金未来杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

金未来杯(ゴールドフューチャーカップ)とは『週刊少年ジャンプ』(集英社)誌上で行われている企画。

概要[編集]

毎年夏ごろ、編集部によってノミネートされた新人漫画家の読切漫画4 - 7作品を毎号『週刊少年ジャンプ』に掲載する。読者アンケートで最も優秀な結果を獲得したノミネート作品には「金未来杯」が贈られる。2015年現在で10回行われている。

2015年現在、金未来杯の受賞作家はいずれも連載を獲得している。今までに『ぬらりひょんの孫』(椎橋寛)・『べるぜバブ』(田村隆平)といったヒット作を輩出した。受賞作以外でも比較的高評価を獲得した作品は連載に昇格することがあるが、3年強続いた『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』(西義之)を除き、いずれも半年以内の短期打ち切りに終わっている。これまでのノミネート作品で最も長期連載となっているのは『べるぜバブ』の5年である。また、上記以外の主なノミネート作家として大石浩二田畠裕基らが挙げられる。

コンセプトとしては、1987年の新鋭サバイバル読切[1]や、1994年1995年に行われた「ジャンプ新人海賊杯」に近い。

2006年度と2013年度は行われなかった。2013年度については正式なアナウンスが無く、休止の理由は不明。なお、同年度は週刊少年ジャンプが創刊45周年を迎えている。

エントリー作品[編集]

太字はグランプリ作品。

グランプリ作品 グランプリ作品以外で連載した作品
No 掲載号 作品名 作者 備考
第1回(2004年
1 34号 プルソウル 福島鉄平
2 35号 タカヤ-おとなりさんパニック!!- 坂本裕次郎 連載タイトルは『タカヤ -閃武学園激闘伝-』(2005年25号 – 2006年12号)
後に『タカヤ -夜明けの炎刃王-』(2006年13号 - 26号)に改題
3 36号 BULLET TIME!!-ブレットタイム- 田坂亮
4 37・38号 ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 西義之 2004年53号 - 2008年14号連載
5 39号 切法師 中島諭宇樹 2005年26号 - 44号連載
第2回(2005年
1 36・37号 ウサギとカメとストライク 天野洋一 OVER TIME』(2006年33号 - 52号連載)はジャンル(野球)のみを継承した別作品
2 38号 スマッシングショーネン! 大竹利明
3 39号 バカin the CITY!! 大石浩二 メゾン・ド・ペンギン』(2006年11号 - 2007年24号連載)の前身
4 40号 魔法使いムク 大久保彰
5 41号 ナックモエ 村瀬克俊
6 42号 ①'Clock やまもと明日香
3号連続新人読切2006年))
第3回(2007年
1 35号 ぬらりひょんの孫 椎橋寛 WJ 2008年15号 - 2012年30号連載→
NEXT! 2012 Summer - 2013 Winter掲載
2 36・37号 MUDDY 藍本松 2008年3号 - 16号連載
3 38号 シュガーヒーロー 及川友高
4 39号 ANAAKI's 普津澤画乃新
5 40号 不恋愛戦隊 ハヤタ☆ジョー KAITO
6 41号 CLUTCH 濱田浩輔 どがしかでん!』(2008年27号 - 40号連載)の前身
7 42号 ドラキュラ君と天使さん 宮本和也
第4回(2008年
1 37・38号 べるぜバブ 田村隆平 WJ 2009年13号 - 2014年13号連載→
NEXT!! 2014 vol.2 - 2015 vol.1連載
2 39号 アルバイターキンタロウ 高橋英樹
3 40号 格闘王子 松雪ヨウ
4 41号 クロガネ 平方昌宏
第5回(2009年
1 35号 明治百機八匣譚DENGI 芝田優作
2 36号 CROWN! 原作:稲吉慶
漫画:小林ツトム
3 37・38号 NORTH ISLAND 安藤英
4 39号 世直し伝説!!世奈押郎 根田啓史
5 40号 メタリカメタルカ 水野輝昭 2010年24号 - 41号連載
第6回(2010年
1 34号 奇怪とんち噺 花咲一休 原作:小宮山健太
作画:河田悠也
連載タイトルは『奇怪噺 花咲一休』(2011年23号 - 38号)
2 35号 瞬間×ヒロイズム⇒ 三浦悟 ⇒正しくは○内に×が入る
3 36・37号 クロノマンション 矢萩隼人
肥田野健太郎
4 38号 宇宙卓球 宇野智哉
5 39号 戦国バショウ 小倉祐也
第7回(2011年
1 32号 タカマガハラ 川井十三 2012年32号 - 49号連載
2 33号 -SINS- 三浦征隆
3 34号 ツキミのソバ 小倉祐也
4 35・36号 叢鋼 -ムラハガネ- やしろ学
5 37号 HUNGRY JOKER 田畠裕基 2012年50号 - 2013年24号連載
6 38号 WOLF×RED 嵩橋ヒデキ ⇒ ⇒第4回に参加した高橋英樹と同一人物[要出典]
第8回(2012年
1 35号 ゴブリンナイト 屋宜知宏 アイアンナイト』(2014年1号 - 18号連載)の前身
2 36・37号 恋のキューピッド 焼野原塵 長谷川智広 2013年43号 - 2014年12号連載
3 38号 放課後☆アイドル 今日和老 連載タイトルは『ひめドル!!』(2013年36号 - 52号)
4 39号 INPWEAR CODE 池田恵介
第9回(2014年
1 35号 ネジヤマさん。 石川光貴
2 36号 デビリーマン 福田健太郎 2015年26号 - 42号連載
3 39号 肋骨さん 吾峠呼世晴
4 40号 BRAIN BREAKER -ブレイン・ブレーカー- 岡本喜道
第10回(2015年
1 34号 少女復旧 リカバリーQ 三原すばる
2 35号 DEADMAN KILLER 松本直記
3 36号 GALAXY GANGS 馬上鷹将
4 37・38号 クラマの閃 及川友高
5 39号 幻獣医トテク 権平ひつじ グランプリを受賞したものの、連載には至らず。
2017年に別作品『ポロの留学記』で連載デビュー。
6 40号 龍刃伝ガガ丸 上村勇貴
7 41号 カーボネーター 村肝篤仁
第11回(2016年
1 40号 Legacy 原作:平尾友秀
漫画:依田瑞稀
2 41号 BOY THE GOLD 杠憲太
3 42号 特別国家公務員改造者対策課 田中誠司 天塚啓示
4 43号 竹取憑き物語 松田智隆
5 44号 二界梵骸 バラバルジュラ 芥見下々
第12回(2017年
1 40号 ジキルの使い魔 石川光貴
2 41号 除冷師 煉太郎の約束 眞藤雅興
3 42号 レイブンブライ 小林英拳
4 43号 超加速人間レオ 松原大
5 44号 魔法少年X 仲間只一

2006年について[編集]

2006年は金未来杯という形では開催されなかったが、代替企画として39号から41号にかけて『3号連続新人読切』を行った。2作品が翌年連載化されている。

掲載号 作品 作者 備考
39号 SKET DANCE 篠原健太 2007年33号 - 2013年32号連載
40号 瞳のカトブレパス 田中靖規 2007年25号- 40号連載
41号 TEAM MADE 平方昌宏

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 6週にわたって新人の読切が掲載され、萩原一至BASTARD!! -暗黒の破壊神-』、有賀照人『舞って!セーラー服騎士』、森田まさのりろくでなしBLUES』と、3本の連載作品を生んでいる。

関連項目[編集]