料治直矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
料治 直矢
(りょうじ なおや)
生誕 (1935-09-09) 1935年9月9日
東京都新宿区
死没 (1997-07-31) 1997年7月31日(満61歳没)
教育 東京大学文学部
職業 アナウンサー、報道記者
活動期間 1959年 - 1997年
配偶者 渡辺直子(妻)

料治 直矢りょうじ なおや1935年9月9日 - 1997年7月31日)は、日本ジャーナリストニュースキャスター

東京都新宿区出身[1]

父は古美術研究家の料治熊太[2]。妻はフジテレビ系「ママとあそぼう!ピンポンパン」初代お姉さんでその後TBSでお天気キャスターを務めた渡辺直子[3][4][5]

TBSアナウンサー6期生。『JNN報道特集』キャスターとして番組の顔となり[1]、強面の容貌で「怖い顔のキャスター」として親しまれた。

来歴・人物[編集]

東京都立戸山高等学校東京大学ラグビー部に所属[1]東京大学文学部[1]卒業後、1959年4月にTBS(当時ラジオ東京)にアナウンサー6期生として入社[6][7]。ニュース、報道番組[8][9]、ラジオDJなどを担当。最初はラジオのプロ野球中継などスポーツ実況もやったが、読売ジャイアンツ戦の際に、長嶋茂雄がベンチにいるにもかかわらず「バッターは長嶋」と言ってしまい、それ以来、スポーツ実況はあわないと感じ、実況からは手を引いた。

1963年11月1日付の社内改革により、アナウンス部が報道・芸能・スポーツ・ラジオに分割されたと同時に、報道局ニュース部アナウンサーとなる[10]1965年12月にはニュース取材部に異動[9]1966年に記者転身。1967年10月にはテレビニュース部へ異動し[9]事件記者として[1]、司法クラブ記者、警視庁記者クラブキャップを経て1975年10月にスタートした「テレポートTBS6」のニュース担当キャスターに就任。1980年スタートの「JNN報道特集」キャスター・リポーターとして各スクープを報道。「ネットワーク JNN」キャスターを1年担当した以外はほとんど「JNN報道特集」キャスターとして番組の顔として活躍、この間、1981年7月には編集部、1991年5月には特別報道センター兼解説センターに在籍した[9]暴力団の取材では事務所に入った途端に顔面を殴打される一幕があり、テレビで放映された。

1995年9月に定年退職[8][9]。その後も報道局と専属契約を結び[1]1997年2月まで「JNN報道特集」のキャスターを務めたが、同年7月31日敗血症のため死去。61歳没。

出演番組[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

著書[編集]

  • タックル八方破れ(1983年、ベストブック〈Big birdのbest books〉)

共著[編集]

  • 野村二郎、料治直矢 『新聞・放送記者になるには』 ぺりかん社〈なるにはBooks〉、1977年3月全国書誌番号:77009819

雑誌記事[編集]

インタビュー
  • 料治直矢「特集 検証!TBS問題 ; 関係者直撃インタビュー TBS問題,私はこう考える 「報道のTBS」の未熟さ,甘さ」、『創』第26巻第6号、創出版、1984年2月、 52-55頁。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『現代物故者事典 1997〜1999』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2000年3月24日、659頁。ISBN 4-8169-1595-8
  2. ^ “骨董遊遊 (7)露伴と秀雄”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2016年1月8日). http://www.kobe-np.co.jp/rentoku/entertainment_special/201601/0008700847.shtml 2016年7月19日閲覧。 
  3. ^ ああ純情 お天気ママさん 渡辺直子とTBS報道記者料治直矢さんがハニカミ結婚」、『週刊平凡』第22巻第5号、平凡出版、1980年2月、 36頁、 NAID 00646281全国書誌番号:00010886
  4. ^ 料治直矢さん(ニュースキャスター)渡辺直子さん(お天気ママさん)ハワイで挙式!」、『週刊平凡』第22巻第9号、平凡出版、1980年3月NAID 00646281全国書誌番号:00010886
  5. ^ 岡本潔「グラフ・スクープ!料治直矢・渡辺直子夫妻にハネムーン・ベビーが…!」、『週刊平凡』第22巻第20号、平凡出版、1980年5月NAID 00646281全国書誌番号:00010886
  6. ^ 「III. 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、236-237頁。「1959.4<6期生> 14人入社(男8・女6) 池田孝一郎 石井 智 川野昌宏 里見恭夫 新堀俊明 土屋統督 藤田和弘 料治直矢 相場君子 今井登茂子 加藤かな子 加藤珪子 土井誉子 蛭田玲子」
  7. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、11-12頁。「59.4 <6期生>14人入社(男8・女6) 応募2000人 池田孝一郎 石井 智 川野 昌宏 里見 恭夫 新堀 俊明 土屋 統督 藤田 和弘 料治 直矢 相場 君子 今井登茂子 加藤かな子 加藤 珪子 土井 誉子 蛭田 玲子」
  8. ^ a b c d e f g h 「III. 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、237頁。「料治直矢[1995.9定年]『ニュース、報道番組』 R「飛び出すスタジオ(1963)」「ダイヤモンドハイウェイ(1963)」 TV「テレポートTBS6(1975)」「報道特集(1980)」「ネットワーク(1986)」」
  9. ^ a b c d e f g h i j k 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、12頁。「料治 直矢…[63.11 報道局ニュース部][65.12 ニュース取材部][67.10 TVニュース部][81.7 編集部][91.5 特別報道センター兼解説センター][95.9 定年][97.7 死去] 『ニュース、報道番組』 R「飛び出すスタジオ(63)」「ダイヤモンドハイウェイ(63)」 TV「テレポートTBS6(75.10〜80.9)<初代キャスター>」「報道特集(80)<リポーター〜アンカーマン>」「ネットワーク(86)」」
  10. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、16頁。「1963年11月1日 『報道局への大量異動』 ◇ニュース部へ異動 近江正俊、落合博一、薗田 潤、新堀俊明、土屋統督、料治直矢、川野昌宏、川戸貞吉、藤林英雄、小泉正昭、野中泰子、佐藤紀子」
  11. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、25頁。「1975年10月6日 *テレビローカルニュースワイド「テレポートTBS6」スタート(初代キャスター、樵養慎平・料治直矢・高橋加代子)」

関連項目[編集]

参考文献[編集]

先代:
五味陸仁(月 - 木)
(金曜は川戸恵子が単独)
※「JNNニュースデスク
平日最終のJNNニュース
男性メインキャスター
1986年 - 1987年
ネットワーク
次代:
森本毅郎
※「プライムタイム