國文學

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
國文學 
学術分野 日本文学
言語 日本語
詳細
出版社 學燈社
出版国 日本
出版歴 1956年 - 2009年
出版間隔 月刊
分類
ISSN 0452-3016
外部リンク
プロジェクト:出版Portal:書物
テンプレートを表示

國文學』(こくぶんがく)は、1956年4月から2009年7月にかけて學燈社から発行されていた学術雑誌。当初は『解釈と教材の研究』、1995年以降は『日本語 日本文学 日本文化―解釈と教材の研究』とのサブタイトルを持つ、日本文学に関する論文誌である。

學燈社は、1948年保坂弘司が創業。1956年に『國文學 解釈と教材の研究』を創刊。66年石井時司(1926年 - 2004年)が社長、1971年に保坂が会長となる。1983年に保坂が死去。1091年に清水孝一、1998年に肥田尚昭が代表となる。2009年『國文學』を休刊とし解散。1951年から1989年にかけて、主として高校生用の国文学学習用の学燈文庫(学灯文庫)を刊行していた。

『國文學』は、至文堂から発行されていた『国文学 解釈と鑑賞』(2011年に休刊)とともに、国文学の分野における最も権威ある論文誌であった。なお、同誌と区別するため、研究者の間では通常『解釈と教材』などと呼ばれる。

編集長は保坂のあと1969年から茂原輝史、93年から牧野十寸穂。大江健三郎吉本隆明から、村上龍村上春樹など現代の人気文学者を特集し、1989年10月には「柄谷行人 闘争する批評」、1992年7月には「蓮實重彦 挑撥する批評」を特集している。ほか『別冊国文学』として『万葉集必携』『谷崎潤一郎必携』なども刊行した。

2009年、學燈社から発行されていた受験雑誌の『学燈』(1948年創刊)ともども休刊となった。編集長だった牧野は、響文社から『アナホリッシュ國文學』を後継誌として2012年から14年まで七号にわたって刊行した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]