文化庁メディア芸術祭マンガ部門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

文化庁メディア芸術祭マンガ部門(ぶんかちょうメディアげいじゅつさい マンガぶもん)は、日本の文化庁が主催する文化庁メディア芸術祭の一部門として1997年から開催されている漫画賞である。

審査員は主に漫画家から成り、「クリエーターがクリエーターを選ぶ」ことが賞のポリシーとなっている。自社の作品に偏りがちな出版社主催の賞と違い、審査員の推薦や公式サイトでの一般推薦、メディア芸術祭事務局のリサーチなどで広く集められた作品が選考対象となる。出版された作品に限らず、一般人の自薦による作品も対象としている。

受賞作品一覧[編集]

第1回(1997年)[編集]

大賞

  • マンガ日本の古典(22名の漫画家)

優秀賞

審査員(アニメーション部門と共通):里中満智子(主査)、鈴木伸一(副主査)、石ノ森章太郎石子順谷川彰英モンキーパンチ押井守

第2回(1998年)[編集]

大賞

優秀賞

審査員(アニメーション部門と共通):里中満智子(主査)、鈴木伸一(副主査)、石子順、岡田英美子柏木博、谷川彰英、モンキーパンチ

第3回(1999年)[編集]

大賞

優秀賞

審査員(アニメーション部門と共通):里中満智子(主査)、鈴木伸一(副主査)、石上三登志おかだえみこ、柏木博、清水勲、モンキーパンチ

第4回(2000年)[編集]

大賞

優秀賞

審査員(アニメーション部門と共通):石上三登志(主査)、浜野保樹(副主査)、おかだえみこ、柏木博、清水勲、大地丙太郎西村繁男

第5回(2001年)[編集]

大賞

優秀賞

審査員(アニメーション部門と共通):石上三登志(主査)、浜野保樹(副主査)、小野耕世、清水勲、鈴木伸一、西村繁男、古川タク

第6回(2002年)[編集]

大賞

優秀賞

奨励賞

  • なぜ博士は怒っているのか(池谷伊佐夫)

審査員(アニメーション部門と共通):原島博(主査)、鈴木伸一(副主査)、浜野保樹、小野耕世、高畑勲、竹宮惠子、西村繁男、古川タク

第7回(2003年)[編集]

大賞

  • カジムヌガタイ-風が語る沖縄戦-(比嘉慂

優秀賞

奨励賞

  • 純喫茶のこりび(いとう耐)

審査員:里中満智子(主査)、小野耕世、木村忠夫、竹宮惠子、ちばてつや

第8回(2004年)[編集]

大賞

優秀賞

奨励賞

  • 昭和二十年の絵手紙 私の八月十五日(私の八月十五日の会)

審査員:里中満智子(主査)、木村忠夫、黒鉄ヒロシ、竹宮惠子、ちばてつや

第9回(2005年)[編集]

大賞

優秀賞

奨励賞

  • Web4コマ漫画(中江嘉男)

審査員:里中満智子(主査)、木村忠夫、黒鉄ヒロシ、竹宮惠子、モンキー・パンチ

第10回(2006年)[編集]

大賞

優秀賞

奨励賞

審査員:モンキー・パンチ(主査)、石坂啓、さいとう・たかを藤本由香里わたなべまさこ

第11回(2007年)[編集]

大賞

優秀賞

審査員:モンキー・パンチ(主査)、しりあがり寿、ちばてつや、藤本由香里、わたなべまさこ

第12回(2008年)[編集]

大賞

優秀賞

奨励賞

審査員:ちばてつや(主査)、しりあがり寿、永井豪、藤本由香里、わたなべまさこ

第13回(2009年)[編集]

大賞

優秀賞

奨励賞

審査員:しりあがり寿(主査)、さいとうちほ、永井豪、細萱敦村上知彦

第14回(2010年)[編集]

大賞

優秀賞

奨励賞

審査員:永井豪(主査)、かわぐちかいじ、さいとうちほ、細萱敦、村上知彦

第15回(2011年)[編集]

大賞

優秀賞

新人賞

  • なかよし団の冒険(西村ツチカ
  • まげもん。(昌原光一)
  • マスタード・チョコレート(冬川智子

審査員:さいとうちほ(主査)、竹宮惠子、細萱敦、みなもと太郎、村上知彦

第16回(2012年)[編集]

大賞

優秀賞

新人賞

審査員:みなもと太郎(主査)、斎藤宣彦、竹宮惠子、ヤマダトモコ、伊藤剛

第17回(2013年)[編集]

大賞

優秀賞

新人賞

審査員:みなもと太郎(主査)、斎藤宣彦、ヤマダトモコ、伊藤剛、すがやみつる

第18回(2014年)[編集]

大賞

優秀賞

新人賞

審査員:伊藤剛、犬木加奈子、斎藤宣彦、すがやみつる、ヤマダトモコ

第19回(2015年)[編集]

大賞

優秀賞

新人賞

審査員:犬木加奈子、門倉紫麻、すがやみつる、古永真一松田洋子

第20回(2016年)[編集]

大賞

優秀賞

新人賞

審査員:犬木加奈子、門倉紫麻、みなもと太郎、古永真一、松田洋子

外部リンク[編集]