テレポートTBS6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テレポートTBS6
ジャンル 報道番組
放送時間 平日 18:00 - 18:30(30分)
放送期間 1975年10月6日 - 1990年3月30日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
プロデューサー 三好和昭
出演者 出演者を参照
オープニング オープニングテーマ曲を参照

特記事項:
1989年4月3日からは放送終了までは『テレポート6』として放送。同年10月2日から放送終了まではテレビユー山形にもネット。
テンプレートを表示

テレポートTBS6(テレポートティービーエス・シックス)は、TBS1975年10月6日から1990年3月30日までの間にかけて放送された、夕方の関東地方向けローカルニュース番組である。1989年4月3日からは『テレポート6』として放送された。

沿革[編集]

JNN系列のテレビ局によるローカルワイドニュースは、TBSが参入する前から、山陽放送の『山陽TVイブニングニュース』(夕方のローカルワイドニュース番組では日本初)、静岡放送の『SBSテレビ夕刊』(山陽放送に次ぎ2例目)、テレビ高知の『イブニングKOCHI』(この番組のみ2016年現在も継続中)、さらに中部日本放送(現:CBCテレビ)の『CBCニュースワイド』(JNN基幹局では初)やRKB毎日放送の『RKBニュースワイド』(基幹局ではCBCに次ぎ2例目)などが放送されており、JNNのキー局であるTBSはこれらの番組を手本に、キー局で初のローカルワイドニュースとして『テレポートTBS6』をスタートさせた。『テレポート-』がスタートした3カ月後、JNN準キー局の毎日放送も『MBSナウ』をスタートさせた。

開始直後から高い視聴率を記録し、番組スタートから2年目には12%台の平均視聴率を獲得したが、その後視聴率が下降線をたどる。

度々『JNNニュースコープ』との統合も検討されたものの、TBSは「ローカル→全国」という順番にこだわり続けた。1990年4月2日、遂に全国ニュースの『JNNニュースコープ』と統合し、『JNNニュースの森』に移行した。『テレポート-』のメインキャスターを務めていた荒川強啓久和ひとみのコンビはそのまま引き継がれた。

この番組までローカルニュース→全国ニュースという流れであったが、後番組から全国ニュース→ローカルニュースという流れとなる。その後、ローカルニュース→全国ニュースの流れになったのはこの19年後、2009年の『総力報道!THENEWS』と『イブニングワイド』の編成であった。

番組内容[編集]

「身近な情報、感じるニュース」をキャッチフレーズに、関東1都6県の話題を紹介。また全国ニュース規模の出来事も、番組独自の視点で伝えていった。ラジオの手法を大きく生かし、番組専用の情報受付電話を設置(番組のCM前アイキャッチのところでは画面上にその電話番号を表示)し、これらを「我が家・我が街、わがニュース」と題して反映させていった。この他、関東各地に取材拠点(駐在カメラマン)を設け、事件や事故のほか、季節の話題を取材していった他、キャスターが自ら現場でリポートを行う企画も数多く放送された。また、速報性を重視し、メインキャスターの居るスタジオとは別に、TBS報道局内のカメラから、ニュース担当キャスターが最新ニュースを伝えるコーナー[1]など、さまざまな演出方法でニュースを伝えていった。

この演出方法は、初代番組プロデューサー・中村登紀夫の考えによるところが大きく、全国ニュースとの差別化を図るため、夏の暑い時期には、キャスターの背広を脱がせ、ワイシャツ姿で出演させ、話題になった。また、取材記者が原稿を書いて、キャスターがそれを読むのではなく、記者自らのリポートを放送にのせる手法をとり、また記者が体験取材を行うことで、リアルさを醸し出していった。ロッキード事件の直後に、田中角栄が払い下げたという信濃川河川敷の土地の広さを伝えるため、料治直矢が自らその広い河川敷を歩き続けるリポート、師走の街を歌手・都はるみとともにリポートする企画など、現場の雰囲気や季節感などを重視したものが放送された。

他にも番組初期には釣りが趣味と語る、稲葉修法務大臣が月に1回程度出演し「稲葉修の釣り談義」を放送、その後も釣りは山本文郎の趣味でもあり、また季節感のある話題でもあるため「釣り情報」が幾度となく放送された。また、視聴者からの情報をもとに各地を訪問する「私鉄沿線シリーズ」などが人気を博したほか、春・夏の高校野球期間中には、郷司淑子をリポーターとして阪神甲子園球場に派遣し、関東勢のスタンド応援リポートを行うなど、一貫して関東地方の視聴者に向けた話題を紹介していった。

