赤坂サカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯35度40分22秒 東経139度44分9秒 / 北緯35.67278度 東経139.73583度 / 35.67278; 139.73583

赤坂サカス外観(2008年3月29日撮影)
赤坂サカス外観(2008年3月29日撮影)
Sacas坂
地図
赤坂 ザ レジデンス
Akasaka-The-Residence-01.jpg
赤坂 ザ レジデンス
情報
用途 集合住宅
設計者 久米設計 [1]
施工 大林鹿島前田清水JV[1]
建築主 東京放送[1]
管理運営 三井不動産レジデンシャルリース
構造形式 RC造・一部S造
建築面積 1,467.11 m² [1]
延床面積 23,456.13 m² [1]
状態 完成
階数 地下1階・地上21階[1]
高さ 79.58m[1]
戸数 133戸[1]
駐車台数 75台
着工 2005年1月[1]
竣工 2008年2月1日
所在地 東京都港区赤坂五丁目3番3号
テンプレートを表示

赤坂サカス(あかさかサカス、akasaka Sacas)は、東京都港区赤坂5丁目に所在する再開発複合施設である。また、施設のひとつに、東京放送ホールディングス(TBSHD)やその子会社TBSテレビTBSラジオなどの本社が所在する、TBS放送センターがある。

2009年グッドデザイン賞を受賞[2][3]

概要[編集]

赤坂サカスの「サカス」は、桜を咲かすという意味であると同時に[4]赤坂にたくさんある坂坂s=「サカス」の意味もある。また「赤坂サカス」のローマ字表記「akasaka Sacas」を後ろから読むと「SACA・SAKA・SAKA」=「坂・坂・坂」となる。

計画当初は「TBS赤坂5丁目再開発計画」と呼ばれていたもので、1994年平成6年)に東京放送(現:東京放送ホールディングス)が、竣工したTBS放送センターへの本社移転に伴い、旧社屋跡地(2003年まで赤坂メディアビルとして使用)など約3.3ヘクタールを対象に再開発が計画され[5]、土地所有者である東京放送からデベロッパーである三井不動産に開発から施設運営までが一括受託され、2008年(平成20年)3月20日にグランドオープンした。総事業費は約770億円[6]

赤坂サカスには、地上39階、高さ約180mのオフィス・商業複合施設「赤坂Bizタワー」中核に、既存の劇場「赤坂ACTシアター」、ライブハウス赤坂BLITZ」は建て直されたほか、地上21階、全133戸の賃貸住宅棟「赤坂 ザ レジデンス」などが新たに整備された[5][6]

TBSHDは不動産事業を主な収益源の1つにしており、本社がある東京・赤坂にちなんで「赤坂不動産」とも呼ばれる[7]。これはテレビ放送を始めるにあたって、1953年に旧日本軍の近衛歩兵第3連隊跡地を買収し、徐々に買い足し、約5.5ヘクタールにのぼる土地を保有していることに由来するものだが[8]1977年から1981年まで全日の平均視聴率が民放トップだったものの、それ以降は長らく視聴率の低迷が続いたTBSグループにとって[9]、赤坂サカスは収益を支える不動産事業の大きな柱となっている。

お台場フジテレビレインボータウン)、汐留日本テレビ汐留シオサイト)、六本木テレビ朝日六本木ヒルズ)に続き、赤坂サカスは完成した。各局の移転・新築に関連した都市再開発事業としては唯一放送局主導で行われた計画であり、在京民放キー局テレビ東京を除きいずれも社屋移転時に放送局を中心とした「街」を作り、またそのいずれもが東京の新名所となっている。

2008年(平成20年)夏、TBS夏の大型イベント「夏Sacas'08」が初めて開催される。これを機に毎年、夏休みの時期にイベントが催され、すでに放送局主催の大型イベントを開催してきたお台場(お台場新大陸等)、汐留(GO!SHIODOMEジャンボリー等)と肩を並べるようになる。

2009年(平成21年)春、サテライトスタジオ「studio Sacas」が稼働を開始した(後年解体され現存せず)。また同年には『SMAP SHOP09 in akasaka Sacas』も期間限定でオープン、以降は毎年、赤坂サカスでSMAP SHOPをオープンしていた。

