後藤広喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

後藤 広喜(ごとう ひろき、1945年 - )は日本の漫画雑誌編集者。『週刊少年ジャンプ』の第4代編集長[1]

来歴[編集]

山形県鶴岡市出身。1970年東京教育大学(現・筑波大学)を卒業して集英社に入社。『週刊少年ジャンプ』編集部へ配属され、「アストロ球団」(遠崎史朗中島徳博)、「ドーベルマン刑事」(武論尊平松伸二)、「私立極道高校」(宮下あきら)などを担当。西村繁男編集長時代には副編集長を務める。1986年から1993年までに編集長を務め、生え抜き編集長第一号となった。

後に集英社取締役を経て、2002年9月、集英社の子会社である創美社(現・集英社クリエイティブ)に常務取締役として出向。後に同社の代表取締役に就任し、2012年退職。2018年3月、回顧録として『「少年ジャンプ」 黄金のキセキ』(ホーム社)を発表。

人物[編集]

初代担当者として中島徳博を見い出したことでも知られる。当時の漫画編集者の例に漏れず熱血派で漫画の執筆を巡って中島を殴打したこともあったという。だが信頼は強く、後年、死期を悟った中島が最後に会いたがった人物でもあった。

脚注[編集]