フレッシュジャンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フレッシュジャンプ
Fresh Jump
ジャンル 少年漫画雑誌
読者対象 少年
刊行頻度 隔月刊 → 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 集英社
編集長

1. 西村繁男(1982年 - 1986年)

2. 中野和雄(1986年 - 1989年)
刊行期間 1982年7月(1982年創刊号) - 1988年12月(1989年1月号)

フレッシュジャンプ』 (Fresh Jump) は集英社が発行していた日本漫画雑誌1982年隔月刊誌として創刊し、翌1983年より月刊化。1988年休刊。隔月刊時代に通巻8号、月刊化後に通巻65号(増刊含む)の計73号が発刊された。

概要[編集]

「新鮮(フレッシュ)な作家による、新鮮な少年漫画、新鮮な雑誌作り[1]」をコンセプトに1982年7月に創刊された。編集長は当時『週刊少年ジャンプ』の編集長であった西村繁男が兼任。新人漫画家の作品を積極的に採用、また『週刊少年ジャンプ 』連載作家の読切も多く掲載された。原哲夫徳弘正也猿渡哲也まつもと泉桂正和富沢順森下裕美佐藤正こせきこうじあろひろしなどを輩出し、新人漫画家の登竜門として『週刊少年ジャンプ』の2軍のような位置付けとなっていた。隔月刊時の創刊号では13本の掲載作品の内連載作品は「闘将!!拉麵男」(ゆでたまご)1本のみであり、残りは全て読切作品であった。しかし徐々に連載の本数が増えて行き、同時に3つの新連載を開始した1985年(昭和60年)4月号以降の読切本数は毎号2本前後となり、1985年11月号を最初に読切が一本も掲載されない号も増えていった。

創刊当時、『週刊少年ジャンプ』の副編集長に後藤広喜中野和雄が在籍していたが、同期入社である両名の意見がしばしば対立し、現場に混乱が生じていた。このため、編集長であった西村は『フレッシュジャンプ』を月刊化し、中野を副編集長に異動させた[要出典]。中野は後藤および『週刊少年ジャンプ』に対抗心を抱き、自身が担当していたゆでたまごに「闘将!!拉麵男」の連載を強行させる。ゆでたまごは『週刊少年ジャンプ』に「キン肉マン」を連載中であり、2つの連載作品を執筆することとなってしまった。

さらに西村が編集長を退任し、中野が編集長に昇格すると『フレッシュジャンプ』は新人育成のコンセプトを逸脱しさらに独立志向を強め、『週刊少年ジャンプ』は新人育成のために別に増刊を刊行せざるを得なくなった。このため、西村の判断により、1988年(昭和63年)12月発売の1989年1月号を持って休刊となった。一部の作品は『月刊少年ジャンプ』または『月刊少年ジャンプ増刊ジャンプオリジナル』へと移籍した。[要出典]

連載作品の単行本は『週刊少年ジャンプ』・『月刊少年ジャンプ』と同じくジャンプ・コミックスより発刊されていた。

年表[編集]

  • 1982年(昭和57年)7月に8月号を創刊。隔月刊誌として奇数月23日発売。
  • 1983年(昭和58年)8月に「プレ月刊化」として9月号を発売。翌9月発売の10月号より本格的に月刊化。毎月23日発売。
  • 1986年(昭和61年)5月号より編集長が中野和雄に交代。
  • 1987年(昭和62年)8月に増刊号を発行。
  • 1988年(昭和63年)12月発売の、1989年1月号をもって休刊。

歴代編集長[編集]

  • 隔月刊時代
    1. 西村繁男:1982年8月号(1巻1号通巻1号、創刊号) - 1983年9月号(2巻5号通巻8号)
  • 月刊時代
    1. 西村繁男:1983年10月号(1巻1号通巻1号、創刊号) - 1986年4月号(4巻4号通巻31号)
    2. 中野和雄:1986年5月号(4巻5号通巻32号) - 1989年1月号(7巻1号通巻65号、休刊号)

連載作品[編集]