なお、1976年(昭和51年)3月29日より毎日新聞が協力として制作に参加することとなり(前週3月28日をもって、TBSテレビの開局以来放送されてきた夕方の『毎日新聞ニュース』(3社ニュース枠)の放送を打ち切った。)、これまでの「毎日新聞ニュース」との関係から、番組初期の数年間はカウキャッチャーとして毎日新聞のCMが放送されたほか、毎日新聞の記者、論説委員らによる解説コーナー「今日のアングル」のコーナーが加わり、後に同局の『朝のホットライン』のコメンテーターで活躍する鳥井守幸らが出演していた。

また、毎年大晦日には『テレポート大晦日スペシャル』として時間枠を拡大し、その年に首都圏で話題になったスポットからの生中継を行い、その後の時間に放送される『輝く!日本レコード大賞』の会場からの生中継など、大晦日の風物詩となる場所を結んで放送された。

荒川・久和コンビとなった最後の1年は、ニュースパートも彼らが担当するようになって、報道性を重視した番組となった。

出演者[編集]

期間 メイン ニュース スポーツ お天気
男性 女性
1975年10月 1976年09月 撫養慎平 高橋加代子1 料治直矢 (不在)
1976年10月 1977年03月 山本文郎
1977年04月 1980年10月 岩崎真純
1980年10月 1983年03月 藤林英雄
1983年04月 1986年09月 新井瑞穂
1986年10月 1987年09月25日 奈良陽
1987年09月28日 1988年10月 奈良陽 矢沢真由美 柴田秀一 林美雄 森田正光2・3・4
1988年10月 1989年03月 橋谷能理子
1989年04月 1990年03月 荒川強啓3 久和ひとみ3 (不在)

スタッフ[編集]

タイトルロゴ・テーマ曲の変遷[編集]

タイトルロゴ[編集]

  • 初代 - 1975年10月 - 1989年3月
  • 2代目 - 1989年4月 - 1990年3月
タイトルロゴカラーリング
  • テレポートTBS6』(白) - 1975年10月 - 1987年9月
  • テレポートTBS6』 - 1987年10月 - 1989年3月
  • テレポート6』 - 1989年4月 - 1990年3月
アニメーション
  • 当初はテロップアニメーションで、ターゲットをイメージしたグラフィック→6のデザイン→6の輪っかの中にテレビカメラをイメージしたもの→そこから6のグラフィックが右端にスライドし、そこから「テレポート」の文字、更に星座をイメージしたグラフィックから「TBS」の局ロゴが出てくる。テーマソング、提供クレジット表記(読み上げ無し)とともにその日のトップ項目の映像、あるいはお天気カメラを映していた。
  • 晩期(1989年度)はタイトルはコンピュータグラフィックを使用したものとなり、その後その日のヘッドライン3-4項目を荒川、久和の生ナレーション入りで紹介した。提供読みは前半のニュースをある程度伝えてから、アナウンサーの読み上げ入りだった。

主題歌・挿入歌[編集]

オープニングテーマ
初代(1975年10月 - 1987年9月25日):「夕暮れに」(作曲:小室等
  • アルバム「TV MUSIC SELECTION」収録。なお「#1」「#2」と2つのバージョンが収録されており、通常の放送で使われたのは「#2」。「#1」は「大晦日スペシャル」などの特別編成時に使用された。
二代目(1987年9月28日 - 1989年3月):
三代目(1989年4月 - 1990年3月):
イメージソング
「ふるさとはなに色」(作曲:小室等)
  • 1984年、放送開始10年目を記念し、一般視聴者から歌詞を募集して生まれた曲。歌詞は7番まであり、それぞれに1都6県の地名を織り込まれていた。レコード発売はされなかったが、歌詞カードと譜面が視聴者に配布され、番組でもインストゥルメンタルバージョンが天気予報コーナーのBGMで使われたほか、山本キャスターが担当する最終回では、出演者全員で歌われるなど、番組の節目では歌われることがあった。

備考[編集]

