Nスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Nスタ
ジャンル 帯番組 / 報道番組情報番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBSJNN
演出 金子久伸(総合演出・番組P兼務/編集長)
プロデューサー 松田崇裕(編集長兼務)
金子久伸
谷上栄一(制作エグゼクティブP)
出演者 以下および出演者を参照
音声 ステレオ放送
字幕 リアルタイム字幕放送
外部リンク 公式サイト
平日版第1シリーズ
放送時間 平日16:53 - 19:00(127分)
放送期間 2010年3月29日 - 2013年9月27日(600回)
出演者 堀尾正明
加藤シルビア
竹内明
ほか
平日版第2シリーズ
放送時間 平日 15:50 - 19:00(190分)
放送期間 2013年9月30日 - 2014年10月3日
出演者 同上
Nスタ(第0部・第1部)
ニュースワイド時代
放送時間 平日 15:53 - 17:50
→平日 15:50 - 17:50
(117→120分)
放送期間 2014年10月6日 - 2017年3月31日
出演者 堀尾正明、山内あゆ ほか
オープニング 中村巴奈重「Nスタニュースワイド★オープニングテーマ2014」
Nスタ(第2部)
ニューズアイ時代
放送時間 平日 17:50 - 19:00(70分)
放送期間 2014年10月6日 - 2017年3月31日
出演者 竹内明
佐古忠彦
加藤シルビア
ほか
オープニング 田淵夏海「NEWS EYE OPENING 2014」
エンディング 田淵夏海「NEWS EYE ENDING 2014」
平日版第3シリーズ
放送時間 平日 15:50 - 19:00
→平日 15:49 - 19:00(190→191分)
放送期間 2017年4月3日 -
出演者 井上貴博
ホラン千秋
国山ハセン
ほか
日曜版
放送時間 日曜日17:30 - 18:00(30分)
放送期間 2010年4月4日 -
出演者 長峰由紀喜入友浩 ほか
オープニング 平日版と同じ
エンディング 同上

特記事項:
・平日の17:50 - 18:15(25分間)と、日曜日の17:30 - 17:45・17:54 - 17:58.30(計19分30秒間)はJNN排他協定を適用し、当該時間はJNN系列全局で同時ネットする。
・開始から2011年3月6日までは日曜日の17:55 - 18:00に『あすのそら色』を内包。
・平日版の放送回数は2012年7月25日放送分まで[1]
旧タイトル名:Nスタ(初代)(2010年-2014年、平日のみ。)
Nスタ ニュースワイド・ニューズアイ(2014年-2017年、平日のみ。)
テンプレートを表示
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

Nスタ』(エヌスタ)は、TBSおよびJNN系列各局にて平日日曜日夕方に放送されている報道情報番組である。ステレオ放送リアルタイム字幕放送を実施。ハイビジョン制作。現在のキャッチコピーは『トクするNEWS!Nスタ』。

概要[編集]

平日版[編集]

TBSは、2009年春改編にスタートした『総力報道!THE NEWS』(以下『総力報道』)と、半年後に開始した『総力報道!』の前座番組『イブニングワイド』(以下『イブワイ』)を2010年3月26日で打ち切り、『イブワイ』をリニューアルする形で2010年3月29日に本番組をスタートした。TBS公式サイト内の番組紹介では2番組の統合により誕生した本番組を「ハイブリッドニュース番組」[2]と称している。

開始当初の全国ニュース枠は17:45 - 18:15(JST。以下、表記時刻は全てJST準拠とする)の30分間。さらに、2009年9月以来半年ぶりに全国ニュースと関東ローカルニュースを統合した。放送終了時間が19:00となり、8年間実施されていた平日19時台のフライングスタートが廃止。開始当初、本番組は17:45を境とした2部制を敷いており、第1部(ローカルセールスパート、16:53 - 17:45)・第2部(17:45 - 19:00、うち全国ニュースパートは17:45 - 18:15)から構成されていた。

キャスター陣には元NHKアナウンサーの堀尾正明、TBSアナウンサーの長峰由紀藤森祥平をはじめとする面々に加え、TBSアナウンサー兼報道局記者の佐古忠彦が起用された(佐古は2011年9月30日で一時降板)。

