NNNワイドニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NNNワイドニュース
ジャンル 報道番組
放送時間 月曜 - 土曜 12:30 - 13:00
→12:00 - 12:30
(30分)
放送期間 1966年10月31日 - 1972年1月1日[1]
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ放送網 (NNN)
テンプレートを表示

NNNワイドニュース』(エヌエヌエヌ ワイドニュース)は、1966年10月31日から1972年1月1日まで日本テレビから全国のNNN系列局に向けて放送された報道番組である[1]

概要[編集]

日本テレビはこれまで昼のニュースは『日本テレニュース』と『婦人ニュース』を放送してきたが、1966年4月のNNN結成を機にこれらの番組に代わる昼の基幹ニュースとして、1966年10月に12時30分からの30分番組でスタートした[2]。ニュース番組としては民放で初めて全面カラー映像による放送を取り入れた[1]。キャスターには作曲家の黛敏郎や劇評論家の大木豊といった文化人を起用、ワイドショー的ニュース番組の先駆となった[1][2]1967年1月より毎週土曜日の放送に10分程度衛星中継の枠を設け、アメリカNBCのスタジオから生で特派員リポートを放送した[3]1968年に開始時間を30分繰り上げるとともに、木島則夫がキャスターに就き主婦向けを意識した内容となった[4]。しかし視聴率がふるわなかったこともあり1972年に放送を終了した[4]

司会者[編集]

月は推定。☆は放送当時日テレアナウンサー(木島は局契約

  • 1966年11月1日 - 1967年9月30日 大木豊(月 - 水曜)、黛敏郎(木・金曜)、山崎英祐(土曜)
  • 1967年10月2日 - 1968年9月28日 荻昌弘(月 - 水曜)、黛敏郎(木 - 土曜)
  • 1968年9月30日 - 1969年1月4日 ☆木島則夫(月 - 水曜)、黛敏郎(木 - 土曜)
  • 1969年1月6日 - 1969年9月27日 ☆木島則夫(月 - 土曜) 
  • 1969年9月29日 - 1971年4月3日 ☆木島則夫(月 - 金曜)、岩立一郎(土曜)
  • 1971年4月5日 - 1971年10月2日 岩立一郎(月・金・土曜)、☆越智正典(火・水・木曜)
  • 1971年10月4日 - 1972年1月1日[1] ☆越智正典(月・木曜)、☆本多当一郎(火・水曜)、岩立一郎(金・土曜)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 日本テレビ50年史編集室(編集) 『テレビ夢50年 番組編2 1961〜1970』、2004年、22頁。 
  2. ^ a b 日本テレビ50年史編集室(編集) 『テレビ夢50年 番組編2 1961〜1970』、2004年、83頁。 
  3. ^ 日本テレビ50年史編集室(編集) 『テレビ夢50年 経営編』、2004年、46頁。 
  4. ^ a b 日本テレビ50年史編集室(編集) 『テレビ夢50年 番組編3 1971〜1980』、2004年、45頁。 
日本テレビおよびNNN系列 平日・土曜昼のNNNニュース
前番組 番組名 次番組
NNNワイドニュース
日本テレビ 月 - 土12時台後半枠
NNNワイドニュース
(1966年11月 - 1968年9月)
お昼のワイドショー
(平日 12:30 - 13:30)
コロムビア歌をあなたに
(土 12:30 - 12:55)
テレビガイド
(土 12:55 - 13:00)
日本テレビ 月 - 土12時台前半枠
月-レッツゴーキング
火-ズッコケ横丁
水-牧伸二ショー
木-歌謡ヒットアルバム
金-てんやわんやの
お笑いランチタイム

土-歌をあなたに
(以上12:00 - 12:25)
テレビガイド
(12:25 - 12:30)
NNNワイドニュース
(1968年10月 - 1972年1月)
お昼のワイドショー
(平日 12:00 - 13:00)
※30分繰り上げ
NNN土曜特集
(土)