こうの史代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こうの 史代
Fumiyo Kouno (2018).jpg
こうの 史代, 2018.
生誕 (1968-09-28) 1968年9月28日(49歳)
日本の旗広島県広島市西区
国籍 日本
活動期間 1995年 -
代表作 夕凪の街 桜の国
この世界の片隅に
受賞 第8回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞
第9回手塚治虫文化賞新生賞
テンプレートを表示

こうの 史代(こうの ふみよ、1968年9月28日 - )は、日本の女性漫画家イラストレーター広島県広島市西区出身。広島大学理学部中退、2001年放送大学教養学部卒業[1]比治山大学美術科客員教授[2]

略歴[編集]

子供時代に好きだった漫画は『大純情くん[3]。教育熱心な家庭で育ち、当時はあまり漫画を読ませてもらえなかった。限られた小遣いで漫画を買っていた日々だったが、自分で描くことを思いつき、中学生の頃より漫画を描き始める。

1987年に広島大学理学部に入学[4]。大学ではイラストマンガ同好会に所属していた[5]。本職の漫画家を志して大学を中退し、上京後、とだ勝之谷川史子などのアシスタントを経て、1995年に『街角花だより』でデビュー。

2004年、代表作でもある『夕凪の街 桜の国』(双葉社)で第8回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞。同作は田中麗奈主演で映画化され、2007年7月に公開された。

2009年、『この世界の片隅に』(双葉社)で第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、同作は2011年日本テレビでドラマ化され、2016年には片渕須直監督によって劇場アニメが公開された。

作風[編集]

トーンを極力使わない絵柄で、日常生活を主なテーマとした様々なタイプの作品を執筆している。活動範囲は児童書から青年誌まで広範囲に及び、イラストレーターとして書籍の挿絵を担当する他、同人誌での活動も行なっている。

人物[編集]

東京都青少年の健全な育成に関する条例2010年改正案を痛烈に批判しており、近親相姦が含まれる日本神話イザナミが「実の兄とセックスをしてはダメだぞ」と啓発するというエスプリを利かせた自筆のスケッチで反対を訴えた[6]2015年9月には安全保障関連法案に反対するデモに参加している。長らく東京暮らしだったが、2016年より京都府福知山市在住。

座右の銘は「私は常に真の栄誉を隠し持つ人間を書きたいと思っている」(ジッド[7]

連載[編集]

単行本[編集]

  • 『ぴっぴら帳(ノート)』1、完結編(2000-2004年、双葉社)のち文庫 
  • 夕凪の街 桜の国』(2004年、双葉社)のち文庫 
  • 『こっこさん』(2005年宙出版
  • 『長い道』(2005年、双葉社)のち文庫 
  • 『さんさん録』(2006年、双葉社)のち文庫 
  • 『街角花だより』(2007年、双葉社)のち文庫 
  • この世界の片隅に』全3巻(2008-2009年、双葉社)2011年に新装版全2巻
  • 『平凡倶楽部』(2010年、平凡社)
  • 『ぼおるぺん古事記 天の巻・地の巻・海の巻』(2012-2013年、平凡社)
  • 『あのとき、この本』(2014年、平凡社)
  • 『日の鳥』全2巻(2014-2016年、日本文芸社)
  • 『荒神絵巻』(2014年、朝日新聞出版宮部みゆきと共著。『荒神』連載中に描かれたオールカラーの挿し絵を収録。
  • 『ギガタウン漫符図譜』(2018年、朝日新聞出版

挿し絵[編集]

新聞[編集]

絵本[編集]

児童文学書[編集]

一般書[編集]

・日本の鉄道ことはじめ(沢和哉作)ISBN 978-4806755951

表紙画[編集]

  • 吉原花魁日記 光明に芽ぐむ日(森光子作)
  • 春駒日記 吉原花魁の日々(森光子作)

アニメーション[編集]

映画[編集]

その他[編集]

  • 放送大学イメージキャラクター“まなぴー” [8] (キャラクターデザイン、2008年9月~)

関連書籍[編集]

  • ユリイカ』2016年11月号「特集=こうの史代」[9](青土社、2016年10月27日)

脚注[編集]

  1. ^ 放送大学イメージキャラクター 放送大学 - テレビ・ラジオで学ぶ通信制大学”. 放送大学. 2016年12月11日閲覧。
  2. ^ 『ユリイカ 2016年11月号 特集=こうの史代』青土社、2016年、p.214 ISBN 978-4-791-70317-3
  3. ^ atプラス」30号「動く人」インタビュー(太田出版
  4. ^ 広島大学広報誌『HU-plus』Vol.5(2018年1月号)p.9
  5. ^ とだ勝之の2015-02-02のツイート2016年12月11日閲覧。
  6. ^ 竹宮恵子氏ら、青少年条例改正案を痛烈批判”. 新文化通信社. 2018年4月16日閲覧。
  7. ^ こうの史代【平凡倶楽部】
  8. ^ 放送大学イメージキャラクター
  9. ^ “ユリイカでこうの史代特集、単行本未収録の短編に近藤ようこらの寄稿も”. コミックナタリー. (2016年10月27日). http://natalie.mu/comic/news/207109 2016年11月30日閲覧。 

外部リンク[編集]