  • 放送開始から4年目の1978年には、これまでの取材記録や番組エピソードを収録した書籍「関東人間模様」が出版された。
  • 放送開始10周年記念となった1984年には、10周年記念番組が放映され、時間枠を拡大し、歴代キャスターや小室等が出演した。
  • 放送開始10周年記念番組では、JNN各地のローカルニュース番組が紹介され、HBCテレポート6島森則夫キャスターから、「私どもは北海道のテレポート6です。同じテレポート同士、一緒に頑張りましょう」という映像メッセージが届いた。
  • 放送終了までの半年間は関東地方ローカル番組ながら、山形県のJNN系列局、テレビユー山形でも放送していた。これはテレビユー山形が開局当時、経費を抑える為必要最低限の報道取材活動しか行わず、ローカルニュースだけのワイド番組を制作する事ができなかったからである。また、同じ山形県の老舗局・山形放送の出身である荒川がメインキャスターであったことも理由の一つとして挙げられる。この対応は『JNNニュースの森』時代になっても2000年3月まで1時間そのままネットされた(ローカルニュースは17時54分からのスポット枠ニュースで対応)。その後同年4月より関東ローカルの「ニュースの森特集」終わりの18時36分からローカルニュース『TUYニュースの森やまがた』が立ち上がった。そして『イブニング・ファイブ(JNNネットニュースは『JNNイブニング・ニュース』)』時代になっても18時30分頃まで関東ローカルの特集コーナーまでネットしていたが2006年4月になってようやく系列他局と同様の放送時間枠となり現在に至る。
  • テレポート」というタイトルのニュース番組は他局にもいくつか存在している。JNN系列では、午後6時台の番組という意味合いの「6」が付いた北海道放送の「HBCテレポート6」[3]やTBS同様に午後6時台と基幹チャンネル番号の6を掛けた北陸放送「MROテレポート6」が存在し、以前はJNN系列とのクロスネットであったFNN系列の福島テレビにも「FTVテレポート[4]という番組が存在していた。他にもFNN系列マストバイの秋田テレビテレビ西日本も以前はそれぞれ「テレポートあきた」、「テレポートTNC」として平日夕方のニュース枠を放送したが、2012年10月現在、この「テレポート」の題名を使用しているのは山陰放送の『テレポート山陰』(平日18時15分 - 19時00分)のみである。
  • 関東以外で重大な事件や災害が発生した場合は、キャスターのつなぎコメントに続いて、その地域のJNN系列局のローカルニュースが臨時ネットされることがあった。また逆に「テレポートTBS6」が他の地域に臨時ネットされることもあった。
    • 1984年のグリコ・森永事件江崎グリコ・江崎社長誘拐解放の際は、毎日放送「MBSナウ」が放送された。
    • 1985年に発生した、長野市内での地滑り事故では、信越放送SBCニュースワイド」が放送された。
    • 1986年11月の三原山噴火については、隣接する静岡放送などでも、番組冒頭を部分ネットした。
    • 1988年11月に阪急電鉄オリックス(当時オリエントリース)にブレーブス(野球チーム)を売却することが明るみに出た際、毎日放送MBSナウが放送された。
    • 1988年末、番組内で昭和天皇の容態報道を行っている部分のみ、通常放送していない一部系列局にも(地元局ニュース番組に内包という形で)ネットされていた。
  • こうした事情から、「テレポート6」や「テレポート○○」の中で別地域の「テレポート6」が見られる、という事態も時々起きた。時にはロゴが異なるどうしの同じ(似た)タイトルが同じ番組で見られることもあった。

脚注[編集]

  1. ^ 当時のTBSテレビ局舎は報道局とニューススタジオがかなり離れており、緊急ニュースの際にこの距離がネックとなっていた。そのため報道局内には緊急用のブース(デスクと無人カメラが設置された簡便なスペース)が設けられ、この場所を有効的に活用する方策の一つとして企画されたと言われている。なお、報道局の階下に当時あったスポーツ局にも同様の設備が後に設置され、夕方ニュースの「スポーツコーナー」で使用されていた。
  2. ^ 「フリーアナウンサー・山本文郎さん ニュースと視聴者の懸け橋つくった」『朝日新聞』2014年3月29日付夕刊、9面、惜別。
  3. ^ HBC函館局のチャンネルは6チャンネルだった。
  4. ^ FTV若松局のチャンネルも6チャンネルだった。
TBS 平日夕方のローカルニュース
前番組 番組名 次番組
テレポートTBS6
ニュースの森
※全国ニュースと統合。
TBS 平日18時台前半枠
再放送枠
※直前は『モンシェリCoCo
テレポートTBS6
ニュースの森
(18:00 - 19:00)