この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

宮崎宣子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「宮﨑宣子」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
みやざき のぶこ
宮崎 宣子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 宮崎県宮崎市
生年月日 1979年9月4日(37歳)
血液型 B型
最終学歴 早稲田大学第一文学部
勤務局 日本テレビ(2002年4月‐2012年3月)
職歴 日本テレビアナウンサー(2002年4月 - 2012年3月)
フリーアナウンサー(2012年6月 - )
活動期間 2002年4月 - 2012年3月(日本テレビ)
2012年6月 -
ジャンル 情報バラエティ番組 など
公式サイト 宮崎宣子
出演番組・活動
過去 ラジかる!!』→『ラジかるッ
ザ!世界仰天ニュース
Oha!4 NEWS LIVE
イブニングプレス donna』 など

宮崎 宣子(みやざき のぶこ、1979年9月4日 - )は、元日本テレビアナウンサー。現在は、フリーアナウンサー

経歴・人物

宮崎県宮崎市出身。身長160cm。血液型B型

宮崎県立宮崎北高等学校早稲田大学第一文学部英文学専修に指定校推薦入学。東京アナウンスセミナー修了。

高校1年生の冬、フジテレビ木佐彩子TBS雨宮塔子(いずれも当時)に触発され、アナウンサーを目指す。早稲田大学時代はアナウンス研究会(WAK)所属、同時に専門学校アナウンスセミナーにも通う(同窓に枦山南美がいる)。ミス早稲田にエントリーするも最終選考でグランプリを逃す[1]。なお、アナウンサーの第一志望局はフジテレビだったとの事[2]

2002年4月、日本テレビに入社。日本テレビ入社後3年間は担当番組がなかったが『ラジかるッ』担当以降は主に情報バラエティ番組ナレーションを担当した。

2007年12月11日、『ラジかるッ』に寝坊で45分間の遅刻。急遽、古市幸子アナウンサーが代理を務め、番組途中から宮崎が登場。翌12日は、この遅刻を報じた東京中日スポーツを同番組内で自ら紹介した。この出来事はスポーツ新聞全6紙に記事が掲載された[3]

2008年2月17日、第2回東京マラソンに、同僚の日テレアナウンサー11人と苦手のフルマラソンに参加。大方の予想をくつがえし、6時間51分6秒で完走した[4]

2009年5月22日、一部スポーツ紙に、今夏にも日本テレビを退社すると報じられた[5]が、同年7月9日放送の『秘密のケンミンSHOW』にゲスト出演した際に明確に否定した。同年6月10日より、顎関節症の治療に専念するため、担当中の全てのレギュラー番組から一時降板し、休養する。2010年2月1日より復職。その後は仕事と治療を並行していく[6]

2010年4月より『Oha!4 NEWS LIVE』で復職後初のレギュラー番組に出演したが、体調不良を理由に9月末に降板した[7]。2011年3月まで休職し、4月から再復帰した。再復帰後初のレギュラー番組は『アナどきっ!』。

2011年12月24日にレコード会社勤務の男性と結婚。2012年3月で日本テレビを退職することも明らかにした[8]。しかし結婚生活は長く続かず、2014年9月5日、離婚したことを公表した[9]

2012年3月30日に日本テレビを退社[10]。5月29日にプロダクション尾木に所属し、フリーアナウンサーとして活動を再開することが判明[11]。同年6月25日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系列)でフリーアナウンサーデビューを果たした。

エピソード

  • 高校時代はテニス部に所属していた影響もあってか、ゴルフなどの球技が得意で、東尾理子など、芸能人とラウンドしている。
  • 父親は高校の教師。
  • 愛犬はトイプードルのりんちゃん。
  • 早稲田大学入学は指定校推薦であったが、クラスで一番優秀な成績であり、指定校枠での入学となったが、模試では十分に早稲田大学合格圏内であった。そのエピソードは日テレ時代に「アナザーアナ」で恩師に宛てた手紙として披露していた[12]
  • 体が柔らかい。

フリー後の出演番組

現在の出演番組

過去の出演番組

日本テレビ時代の出演番組

レギュラー担当番組

単発出演

多媒体での出演

映画

アニメ

テレビドラマ

テレビCM

  • 2007年夏の日テレイベント「GO!SHIODOMEジャンボリー」のテレビCMを担当(8月中旬)
  • 日テレ「SPOT」企業訪問型の60秒[14]スポットCMに出演(2008年4月28日〔9:53〕 - 5月9日)

他局で出演した番組

脚注・出典

  1. ^ 宮崎宣子、史上初“マルチアナ”目指す!スポーツ報知 2012年6月11日閲覧
  2. ^ 「仰天プチダイアリー」2006年11月1日。
  3. ^ [日テレ宮崎宣子アナ寝坊で生放送に遅刻] 朝日新聞 2007年12月12日
  4. ^ [宮崎アナ奇跡の完走] スポーツ報知 2008年2月18日
  5. ^ 日テレ宮崎宣子アナがフリー転身. 日刊スポーツ. 2009年5月22日
  6. ^ 日テレ・宮崎アナ復帰…がく関節症治療で休養
  7. ^ キャスター交代のお知らせ - Oha!4公式サイト クマPのプロデューサー日記 - 2010年10月27日閲覧
  8. ^ 日テレ・宮崎アナ結婚 来年3月に退社 スポーツ報知 2011年12月26日閲覧
  9. ^ 宮崎宣子アナ、直筆文書で今夏の離婚発表 日テレNEWS24、2014年9月5日
  10. ^ 『news every.』キャスターブログ スマイル★ 小熊美香 2012.3.30 2012年3月30日閲覧
  11. ^ 元日テレ宮崎アナがフリーで仕事再開 日刊スポーツ 2012年5月29日閲覧
  12. ^ 日テレアナ、1人10分で笑いあり感動ありの特別ステージ
  13. ^ 夏休み取得後そのまま休職したため、2010年9月24日をもって事実上降板となった。
  14. ^ トンボ鉛筆」のボールペン「エアプレス」、「ホーチキ」の住宅用火災警報機

関連項目

外部リンク