施設[編集]

かつて存在した施設[編集]

  • studio Sacas(Sacas広場に設置された常設テレビスタジオ。『イブニングワイド』終了後、本番組を使用するレギュラー番組がなくなったため解体された。)

イベント開催実績[編集]

(※プロ野球・MLB選手の在籍球団は当時。)

  • 2008年7月18日から8月31日まで、「TBSの夏祭り」と題して「夏 Sacas'08」が開催された。
  • 2008年9月10日から10月13日まで、「赤坂サカス」エリアを中心に、神社、料亭跡、旧小学校など、赤坂の街が展覧会場へと変えた「Akasaka Art Flower '08」が開催された。
  • 2008年12月5日から2009年2月5日まで、冬イベント「White Sacas The Rink at赤坂サカス」を開催。サカス広場にアイススケートリンク「The Rink at 赤坂サカス」が登場した。期間中224.6万人が来場した。
  • 2009年3月20日から4月19日まで、「TBSの番組と花いっぱいの遊園地」と題して「花Sacas」が開催された。
  • 2009年7月18日から8月31日まで、前年に引き続き「夏 Sacas'09 SacasWaterPark」を開催。「」をテーマに、シーラカンスの冷凍体の展示などが行われた。
  • 2009年11月13日から2010年2月28日まで、前年に引き続き冬イベント「White Sacas '09-'10」を開催。テーマは「LOVE」。108日間にわたり開催された。
  • 2009年11月13日から11月18日まで、「素晴らしき野球 Field of DREAMS in akasaka Sacas」と題して、野球に関するイベントを開催した。TBS放送センター1階では野球殿堂博物館の出張展示が行われ、WBC2009優勝トロフィー国旗イチローマリナーズ)のスパイクなどが展示された。
    また、11月17日には赤坂BLITZにて野球日本代表(侍ジャパン)の表彰式が行われ、原辰徳監督(巨人監督)をはじめ侍ジャパンメンバーが勢ぞろいした。なお、イチローと松坂大輔レッドソックス)は表彰式を欠席した。
    翌18日には「プロ野球コンベンション2009」(NPB主催による年間表彰式)を赤坂BLITZにて開催。MVPにはセ・リーグからアレックス・ラミレス(巨人)、パ・リーグからダルビッシュ有日本ハム)がそれぞれ表彰された。
    なお、17・18日両日とも、サカス広場にレッドカーペットが登場し、この年に活躍したプロ野球選手らが赤坂サカスに来場したファンの前でレッドカーペットウォークを披露した。
    また、表彰式の模様は、Sacas400でも上映されたほか、J sports ESPNでも生中継された。
  • 2010年6月4日から6月27日まで、日本を代表するラーメン店が集結する「最強ラーメン烈伝 in サカス」を開催した。
  • 2010年7月17日から8月31日まで、夏イベント「赤坂ビッグバン〜夏サカス2010〜」が開催された。コンセプトは「赤坂で1日たっぷり遊ぼう!」。
  • 2010年11月18日、前年に続いて「プロ野球コンベンション2010」(NPB主催)を赤坂BLITZにて開催。MVPにはセ・リーグから和田一浩中日)、パ・リーグから和田毅ソフトバンク)がそれぞれ表彰された[11]。また前年同様、サカス広場にレッドカーペットが登場し、表彰された選手らが、集まったファンの前でレッドカーペットウォークを披露した。イベントの模様はJ sports ESPNで生中継された(同日深夜に再放送あり)[1]
    なお、TBS放送センターでは「第43回日本有線大賞」の生放送があり、TBSおよび周辺で二つの表彰イベントが同時開催された。
  • 2011年7月16日から8月31日まで、夏イベント「夏サカス2011〜笑顔の扉〜」が開催された。
  • 2011年9月17日から19日まで、TBSラジオ開局60周年記念イベント「感謝 de サカス!」が開催された[12]
  • 2017年2月23日から26日まで、「キリン一番搾り さっ、一緒に花見こたつ in 赤坂サカス」が開催された。キリン一番搾り春限定パッケージ「春、そよぐ缶」の販売を記念して、本物の桜の下でこたつに入りながらキリン一番搾りに合う飲食が展開された。
  • 2017年10月22日、日本では5年ぶりとなる、手作りカートイベント「RED BULL BOX CART RACE TOKYO 2017.」が開催された。
  • 2018年4月19日から27日まで、アクション&アドベンチャーに特化した国際的なフォトコンテスト「RED BULL Illume」が開催。世界的に有名なメディアのフォトエディターら世界で活躍する人々が審査にあたり、最終選考に残った11カテゴリー55作品が出展された。夜間のみ(18時~22時)の開催。
  • 2018年10月17日から18日の二日間、モスクワ文化に触れる無料イベント「日本におけるモスクワ文化の日」が開催された。ロシア料理のサンプリング、ロシア雑貨等の物品販売、写真展やワークショップ、ロシアアニメの上映を実施。

