こうの史代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こうの 史代
生誕 (1968-09-28) 1968年9月28日(49歳)
日本の旗広島県広島市西区
国籍 日本
活動期間 1995年 -
代表作 夕凪の街 桜の国
この世界の片隅に
受賞 第8回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞
第9回手塚治虫文化賞新生賞
テンプレートを表示

こうの 史代(こうの ふみよ、1968年9月28日 - )は、日本の女性漫画家イラストレーター広島県広島市西区出身。広島大学理学部中退、2001年放送大学教養学部卒業[1]比治山大学美術科客員教授[2]

略歴[編集]

子供時代に好きだった漫画は『大純情くん[3]

広島大学ではイラストマンガ同好会に所属していた[4]上京後、とだ勝之谷川史子などのアシスタントを経て、1995年に『街角花だより』でデビュー。

2004年、代表作でもある『夕凪の街 桜の国』(双葉社)で第8回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞。同作は田中麗奈主演で映画化され、2007年7月に公開された。

2009年、『この世界の片隅に』(双葉社)で第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、同作は2011年日本テレビでドラマ化され、2016年には片渕須直監督によって劇場アニメが公開された。

トーンを極力使わない絵柄で、日常生活を主なテーマとした様々なタイプの作品を執筆している。活動範囲は児童書から青年誌まで広範囲に及び、イラストレーターとして書籍の挿絵を担当する他、同人誌での活動も行なっている。長らく東京暮らしだったが、2016年より京都府福知山市在住。

座右の銘は「私は常に真の栄誉を隠し持つ人間を書きたいと思っている」(ジッド[5]

連載[編集]

単行本[編集]

  • 『ぴっぴら帳(ノート)』1、完結編(2000-2004年、双葉社)のち文庫 
  • 夕凪の街 桜の国』(2004年、双葉社)のち文庫 
  • 『こっこさん』(2005年宙出版
  • 『長い道』(2005年、双葉社)のち文庫 
  • 『さんさん録』(2006年、双葉社)のち文庫 
  • 『街角花だより』(2007年、双葉社)のち文庫 
  • この世界の片隅に』全3巻(2008-2009年、双葉社)2011年に新装版全2巻
  • 『平凡倶楽部』(2010年、平凡社)
  • 『ぼおるぺん古事記 天の巻・地の巻・海の巻』(2012-2013年、平凡社)
  • 『あのとき、この本』(2014年、平凡社)
  • 『日の鳥』全2巻(2014-2016年、日本文芸社)
  • 『荒神絵巻』(2014年、朝日新聞出版宮部みゆきと共著。『荒神』連載中に描かれたオールカラーの挿し絵を収録。

挿し絵[編集]

新聞[編集]

絵本[編集]

児童文学書[編集]

表紙画[編集]

  • 吉原花魁日記 光明に芽ぐむ日(森光子作)
  • 春駒日記 吉原花魁の日々(森光子作)

アニメーション[編集]

映画[編集]

関連書籍[編集]

  • ユリイカ』2016年11月号「特集=こうの史代」[6](青土社、2016年10月27日)

脚注[編集]

  1. ^ 放送大学イメージキャラクター 放送大学 - テレビ・ラジオで学ぶ通信制大学”. 放送大学. 2016年12月11日閲覧。
  2. ^ 『ユリイカ 2016年11月号 特集=こうの史代』青土社、2016年、p.214 ISBN 978-4-791-70317-3
  3. ^ atプラス」30号「動く人」インタビュー(太田出版
  4. ^ とだ勝之の2015-02-02のツイート2016年12月11日閲覧。
  5. ^ こうの史代【平凡倶楽部】
  6. ^ “ユリイカでこうの史代特集、単行本未収録の短編に近藤ようこらの寄稿も”. コミックナタリー. (2016年10月27日). http://natalie.mu/comic/news/207109 2016年11月30日閲覧。 

外部リンク[編集]