ファミコン神拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ファミコン神拳』(ファミコンしんけん)は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)に1985年から1988年ごろまで不定期で掲載されていたコンピュータゲーム紹介記事。通称は『ファミ神』。

概要[編集]

当時最盛期のブームであったファミリーコンピュータ(ファミコン)用ソフトを中心とした記事である。当時『週刊少年ジャンプ』編集者の鳥嶋和彦はライバル雑誌の『コロコロコミック』が裏技ブームで部数を伸ばしていたため、副編集長に同様の企画を命じられた。『コロコロ』が2色ページの袋とじで裏技を掲載していたため、『ジャンプ』では4色ページとした。また、メーカーが公開を控えるようなバグ技あるいはデバッグコマンドなども紹介するようにした。ハドソンナムコといったゲームメーカーや他のゲーム雑誌からもクレームがきたが、これもハネることで人気を伸ばした[1]

開始当初はメーカーからのソフト提供がなく、一般のゲーム雑誌が公表をはばかるような、やや異色な裏技紹介コーナーであったが、後に新作ゲームのレビューにシフトした。

当時の『週刊少年ジャンプ』で連載されていた漫画作品『北斗の拳』のパロディで、ライターは北斗神拳をもじった「ファミコン神拳」の伝承者という設定で、ゲームへの複数項目に対して5点満点の採点を行った。採点は「あたっ」「あたたたた」などの擬音で表現(「あ」「た」は1点、「っ」は0.5点)。『ファミ通』(エンターブレイン)などゲーム雑誌でおなじみの、担当レビュアーによる採点記事を広めた嚆矢でもある。

紹介される新作ゲームは、編集部の基準で選択されたタイトルであり、後のゲーム誌でのレビュー記事のように、発売されるタイトル全てをカバーしようとするものではない。批評のスタンスはあくまでもライターらがユーザーの視点で採点していたという建前だが『少年ジャンプ』関連のキャラクターゲームとライター陣が製作に関わるゲームに関しては、採点基準が甘かった。

ファイナルファンタジーII』(『FFII』)の誌面レビューでは「あわびゅ! なんだこの成長システムは!? こんな変なシステムにするなんて狂ってるぜ〜」というコメントを掲載し、FFファンの読者から苦情が殺到。翌週から誌面上で釈明することとなった。結果、レビューコーナーとしては信用を失墜し、コーナーは終了してしまう[要出典]

ページ判型は、通常はB6変形程度の小判サイズ、毎回オールカラーで12〜16ページほど。本誌巻頭にとじ込みの形で組み込まれているが、裏技の特集や最新ゲームのスクープなどの際には、袋とじ形式の場合もあった。オリジナルの読者プレゼントグッズとしては『ドラゴンクエストテレホンカード、ファミコン神拳伝承者スタンプ、ファミコン神拳伝承者バッジなどがある。

後に、本企画から派生した『ファミコン神拳110番』もスタート。こちらはメンバーのひとりキム皇が、ゲームに関する読者からの質問を受ける毎週1〜2ページのコーナーだった。

堀井がアーマープロジェクト代表としてゲーム制作に専念するようになると『ファミコン神拳』は終了し、ライター陣を一新して『ファミコン怪盗芸魔団』(ファミコンかいとうげいまだん)としてリニューアルされる。こちらでは堀井は独自のコーナー(『堀井雄二のゲーム大好き!』など)を持ってはいたもののゲスト出演であった。

ライター[編集]

初期のライター陣は、ゆう帝(堀井雄二)、ミヤ王(宮岡寛)、キム皇(木村初)の3名。後にてつ麿(黒沢哲哉)が加入。続いてカルロス(とみさわ昭仁)も加入し、最終的にメンバーは5名となる。また、集英社専属カメラマンだったコマル大王(小丸良人)も参加している。当初はライター陣の素性は伏せられ、『ジャンプ放送局』の土居孝幸によるイラストキャラクターで登場した。

ゆう帝とみや王はゲーム関連の仕事(『ドラゴンクエスト』など)と並行して本記事の執筆にあたっていた。後にいずれのライターもゲーム、コミック関係の仕事を持っている。

その他[編集]

  • 企画の一部は『ファミコン神拳伝承者』名義で書籍化された。また、ジャンプ・コミックス・セレクションとしてゲーム攻略本『ファミコン神拳奥義大全書』も発行。全5巻に加えて木村初による『特別編』が発行された。それぞれ『巻の一、巻の二……』と呼んでいた。
  • 2011年9月15日発売のWii用ソフト『ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III』の記念特典として、『ファミコン神拳』を復刻・再編集した攻略本が同梱された。
  • 2016年5月20日に「奥義袋とじ」全掲載や「あたた独断採点拳」の復刻、当時のライター陣のインタビューなどを収録した『週刊少年ジャンプ秘録!! ファミコン神拳!!!』(発行:ホーム社、発売:集英社)が発売された。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「定本コロコロ爆伝 『コロコロコミック』全史」 飛鳥新社渋谷直角著 424 - 437頁

関連項目[編集]

  • ドラゴンクエスト(第1作) - ゆう帝・ミヤ王・キム皇が通行人として登場する。
  • ドラゴンクエストII 悪霊の神々 - 「復活の呪文」(パスワード)として、冒頭にライターの名前を使った「ゆうていみやおうきむこうほりいゆうじとりやまあきらぺぺぺ…(以降最後まで『ぺ』)」というものがある。