久能靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くのう やすし
久能 靖
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 千葉県
生年月日 (1936-02-13) 1936年2月13日(83歳)
最終学歴 東京大学文学部卒業
所属事務所 フリー
職歴 日本テレビアナウンサー、報道記者
活動期間 1960年 -
ジャンル 報道
配偶者 久美かおる
出演番組・活動
出演中 TSB NEWS 報道ゲンバ
出演経歴 皇室日記

久能 靖(くのう やすし、1936年2月13日 - )は、日本のジャーナリストテレビキャスターアナウンサー日本テレビ→フリー)。千葉県出身[1][2][3]。妻は元宝塚歌劇団の女優の久美かおる

来歴[編集]

少年時代を長野県北信地域で過ごす。神奈川県立小田原高等学校を経て、東京大学文学部卒業後[1][2][3]1960年アナウンサーとして日本テレビへ入社[1]、ニュース、スポーツ、舞台中継などを担当[2]。同期に久保晴生がいる。

1972年連合赤軍浅間山荘事件では長時間にわたって実況報道を担当した[3]。その後、ニュース番組を経て報道部に配置転換され記者に転じる[1][2][4]

1990年9月、フリーとなる[1]。情報番組では原稿を使わず、自身でメモを作成し、わかりやすく伝えることに徹した[3]。また、時折ダジャレを織り交ぜる独自のユーモアセンスで既存のキャスターイメージを刷新したパイオニアでもあった[4]

汐留への日本テレビ本社移転に伴う出演番組リニューアルのタイミングと後進育成を優先させたいという久能の意志からであり、「日テレにはここまで育てて頂き感謝している。可能なら報道局の後輩にバトンタッチしたい」と語り[4]、2004年5月をもって長年務めてきた『おもいッきりテレビ』のニュースコーナー「情報特急便」、『ザ・ワイド』のニュースコーナー「NEWS撮って出し」のキャスターを勇退し[4]、希望通り、報道部の後輩である真山勇一に引き継いだ。

日本テレビ退社後は長野県に移住。現在は皇室を中心とするジャーナリストとして活動している。また、テレビ信州の報道番組『TSB NEWS 報道ゲンバ』にて月曜日のコメンテーターとして2009年3月まで出演していた。

出演番組[編集]

以前[編集]

※ 特記番組以外は全て日本テレビ

著書[編集]

  • 『浅間山荘事件の真実』河出書房新社、のち河出文庫
  • 『「よど号」事件 122時間の真実』河出書房新社
  • 『高円宮殿下』河出書房新社、2003年
  • 『川上犬物語』河出書房新社、2007年
  • 『日本の皇室 なぜ、菊の御紋なの?』PHP研究所、2008年。編著:ビジュアル図解シリーズ
  • 『知られざる皇室 伝統行事から宮内庁の仕事まで』河出書房新社、2010年
  • 『カラー図説 天皇の祈りと宮中祭祀』勉誠出版、2013年
  • 『皇宮警察』河出書房新社、2017年
  • 『知っているようで知らない「日本の皇室」がわかる本』三笠書房知的生きかた文庫、2018年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 久能靖”. グローバル ユース ビューロー (2013年8月30日). 2017年8月24日閲覧。
  2. ^ a b c d 久能 靖”. 講演依頼、講師派遣なら日本綜合経営協会. 日本綜合経営協会. 2017年8月24日閲覧。
  3. ^ a b c d 久能 靖 (講師陣データベース)”. 株式会社ブレーン. ブレーン. 2017年8月24日閲覧。
  4. ^ a b c d “ダジャレの久能キャスター「ザ・ワイド」など“勇退””. 夕刊フジ (産経新聞社). (2004年3月9日). http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2004_03/g2004030903.html 2017年8月24日閲覧。