中川政七商店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社中川政七商店
種類 株式会社
略称 大野屋(屋号)
本社所在地 日本の旗 日本
630-8144
奈良県奈良市東九条町1112番地の1
北緯34度39分49.6秒 東経135度49分2.9秒 / 北緯34.663778度 東経135.817472度 / 34.663778; 135.817472座標: 北緯34度39分49.6秒 東経135度49分2.9秒 / 北緯34.663778度 東経135.817472度 / 34.663778; 135.817472
設立 1983年11月30日
創業1716年享保元年)
業種 小売業
法人番号 7150001001554 ウィキデータを編集
事業内容 生活雑貨の企画・製造・卸・小売
経営コンサルティング
代表者 代表取締役会長 中川淳
(十三代 中川政七)
代表取締役社長 千石あや
資本金 1000万円
売上高 46億8000万円(2016年2月期)[1]
純利益 ▲1億2225万2000円
(2021年02月28日時点)[2]
総資産 58億8523万3000円
(2021年02月28日時点)[2]
従業員数 305人(2015年2月期)[3]
外部リンク https://www.nakagawa-masashichi.jp/
テンプレートを表示
GINZA SIX中川政七商店

株式会社中川政七商店(なかがわまさしちしようてん)は、生活雑貨工芸品の製造小売業[4]。工芸メーカーへのコンサルティング業も行っている[3]享保元年(1716年)に現在の奈良県で創業した[5]

概要[編集]

享保元年(1716年)に奈良晒の問屋業として中屋喜兵衛によって創立[5][6]

明治31年(1898年)には、三越を通じて奈良晒が宮内省(現・宮内庁御用達に指定される[6][7]

大正14年(1925年)のパリ万国博覧会に出展する[6]

昭和14年(1939年)に合資会社中川政七商店を設立する[6]。昭和58年(1983年)には株式会社となる[6]

2002年、後継者である中川淳は富士通を退社し、中川政七商店に入社する。この時、中川政七商店には生産管理の概念が存在しなかったことに中川は驚いた[4][8]。一例で言うと、「製造に手間がかかる」という理由で売れ筋商品の製造量を減らし、売れない商品ばかり生産されていたという[8]。また、「企業ビジョン」もなく、問屋から言われるままに工芸品を生産するだけで「経営」も存在しなかった[8]。中川は、2003年に自社ブランド「粋更kisara」を立ち上げ、顧客に「美しい暮らし」を届けることを目標にデザインやコピーに反映させると共に、全国の商業施設に自社店舗を出店した[8]

2008年に中川は十三代・中川政七の名跡を継いで社長就任し、麻織物の製造卸売業から生活雑貨工芸品の製造小売業へと業態転換を図る[4]。工芸業界初の製造小売業態が評価され、2015年度ポーター賞を受賞する[3]。なお、中川が社長に就任してから2016年までで、売上高は10倍以上に増えている[1]

2016年に東京オフィスを設立。奈良の本社と行き来が増えたことから、書類のペーパーレス化を推進する[4]

「日本の工芸を元気にする!」とし、工芸品に関わる他のメーカーや産地が補助金に頼らずに黒字経営化し、経済的な自立や工芸メーカーとしての物作りの誇りを取り戻すことを目標に掲げており、2009年からはコンサルティング業も行っている[1][3][6]

ブランド[編集]

粋更kisara
ライフスタイルブランド
遊 中川
日本古来の技術、素材、意匠を現在の感覚に合わせた布製品の製造・販売[3]
中川政七商店
家や生活に根差した暮らしの道具の製造・販売[3]
日本市
日本の各地の工芸品や、その土地ならではのモチーフの土産物を取り扱う[3]
motta
ハンカチのブランド

関連項目[編集]

  • 奈良クラブ - サッカークラブ。中川政七商店がスポンサーの1社になっているほか、クラブ事務所が本社内にある。
  • あまちゃん - テレビドラマ。主人公が劇中で使用するがま口が2012年秋に中川政七商店が販売した製品であったことから、がま口の売り上げが10倍になった[9]

出典[編集]

  1. ^ a b c 伏見学 (2016年7月20日). “中川政七商店が考える、日本の工芸が100年先も生き残る道とは? (1/5)”. ITmedia. 2017年12月22日閲覧。
  2. ^ a b 株式会社中川政七商店 第38期決算公告
  3. ^ a b c d e f g 株式会社中川政七商店”. ポーター賞. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ a b c d 高島三幸 (2017年12月15日). “完全ペーパーレスでは凄いアイデアは生まれない 十三代・中川政七の「整理の哲学」”. 日経ビジネスオンライン. 2017年12月22日閲覧。
  5. ^ a b 『るるぶ横浜 中華街 みなとみらい'16〜'17』JTBパブリッシング、2016年、58頁。ISBN 9784533110108
  6. ^ a b c d e f 沿革”. 株式会社中川政七商店. 2017年12月22日閲覧。
  7. ^ 竹内淳子『草木布Ⅱ (ものと人間の文化史)』法政大学出版局、1995年、43頁。ISBN 978-4588207822
  8. ^ a b c d "老舗ベンチャー"中川政七商店の強さの秘密は「工芸と経営の融合」”. 週刊現代 (2017年2月18日). 2017年12月22日閲覧。
  9. ^ 榊真理子 (2013年7月27日). “がま口:「あまちゃん」愛用 人気に火”. 毎日新聞. オリジナルの2013年7月27日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/qcLxY 2013年7月27日閲覧。 

外部リンク[編集]