波岡一喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なみおか かずき
波岡 一喜
本名 波岡 一喜
生年月日 (1978-08-02) 1978年8月2日(41歳)
出生地 日本の旗 大阪府大阪市
身長 178cm
血液型 A型[1]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 2004年 -
配偶者 既婚(2006年 - )
公式サイト えりオフィス公式サイト
主な作品
映画
パッチギ!
ドロップ
レディ in ホワイト
テレビドラマ
ライオン丸G
1ポンドの福音
ちりとてちん
遺留捜査』シリーズ
仮面ライダー鎧武/ガイム
三人兄弟』シリーズ
火花
モブサイコ100
テンプレートを表示

波岡 一喜(なみおか かずき、本名同じ、1978年8月2日 - )は、大阪府大阪市出身の俳優えりオフィス所属。身長178cm、体重67kg。

来歴[編集]

大阪府立高津高等学校を経て早稲田大学政治経済学部卒業。

2004年に『パッチギ!』のモトキ・バンホー役を、同年『幻星神ジャスティライザー』で神野司郎/デモンナイト役を演じた。2006年に初主演作となる『ライオン丸G』が放送された。

人物[編集]

子供の頃は気の弱い性格で保育園ではいじめられて登園拒否、その後は小学校まで幼稚園等には行かなかったことを2010年7月のブログで明かしている。

自身のブログにて2006年11月11日に一般人の女性と婚姻し2007年9月24日に一児(女児)の父親になったことを報告した。また、2010年6月23日に第2子男児、2016年6月7日に第3子女児が誕生している[2]

子供を幼稚園にママチャリで送り迎えしたり、遠足についていったりと育児に対して積極的だが、家事は全くダメであり、妻が実家に帰省し1人だと何も出来ず、麦茶の作り方すらわからなかったほど。洗濯機の使い方まで妻に電話して聞いていた。掃除も苦手であり、極力汚したくないためお菓子やパンなどを食べる時はゴミ箱を抱えて食べるという。

酔っ払いすぎて自宅で子供の三輪車をトイレと間違え用を足した事がある。

パッチギ!」に出演した際に井筒和幸に散々しごかれ、笑うシーンでは200回以上笑わされ、ついには「フィルムの無駄」と言われカメラも回してもらえず、助監督と2人きりでずっと笑わされた事があり、使われたのは5秒程度だった。撮影中は毎晩同室の小出恵介と「明日撮影が休みになれば良い」と話していたと辛い経験をしたが、撮影後、井筒から事務所に電話があり「どこに出しても辛くないようにしてやった」と言われ、実際それ以上にキツイと感じた仕事はないというが、井筒に対していまだに恨みがあるらしく、井筒のモノマネをオーバーにしていた。

フリーアナウンサー八木早希とは中学時代の同級生。レゲエ歌手leccaは大学時代の知り合いである[3]

『幻星神ジャスティライザー』で演じたデモンナイトは、当初は悪役で味方になることは知らなかったため当初のインタビューでは「かっこよく散りたい」と語っていた[要文献特定詳細情報]。2010年7月のブログでデモンナイトについて「他のラストもあったがあれで良かったと思う」「DVDは貰っていない」と答えている。

2010年7月のブログで「一番印象的で難しかった役柄」と「もう一回やってみたいと思う役柄」に『ライオン丸G』を挙げている。

『仮面ライダー鎧武/ガイム』への出演は、長男が『仮面ライダーウィザード』や『獣電戦隊キョウリュウジャー』を観るようになり、自身の活躍する姿を子供にも見せたいという想いからマネージャーに出演を打診し実現した[4][5][6]

以前は芝居の現場は戦争だと考えており、オーディションでメンチを切るなど他の俳優に対して対抗心を抱いていたが、子供が出来てからは考えを改め若手を見守る立場をとっている[4][7][6]。『幻星神ジャスティライザー』ではデモンナイトのスーツアクターを務めた白濱孝次へ演技の要望を逐一伝えていたが、『仮面ライダー鎧武/ガイム』では仮面ライダーシグルドのスーツアクターを務めた金子起也に演技を任せている[4][6]

出演[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

ネットドラマ[編集]

ウェブテレビ[編集]

  • 新春オールスター麻雀大会2019(2019年1月2日 - 3日、AbemaTV)[21]

舞台[編集]

テレビ番組[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

  • プレミアムバンダイ限定 DXシドロックシード(2014年、バンダイ) - シド(声) 役

出典[編集]

