森本毅郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もりもと たけろう
森本 毅郎
プロフィール
愛称 タケロー
出身地 日本の旗 日本
生年月日 (1939-09-18) 1939年9月18日(77歳)
最終学歴 慶應義塾大学文学部英文学科
職歴 NHK岡山長崎神戸東京アナウンス室TBS局契約→フリー
活動期間 1963年 -
ジャンル 報道・情報・ナレーション
家族 森本哲郎(兄)
公式サイト TBSラジオによるプロフィール
出演番組・活動
現在 噂の!東京マガジン
森本毅郎・スタンバイ!
過去 NHKニュースワイド
そこが知りたい
情報ライブEZ!TV』など

森本 毅郎(もりもと たけろう、1939年9月18日 - )は、東京都出身のフリーアナウンサー司会者。元NHKアナウンサーニュースキャスター。愛称は「タケロー」。 株式会社ラダック(LADAK)は森本が設立した番組制作会社である。 兄は評論家の森本哲郎。また、大の阪神タイガースファンとしても知られている。

経歴[編集]

NHK時代[編集]

東京都立富士高等学校慶應義塾大学文学部英文学科卒業後、1963年NHKアナウンサーとして入局[1]

NHKニュースワイド』の担当を務めた。

フリー転身後[編集]

1984年にNHKを退職し、TBS専属契約1997年以降はTBS以外にも活動の場を広げる。

2008年3月の『噂の!東京マガジン』では、「医者がきつくて辞めるのは、医者のモラルの問題」「病院の救急外来はコンビニのようになるべき」と発言したために、スポンサーの不買運動につながった。

2014年10月3日、『森本毅郎・スタンバイ!』において、御嶽山の噴火で、雨の影響で捜索を中止した自衛隊の判断について批判する小沢遼子に対して、森本は「ちょっとの風が吹いたり、雨が降るとやめちゃう自衛隊」と同調した[2]

2015年11月29日放送の『噂の!東京マガジン』のエンディングで、腰の手術のためしばらく休養することを報告した[3]

出演している番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

出演していた番組[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

著書[編集]

  • 『ぼくの人間手帖』新潮社 1984 のち文庫
  • 『幸せのものさし』講談社 1985 のち文庫
  • 『母のオルガン』講談社 1985 のち文庫
  • 『ぼくのコーヒー・ブレイク 森本毅郎スペシャル対談』毎日新聞社 1985
  • 『お早いご帰還』主婦の友社 1987
  • 『住まい面白発見』TBSラジオ編 丸善 1987
  • 『転勤を命ず』主婦の友社 1991
  • 『怒りの「正論」』講談社 1993
  • 『夢球場』学習研究社 1993

共著編[編集]

  • 『血液型人間学のウソ エーッ、ウッソー、ホントォ…やっぱりウソ』森本毅郎の"TBS日曜ゴールデン特版" 編 日本実業出版社 エスカルゴ・ブックス 1985
  • 『タケロー・タケヒコの本音斬り』前田武彦共著 グラフ社 1985
  • 『チャンピオンのステッキ 岡部幸雄が語る平成競馬の楽しみ方 トウカイテイオーからナリタブライアンまでー。』 聞き手 コミュニケーションハウス・ケースリー 1995
  • 『ホットな話題クールな真相 月尾センセイに聞いてみた』月尾嘉男共著 日本実業出版社 2002

翻訳[編集]

  • キース・スパイサー『こう話せば成功する エグゼクティブのためのパワーアップ・スピーチ術』桜内篤子共訳 ティビーエス・ブリタニカ 1985
  • デール・カーネギー『自信がつく話し方教室』三笠書房 知的生きかた文庫 1985

単行本未収録小説[編集]

  • 「ADたちの夜」『オール読物』1989年4月
  • 「赤い眼」『オール読物』1990年8月 

関連人物[編集]

  • 草野仁 - 森本と同じく、TBSでフリーアナウンサーデビューをした元NHKアナウンサー。

脚注[編集]

  1. ^ 富士高校の生徒会雑誌のインタビューに対して「西高(東京都立西高等学校)を受けたらみごとに落ちちゃって富士に入れられてしまった。まあこれが人生第一の挫折だ。(中略)志望大学に入れず、慶應に入ったんだ。これが第二の挫折」と述べている。
  2. ^ “社会評論家・小沢遼子氏が御嶽山の救助中止を非難「自衛隊は軍隊じゃない」”. ライブドアニュース. (2014年10月4日). http://news.livedoor.com/article/detail/9322770/ 2014年10月5日閲覧。 
  3. ^ “森本毅郎、腰手術で番組「しばらくお休み」 あいうえお『噂の東京マガジン』で報告”. ORICON STYLE. (2015年11月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2063054/full/ 2015年11月29日閲覧。 
  4. ^ ミスターシービーが制覇。
  5. ^ 日本海中部地震中継(木村知義が担当)時、スタジオで涙を流した。

外部リンク[編集]

先代:
料治直矢
※「ネットワーク
平日最終のJNNニュース
男性メインキャスター
1987年 - 1988年
JNNニュース22プライムタイム
次代:
小川邦雄
※「JNNニュースデスク'88・'89