真相報道 バンキシャ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
真相報道 バンキシャ!
ジャンル 報道番組
放送時間 日曜日18:00 - 18:55(55分)
放送期間 2002年10月6日 - 現在(700回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 日本テレビ報道局
演出 服部一孝(総合デスク)
プロデューサー 赤堀有一/谷原和憲(CP)
出演者 福澤朗夏目三久ほか
音声 モノステレオ放送[1]
(2011年10月9日より)
字幕 リアルタイム字幕放送
オープニング 作曲:大島ミチル、コーラス:菊川怜
エンディング 同上
外部リンク 公式サイト

特記事項:
放送回数は2017年5月14日現在。
テンプレートを表示

真相報道 バンキシャ!』(しんそうほうどう バンキシャ!)は、日本テレビ系列2002年10月6日から毎週日曜日18:00 - 18:55(JST)に放送されている報道番組である。

概要[編集]

番組名は、特定の人物や団体に対して張り付くように取材を行う業界用語の『番記者』が由来といわれている。番組ホームページや公式ツイッターでは、『番犬』をモチーフにしたのキャラクターが用いられている。

それまでのNNN系列におけるこの時間帯は『独占!!スポーツ情報』→『THE独占サンデー』とスポーツ情報を主軸とした番組が放送されていたが、この『バンキシャ!』では日本テレビ報道局の制作に変更されて放送内容が一新された。基本的には、まずその週に最も注目されたニューストピックスを2・3項目取り上げ、バンキシャと呼ばれる同局のディレクター陣が前面に出て取材報告するという体裁で進行している。

関東地方(日本テレビのサービスエリア)以外で起きた出来事であっても、当該地域のNNN系列局ではなく日本テレビが制作・取材を直接行っており、系列局も製作に参加する『(JNN)報道特集』とはこの点が決定的に異なる。日本テレビ報道局が全面的に制作に参加する形になっている。

オープニングからCM明けのアイキャッチ、エンディングまで、劇画調で探偵風の男性(公式サイトでは「バンキシャ男」と呼ばれている)を描いたアニメーションが頻繁に登場する。2009年9月27日の菊川怜番組降板の日には、「バンキシャ男」の顔が菊川の似顔絵になっているバージョンがワンカット登場した。またクリスマス時期にはクリスマスバージョンが流れるなど「レア」なバージョンもいくつか存在する。オープニング曲の作曲は大島ミチルで、コーラスは菊川が吹き込んだものを加工したものである。

視聴率は2002年番組開始当時は13% - 15%であったが、2008年4月以降は平均で16%を超え、報道番組としてはかなり高い数字を維持している。

開始当初は北朝鮮関連の取材に重点をおいていた。北朝鮮への関心が薄れてきたために、今ではその週に取り上げられた話題を独自の切り口で紹介する形式へとシフトされている。

この番組ではリアルタイム字幕放送を実施しているが、導入された当初はニュースコーナーのみの実施だった。

選挙特番では、同番組のロゴ等を使用した『ゲキセン!』、また期末などでのスペシャル版は『真相報道バンキシャ!サプライズNEWSツアー』と銘打って放送される。また、前2番組で行っていた巨人軍主催ゲームのミニ実況中継は行われていなかったが、2005年に行われた日曜薄暮開催(17時開始)では試合展開を随時挿入する『バンキシャ!&ナイター』として放映したことがある。このときはオープニングでバンキシャ男が東京ドームへ向かっていた。

2011年10月9日放送分より編成上の音声がステレオに変更されたが、スタジオ音声はBGM・効果音含めモノラル音源の状態である。

2013年3月31日放送分で放送500回を達成した。この回を以て鈴江奈々が番組を降板し、4月7日放送分(第501回)から夏目三久が出演する。3月31日の『おしゃれイズム』には宣伝を兼ねて福澤朗と夏目がゲスト出演した。

