ナイルパーチの女子会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナイルパーチの女子会
著者 柚木麻子
発行日 単行本:2015年3月28日
文庫版:2018年2月9日
発行元 文藝春秋
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
文庫版:文庫判
ページ数 単行本:360
文庫版:416
公式サイト 単行本:ナイルパーチの女子会 単行本 文藝春秋
文庫版:ナイルパーチの女子会 文庫版 文藝春秋
コード 単行本:ISBN 978-4-16-390229-6
文庫版:ISBN 978-4-16-791012-9
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ナイルパーチの女子会』(ナイルパーチのじょしかい)は、日本の小説家柚木麻子による小説である。

別册文藝春秋』2012年11月号から2013年9月号までに連載された[1]。単行本は、2015年3月28日に文藝春秋より刊行された[2]。単行本の装幀は、大久保明子による。単行本の装画は、菅野裕美による[1]。同年、第28回山本周五郎賞を受賞する[3]。同年、第153回直木三十五賞の候補作に選ばれる[4]2016年、第3回高校生直木賞を受賞する[5]。文庫版は、2018年2月9日に文春文庫より刊行された[6]

著者の柚木は、「ナイルパーチは生き残るために凶暴になってしまう。同じようにしたくないのに競争を強いられるのは現代日本でもよくあること。水族館で説明文を読んでいるうちに、書きたいことが固まった」[3]「女の子は同性からのひと言が地獄にも天国にもなるというのは、私がずっと言ってきたことで、『ランチのアッコちゃん』をはじめ、ほかの作品にも通じています」[7]と語っている。

2021年1月よりBSテレビ東京土曜ドラマ9」枠で水川あさみ主演でテレビドラマ化される[8]

あらすじ[編集]

30歳の志村栄利子は、実家から大手の総合商社に通勤しており、1000万円を超える年収を稼いでいる一方で、「おひょうのダメ奥さん日記」というタイトルのブログを愛読している。栄利子は、そのブログを書いている専業主婦の丸尾翔子と、ひょんなことから出会って急速に親しくなり、新たな友人ができたと感じる。翔子のほうも、友人がもてるようになったことを誇りに感じていた。しかし、翔子がブログの更新を何日間か滞らせたことがきっかけで、栄利子は翔子との適切な距離感を失ってしまい、ふたりの関係は思いもよらない方向へと進展していく。

主な登場人物[編集]

志村栄利子
大手の総合商社の社員。30歳。
丸尾翔子
専業主婦ブロガー「おひょう」。30歳。
四葉佐弥子
栄利子の先輩社員。

書評[編集]

編集者の松田哲夫は、「ミステリーでもホラーでもなく、普通の小説でこういう衝撃を受けたのは、山本文緒さんの『恋愛中毒』以来のことである」[9]と評価している。新潮社が運営するサイト「ブックバン」には、「物語はとても一冊の本と思えないほど重厚」「自分自身に向き合わせる作者の罠のようなものを感じるが、その罠、毒こそが本書の魅力というか迫力なのかもしれない」[10]とする書評が掲載されている。朝日新聞には、「毒々しい友情戯画小説だが、淡彩で締めたラストのおかげで後味は悪くない」[11]とする書評が掲載されている。

テレビドラマ[編集]

ナイルパーチの女子会
ジャンル 連続ドラマ
原作 柚木麻子
『ナイルパーチの女子会』
脚本 横田理恵
監督 瀧悠輔
出演者 水川あさみ
山田真歩
淵上泰史
小池里奈
篠原篤
田村心
森矢カンナ
音楽 フジモトヨシタカ
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデューサー 戸石紀子(テレビ東京)
田中美幸(C&Iエンタテインメント)
制作 BSテレビ東京
C&Iエンタテインメント
ドラゴンフライエンタテインメント(協力)
製作 『ナイルパーチの女子会』製作委員会2021
放送
放送チャンネルBSテレ東
BSテレ東4K
映像形式文字多重放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年1月30日 - 3月20日
放送時間土曜 21:00 - 21:55
放送枠土曜ドラマ9
放送分55分
回数8
公式サイト
テンプレートを表示