  • デフォルトでの表示順は連載開始順。なお、作品名などの冒頭にある数字はソートを正しく行なうための便宜的な物です。
  • 連載の中断があった「闘将!!拉麵男」と「死神くん」についてはそれぞれ1期・2期としてデータを分けている。また「闘将!!拉麵男」2期と同時に連載されていた同作の「TVアニメ版」についてもデータを分けている。
  • 改名した人物や別名義での活動が主な人物については名前末尾に「⇒」を付け、備考欄でWikipediaで記事名として採用されている主な名義を記載。
作品名 作者(作画) 原作者など 開始 終了 注記
0 1982年 1982 /
1 27闘将!!拉麵男(1期) 35ゆでたまご 1982.08 [注 1] 1985.02 1986.09より連載再開
2 34鳥山明のヘタッピマンガ研究所 25鳥山明 06さくまあきら 1982.10 1984.03
2.5 1983年 1983 /
3 17死神くん(1期) 03えんどコイチ 1983.06 1987.06 1988.02より連載再開
4 06江口寿史の日の丸劇場 02江口寿史 1983.08 1984.08
5 14CAN★キャンえぶりでい 27ひすゎし 1983.10[注 2] 1985.05 田中久志
←『WJ』より移籍
6 60レッツ☆光二! 07金井たつお 1983.11 1984.04
7 ぼくらの時代 12コンタロウ 1983.11 1986.05
8 43ファイアーショット 31峰岸とおる 1983.12 1984.04
8.5 1984年 1984 / 1984 /
9 46プロレス・スターウォーズ 32みのもけんじ 11原康史 1984.02 1987.10 桜井康雄
10 51MF輝平 07金井たつお 09武石正道 1984.05 1985.07
11 30チェックメイト 38渡辺修己 02W・ウッド 1984.08 1985.10
12 05「エイジ」 02江口寿史 1984.09 1985.03
12.5 1985年 1985 / 1985 /
13 01RCファイト ケジメ 15坂丘健之介 1985.02 1985.06 坂丘のぼる
14 02アスファルトキッズ 17清水たかし 1985.04 1985.10
15 32鉄拳児耕助 01あだちつよし 1985.04 1989.01[注 3] →『MJ』へ移籍
16 58ラブ&ピース 02江口寿史 1985.04 1985.05
17 15こちら埼玉山の上大学ボクシング部 34唯洋一郎 1985.05 1989.01[注 3]
18 40BMXハリケーン 05笠原倫 1985.05 1985.07
19 07OH! 少年少女 09河島北京 01G・L・P 1985.06 1985.11
20 57ラジカル16 27ひすゎし 1985.07 1986.04 田中久志
21 59臨機応変マン 08ガモウひろし 1985.08 1987.06
22 10おれはシャチ 07金井たつお 1985.09 1986.06
23 41必殺!興農寺拳法 16佐々木まさよし 1985.10 1987.01
24 23スターダスト11 11こうのたけし 1985.11 1986.04
25 26大地のはこぶね 14彩れんと 1985.11 1986.03
25.5 1986年 1986 / 1986 /
26 12勝手にALIVE 17清水たかし 1986.04 1988.10 1987.09休載
27 44ふたりで恋人 10川村かおる 1986.05 1986.12
28 42ヒミコ・シンドローム 29双葉たかし 1986.05 1986.08
29 21スーパーショット仁 06桂田祐一 1986.06 1986.09
30 04アリスがヒーロー 24ともながひでき 13宮崎まさる 1986.07 1986.10
31 28闘将!!拉麵男(2期) 35ゆでたまご 1986.09 1989.01[注 3] 一時「TVアニメ版」も同時に連載
31.5 1987年 1987 / 1987 /
32 35とんとん飛丸 27ひすゎし 1987.01 1989.01[注 3] 田中久志
MJ増刊『ジャンプオリジナル』へ移籍
単行本表題は『忍者ボーイとんとん飛丸』
33 37なまいきフィフティーン 36横浜美喜子 1987.02 1987.04
34 31チャンプのディナー 19関たかみ 02W・ウッド 1987.03 1987.07
35 38NINJAカブト 22寺沢武一 1987.05 1987.12 単行本表題は『鴉天狗カブト』
36 47房総エクスプレス 18すずき瞬 1987.06 1987.12
37 19志水くん! 2-3!! 23土肥誠 1987.06 1987.09
38 52ミラクルプッツン大冒険 03えんどコイチ 1987.07 1987.12
39 24ストライカー!勇気 24ともながひでき 04菊池勝也 1987.08 1988.06
40 22スーパーボーヤケンちゃん 08ガモウひろし 1987.10 1988.12
41 45ぶるどっく 29双葉たかし 08滝直殻 1987.11 1988.04
42 09おれが強気 32みのもけんじ 1987.12 1988.10
42.5 1988年 1988 / 1988 /
43 08おっとと! お相撲くん 12コンタロウ 1988.01 1989.01[注 3]
44 33ときめきエブリデイ 10川村かおる 1988.01 1988.06
45 29闘将!!拉麵男(TVアニメ版) 35ゆでたまご 1988.01 1988.04 同作2期と同時連載
46 18死神くん(2期) 03えんどコイチ 1988.02 1989.01[注 3] →『MJ』へ移籍
47 13鴉天狗カブト 22寺沢武一 1988.05 1989.01[注 3] 「NINJAカブト」の続編
48 03あばれん坊大将 16佐々木まさよし 1988.08 1988.12
49 48ぼくたちのプレイボール 32みのもけんじ 1988.09 1989.01[注 3] →『MJ』へ移籍
50 53メラニックウーマンIONA 28ひらしまたかひろ 1988.09 1989.01[注 3]
51 55柔SANTARO 21茶留たかふみ 1988.11 1989.01[注 3]
52 20新格闘王伝説・前田日明物語獅子の時代 32みのもけんじ 1988.12 1989.01[注 3] MJ増刊『ジャンプオリジナル』へ移籍
60 1989年 1989 /
60 00 00 あ行
60 11 04 03か行
60 16 13 05さ行
60 25 20 07た行
60 36 な行
60 39 26 10は行
60 50 30 12ま行
60 54 33 や行
60 56 ら行
60 37 わ行
60 00英数
60 14なし

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 創刊号
  2. ^ 月刊誌としての創刊号
  3. ^ a b c d e f g h i j k 休刊号

出典[編集]

  1. ^ 『フレッシュジャンプ』7巻1号(通巻65号、1989年1月号)集英社、578 - 579頁