熊谷達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熊谷 達也
(くまがい たつや)
誕生 (1958-04-25) 1958年4月25日(59歳)
日本の旗 日本宮城県仙台市
職業 作家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京電機大学理工学部
活動期間 1997年 -
ジャンル 小説
代表作 邂逅の森』(2004年)
主な受賞歴 小説すばる新人賞(1997年)
新田次郎文学賞(2000年)
山本周五郎賞(2004年)
直木三十五賞(2004年)
デビュー作 『ウエンカムイの爪』(1997年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

熊谷 達也(くまがい たつや、1958年4月25日 - )は、日本小説家東京電機大学卒業。

来歴・人物[編集]

宮城県仙台市出身。宮城県佐沼高等学校東京電機大学理工学部数理学科卒。卒業後、埼玉県宮城県気仙沼中学校[1]で公立中学校の数学教諭を8年間勤める。その後、宮城県に帰り、保険代理店業を経て1997年『ウエンカムイの爪』で作家としてデビューする。2011年震災当時も2013年現在も仙台市在住。

2004年、『相剋の森』から始まり『氷結の森』で終わるマタギ3部作の第2作『邂逅の森』で、初の山本周五郎賞直木賞のダブル受賞を果たす。

『荒蝦夷』や『迎え火の山』など東北地方北海道の民俗・文化・風土に根ざした作風で知られる。

プライベートでは外国製のオートバイをこよなく愛することで知られる。

文学だけでなくK'zというロックバンドでギターを弾くなどミュージシャンとしての一面も持つ。

受賞歴[編集]

作品リスト[編集]

  • ウエンカムイの爪 集英社、1998 のち文庫  
  • 漂泊の牙 集英社、1999 のち文庫 
  • まほろばの疾風(かぜ)集英社、2000 のち文庫  
  • 迎え火の山 講談社、2001 のち文庫  
  • 山背郷(短編集)集英社、2002 のち文庫  
  • マイ・ホーム・タウン 小学館、2003 「冒険の日々」文庫 
  • 相剋の森(マタギ3部作第1作)集英社、2003 のち文庫  
  • 邂逅の森(マタギ3部作第2作)文藝春秋、2004 のち文庫 
  • 荒蝦夷 平凡社、2004 のち集英社文庫
  • 山背の里から 杜の都でひとり言(エッセイ)小学館、2004 
  • モビィ・ドール 集英社、2005 のち文庫  
  • 懐郷 新潮社、2005 のち文庫  
  • 虹色にランドスケープ 文藝春秋、2005 のち文庫 
  • 新参教師 徳間書店、2006 のち文庫  
  • 七夕しぐれ 光文社、2006 のち文庫  
  • 氷結の森(マタギ3部作第3作)集英社、2007 のち文庫   
  • 箕作り弥平商伝記 講談社、2007.7 のち文庫
  • はぐれ鷹 文藝春秋、2007.10
  • 群青に沈め 僕たちの特攻 角川書店、2008.2 のち文庫
  • いつかX橋で 新潮社、2008.11 のち文庫
  • ゆうとりあ 文藝春秋、2009.3 のち文庫
  • オヤジ・エイジ・ロックンロール 実業之日本社、2009.11 のち文庫
  • モラトリアムな季節 光文社、2010 のち文庫
  • 銀狼王 集英社、2010.6 のち文庫
  • 稲穂の海 文藝春秋 2010.10 のち文庫
  • 翼に息吹を 角川書店 2011.3 のち文庫
  • バイバイ・フォギーデイ 講談社 2012.4
  • 光降る丘 角川書店 2012.9  (2008年6月の岩手・宮城内陸地震が題材)
  • 烈風のレクイエム 新潮社 2013.2 (小説新潮 2011.9~2012.12 連載「海峡の絆」を改題)のち「海峡の鎮魂歌」改題、文庫
  • 調律師 文藝春秋、2013.5 のち文庫
  • リアスの子 光文社 2013.12 のち文庫
  • 微睡みの海 角川書店 2014.3
  • ティーンズ・エッジ・ロックンロール 実業之日本社 2015.6
  • 潮の音、空の青、海の詩 NHK出版 2015.7 
  • 希望の海 仙河海叙景 集英社 2016.3
  • 揺らぐ街 光文社 2016.8

海外への翻訳[編集]

中国大陸(簡化字)[編集]

  • 邂逅之森 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)-邂逅の森

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 「東北から希望を発信 熊谷達也さんに聞く」2013年2月23日日本経済新聞夕刊5面