番組全編において、キャスター陣による掛け合いトークを多用しており、場合によってはコメンテーターがそれに参加する。ステレオ放送(『イブワイ』は2009年12月で2か国語放送を中止し、2010年2月からステレオ放送を実施)。

2011年6月6日から9月9日まで節電の一環としてクールビズを導入した。半袖シャツにネクタイを締めて出演することが多かったお天気キャスターの森田正光などを除き、堀尾・佐古ら男性出演者のほとんどはネクタイを着用せずに出演。

2012年3月23日をもってメインキャスターの長峰とサブキャスターの赤荻、江藤愛が降板。長峰と赤荻は日曜版キャスターに転出。同年3月26日からは久保田智子がメインキャスターに着任。番組自体のリニューアルも行われ、『イブワイ』時代から続いたバラエティ色の強い演出はされなくなった。これまで全国ニュース枠にレギュラーコメンテーターは出演していなかったが、コメンテーターとしてかつて『ニュースの森』キャスターを務めた杉尾秀哉が出演する[3]

2013年3月29日、メインキャスターの久保田が降板。翌週4月1日からは『みのもんたの朝ズバッ!』でメインキャスターを務めていた加藤シルビアと『総力報道!』でキャスターを務めていた竹内明が新たに加わり、産休だった山内あゆも番組に復帰。また、堀尾が全国ニュース枠への出演を取りやめ、番組内容もリニューアル。また、第2部および全国ニュース枠の開始時刻(=第1部の終了時刻)は17:50に変更。

2013年9月30日から、TBSにおける放送開始時刻を15:50に繰り上げ3時間10分番組とし、この当時としては在京キー局では最も開始時刻の早い・最も放送時間の長い夕方ニュース番組となった[4][5][6][7]。これにより、TBSにおける朝、昼、夕方のワイド番組の放送時間がいずれも約3時間となる。また、フィールドキャスターに2013年入社のTBS新人アナウンサーが新たに加入。番組は16:53・17:50を境とした3部制を敷き[8]、第0部(15:50 - 16:53)・第1部(16:53 - 17:50)・第2部(17:50 - 19:00、うち全国ニュースパートは17:50 - 18:15)から構成される。第0部はバラエティ色の強い演出や構成手法が取り入れられている。

2014年10月6日より、番組が下降傾向だったことを受け、本番組を第0・1部と第2部に大別し、第0・1部の『Nスタ ニュースワイド』(15:53 - 16:53・16:53 - 17:50)・第2部の『Nスタ ニューズアイ』(17:50 - 19:00)の2番組(コンプレックス)になり[9]、両方の天気コーナーを担当する森田を除く出演者もそれぞれに分割[注釈 1][11]。「Nスタ ニュースワイド」は、バラエティ色のあるニュース解説と、生活情報・芸能情報を軸とし、「Nスタ ニューズアイ」はJNN協定に基づく全国ネットワークニュースを軸とした「本格派報道ブロック」となっている[12]。開始時間は3分遅い15:53開始(2016年10月3日からは開始時刻を15:50に復している)、視聴率は上昇しTBS のゴールデンタイムが浮上する大きなジャンプ台にもなった。硬派な企画が意外にも視聴者に共感を呼んだ。これを受け終了は18:57:05から19:00に延長し、5年半ぶりにステブレレス(CMなしで次の番組が開始)となった。

2017年3月31日をもって、『イブワイ』時代からメインキャスターを務めてきた堀尾が降板した。同年4月3日から堀尾の後任として、かつて『朝ズバッ!』でメインキャスターを務めていた井上貴博がメインキャスターに就任し[13]ホラン千秋(タレント)がサブキャスターとして新たに就任する[14]。この改編と同時に『ニュースワイド』・『ニューズアイ』の大別も廃止された。なお、同日から堀尾は井上が出演していた『ビビット[15]のコメンテーターとして出演すると同時に[13]、コーナーキャスターだった赤荻歩古谷有美も『ビビット』に異動した。番組ロゴと内容もリニューアルされ、関東地区のみ天気ループの表示が5年ぶりに再開された。若い視聴者にも向けた番組づくりに路線を変えつつある。