2021年1月30日からBSテレビ東京土曜ドラマ9」枠で放送[12][13]。主演は水川あさみ[12][13]

キャッチコピーは「わたしに足りないのは、トモダチだけ。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 ラテ欄[16] 視聴率
第1話 1月30日
第2話 2月06日
第3話 2月13日
第4話 2月20日
第5話 2月27日
第6話 3月6日
第7話 3月13日
最終話 3月20日
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
BSテレビ東京 土曜ドラマ9
前番組 番組名 次番組
女ともだち
(2020年12月19日 - 2021年1月23日)
ナイルパーチの女子会
(2021年1月30日 - 3月20日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『ナイルパーチの女子会』 2015.
  2. ^ ナイルパーチの女子会 単行本”. 文藝春秋. 2019年3月29日閲覧。
  3. ^ a b “「読み始めたら止まらない」 山本周五郎賞に柚木麻子さん「ナイルパーチの女子会」”. 産経新聞. (2015年5月25日). https://www.sankei.com/life/news/150525/lif1505250014-n1.html 2019年3月29日閲覧。 
  4. ^ “芥川賞候補に又吉さんら 直木賞と候補作発表”. 日本経済新聞. (2015年6月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO88258070Z10C15A6000000/ 2019年3月29日閲覧。 
  5. ^ 高校生直木賞、第3回結果発表。柚木麻子『ナイルパーチの女子会』に決定”. 文藝春秋 (2016年5月11日). 2019年3月29日閲覧。
  6. ^ ナイルパーチの女子会 文庫版”. 文藝春秋. 2019年3月29日閲覧。
  7. ^ WEBきらら from BOOK SHOPS”. 小学館. 2019年3月29日閲覧。
  8. ^ “水川あさみ、怖すぎる女の友情に挑戦「狂気に取り憑かれていくさまは気持ちが悪い」”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2020年11月19日). https://www.sanspo.com/article/20201119-ADP7IU3XJJKVTAOZGUTD6RI75U/ 2020年11月19日閲覧。 
  9. ^ 松田哲夫 (2015年5月4日). “暴走するコミュニケーション”. 文藝春秋. 2019年3月29日閲覧。
  10. ^ 渕書店 BOOKSTORE FUCHI 「怖い。健康に悪い。それほど、『凄い』小説だ。」”. 新潮社 (2016年2月8日). 2019年3月29日閲覧。
  11. ^ “奇行のおぞましさと「あるある感」”. 朝日新聞. (2018年6月7日). https://book.asahi.com/article/11597271 2019年3月29日閲覧。 
  12. ^ a b c “水川あさみ主演で『ナイルパーチの女子会』連ドラ化 「今まで演じた事のない、独特な人物像」”. Real Sound (blueprint). (2020年11月19日). https://realsound.jp/movie/2020/11/post-657891.html 2020年11月19日閲覧。 
  13. ^ a b c “水川あさみ主演で小説「ナイルパーチの女子会」ドラマ化、共演に山田真歩”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年11月19日). https://natalie.mu/eiga/news/405229 2020年11月19日閲覧。 
  14. ^ a b c d e “水川あさみ主演ドラマに淵上泰史、小池里奈、篠原篤、田村心、森矢カンナが参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年12月16日). https://natalie.mu/eiga/news/409029 2020年12月17日閲覧。 
  15. ^ a b c d e “水川あさみ主演ドラマ「ナイルパーチの女子会」に淵上泰史、小池里奈、森矢カンナら”. Webザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年12月16日). https://thetv.jp/news/detail/1014483/ 2020年12月17日閲覧。 
  16. ^ 該当各日 『読売新聞』 テレビ欄。

参考文献[編集]

  • 柚木麻子『ナイルパーチの女子会』文藝春秋、2015年3月。ISBN 978-4-16-390229-6

外部リンク[編集]