「studio Sacas」を使用する番組[編集]

『イブニングワイド』終了後に取り壊され、現存しない。

かつて使用していた番組[編集]

エピソード[編集]

グランドオープン[編集]

その他[編集]

  • 赤坂BLITZの壁面には、Sacas400といわれる400インチの大型ディスプレイが設置されている。

交通アクセス[編集]

エリア放送[編集]

TBSテレビはホワイトスペース特区の先行モデルに選定され[13]実験試験局による実証実験を実施。 エリア放送の制度化後は地上一般放送局の第一号の免許を取得し[14]、フルセグおよびワンセグエリア放送を実施している[15]

免許人 局名 呼出符号 物理チャンネル 周波数 空中線電力 ERP 業務区域
株式会社TBSテレビ TBS赤坂エリア放送 JOXZ3AA-AREA 45ch 665.142857MHz 10mW 16mW 赤坂5丁目
赤坂サカス周辺

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 『日経アーキテクチュア』2008年7月28日号 p.55
  2. ^ “複合施設 赤坂サカス” (プレスリリース), 公益財団法人日本デザイン振興会, (2009年10月), https://www.g-mark.org/award/describe/35693 2019年10月26日閲覧。 
  3. ^ “「赤坂サカス 2009 年度グッドデザイン賞を受賞」” (プレスリリース), 東京放送ホールディングス総務局広報部, (2009年10月1日), http://www.tbsholdings.co.jp/pdf/news/200910011200.pdf 2019年10月26日閲覧。 
  4. ^ a b 「新しい文化の花咲かす 赤坂サカス オープン あすからTBSが記念イベント」『読売新聞』夕刊 2008年3月19日
  5. ^ a b 『日経アーキテクチュア』2008年7月28日号 p.48
  6. ^ a b 「赤坂の再開発 商業ビルが完成 三井不動産 文化施設も」『日経産業新聞』2008年2月6日
  7. ^ “ARの娯楽施設を常設へ プレースホルダが6億円調達”. 日本経済新聞. (2018年2月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26959400V10C18A2X11000/ 2019年10月26日閲覧。 
  8. ^ 「TBSの研究(3)企業価値の向上 優良資産を生かせるか」『読売新聞』2005年12月8日
  9. ^ 「TBSの研究(4)低迷続く視聴率 カギ握る本業テコ入れ」『読売新聞』2005年12月9日
  10. ^ 『日経アーキテクチュア』2008年7月28日号 p.52
  11. ^ プロ野球:MVPパは和田投手、セは和田外野手 - 毎日新聞、2010年11月18日
  12. ^ ~TBSラジオ開局60周年記念~感謝 de サカス!
  13. ^ 「新たな電波の活用ビジョンに関する検討チーム」報告書の公表及び「ホワイトスペース特区」先行モデル決定 総務省 報道資料 平成22年8月6日(国立国会図書館のアーカイブ:2010年8月23日収集)
  14. ^ 免許取得状況 エリア放送開発委員会(Internet Archiveのアーカイブ:2014年2月2日収集)
  15. ^ エリア放送を行う地上一般放送局の免許状況(詳細)関東総合通信局

関連項目[編集]

外部リンク[編集]