2015年3月29日放送分から番組開始以来初めてスタジオセットが一新された[2]

出演者[編集]

メインキャスター(MC)
ご意見バン!(ゲストコメンテーター)

など

ニュースキャスター
  • 日本テレビ男性アナウンサーによる持ち回り(2016年6月5日 - )
番組タイトルに則ってか、報道局キャスター室所属の記者が代々担当していたが、原聡子が降板した2013年6月以降はアナウンサーが担当している。
上田まりえ降板[3]後の2016年1月から3月までは、過去に当コーナーで上田の代役経験を持つ豊田順子[4]山下美穂子[5]畑下由佳[6]が週替わりで担当。同年4月からは右松健太近野宏明以来となる男性キャスターに就任も、報道局への異動を機に担当わずか2ヶ月で降板。6月は男性アナが単独で担当し、7月からは夏目とのペアで担当するように。
冒頭の挨拶は各キャスターとも「こんばんは。」ではなく「お伝えします。」(人によっては頭に「では」「はい」もつける)と言っている[7]
ナレーター
  • 大塚芳忠
    以前は番組冒頭でスタジオでのオープニングが終わった後、大塚が「福澤さん、菊川さん、こんばんは。」と声をかけて、福澤・菊川が「こんばんは。」と返すやりとりをしてから本題に入っていたが、現在は行われていない。しかし、2013年12月29日のスペシャル版ではこのやりとりが復活した。VTRのナレーションでは、以下のナレーター同様「だ・である」調を使うが、大塚が生ナレーションを行うときは「です・ます」調を使う。
  • 奥田民義
  • 武田広
  • バッキー木場

過去の出演者および代役[編集]

期間 メインキャスター(MC) ニュースキャスター
2002.10.06 2003.09.28 福澤朗 菊川怜 小栗泉
2003.10.05 2005.03.27 近野宏明
2005.04.03 2007.09.30 丸岡いずみ1・2
2007.10.07 2009.09.27 小林史1
2009.10.04 2010.06.27 鈴江奈々
2010.07.04 2013.03.31 原聡子3
2013.04.07 2013.05.26 夏目三久7
2013.06.02 2015.12.27 上田まりえ
2016.01.10 2016.03.27 豊田順子4・5
山下美穂子3・4・6
畑下由佳4
2016.04.03 2016.05.29 右松健太
2016.06.05 現在 (男性アナ持ち回り)
  • 1 アシスタントプロデューサーを兼務。
  • 2 菊川の不在時にはメインキャスターを代行。
  • 3 『Going!Sports&News』を兼務。
  • 4 週替わりで担当。
  • 5 『NNNストレイトニュース』を兼務。
  • 6 『news every.サタデー』を兼務。
  • 7 2016年7月よりニュースキャスターを兼務。
女性MCの代役
ご意見バン!(物故者)

タイムテーブル[編集]

  • 18:00 オープニングCG
  • 18:00:10 本編
  • 18:51:25 関東地方の天気予報
NTV以外は、各地のニュース・天気
  • 18:52:55 ニュース予報
  • 18:53:55 エンディングCG
  • 18:54:00 終了

主なコーナー[編集]

オープニング
番組のキャラクター「バンキシャ男」のアニメーションとテーマ音楽が流れ、番組タイトルが現れる。
スタジオに切り替わりメインキャスターの挨拶の後、まず当日のニュースを一項目、福澤が紹介する。
今週の顔
その週に話題となった人物などの「100枚の写真」の中から幾つか紹介し、本題。最後にゲストがコメント。
ニュースコーナー
平日・土曜日の夕方のNNNニュースにあたるストレートニュース。
バンづけ
2009年10月からの新コーナー。ニュースにまつわるデータをランキング形式で紹介。
カンシキ!
警察の鑑識係のように話題の人や物などを分析する。
(女性キャスター名)の天気予報
週間天気が中心。一週間の天気テーマを紹介。
菊川怜担当期は、「お菊さん、今週のワンポイントは。」と振られて、気象ワンポイントを伝えた。
鈴江奈々担当期は、鈴江の結婚生活などが福澤からいじられることが「お約束」となっていた。
夏目三久担当期は、「今週の季語」と題して季語を紹介し、その季語を入れた一句を夏目が詠む。
関東地区以外の地域では、ローカル天気予報(地域によってはローカルニュース)が放送される。
ニュース予報
NNN日曜夕刊』時代から続く、今週の主な予定を伝えるコーナー。
エンディング「バンガイヘン」
福澤とご意見バンの軽いトークの後(地域によってはここまでがローカル枠となる)、バンキシャ男がバイクで走り去るアニメーションが流れ、放送終了となる。

