野田サトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野田 サトル
本名 野田 智
生誕 ????????
日本の旗 日本北海道北広島市
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 2003年 -
ジャンル 青年漫画
代表作スピナマラダ!
ゴールデンカムイ
受賞 第22回手塚治虫文化賞マンガ大賞(2018年)
テンプレートを表示

野田 サトル(のだ サトル、本名:野田 智[1])は、日本漫画家北海道北広島市出身[1][2]左利き[3]

来歴[編集]

2003年、読切『恭子さんの凶という今日』でデビュー。2006年、読切『ゴーリーは前しか向かない』で第54回ちばてつや賞ヤング部門大賞を受賞。

2011年から2012年まで『週刊ヤングジャンプ』にてアイスホッケー漫画『スピナマラダ!』を連載。

2014年から『週刊ヤングジャンプ』にて『ゴールデンカムイ』を連載中。同作で2016年マンガ大賞を受賞[4]2018年には同作で第22回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。

『ゴールデンカムイ』の主人公・杉元佐一の名前は、屯田兵日露戦争にも従軍した作者の曽祖父の名前からとられている。『スピナマラダ!』の連載が終わり次作を構想中に担当編集者から「次は猟師の話を描かないか」と提案され、開拓期の北海道の猟師を描いた熊谷達也の小説『銀狼王』を渡されたが、その主人公が二瓶という名前で偶然『スピナマラダ!』にも登場するキャラクターと同じ名前だったことから運命を感じ、日露戦争帰りの曽祖父の話を融合させ『ゴールデンカムイ』の作品のテーマが生まれたという[5]

「作品と作者は切り離して考えるべき」という方針から写真や詳しい経歴などは非公表としている。ヤングジャンプの担当編集者によると「寡黙だけれど、とても意志の強い人」だという[6]

作品[編集]

連載[編集]

読切[編集]

  • 恭子さんの凶という今日(『別冊ヤングマガジン』2003年Vol.1)※「野田さとる」名義
  • 恭子さんの凶という今日(『別冊ヤングマガジン』2004年Vol.3)※「野田さとる」名義
  • ゴーリーは前しか向かない(『別冊ヤングマガジン』2006年Vol.16,17)※「野田智」名義
  • 巨神兵ちゃんの恋-スピナマラダ!外伝-(『アオハル』0.99号)
  • World Wide Wild(『週刊ヤングジャンプほか』2013年Vol.23)※集英社青年誌3誌合同別冊付録

師匠[編集]

インタビュー・対談[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “苫小牧舞台の高校アイスホッケー漫画「スピナマラダ!」 あすから週刊ヤングジャンプで連載”]. WEBみんぽう (苫小牧民報社). (2011年7月13日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/bYy4T 2018年11月7日閲覧。 
  2. ^ Breakaway ブレイクアウェイ アイスホッケー情報誌”. 2013年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月7日閲覧。
  3. ^ 小原篤(朝日新聞記者) 2018年6月7日のツイートより 同記者は第22回手塚治虫文化賞の贈呈式に参加していた。
  4. ^ “「ゴールデンカムイ」マンガ大賞 北広島出身・野田サトルさん作”. どうしんウェブ (北海道新聞). オリジナル2016年4月4日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/tutKt 2018年11月7日閲覧。 
  5. ^ 「ゴールデンカムイ」特集 野田サトル×町山智浩対談 (2/3) - コミックナタリー 特集・インタビュー”. 株式会社ナターシャ. 2018年11月7日閲覧。
  6. ^ “朝日新聞デジタル:(7)漫画家・野田サトルさん - 北海道 - 地域”. 朝日新聞DIGITAL. (2017年1月8日). http://www.asahi.com/area/hokkaido/articles/MTW20170110011620001.html 2018年11月7日閲覧。 
  7. ^ 野田サトル 2011年11月18日の発言より[リンク切れ]
  8. ^ 「ゴールデンカムイ」特集 野田サトル×町山智浩対談 - コミックナタリー 特集・インタビュー”. 株式会社ナターシャ. 2018年11月7日閲覧。
  9. ^ 『週刊ヤングジャンプ』2015年24号、P.286-287『シンマン賞募集ページ』での発言より。
  10. ^ 2015年12月19日,町山智浩「今いちばん面白いマンガ「ゴールデンカムイ」の野田サトル先生と対談 しました。」- Twitter

外部リンク[編集]