国友やすゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国友 やすゆき(くにとも やすゆき、1953年1月1日[1][2][3] - 2018年9月20日)は、日本漫画家福岡県遠賀郡出身[1][2][3]福岡県立東筑高等学校早稲田大学商学部卒業[2][3]

人物[編集]

早稲田大学漫画研究会出身。在学中の1974年、『増刊少年ジャンプ』(集英社)に掲載の『最後の少年野球』でデビュー。手塚賞の佳作を受賞[2][3]

漫画アクション』(双葉社)で連載した『JUNK BOY』は500万部を超えるヒットとなり、1987年OVA作品としてマッドハウス制作でアニメ化されている。また『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載した『100億の男』は、緒形直人主演により関西テレビ制作でドラマ化され、国友の代表作となった。さらに『幸せの時間』も、田中美奈子主演により東海テレビ制作でドラマ化され、フジテレビ系列昼の帯ドラマで放送された。

2018年9月20日、死去[4]。65歳没。

作品リスト[編集]

その他の活動[編集]

宇宙戦艦ヤマト 復活篇』にキャラクターデザインとして参加している。

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 長谷邦夫 『ニッポン漫画家名鑑』 データハウス1994年3月1日、127-128頁。ISBN 978-4-887-18196-0
  2. ^ a b c d 『漫画家・アニメ作家人名事典』 日外アソシエーツ編集部、日外アソシエーツ1997年4月21日、初版、139頁。ISBN 978-4-816-91423-2
  3. ^ a b c d まんがseek、日外アソシエーツ編集部 『漫画家人名事典』 日外アソシエーツ、2003年2月25日、初版、133頁。ISBN 978-4-816-91760-8
  4. ^ 「100億の男」国友やすゆきが65歳で死去 - コミックナタリー 2018年9月22日
  5. ^ 西原理恵子の人生画力対決(第5回)での本人の発言より http://big-3.jp/bigsuperior/column/zinseigaryokutaiketu/090812/index.html
  6. ^ 週刊ポスト2011年1月14/21日合併号特集早大漫研物語のインタビュー
  7. ^ 週刊ヤングジャンプ』2015年24号、P.286-287『シンマン賞募集ページ』での、野田の発言より

外部リンク[編集]