出来事・不祥事・事件[編集]

  • 2004年3月14日の放送で、高崎小1女児殺害事件の被疑者(当時)の趣味を「人形収集」だと報じる際に、メーカーのボークスの許可を得ないまま、スタッフが購入してきた高級着せ替え人形「スーパードルフィー」の箱出しから洋服の着せ付け、膝の関節が動く様などを実演した。この事について、ボークスにはスーパードルフィーのオーナーたちから多くの声が寄せられボークスは日本テレビ側に抗議した。番組は、翌週の3月21日の放送で取材の行き過ぎについて謝罪した(なお、その後被疑者は起訴されて被告となり既に刑が確定しているが、被告が具体的にどの様な人形を収集していたのかについては公表されていない)。
  • 2005年4月15日の放送で、塩川正十郎が出演し、当時話題になっていた騒音おばさんの映像を見て「こりゃねえ、やっぱり狂ってますよこの人は。顔見てごらんなさい。目はつり上がってるしね、顔がぼーっと浮いてるでしょ。これ、きちがいの顔ですわ。」と発言し、即座に福澤朗が「塩川さん、そういう発言はふさわしくないと思います。」と述べ、視聴者に謝罪した。
  • 2006年11月26日の放送で「有名スポーツ選手の副業」を取り上げたが、取材スタッフがスペインマドリードにあるデビッド・ベッカムの自宅の敷地に無断で立ち入り撮影していたとイギリスタブロイド紙ニュース・オブ・ザワールド」にて報じられた。この件を日刊スポーツは大きく取り上げたが、実際にはベッカム邸に入ったという事実はなく誤報という事がわかり、日刊スポーツ編集局長名義で謝罪した。

岐阜県庁裏金誤報事件[編集]

2008年11月23日の放送で、建設業者の男が出演し、岐阜県土木事務所が架空工事による裏金を捻出していたと証言。これについて、岐阜県が調査したところ、証言内容が虚偽だったと判断。2009年2月27日に日テレ関係者が岐阜県に対し謝罪し、2009年3月1日の放送で訂正・謝罪放送を行った[12](この訂正放送自体も内容が不十分だったとして後にBPOから勧告を受けている[12])。その後、岐阜県は証言した男を岐阜県警偽計業務妨害告訴し、男は2009年3月9日に逮捕された(逮捕された容疑者は「謝礼金が欲しくてやった」と供述している。後に起訴され、懲役5年の求刑に対して懲役3年、執行猶予5年の判決が出ている)。さらに、責任をとる形で3月16日付で久保伸太郎社長が辞任[13] し、3月22日の放送で社長辞任を報告した上で改めて謝罪放送を行った[14]。また、関係者の処分については、報道局長の役職罷免と番組関係者4人対して出勤停止の処分を下した。7月10日にBPOより勧告を受けた[15]。この事件の検証番組は8月24日未明0:50 - 1:30(8月23日深夜24:50 - 25:30)に放送された。これに先立ち、8月23日のバンキシャでこの事件の検証特集が放送され、当時の社長・チーフプロデューサー・報道局長がVTRで謝罪したほか、番組の終わりに福澤をはじめとするバンキシャ関係者一同が謝罪した。

