久和ひとみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くわ ひとみ
久和 ひとみ
本名 小林 ひとみ 
生年月日 (1960-09-25) 1960年9月25日
没年月日 (2001-03-01) 2001年3月1日(40歳没)
出生地 東京都武蔵野市
死没地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 ニュースキャスター
ジャンル 報道番組
活動期間 1984年 - 2001年
配偶者 小林雄高(テレビ朝日ディレクター
主な作品
CNNデイウォッチ
JNNニュースの森
TXNニュースアイ

久和 ひとみ(くわ ひとみ、1960年9月25日 - 2001年3月1日[1])は、日本ニュースキャスター。趣味、特技はクラシック音楽相撲観戦。夫はテレビ朝日ディレクター小林雄高

生涯[編集]

東京都武蔵野市出身。東京都立国立高等学校卒業。1980年[要出典]早稲田大学政治経済学部政治学科入学。

東京の民放キー局受験に失敗したこともあり、1984年に早大卒業後は、テレビ朝日の『CNNデイウォッチ』初代キャスターとなった[1]。その後、『モーニングショー』にもリポーターとして出演。その後、テレビ朝日での経歴を買われ、1989年4月、TBSと契約。荒川強啓とともに、ローカルニュース『テレポート6』キャスターとして起用された。番組は久和登場後1年で終了し、『JNNニュースコープ』と統合されて『JNNニュースの森』となったが、引き続きメインキャスターを務めた(荒川は1993年春に降板し、パートナーは杉尾秀哉に交代)。

1996年3月、『ニュースの森』出演が6年にわたったこともあり、リニューアルを機に降板、渡米。コロンビア大学に留学し、研究を重ねた。帰国後、政治・経済面に強いキャスターとして、1999年10月にテレビ東京の『TXNニュースアイ』のメインキャスターに起用された。この『ニュースアイ』のタイトルは彼女の名前「ひとみ」(eye)に因んだものである。

2000年10月、体調不良を理由に、『ニュースアイ』を降板。子宮癌の手術を受けた[1]。その後も治療に専念するも、2001年2月、肝臓への癌転移が発見され、同3月1日、急性肝不全で死去[1]。40歳没。法名は、釋尼妙聲。

久和の一周忌である2002年3月1日、久和の遺産の一部を基金として、マスコミ関係の職務経験がある女性を対象とした奨学金「久和ひとみスカラシップ」が設立された。2004年までに計4人を留学生として送り出し、一旦解散した。その後、2008年に選考委員長を務めていた筑紫哲也が死去したが、筑紫の遺族の申し出により香典が寄付され、2009年11月に「久和ひとみ・筑紫哲也スカラシップ」として1人限りの募集を再開している。

人物・エピソード[編集]

  • 好角家として著名で、大相撲バラエティ『OH!相撲』(テレビ朝日系)の司会進行も務めた。大相撲に関する著書に『まわしをはずしたお相撲さん』があるほか、『知ってるつもり!?』(日本テレビ系)で柏戸剛が取り上げられた回にパネラーとして出演している。
  • ショートヘアがトレードマークだった。一度だけ髪を伸ばしてボブだった時期があるが、早々とショートヘアに戻している。
  • 著書の『私はニュースキャスター』の一部が教科書に掲載されたことがある。

主な取材[編集]

「JNNニュースの森」時代


「TXNニュースアイ」時代

書籍[編集]

テレビドラマ出演[編集]

関連項目[編集]

JNN共演者関連


テレビ東京アナウンサー

久和の降板後は、残った2人で1年近く番組を進行していた。


その他
  • 浜尾朱美 - テレビ朝日時代からの同期。その後もTBSでほぼ同時期に夕方と夜のニュース番組をそれぞれ担当することになる。
  • 畑恵 -高校の同級生。
  • 内田満 -大学時代の恩師。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “ニュースキャスター久和ひとみさん死去”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 39(夕刊). (2001年3月2日) 

外部リンク[編集]