パレード (吉田修一)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パレード』は、日本の小説家吉田修一による小説。5人の若者達のルームシェアを舞台に、彼らの共同生活とそのひずみで起きる経過と結末が描かれている。第15回山本周五郎賞受賞作。2010年行定勲監督・脚本で映画化された。映画版は、第60回ベルリン国際映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞している。

概要[編集]

吉田修一自身初めての全編書き下ろし小説。原稿用紙枚数約420枚。2002年2月に幻冬舎から上梓後、ライトな内容の裏に隠された人間心理の果てのヘヴィなラストに話題を呼び、各雑誌で高評価を受ける。その年の山本周五郎賞の選考会では「ラストの表現方法が疑問」(花村萬月)という指摘があったものの、「力を抜いてエンターテイメントに徹している」(山田詠美)と評価され山本賞を受賞した。2004年4月に文庫化されているが、その解説を担当しているのは同名小説「パレード」(『センセイの鞄』の番外編)を書いた川上弘美である。

登場人物[編集]

  • 伊原直輝 - 28歳・独立系映画配給会社勤務。非常に良識的な人間で夜のジョギングが日課。
  • 相馬未来 - 24歳・イラストレーター兼雑貨屋店長。本当の自分を出す事に疑問を感じる。
  • 大垣内琴美 - 23歳・無職 若手人気俳優の丸山友彦と熱愛中。妊娠騒ぎを起こす。
  • 小窪サトル - 自称18歳・男娼。途中から共同生活に加わった。
  • 杉本良介 - 21歳・H大学経済学部3年。長崎出身のお気楽(に見える)大学生。

映画[編集]

パレード
監督 行定勲
脚本 行定勲
原作 吉田修一
製作 井上衛
口垣内徹
菅井敦
井上竜太
製作総指揮 青木竹彦
出演者 藤原竜也
香里奈
貫地谷しほり
林遣都
小出恵介
音楽 朝本浩文
撮影 福元淳
編集 今井剛
配給 ショウゲート
公開 ドイツの旗 2010年2月17日BIFF
日本の旗 2010年2月20日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

行定勲脚本・監督で製作。2009年5月に撮影開始、2010年2月20日に公開。第60回ベルリン国際映画祭で、国際批評家連盟賞を受賞。

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

舞台[編集]

天王洲銀河劇場(2012年1月)・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(2012年2月)

主催:WOWOWフジテレビジョン・天王洲銀河劇場(東京)、関西テレビ放送梅田芸術劇場・サンライズプロモーション大阪(大阪)[1]

キャスト(舞台)[編集]

スタッフ(舞台)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「パレード」パンフレット

外部リンク[編集]