秩父山中取材記者遭難死事件[編集]

2010年8月1日、埼玉県秩父市の山中でバンキシャ!の放送の取材のために訪れた日本テレビの記者とカメラマンが遭難し死亡した[16]。2名のスタッフは7月25日に発生した防災ヘリコプターの「あらかわ1」墜落事故の取材に訪れていた。発見されたときスタッフはTシャツにジャージーのズボンの軽装で下半身が水に漬かった状態で発見された。2人が軽装であったため同行のガイドは危険であるとして一度は3人で下山をしたが2人はガイドを残して再度入山を試みて遭難した。ガイドによると、2人はバンキシャ!の名前をあげ「土曜(31日)に行かないと駄目だ」と話し、急いでいる様子だったという[17]。2人が戻らないため午後5時すぎにドライバーが日本テレビに連絡をしたが、日本テレビから救助要請が秩父警察署に出されたのは午後11時15分であった。翌朝午前9時過ぎに2人は心肺停止状態で発見され死亡が確認された。「あらかわ1」墜落現場周辺は厳しい山岳地帯であるとして、地元の埼玉県警は報道各社に対して取材自粛要請を出していた[18]。同行ガイドがバンキシャ!の取材であったと明言したにもかかわらず、バンキシャの放送内ではその事実にふれることはなかった。

キム・ヨナ選手の練習風景隠し撮りを放送[編集]

2010年12月26日の放送で、2011年3月に東京で開催予定の世界フィギュアスケート選手権に向けて練習するキム・ヨナ選手の練習風景を隠し撮りしたものを放送した。その後、キム・ヨナ選手のマネジメント会社から日本テレビに抗議があった[19]。しかし、日本テレビ側は「パブリックスペースでの撮影なので問題はない。先方にも理解してもらっている」とコメントした[20]。さらに2011年1月6日に日本テレビ側が隠し撮りを認め、キム・ヨナ選手のマネジメント会社に「深く陳謝します」という謝罪文を送ったとマネジメント会社が発表した。日本テレビ側は、再発防止の努力を約束した[21]

宋文洲の発言[編集]

2013年2月17日、2日前に起きた2013年チェリャビンスク州の隕石落下を伝えるニュースの中で、コメンテイターとしてゲスト出演した宋文洲が「尖閣に落ちて島がなくなれば、領土問題がなくなる」といった趣旨の発言をし、約20分後に鈴江アナが「スタジオで不適切な発言がありました」と謝罪した[22]

スタッフ[編集]

  • 音楽:大島ミチル
  • 音楽プロデューサー:伊藤圭一
  • ディレクター:
  • AP/キャスター:
  • デスク:田頭祥、大井秀一
  • 総合演出:服部一孝
  • プロデューサー:赤堀有一
  • チーフプロデューサー:谷原和憲
  • 製作著作:日本テレビ
報道局(NNN)

過去のスタッフ[編集]

  • ディレクター:越智慎一郎
  • AP/キャスター:丸岡いずみ、小林史
  • 総合演出:柴崎朋樹、向後淳、中澤浩
  • プロデューサー:酒巻和也、小谷野俊介、松井昌治、尾崎浩行
  • チーフプロデューサー:杉本敏也、袴田直希、森田公三(森田→以前は、プロデューサー)、三浦俊明

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時
関東広域圏 日本テレビ(NTV)
『バンキシャ!』制作局
日本テレビ系列 日曜日
18:00 - 18:55
北海道 札幌テレビ(STV)
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
長野県 テレビ信州(TSB)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列/テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT)
備考
  • 2005年からプロ野球読売ジャイアンツ主催試合のナイターシーズンの開始時間が一部の日曜日で17時開始に変更されたため、17:30 - 18:25に放送時間が30分繰り上げられる場合がある(同年に『真相報道バンキシャ!&ナイター』のタイトルで放送されたのがその例で、番組中には随時野球中継が挿入される)。なお、これとは別にスポーツ中継や24時間テレビ(毎年8月下旬)などの特番で本番組が休止された場合は、代替で『NNNニュース』または『NNNニュース&スポーツ』を放送する。『NNNニュース&スポーツ』では、『真相報道 バンキシャ!』のネットスポンサーがそのままこの番組のスポンサーとなった。
  • NNN系列局のうち、クロスネット局であるテレビ大分テレビ宮崎では放送されていない。

