガキ大将』がアニメ化される。
  • 1970年 - 『男一匹ガキ大将』が劇場映画化される。
  • 1973年 - 「週刊プレイボーイ」で「春雷」の連載を開始。
  • 1975年 - 「週刊プレイボーイ」で「俺の空」の連載を開始。
  • 1977年 - 『俺の空』が劇場映画化される。
  • 1978年 - 「週刊少年ジャンプ」で『さわやか万太郎』連載を開始。
  • 1979年 - 「ビッグコミック」で「男樹」の連載を開始。
  • 1980年 - 新聞紙上で突如休筆宣言を行う。
  • 1981年 - 「週刊プレイボーイ」で「春爛漫」の連載を開始。
  • 1991年 - ファミリーコンピュータ用ロールプレイングゲーム『おたくの星座』を製作(ストーリー担当)
  • 1994年 - 「週刊ヤングジャンプ」で「サラリーマン金太郎」の連載を開始。
  • 1999年 - 『サラリーマン金太郎』がTBS系でテレビドラマ化、以後2004年までに4本のドラマと1本の映画を制作。パート3と4では自身も台本作りに参加した[9][10]
  • 2001年 - 『サラリーマン金太郎』がアニメ化される。『猛き黄金の国』が宝塚歌劇団で舞台化される。
  • 2004年 - 『国が燃える』(「週刊ヤングジャンプ」にて2002年より連載)作中での南京大虐殺の描写を巡って南京虐殺否定派から抗議を受ける。詳細は『国が燃える』参照。
  • 2008年 - 10月より『サラリーマン金太郎』がテレビ朝日系にて再テレビドラマ化される。
  • 2011年 - 『俺の空〈刑事編〉』がテレビ朝日系にてテレビドラマ化されると共に、「ビジネスジャンプ」で連載再開される。

作品リスト[編集]

貸本時代の作品[編集]

  • 遠い島影(『きみとぼく』11号、日の丸文庫)
  • 落葉の山道(『若い二人』日の丸文庫、『きみとぼく』後継誌(全1巻))
  • 暴れ者(『中学生諸君』創刊号 日の丸文庫)
  • 決斗(『中学生諸君』2号、日の丸文庫)
  • おれたちゃ男だぜ(『中学生諸君』4号、日の丸文庫)
  • 水平線の彼方(『中学生諸君』5号、日の丸文庫)

自伝[編集]

エッセイ[編集]

その他[編集]

関連書籍[編集]

  • サラリーマン金太郎に学ぶサラリーマン・サバイバル(2002年、本宮ひろ志原著、小鷲順造著、ワーキングスタイル研究会編。ホーム社、ISBN 4-8342-5066-0

関連人物[編集]

  • 武論尊 - 自衛隊時代の同僚で元アシスタント(実質的には居候)
  • 西村繁男 - 『週刊少年ジャンプ』に原稿を持ち込んだ本宮を最初に評価した人間であり、漫画家としての本宮の育ての親と言われている。ただ一方で「男一匹ガキ大将」の連載続行を強行するなど、トラブルも少なくない。
  • 田原成貴 - 日本中央競馬会の元騎手であり、勝算で原作に携わっていた。田原が覚せい剤取締法違反で逮捕され執行猶予付きの判決が出た後、本宮が身元引受人として名乗り出ている。2009年に2度目の逮捕となった。
  • 炭谷銀仁朗 - 父親が本宮ひろ志のファンで、名前を『硬派銀次郎』からとった。
  • 北芝健 - 『俺の空 刑事編』の原作を行う(集英社、捨て駒いち、第八巻後書きより)

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『同期生 「りぼん」が生んだ漫画家三人が語る45年』「第2章もりたじゅん」P136-140 集英社新書 2012年
  2. ^ 2014年1月11日「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツ!」
  3. ^ 『北斗の拳』原作者・武論尊が語る自衛隊時代、そして、恩人ちばあきおに伝えられなかった言葉 日刊サイゾー 2013年07月18日付
  4. ^ 週刊ヤングジャンプ2007年23号
  5. ^ 『天然まんが家』(自伝)より
  6. ^ a b 『同期生 「りぼん」が生んだ漫画家三人が語る45年』「第2章もりたじゅん」集英社新書 2012年 P.137・145-148
  7. ^ INLIFE 男の履歴書 本宮ひろ志
  8. ^ ネット上に出回る芸能界と暴力団の"蜜月"の確かな証拠
  9. ^ 日曜劇場「サラリーマン金太郎3」TBS公式サイト(インターネットアーカイブ)
  10. ^ 「サラ金」で克典VS一茂スポニチアネックス(インターネットアーカイブ)
  11. ^ フジテレビトリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜」2005年7月20日放映より

外部リンク[編集]