マスコミ不祥事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マスコミ不祥事(マスコミふしょうじ)とは、マスコミ報道機関、もしくはその組織に所属・関係する者が、その目的に好ましくない事件・よくない事件(信用失墜行為)を起こすことを言う。

マスコミの不祥事[編集]

マスコミの不祥事は、

  1. マスコミ関係者個人の非行事案
  2. 会社組織としての問題
  3. 報道機関としての信頼性の問題:誤報・虚報等

などに分類できる。

主な不祥事[編集]

テレビ局[編集]

日本[編集]

この節では主な不祥事について記述する。それ以外の不祥事については、ここでは記述しない(日本テレビテレビ朝日TBSテレビテレビ東京フジテレビなどを参照されたい)。

日本国外[編集]

  • 2004年2月1日、スーパーボウル第38回大会のハーフタイムショーで、アメリカMTVが企画した番組の一部でジャネット・ジャクソンジャスティン・ティンバーレイクとのデュエット中に片方の胸を露出する事件を起こし、激しい非難を受けた。当初はハプニングを装っていたが、意図的な演出だったことが判明。この事件の影響で生中継したCBSが罰金処分を受けた。
  • 2011年7月6日、香港の亜州電視が“北京情報筋発”として「中国の江沢民・前国家主席が死去」と報じたが政府が公式に否定。誤報として撤回された。報道広報部門の重役が引責辞任する事態に発展。日本でも産経新聞が報道を引用し波紋が広がる。
  • 2013年7月6日、アシアナ航空214便墜落事故を報じた韓国の東亜日報放送局チャンネルA」の男性キャスターが、「韓国人でなくて中国人2人が死者と確認されてよかった。我々からすれば幸運だと思う」との発言をした。この発言について、韓国のネット上で「あまりにもひどい発言だ。キャスター失格だ」などと反発。さらに、中国のソーシャルメディア上でも「命の重さに国など関係ない。誰彼問わず死には心を痛めるのが人の道だ」、「全中国人に対し謝れ」などの批判の意見が相次いでいる[9]

新聞社[編集]

日本[編集]

この節では主な不祥事について記述する。それ以外の不祥事については、ここでは記述しない(読売新聞朝日新聞毎日新聞日本経済新聞産経新聞などを参照せよ)。

日本国外[編集]

出版社[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 坂本弁護士一家殺害事件 5年10ヶ月の軌跡”. 2008年6月27日閲覧。
  2. ^ “その時民放が動いた!? NHK松平アナがフリーに”. 夕刊フジ. (2007年12月20日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_12/g2007122004_all.html 2008年7月29日閲覧。 
  3. ^ 慎太郎「当然だ!」…日韓発言誤報TBS社員が送検”. 夕刊フジ (2004年12月15日). 2008年6月27日閲覧。
  4. ^ 納豆めぐり、捏造まだ“あるある”…「若返り」も、か”. 夕刊フジ (2007年1月31日). 2008年6月27日閲覧。
  5. ^ ◯◯移送車両にTBS社員突進!公務執行妨害で現行犯逮捕夕刊フジ2009年11月12日配信(2015年12月13日閲覧)
  6. ^ ◯◯容疑者、やせた顔で送検産経新聞公式YouTubeチャンネル(2015年12月13日閲覧)
  7. ^ ◯◯容疑者送検時に公務執行妨害、TBS社員逮捕YOMIURI ONLINE2009年11月13日0時10分配信(2009年11月15日時点のアーカイブ)
  8. ^ 静岡放送記者:事件被害者の顔写真 中日新聞記者に売る[リンク切れ] 毎日新聞 2013年12月13日
  9. ^ アシアナ機事故で韓国キャスター失言 中国で反発広がる[リンク切れ] 朝日新聞 2013年7月9日
  10. ^ ジャパンタイムズ、朝日・読売週刊誌から無断翻訳・掲載(アサヒコム2009年1月6日)
  11. ^ FMラジオ局 プレゼントの一部発送せず[リンク切れ] - スポニチアネックス(2010年10月14日)※2015年11月7日閲覧
  12. ^ “タレント宮地佑紀生容疑者を逮捕 生放送中に蹴った疑い”. 朝日新聞デジタル. (2016年6月30日). http://www.asahi.com/articles/ASJ6Z3K6LJ6ZOIPE00G.html 2016年6月30日閲覧。 

関連項目[編集]