その他[編集]

  • 2007年3月4日の放送で、『笑点』本編終了後5秒のクロスプログラムで『笑点』メンバーの林家木久蔵(初代)が登場した(三遊亭圓楽 (5代目)引退の話題を伝えたため)。
  • 2007年3月25日放送の「バンキシャ!2時間スペシャル」内で、テレビ金沢能登半島地震の報道特番のため18:20頃から約30分間番組を中断した。報道特番日テレNEWS24でも同時放送。テレビ金沢以外は冒頭に軽く触れられた程度でほぼ通常通りの進行だった。
  • 数ある提供スポンサーの一つ、大鵬薬品工業は『NNN日曜夕刊』時代から30年以上にわたりこの枠での提供を継続している(『日曜夕刊』時代はマストバイ局以外、ローカルスポンサーに差し替え)。
  • 2011年3月13日は、東日本大震災の情報を伝えるため、19:58まで(実質的には直後の「NNN緊急特番」の冒頭部の20:16まで)放送時間を延長して、全編CMなしで放送した。コメンテーターはなしで、福澤と鈴江の2人で進行した。また、テレビ大分とテレビ宮崎も19:00から飛び乗りで臨時ネットした。
  • 2012年6月17日は、番組終了後の19時から放送される『ザ!鉄腕!DASH!!2時間スペシャル』から山口達也が出演した。
  • さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』が日曜日に放送される場合、SMAPがスタジオから中継で出演する場合がある。
  • 2012年8月5日の放送は、山梨放送四国放送は、両県に系列局がないフジテレビで放送されるロンドンオリンピック女子マラソンを系列外同時ネットするため、休止となった。
  • 2013年3月10日15:00 - 17:20に別途『NNN特報 真相報道バンキシャ! 被災地1000人の声SP』が放送された。
  • 2013年9月15日、2014年3月16日は、番組終了後の19時から放送される『ザ!鉄腕!DASH!!3時間スペシャル』から城島茂が出演した。
  • 2015年2月15日は、2月7日に死去した河上和雄の追悼特集を放送した。
  • 2015年12月27日放送回は、『ニッポン人は頑張ったスペシャル』として放送されるため、16:30 - 18:55に拡大。同日のご意見バン!は宮本亜門、ゲストは田中史朗宮本エリアナだった。そのため、17:30 - 18:00に『笑点』を挟む2部体制となり、その『笑点』では「真相報道 バンキシャ!大喜利」と題して福澤・夏目・宮本亜門・三浦・尾木が出演。また番組内のニュースは第1部終了前に『NNNニュース』としてストレートニュース形式で放送された(結果的に同日を以って降板となった上田まりえが所定通り担当したが、退任挨拶などは行なわれなかった)。

関連項目[編集]

