クローズド・ノート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クローズド・ノート』は、日本の小説家・雫井脩介小説、またはこれを原作とした日本映画

あらすじ[編集]

小学校教員志望の大学生・堀井香恵は、アルバイト先の「今井文具堂」で万年筆を買いに来たイラストレーター・石飛リュウと出会う。香恵は絵を描くのに最適な万年筆を探す石飛に、次第に惹かれていく。

香恵の家には、その家の前の住人の忘れ物と思われる一冊のノートがあった。初めは読むつもりはなかったが、友人の葉菜が留学したこともあり、ふと寂しさに襲われた香恵はそのノートを読んでしまう。そこには、そのノートを置き忘れた前の住人で小学校教師・真野伊吹と生徒達との交流の日々、そして最愛の人“隆”へのあふれる想いが綴られていた。

ノートを読み進めていく内に香恵は、伊吹の考え方・生き方に共感するようになる。しかし、そこには驚くべき事実が隠されていた。

登場人物[編集]

堀井香恵(ほりい かえ)
教育大生。夢は小学校の教師になること。
石飛リュウ(いしとび りゅう)
イラストレーター。伊吹の恋人
真野伊吹(まの いぶき)
小学校教師。ノートを書いた持ち主。
池内ハナ
香恵の友人

刊行情報[編集]

クローズド・ノート

ISBN 978-4-04-873662-6(単行本)、ISBN 978-4-04-388601-2(角川文庫)

映画[編集]

クローズド・ノート
Closed Diary
監督 行定勲
脚本 吉田智子
伊藤ちひろ
行定勲
原作 雫井脩介
製作 春名慶
甘木モリオ
製作総指揮 市川南
出演者 沢尻エリカ
伊勢谷友介
竹内結子
音楽 めいなCo.
主題歌 YUILOVE & TRUTH
撮影 中山光一
編集 今井剛
配給 東宝
公開 日本の旗 2007年9月29日
上映時間 138分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 9.5億円[1]
テンプレートを表示

東宝の配給により2007年9月29日に公開された。制作プロダクションは、東宝動画とシネバザールである。雫井脩介の原作が元にされているが、原作とはストーリーや登場人物等が異なる。

ストーリー[編集]

小学校の教員を目指す女子大生の香恵は、新居に引っ越しをする。そこには、以前そこに住んでいた住人の忘れものと思われる一冊のノートがあった。ノートには、伊吹という教師の、日々の生徒との交流や、思いを寄せる隆(たかし)という男性との交流のことが綴られていた。

香恵は、アルバイト先である万年筆屋で、ある日、石飛リュウというイラストレーターに出会う。そして、じょじょに心惹かれていくようになる。

香恵は、ノートの中に出てくる伊吹とその彼氏である隆のことを想像し、勇気をもらいながら、同時に、リュウへの思いをさらに膨らませていく。ある日、リュウのアパートを訪ねた香恵は、リュウのマネージャーの山崎と出会う。やがて、山崎からリュウは今も一人の女性を愛し続けていると告げられる。そのとき、隆とリュウが実は同じ人物だったことを知ることになり、衝撃を受ける。リュウは、傷ついた香恵を訪ね、個展に来てほしいと誘う。香恵は思いを打ち明けるが、リュウは立ち去る。香恵は、ノートを伊吹に返しにいくことを決心し、小学校を訪ねるが、そこで伊吹が交通事故で既に他界していることを知る。 ノートの最後の一ページは破られていたが、その最後のページを、小学校で、伊吹のかつての教え子から受け取った香恵は、リュウの個展を訪れる。そのページには、隆への素直な思いが綴られていた。個展の会場で、その言葉を伊吹のことが忘れることができずにいるリュウの前で読み上げる。香恵は再び小学校を訪れる。香恵を迎えた小学校の教え子たちはいっせいに紙飛行機を飛ばす。振り返ると、その後ろには、ふっきれたリュウも来ていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

ロケ地[編集]

ソフト情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「2007年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2008年平成20年)2月下旬号、キネマ旬報社2008年、 164頁。

外部リンク[編集]