伊藤剛 (評論家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

伊藤 剛(いとう ごう、1967年2月 - )は、愛知県名古屋市出身の日本の漫画評論家。主著に『テヅカ・イズ・デッド』。

経歴[編集]

名古屋市立向陽高等学校名古屋大学理学部卒業。NTTデータの会社員を経て、浦沢直樹唐沢なをきなどのアシスタントを務める。

1997年ごろから、泊倫人(とまり りんと)名義でエロマンガの紹介・評論を始め、2001年に日本マンガ学会が発足すると会員となった。

2002年にアミューズメントメディア総合学院マンガ学科非常勤講師、 2006年に武蔵野美術大学芸術文化学科非常勤講師、東京工芸大学芸術学部マンガ学科准教授早稲田大学文化構想学部非常勤講師などを経て、2016年に東京工芸大学芸術学部マンガ学科教授に就任した。

岡田斗司夫・唐沢俊一との紛争[編集]

  • 1990年代半ばに、伊藤はニフティサーブのコメディフォーラム内の岡田斗司夫唐沢俊一眠田直の三人が議長を務めるオタクアミーゴス会議室、及びと学会に入会した。伊藤によると周囲からは唐沢とは師弟関係として認識されていたが、1997年7月、唐沢から関係を絶縁するという告知がされて以降、唐沢は伊藤に対する誹謗中傷を繰り返してきたという[1]。伊藤は1998年7月に出版された、岡田斗司夫編『国際おたく大学』(光文社)掲載の記事「サブカルのパンドラの箱〜伊藤(バカ)くん問題」が名誉毀損等であるとして、11月、岡田斗司夫と光文社、及び当該記事の執筆者である唐沢俊一とその妻ソルボンヌK子を、東京地裁に提訴。1999年7月23日、上述の民事訴訟で和解し、岡田及び唐澤夫妻の謝罪文がウェブ上に(削除済み)、光文社による謝罪文が『小説宝石』1999年9月号に掲載される運びとなった[2]

著書[編集]

参考文献[編集]

  • 『ユリイカ』2006年1月号「特集・マンガ批評の最前線」(青土社)

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]