日本テレビ系列夕方ニュース枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

日本テレビ系列夕方ニュース枠(にほんテレビけいれつゆうがたニュースわく)は、日本テレビをはじめとするNNN系列で、毎日夕方に放送されている報道番組の枠のことである。

放送枠の歴史[編集]

平日[編集]

平日夕方のニュースは開局と同時に開始、やがて枠を18:30 - 18:45に移動し、改題&枠拡大を繰り返しながら1986年9月まで続けた。

1982年4月5日には、TBSの『テレポートTBS6』に対抗すべく、平日17:30枠と18:00枠の再放送番組や箱番組を30分ずつ繰上げ、18:00 - 18:30のローカルニュース枠『6時です!4チャンネル』を設置したが、それまで再放送に慣れた視聴者には不評で、1年で撤退した。

1986年9月29日より、初の1時間ニュース『NNNライブオンネットワーク』を開始、全国ニュースを前半と後半に分割し、30分枠のローカルニュースを挟み込む構成をとったこともあった。このためほとんどの系列局では異なる番組タイトルを採用していた。

1988年4月改編で当時『ズームイン!!朝!』司会で絶大な支持を受けていた徳光和夫をキャスターにした『NNNニュースプラス1』を開始。それまでのローカルニュース→全国ニュースという構成から全国ニュース→ローカルニュースという構成に変更する。

当初は番組枠をさらに19時半まで拡大し90分枠化する計画だったが、クロスネット編成を敷く一部系列局の反発により挫折、19時から情報ドキュメンタリー番組『追跡』が編成される。同様に2009年4月改編でも19時台に報道番組新設構想が持ち上がるが、これも最終的には生放送バラエティ番組『サプライズ』となる。

1991年10月に札幌テレビが『どさんこワイド120』を成功させると、系列各局も同番組を模倣した夕方ワイド番組を編成することで同様の成功を収める。この流れから日本テレビも1996年10月に『ニュースプラス1』を17:30開始に拡大、生活情報を取り込むことで成功する。同時に全国ニュースでも17:57開始のフライング編成を採用。全国規模での夕方ニュース大型化戦争の火付け役となる。

その後変遷および枠拡大を繰り返し、2006年4月にプラス1の要素を引き継いだ『NNN Newsリアルタイム』を開始。2010年4月から『news every.』となり現在に至っている。

2014年1月6日より、月曜から木曜に限り、『news every.』を枠拡大のうえ3部制に移行することとなり[1]16時台と枠統合された。

なお、『news every.』は2016年4月から金曜も月 - 木曜同様の枠切りによる3部制に移行し、16時台と枠統合する[2]

土曜[編集]

土曜版は平日版共々開局当初より開始。平日版の時間拡大後も引き続き18:30開始の30分番組を続いていた。

1989年10月に『三井不動産アニメワールド』(ローカルセールス)を設置するため30分繰上げ、更に2009年4月からは、『名探偵コナン』(読売テレビ制作)が移動のため、更に30分繰上げ、2013年4月からは、『宇宙兄弟』(読売テレビ制作)が移動のため、更に30分繰上げて17:00開始となった。

日曜[編集]

日曜版も開局と同時に開始したが、やがて16時枠などに移動、『NNN日曜夕刊』に改題し、1974年からは日曜18:00に定着、1996年3月31日まで続けた。

1996年4月からは『NNNニュースプラス1・サンデー』に変更、そして2000年10月からは、直後に放送されていたスポーツ情報番組『独占スポーツ情報』と統合し、日曜初の1時間番組『THE独占サンデー』となった。

2002年10月6日からは、それまでのスポーツ関係を一切廃した『真相報道 バンキシャ!』へ変更、現在まで続いている。

年末年始[編集]

『ニュースプラス1』の18時開始時代までは、年末は30分、正月3が日は15分枠として通常編成と同一番組名で放送されていた。1990年代後半以降は『NNNニュース』のタイトルで、10分枠の放送にしている。『箱根駅伝』や『高校サッカー』編成との兼ね合いから、2012年より1月2日と3日のみ『NNNニュース&スポーツ』としてややスポーツニュースにウェイトを置いた30分番組を放送している。なお、同番組のスポーツニュースパートは『Going!Sports&News』のスタッフにより制作されている。

主な番組[編集]

平日・土曜日[編集]

日曜日[編集]

番組の移り変わり[編集]

期間 平日 土曜日 日曜日
1953.8.28 1956.4.1 NTVニュース
1956.4.2 1961.3.26 ニュースフラッシュ NTVニュース
1961.3.27 1966.3.31 日曜夕刊
1966.4.1 1974.3.31 NNNニュースフラッシュ NNN日曜夕刊
1974.4.1 1975.1.5 NNNニュース
1975.1.6 1984.4.1 NNN JUST NEWS
1984.4.2 1986.9.28 NNN6:30きょうのニュース
1986.9.29 1988.4.3 NNNライブオンネットワーク
1988.4.4 1996.3.31 NNNニュースプラス1
1996.4.1 2000.9.24 NNNニュースプラス1 NNNニュースプラス1・サタデー NNNニュースプラス1・サンデー
2000.9.25 2002.9.29 The独占サンデー
2002.9.30 2006.4.2 真相報道 バンキシャ!
2006.4.3 2010.3.28 NNN Newsリアルタイム NNN Newsリアルタイム・サタデー
2010.3.29 現在 news every.[3] news every.サタデー

備考[編集]

  • 長野県では、1980年10月にテレビ信州が開局しているが、同局では当時はANN系列とのクロスネット局で、夕方の全国ニュースもANNをネットしていた。長野朝日放送の開局により、1991年4月からネットするようになった。
  • また中京圏でのネットは1973年4月中京テレビ放送にNNN/NNSネットが一本化されるまでは放送されなかった。当初NNNの中京地区での加盟局・名古屋テレビ放送はANN(朝日テレビニュース)との並列加盟であり、夕方のニュースはANNのネットを開局以来受けていたためである[4]。CTVが開局した1969年からはこの2局が共同でANN/NNSのクロスネット加盟とする変則体制をせざるを得ず、またCTVはNNNに当初加盟していなかったため、NNNニュースをネットすることができなかった。そのため、長らく夕方のNNNニュースを中京圏で視聴することはできなかった。但し日曜日の『NNN日曜夕刊』に関しては番組開始当初からNBNで放送され、一本化後はCTVに移行している。

脚注[編集]

  1. ^ NEWS小山「午後4時台の顔に」日テレ夕方ニュースのメーンキャスターに Sponichi Annex 2013年11月20日閲覧。
  2. ^ それいけ!アンパンマン:初の午前10時台へ放送時間がお引越し 「PON!」 は月~木に 毎日新聞デジタル 2016年2月22日発行、同日閲覧。
  3. ^ 2014.1.6以降は月曜から木曜に限り、2016.4以降は金曜も、それぞれ16時台と枠統合。
  4. ^ 昼についてはNNN・ANNとも放送。

関連項目[編集]