以下の番組とは、2008年に日本テレビ開局55周年を記念し、『ACTION 日本を動かすプロジェクト』を展開。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 編成上・地上デジタル放送の場合。
  2. ^ http://www.ntv.co.jp/bankisha/ad/2015/03/ad-7.html
  3. ^ 2016年1月31日を以って日本テレビを退社し、タレントに転身。
  4. ^ 1月10日にレギュラー初担当。2014年10月には、台風中継(新橋駅前から)に回された上田の代役を務めた。
  5. ^ 1月17日にレギュラー初担当(原降板時に2013年4月より担当する『news every.サタデー』と兼任で『Going!Sports&News』を引き継いだが、その時点では起用されなかった。なお土曜夕方・最終、日曜夕方・最終のNNNニュース計4枠を同時に担当したのは、2000年9月までの鷹西美佳以来。ちなみに鷹西は『ニュースプラス1・サンデー』終了後、翌月開始の後継番組『THE独占サンデー』は非担当)。2014年6月22日および2015年8月2日放送分にて上田の代役を務めた。
  6. ^ 1月24日にレギュラー初担当。上田の代役としては豊田、山下より多く担当。
  7. ^ 女性キャスター(番組開始当初は福澤)による「続いて○○さんのニュースコーナーです。」という前振りがなくなった2015年4月以降は、ジングルの後「最新のニュースをお伝えします。」と言ってニュースに入る(ジングルが変更された2015年10月以降は「最新の」をカット)。
  8. ^ 同日は、同期入社の山本紘之がリポーターとして出演。
  9. ^ 鈴江は同年の『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』で総合司会を務めており、同番組放送すなわち『バンキシャ!』休止に合わせて夏休みを取る、ということができなかった。
  10. ^ 「真相報道バンキシャ!」2014年3月16日(日)放送内容”. 価格.com. 2015年2月9日閲覧。
  11. ^ 元東京地検特捜部長、河上和雄氏が死去 ロッキード事件など捜査”. スポニチアネックス (2015年2月9日). 2015年2月9日閲覧。
  12. ^ a b 日本テレビ 『真相報道 バンキシャ!』 裏金虚偽証言放送に関する勧告”. 放送倫理・番組向上機構 (2009年7月30日). 2011年5月28日閲覧。
  13. ^ “日テレの久保社長が引責辞任 「誤報に監督不行き届き」”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年3月16日). http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009031601000397.html 2013年9月14日閲覧。 
  14. ^ “日テレ、調査後に検証番組を放送 虚偽証言報道問題で”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年3月22日). http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009032201000583.html 2013年9月14日閲覧。 
  15. ^ 日テレに初勧告へ=「バンキシャ!」問題で-BPO検証委『時事ドットコム』2009年7月10日更新、13日閲覧[リンク切れ]
  16. ^ “日テレ取材陣2人が遭難死か”. デイリースポーツ. (2010年8月2日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/08/02/0003267797.shtml 2011年2月8日閲覧。 
  17. ^ 日テレ遭難死:2人は水死 埼玉県警発表[リンク切れ] 毎日新聞 2010年8月2日
  18. ^ 県警は取材自粛要請…日テレ「判断甘かった」[リンク切れ] 読売新聞 2010年8月1日
  19. ^ “金妍児の練習隠し撮り放送、日本テレビに抗議”. 聯合ニュース. (2010年12月28日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/enter/2010/12/28/1000000000AJP20101228001300882.HTML 2011年2月8日閲覧。 
  20. ^ “日テレ側は、「パブリックスペース。問題なし」”. スポーツニッポン. (2010年12月29日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2010/12/29/kiji/K20101229Z00001000.html 2011年2月8日閲覧。 
  21. ^ “練習隠し撮り…日テレがキム・ヨナに謝罪”. スポーツニッポン. (2011年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2011/01/08/kiji/K20110108000009220.html 2011年2月8日閲覧。 
  22. ^ “「隕石、尖閣に落ちれば」 日テレ「バンキシャ!」で不適切発言”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2013年2月17日). オリジナル2013年2月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130217113431/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130217/ent13021720250016-n1.htm 2016年11月4日閲覧。 
  23. ^ a b c d 日本テレビ制作スタッフ一覧

外部リンク[編集]

日本テレビおよびNNN系列 日曜夕方のNNNニュース
前番組 番組名 次番組
真相報道 バンキシャ!
-
日本テレビ系列 日曜18時台
THE独占サンデー
真相報道 バンキシャ!
-