漫符

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

漫符(まんぷ)は漫画に特有な記号表現のことである。古くから見られるが、具体例を示して「漫符」という呼称を使用した初出は『サルでも描けるまんが教室』(相原コージ竹熊健太郎共著、1990-1992年発行)の第3回である。同作品では漫符を「感情や感覚を視覚化した、まんがならではの符号(記号)」と定義している。

夏目房之介は独立に形喩(けいゆ)という用語を造語している[1]

具体例[編集]

汗マーク

『サルでも描けるまんが教室』では、具体例として以下の表現を挙げている。

汗・涙(汗マーク
水滴を戯画化している。焦りや悲しみを表現する。
青筋(怒りマーク
3~4本の曲線によって額などに浮き出る血管を戯画化している。怒りを表現する。
湯気
頭部などから噴出す湯気を戯画化している。激怒を表現する。

脚注[編集]

  1. ^ 『マンガはなぜ面白いのか その表現と文法』夏目房之介

関連項目[編集]