2017年7月31日から第0・1部の放送時間が変更となり、第0部が15:49 - 16:50(従前より1分繰り上げ・2分短縮)、第1部が16:50 - 17:50(従前より3分前拡大)となった。

なお初回の視聴率は第1部が6.7%、第2部が7.1%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を記録した[16]

2017年上期以降、視聴率が上昇傾向にあり、日本テレビnews every.』、テレビ朝日スーパーJチャンネル』と互角な視聴率争いを展開しているほか、フジテレビみんなのニュース』を上回っている[17][18]

日曜版[編集]

平日版放送開始に合わせて『THE NEWS(日曜夕方)』を改題・リニューアルしたものであり、これまで放送されてきた『JNNイブニング・ニュース』や『THE NEWS』などと同様に、ストレートニュース番組として放送している。基本的なコーナー・フォーマットは前番組の『THE NEWS』とほとんど変わっていないが、これまでモノラル放送であった音声モードをステレオ放送に切り替えた。

さらに、これまで別番組だった関東ローカル番組の『あすのそら色』を本番組の1コーナーとして吸収し、TBSでの放送時間が30分間に拡大した。2011年3月6日までは17:50 - 18:00の10分間に関東地方の天気予報が2度続けて放送される状況に変わりはなかった。

2011年4月3日、オープニングが簡素化されてヘッドラインがなくなり、『あすのそら色』も本編の天気予報コーナーに吸収される形で終了(5月1日からは「Sunトピ」のコーナー名で放送)するリニューアルを行った。

2011年10月2日以降はスポーツニュースとローカル枠が入れ替わり、TBS以外では17:45に一旦飛び降りてローカルニュースを放送した後、17:54に再び当番組をネットするという3部構成(ローカルニュースが当番組に内包、または毎日放送の『毎日新聞テレビ夕刊』や熊本放送の『熊日ニュース』のようにサンドイッチ化)へと変更。また、2012年9月30日までは一部地域を除き、次番組『THE世界遺産』へは、スポーツニュースの後に60秒の予告、番組終了後にも5秒の予告を挟んで、そのまま番組本編に入り、事実上のステブレレス編成となった。

2014年4月6日からは、スポーツキャスター[注釈 2]が加わり4人体制となった。

土曜日夕方の全国ニュースは『報道特集NEXT』からリニューアルした『報道特集』が割り当てられている。ただし、世界陸上などのスポーツ中継で『報道特集』が休止される場合は代替として『Nスタ』名義で放送される場合がある。

年末年始版[編集]

30分または20分または15分の短縮版として放送される。年末年始の夕方ニュースは1999年始までは『JNNニュース』として放送したが、同年末の『JNNニュースの森』以降は通常の夕方ニュースの短縮版として放送しており、これを踏襲している。30分または20分の場合は男女のキャスター2人と気象予報士、15分の場合はキャスター1人と気象予報士が担当。 2010年度は日曜版のフォーマット、2011年度は独自のフォーマットで放送された(ただし、2012年1月1日、2016年1月3日は通常の日曜版として放送)。このためローカル枠のタイムテーブルが若干異なっており、一部の系列局ではローカル枠も差し替えずに放送。また、通常『報道特集』を放送している土曜日にも代替放送を行う。エンディングで『JNNニュース』のテーマが約8秒流れる。

2011年度より最終日曜日に『報道の日』を放送するため休止する。2014年度は2年ぶりに平日の日曜版編成が廃止、12月29日・30日は30分・31日は20分・元日・1月2日・1月3日は15分で放送。2015年度も12月30日は『報道の日』を放送するため休止し、同番組終盤の17:10 - 17:30に代替の『JNNニュース』を放送。12月31日は20分・元日・1月2日は15分で放送。2016年度も12月30日は『報道の日』を放送するため休止し、同番組終盤の17:10 - 17:30に代替の『JNNニュース』を放送。12月31日は20分・元日・1月2日・1月3日は15分で放送。

現在の出演者[編集]

