貝塚ひろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

貝塚 ひろし(かいづかひろし、1938年11月7日 - )は、日本漫画家千葉県九十九里町[要検証]出身。本名、貝塚弘司。

略歴[編集]

千葉県九十九里町[要検証][1]で生まれる。幼い頃に父を亡くし女手一本で育てられる。中学・高校の頃から漫画グループを作って漫画を描いていた。高校卒業後は国鉄千葉鉄道管理局に就職するも半年で退職。1957年に東京寿書房より『乞食と殿様』で貸本漫画家デビュー。翌1958年、『おもしろブック』(集英社)で『くりくり投手』の連載を開始。それ以降、数々のヒット作を発表して熱血少年漫画家との評価を得る。1968年に『少年ジャンプ』が創刊した際には、看板漫画家として同誌の草創期を支えた。

人物[編集]

『ジャンプ』に連載していた当時、彼は仕事が多忙なために失踪事件を起こしたが、その間、当時新人だった本宮ひろ志の作品が『少年ジャンプ』の代用原稿として用いられ[2]、本宮は後のジャンプを支えることとなった。

かつて『まんがマニア』という漫画研究誌を発行していた。貝塚本人やつのだじろう吉沢やすみ荘司としおなどが寄稿していた。その縁でアシスタント出身の人気漫画家も多い。

主な作品[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 出生地を千葉県夷隅郡御宿町岩和田とする資料もある。 「月の沙漠記念館で「貝塚ひろし」展 1月31日まで開催」 (pdf)、『おんじゅく』 (千葉県御宿町役場)第337号9頁、1991年11月http://www.town.onjuku.chiba.jp/content/files/kikakuzaiseika/magazine/koho/archives/1991-2000/1991/337.pdf 
  2. ^ 『いきなり最終回1』 JICC出版局、1990年、144頁。

外部リンク[編集]