ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひるね姫
〜知らないワタシの物語〜
監督 神山健治
脚本 神山健治
原作 神山健治
製作 岩佐直樹
櫻井圭記
製作総指揮 門屋大輔
高橋望
森下勝司
出演者 高畑充希
満島真之介
古田新太
釘宮理恵
高木渉
前野朋哉
清水理沙
高橋英樹
江口洋介
音楽 下村陽子
主題歌 森川ココネデイ・ドリーム・ビリーバー[1]
撮影 田中宏侍
制作会社 シグナル・エムディ
製作会社 「ひるね姫」製作委員会
日本テレビ放送網
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 2017年3月18日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』(ひるねひめ しらないワタシのものがたり)は、2017年3月18日公開の神山健治監督によるアニメ映画[2]

ストーリー[編集]

岡山県倉敷市児島瀬戸大橋のたもとののどかな町下津井で無愛想な父親と二人暮らしをしている平凡な女子高生の森川ココネ。得意技は昼寝で、いつも昼寝ばかりしている彼女だったが、最近、不思議なことに同じ夢ばかり見る。そして2020年東京オリンピックの3日前に突然父親が警察逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるものの、悪事を働いたとは思えないココネは、父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう。その途中、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、この謎を解決する鍵があることに気づき、得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出る。なお、岡山県倉敷市の舞台のため、台詞はほとんどが岡山弁となっている。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

興行成績[編集]

  • 2017年3月18日-19日の土日週末興行成績、9位に初登場。18日からの3日間で動員12万6,200人、興収1億6,250万円となった[5]

Huluオリジナル『エンシェンと魔法のタブレット〜もうひとつのひるね姫〜』[編集]

イベント[編集]

関連書籍[編集]

  • <角川文庫> 小説 ひるね姫 ~知らないワタシの物語~、著:神山健治、ISBN:9784041026298、発売日:2017年2月25日
  • <角川つばさ文庫> ひるね姫 ~知らないワタシの物語~、作:神山健治、挿絵:よん、発売日:2017年3月10日
  • <コミック> ひるね姫 ~知らないワタシの物語~(1)、漫画:一花ハナ、作:神山健治、発売日:2017年3月下旬
  • <ビジュアルガイド> ひるね姫 ~知らないワタシの物語~ 公式ガイドブック、発売日:2017年3月予定
  • <ウォーカー> 神山健治Walker 、発売日:2017年3月予定

脚注[編集]

外部リンク[編集]