  1. ^ 波岡一喜オフィシャルブログ「天下統一ゆえノ刻印.
  2. ^ “波岡一喜、第3子誕生を報告 出演作絡め冗談「火花子ちゃんにしようかな」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年6月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/09/kiji/K20160609012749240.html 2016年6月9日閲覧。 
  3. ^ ドラマ「ギネ」主題歌を歌うleccaを直撃! アツい歌への思いとは裏腹に私生活は至って普通!? 2009年11月26日 livedoor
  4. ^ a b c 鎧武ザ・ガイド 2014, pp. 34-37, 「Interviews I 波岡一喜 as シド/仮面ライダーシグルド」
  5. ^ 鎧武COMPLETE TRACKS 2014, p. 57, 「波岡一喜インタビュー(初出ハイパーホビー2014年3月号)」
  6. ^ a b c 鎧武公式完全読本 2014, pp. 38-41, 「ARMORED RIDER COLLECTION_06 仮面ライダーシグルド/シド Interview with 波岡一喜」
  7. ^ 鎧武COMPLETE TRACKS 2014, p. 105, 「佐野岳×小林豊対談(ハイパーホビー2014年10月号初出)」.
  8. ^ a b “「闇金ドッグス」続編2作が公開決定!山田裕貴&青木玄徳がそれぞれ主演”. 映画.com. (2016年3月17日). http://eiga.com/news/20160317/15/ 2016年3月17日閲覧。 
  9. ^ 三上博史主演、ラブホテルの密室映画『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』”. CINRA.NET (2018年10月4日). 2019年5月21日閲覧。
  10. ^ 映画『居眠り磐音』追加キャスト33人発表 Wヒロインに木村文乃&芳根京子”. ORICON NEWS (2018年11月28日). 2019年5月21日閲覧。
  11. ^ 『GOZEN -純恋の剣-』ヒロインが発表!映画&舞台の追加キャストも明らかに”. シネマズPLUS (2019年2月27日). 2019年5月21日閲覧。
  12. ^ “玉城ティナ主演で「地獄少女」実写映画化、監督は白石晃士”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年9月13日). https://natalie.mu/eiga/news/299415 2018年9月13日閲覧。 
  13. ^ “モテる男のアイテムは"株"!? 田中圭主演ドラマ『恋の時価総額』スタート”. マイナビニュース. (2015年9月11日). http://news.mynavi.jp/news/2015/09/11/276/ 2016年12月22日閲覧。 
  14. ^ 鈴木福:名古屋発ドラマ「三人兄弟」で六角精児の“30年前”演じる”. MANTANWEB (2015年9月20日). 2015年11月9日閲覧。
  15. ^ “今度は今野浩喜が恋をする、喫茶店ドラマ「三人兄弟」1年ぶりの続編決定”. お笑いナタリー. (2016年7月28日). http://natalie.mu/owarai/news/196141 2016年7月28日閲覧。 
  16. ^ “安藤政信、松井玲奈、若葉竜也、松本まりか、山口紗弥加主演ドラマ『ブラックスキャンダル』に出演”. Real Sound (リアルサウンド映画部). (2018年9月11日). https://realsound.jp/movie/2018/09/post-248632.html 2018年9月12日閲覧。 
  17. ^ 東出昌大×松重豊ドラマ「悪党」に青柳翔、蓮佛美沙子、柄本明、板谷由夏ら13名参加”. 映画ナタリー (2019年3月14日). 2019年5月22日閲覧。
  18. ^ 又吉の『火花』全10話のドラマに 林遣都、波岡一喜、門脇麦が出演”. ORICON STYLE (2015年10月19日). 2015年10月20日閲覧。
  19. ^ SPECサーガ完結篇『SICK'S 恕乃抄』、TBSテレビ、2017年12月26日閲覧。
  20. ^ 木村文乃×松田翔太「SICK'S 覇乃抄」配信日が決定、キャスト登壇のイベントも実施”. 映画ナタリー (2019年2月11日). 2019年5月22日閲覧。
  21. ^ 24時間の大激戦が終了 新年初役満、大逆転テンパイに笑顔…涙…/新春オールスター麻雀大会2019” (日本語). Abema 麻雀 TIMES (2019年1月3日). 2019年1月7日閲覧。
  22. ^ 福士誠治、斎藤工ら若手俳優が演劇ユニットを結成! 第一回公演大盛況”. ライブドアニュース (2009年4月30日). 2019年6月2日閲覧。
  23. ^ 大竹浩一、斎藤工、波岡一喜、福士誠治による、 演劇ユニットの約5年ぶりの舞台がDVDに!”. エキサイトニュース (2015年6月2日). 2019年6月2日閲覧。
  24. ^ TAKAHIRO、初舞台で「新しい自分に出会いたい」味方良介はイジられ役に”. ステージナタリー (2017年5月12日). 2019年6月2日閲覧。
  25. ^ 舞台「GOZEN」ヒロイン役は若月佑美、キービジュアルお披露目”. ステージナタリー (2019年6月2日). 2019年6月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『仮面ライダー鎧武ザ・ガイド』星海社 編、発行星海社 発売講談社、2014年3月20日。ISBN 978-4-06-218910-1
  • 『仮面ライダー鎧武/ガイム COMPLETE TRACKS』徳間書店〈HYPER MOOK〉、2014年11月15日。ISBN 978-4-19-730133-1
  • 『OFFICIAL PERFECT BOOK GAIM WARNING FRUIT COCKTAIL [仮面ライダー鎧武/ガイム 公式完全読本]』ホビージャパン〈公式完全読本シリーズ〉、東京、2014年12月13日、第1版。ISBN 978-4-7986-0933-1

外部リンク[編集]