巻来功士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

巻来 功士(まき こうじ、1958年7月21日 - )は、日本漫画家

略歴[編集]

長崎県佐世保市出身。小学生時代から漫画家を目指し、1974年(16歳時)に投稿作品が『週刊少年ジャンプ』の新人漫画賞の最終候補作になった。それ以来、年5・6回応募して九州産業大学入学後も続けて1978年、20歳で小学館のマンガくん月間まん研新人杯の佳作を受賞する。その後も大賞をめざして『コロコロコミック』『少年サンデー』に応募したが、最終候補に止まった間の授業はさぼり続けて単位が取れず、留年する。本腰を入れて漫画家になるため、1979年に大学を中退して上京。少年画報社に持ち込んだ原稿が認められ、1981年村田光介名義で同社の『少年キング』に連載された学園アクションコメディ『ジローハリケーン』でデビュー。それが終了した後は『ローリング17』を連載するが、同誌の休刊によって打ち切りとなる。

再び新人賞に応募する日々に戻り、1983年からは集英社に移って『週刊少年ジャンプ増刊号』に読み切り作品を掲載。原哲夫の『北斗の拳』のアシスタントを経て『週刊少年ジャンプ』に『機械戦士ギルファー』を連載するが、10回で打ち切りとなる。1986年には心機一転してそれまでと正反対な内容の『メタルK』を連載し、ファンレターが何通も届くなど人気は出たが、この作品も10回で打ち切りとなる。その10か月後、代表作の1つとなる『ゴッドサイダー』を1年半連載し、単行本の増刷で印税収入が増える。しかし、その完結から10か月後に新連載した『ザ・グリーンアイズ』は人気が出ず、3か月で終了。その後、少年漫画に見切りをつけて作品発表の場を『スーパージャンプ』などの青年向け漫画誌に移し、現在に至る。

作風[編集]

独特で安定した画力をデビュー時から持っていたが、『週刊少年ジャンプ』においてはグロテスクなシーンに抵抗を持つ子供も多く、『ゴッドサイダー』以外は1年未満の短期連載に終わった。巻来は、雑誌内のポジションで荒木飛呂彦と競合していたことも原因だったと述べている。また美少女の皮が溶ける、お腹で孵化したウジを吐き出す、美女が犯されながら締め殺されるなどといった読者が生理的嫌悪感を催すような描写が多く、単に血しぶきの描写がある漫画とは異なっていた。しかしながら、善と悪の明瞭な分け方もあってか多世代に受け、後に『ゴッドサイダーセカンド』などを描くこととなっている。

全ての漫画にエログロ寝取られオカルトの3要素のいずれかが入っていることでも知られている。

作品リスト[編集]

  • ジローハリケーン(少年キング、1981年)
  • ローリング17(少年キング、1982年)
  • 機械戦士ギルファー(原案は西尾元宏。週刊少年ジャンプ、1983年-1984年)
  • メタルK(週刊少年ジャンプ、1986年)
  • ゴッドサイダー(週刊少年ジャンプ、1987年-1988年)
  • ザ・グリーンアイズ(週刊少年ジャンプ、1989年-1990年)
  • ミキストリ -太陽の死神-(スーパージャンプ、1990年-1995年)
  • マジックパラダイス(スーパージャンプ、スーパージャンプアルファ、1992年-1994年)
  • 瑠璃子女王の華麗なる日々(スーパージャンプ、1997年-1998年)
  • たそかれの夢(スーパージャンプ、1998年-1999年)
  • ゴッドサイダーセカンド(週刊コミックバンチ、2004年-2008年)
  • ニューカマー〜来るべき者達〜 (REVENGER METAL-K2)(週刊コミックバンチ、2008年-2009年)
  • ミキストリII -太陽の死神-(週刊コミックバンチ、2009年-2010年)
  • ゴッドサイダーサーガ 神魔三国志(月刊ヤングチャンピオン烈、2010年-2013年)
  • ヘルバスター(地獄を狩る者)(MANGAオールマン)
  • 迷宮魔術団(オースーパージャンプ)
  • 鬼哭忍伝霊牙(オースーパージャンプ)
  • 連載終了!少年ジャンプ黄金期の舞台裏(描き下ろし、2016年)

外部リンク[編集]