キックオフ (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キックオフ
ジャンル ラブコメディサッカー漫画
漫画
作者 ちば拓
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス
発表号 1982年5号 - 1983年50号
巻数 全12巻
テンプレート - ノート

キックオフ』は、ちば拓による日本ラブコメ漫画作品。『週刊少年ジャンプ1982年5号より1983年50号まで連載された。全12巻、ワイド版全7巻[1]

概要[編集]

高校のサッカー部を舞台としているが、まっとうなサッカーシーンよりも毎回のように主人公・永井太陽とヒロイン川村由美が「由美ちゃん」「永井くん」と心の中でお互いの名を呼びながら(実際には沈黙のまま)見つめ合う(このときハートマークが飛び交う)シーンで1ページを費やすなどの極端な描写が特徴[2][3]。当時は『週刊少年サンデー』があだち充の『タッチ』をはじめとしたラブコメ作品を主力として躍進していた時期であり、当時の編集長・西村繁男は本作を「ラブコメを徹底的に茶化した、パロディ作品」であると述べている[2]。また、西村によれば人気もそこそこあったといい、読者の間で「キックオフごっこ」が流行るなどギャグとしても受け入れられたという[2]

1982年の『フレッシュジャンプ』創刊号には『その後のキックオフ』と題して永井太陽と川村由美の大学生活を描いた作品が掲載。後にコミック・フィギュア王(1999年12月発刊)にて、『キックオフ2』が掲載された。

あらすじ[編集]

高校の入学式当日、クラスメイトとなった由美に太陽は一目ぼれ。野球部入部という兄との約束を反故にし、由美がマネージャーとなるサッカー部へ一郎と共に入部する。何とかして由美の気を引こうとする太陽だったが、既に由美の心には太陽がいるのだった。両想いとなった二人に一郎、誠、さやかに聖子と友人達も加わり、賑やかで楽しい高校生活が始まっていく。

登場人物[編集]

永井太陽(ながい たいよう)
本作の主人公。中学時代は陸上部に所属し、100mでは全国大会で優勝する実力を持つ。太田学園に入学後は兄から誘われていた野球部に入部するつもりだったが、同じクラスの川村由美に一目惚れ。彼女がサッカー部のマネージャーだと知ると、そのままサッカー部に入部する。その後、由美とは両想いであることがわかり、交際に発展する。
由美のことで妄想したり、部屋にある由美の顔写真特大パネルにキスをするなど少々アブナイ面を持つが、その都度誰かしらにツッコミを受け慌てて正気に戻ることが多い。勉強はあまり出来る方ではないが、球技大会で活躍するなど運動神経は良い。
川村由美(かわむら ゆみ)
本作のヒロイン。兄の所属するサッカー部マネージャーとして入部すると、入部希望者が殺到するほど人気がある。中学時代に太陽が全国大会に出場した際に太陽の走る姿に魅かれ、それ以来太陽のことを想い続ける分(一途な性格のため)、かなりのヤキモチ焼きでもある。
前田一郎(まえだ いちろう)
太陽の親友。中学では共に陸上部で、高校でも同じサッカー部に入部する。女の子と付き合いたいという願望が強いもののさほどモテる訳ではないため、それをネタに太陽と誠から良くイジられている。勉強は太陽と同レベル。
根津誠(ねず まこと)
太陽の親友で同じサッカー部。長身、成績優秀、加えてルックスが良いこともあり、女生徒からは人気が高くバレンタインデーでは大量のチョコレートを手にする。特定の彼女はいないが、さやかからは猛烈にアタックされている。
吉野さやか(よしの さやか)
由美の親友。誠のことが好きで、いかなる時も誠にアピールを欠かさない積極的な女の子。
町田聖子(まちだ せいこ)
由美の親友。聖子ちゃんカットの髪型が特徴。大人しく控えめな性格で太陽に想いを寄せている(一郎と由美はこのことを知っている)が、太陽の由美に対する想いと自身が由美と友人であることから、その気持ちを胸に秘めたままにしている。
川村亨(かわむら とおる)
由美の兄で、サッカー部のキャプテン。練習に関しては真剣かつ熱心だが、根はかなりお茶目な性格で由美と太陽の仲を良く茶化している(邪魔をしているわけではない)。
永井大地(ながい だいち)
太陽の兄。野球部のキャプテンで成績も優秀、真面目な性格も手伝って太陽に説教をすることもある。しかし太陽が妄想しているときには茶化すなど、亨同様にお茶目な面もある。
須藤真奈美(すどう まなみ)
亨とクラスメイトで、男子生徒憧れの『ミス・学園』。部活訪問でサッカー部に訪れた際、ふとしたきっかけで太陽と知り合い親交を深める。太陽のことが気になり始めるが、由美を大切にしていることを知り、友人として接するようになる。

書誌情報[編集]

  • ちば拓 『キックオフ』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、全12巻
  1. 1982年10月発売 ISBN 978-4088515212
  2. 1982年11月発売 ISBN 978-4088515229
  3. 1983年2月発売 ISBN 978-4088515236
  4. 1983年5月発売 ISBN 978-4088515243
  5. 1983年8月発売 ISBN 978-4088515250
  6. 1983年11月発売 ISBN 978-4088515267
  7. 1984年1月発売 ISBN 978-4088515274
  8. 1984年3月発売 ISBN 978-4088515281
  9. 1984年4月発売 ISBN 978-4088515298
  10. 1984年5月発売 ISBN 978-4088515304
  11. 1984年7月発売 ISBN 978-4088515311
  12. 1984年9月発売 ISBN 978-4088515328

脚注[編集]

  1. ^ キックオフ([著]ちば拓)”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2016年11月2日閲覧。
  2. ^ a b c 西村繁男 『まんが編集術』 白夜書房1999年、243-244頁。ISBN 978-4893675958
  3. ^ バレンタインに悶絶せよ!少年ジャンプ伝説の激甘ラブコメディー「キックオフ」レビュー”. BLACK徒然草. 2016年11月2日閲覧。