石原発言捏造テロップ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石原発言捏造テロップ事件(いしはらはつげんねつぞうテロップじけん)は、2003年平成15年)11月2日に放映されたTBS報道情報番組サンデーモーニング』で、石原慎太郎東京都知事韓国併合に関する発言を、正反対の表現に改変したマスコミ不祥事である。

概要[編集]

2003年10月28日、石原は東京国際フォーラムで開催された「救う会東京」の集会で基調講演を行った際、「私は日韓併合を100%正当化するつもりはない。彼らの感情からすれば、そりゃやっぱり忌々しいし、屈辱でもありましょう」と発言した。

この発言を、サンデーモーニングは「石原都知事の問題発言」として放送し、石原発言の音声編集の際に「私は日韓併合を100%正当化するつもりぁ・・・」と最後の部分を聞き取りづらくし、その上で「私は日韓併合を100%正当化するつもりだ」と全く正反対のテロップを付け朝鮮総聯からの抗議を伝えた後VTRが終了。司会者の関口宏から話をふられたコメンテーターも、このテロップに沿って石原を批判した。

11月5日、TBSは別の番組で「テロップミス」があったことを認め、謝罪した。

2004年(平成16年)2月9日、石原は「悪質な捏造の意図を感じざるを得ない」とし、名誉毀損刑事告訴した。同年12月14日、同番組プロデューサー4人が東京地方検察庁書類送検された(その後、不起訴処分となった)。

また、石原は名誉毀損を受けたとして、TBSを相手に8000万円の損害賠償を求める民事訴訟も起こしたが、2006年(平成18年)6月22日東京地方裁判所和解が成立した。TBSは誤報があったことを認め、石原に正式に謝罪した。

参考資料[編集]

  • 『TBS「報道テロ」全記録』晋遊舎、2006年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]