博報堂DYメディアパートナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
博報堂DYホールディングス > 博報堂DYメディアパートナーズ
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
Hakuhodo DY Media Partners Inc.
Hdymp.JPG
Akasaka Biz Tower.JPG
本社が入居する赤坂Bizタワー
種類 株式会社
略称 博報堂DYMP
本社所在地 日本の旗 日本
107-6321
東京都港区赤坂五丁目3番1号
赤坂Bizタワー
設立 2003年12月1日
業種 サービス業
事業内容 広告・セールスプロモーション
代表者 代表取締役社長 大森壽郎
資本金 95億円
従業員数 698人 (2016年7月1日現在、契約社員含)
主要株主 株式会社博報堂DYホールディングス 100%
主要子会社 株式会社博報堂DYミュージック&ピクチャーズ 100%
外部リンク http://www.hakuhodody-media.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(はくほうどうディワイメディアパートナーズ)は、日本初の総合メディア事業会社(メディア・エージェンシー)。

概要[編集]

2003年10月に、博報堂大広読売広告社のメディア部門を分割移転して設立された(商法上の設立日は同年12月1日)。博報堂DYグループを構成する3社をつなぐハブ機能を持つ。

メディア・バイイング業務を請け負う他、映画・アニメーション作品への出資も多数行っていることでも知られる。博報堂、大広、読売広告社と同様に、持株会社である博報堂DYホールディングスの100%出資の子会社であるが、特に博報堂とは繋がりが強く、新卒社員の合同採用や人材交流、その他社内制度の均一化が2社間で行われている。

2007年5月1日には東芝から映画の製作・配給、海外映画・海外ドラマの買い付け、アニメーション作品の製作・出資、ビデオ・DVDソフトの制作・発売、権利保有映像作品の放映権販売等を手がける東芝エンタテインメントの全株式を取得し、傘下に収めた。

2008年3月10日赤坂サカス赤坂Bizタワーに本社を移転した。翌々月、博報堂も同ビルに本社を移転した。

背景[編集]

広告主企業が宣伝費の選択と集中を進めた結果、従来各広告代理店に分散して行っていたメディア枠の購買を一社にまとめ、その分コミッション比率の低下を要求するようになった。こうしたセントラルバイイング方式をとる広告主の増加に伴い、メディアに強い電通への媒体購買一極集中が起こるようになった。その対抗策として媒体購買力を高める必要に迫られ、2002年に博報堂・大広・読売広告社の3社で媒体の共同購入を行うことになり、2003年の博報堂DYホールディングスの設立へとつながった。

博報堂DYメディアパートナーズおよび博報堂DYホールディングスが電通本社の向かい側の汐留シティセンターに入居したため、電通を強く刺激したといわれる(朝日新聞報道による)。

製作作品[編集]

実写映画[編集]

アニメ[編集]

海外ドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

関わっているスポーツイベント・エンタメ系イベント[編集]

連結子会社[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]