職業(肩書き)が記されていない者は全員TBSアナウンサー。曜日が記されている者は原則として記載された曜日のみの出演・担当。
☆は『イブワイ』より、★は『総力報道』より続投。特記のない者は番組開始当初より出演・担当。◎は現在、『ひるおび!』のコメンテーターとして出演。

平日版[編集]

メインキャスター
2017年4月3日より出演。
キャスター
2017年4月3日より出演。
2017年4月3日より出演。日曜日版より異動。
2013年10月2日より出演。2014年3月28日までは水曜を担当。翌週から2015年3月26日までは木曜日を担当。
ニュースプレゼンター
番組開始よりサブキャスターを担当。産休のため2011年3月31日に降板した後、2013年4月から2014年9月まではコーナーキャスター(2013年9月27日までは月 - 水曜、2013年9月30日から2014年10月3日までは火・水・金曜)に出演し、2014年10月から2017年3月まで『ニュースワイド』のメインキャスターとして出演していた。また、2014年4月から半年間は金曜のみ『いっぷく!』を兼務。
2014年3月28日までは木・金曜を担当。2014年10月から2016年9月頃まで水曜日は出演しなかった。
2017年3月31日までは木・金曜を担当。
お天気キャスター
コメンテーター
  • 2011年9月までは、いずれも不定期で毎日2 - 3名が出演。開始当初は天気予報・第2部の全国ニュースおよび「こちら運動部」を除いたエンディングまでの出演だったが、2010年6月7日からは17:39頃(第1部のニュース終了)までの出演となり、2012年3月26日からは第1部と全国のニュースに出演するようになった。金曜は従前どおり第1部のニュースコーナーまでの出演となる。
  • 2011年10月から月 - 木曜日(祝日を除く)のコメンテーターは杉尾のみの出演になり、金曜日のみ不定期で2名の出演(2012年4月からは金曜日1名に)
  • 2012年10月から月 - 木曜日(祝日を除く)のコメンテーターは杉尾に加え不定期コメンテーター1人出演。(杉尾は全国ニュースパートまで出演するが、不定期コメンテーターは第1部のみの出演となる。)金曜日については主に松原耕二と不定期コメンテーター1人出演。
  • 2013年3月で杉尾・松原が降板。毎日不定期コメンテーター1人の出演となり、第2部の全国のニュース枠を除いて出演。なお一部のコメンテーターは出演曜日が固定されていた。
  • 2013年9月30日からは毎日不定期コメンテーター2名の出演となり、原則第0部と第1部の出演となる。
  • 2014年2月、ソチ冬季オリンピック開催中は村主章枝ソルトレーク五輪トリノ五輪フィギュアスケート女子日本代表)と不定期コメンテーター1名での出演[注釈 4]となる。
  • 2014年4月以降は、一部を除き曜日別でコメンテーターが固定された。
  • 2017年4月以降は、不定期コメンテーター1名が、原則第1部の「トクする!3コマニュース」終了時(17:37頃)まで出演する。また国内政治に関する重大な話題を扱う時は、今市憲一郎(TBSテレビ報道局政治部部長)又は岩田夏弥(TBSテレビ報道局政治部デスク[注釈 5])、朝鮮半島情勢に関する話題を扱う時は、武貞秀士拓殖大学大学院特任教授)又は平井久志(共同通信社客員論説委員)がそれぞれ時間は関係なく出演することがある。
主なコメンテーター(2017年7月現在)

日曜版[編集]

メインキャスター
2012年3月25日より出演。平日版より異動。日曜夕方のニュースは『THE NEWS』以来2年半ぶりの担当。
2017年9月3日より出演。
スポーツキャスター
2017年4月2日より出演。土曜同時間帯に放送の『報道特集』スポーツコーナー兼任。
天気キャスター
2016年4月3日より出演。

過去の出演者[編集]

平日版[編集]

メイン・ニュース・サブキャスター[編集]

期間 男性メイン 女性メイン ニュース1
1→0・1部 2部 1→0・1部 2部 1→0・1部 2部
2010.03.29 2011.09.30 堀尾正明2 長峰由紀2 (不在) 佐古忠彦
2011.10.03 2012.03.23 藤森祥平
2012.03.26 2013.03.29 久保田智子 藤森祥平
2013.04.01 2013.09.27 堀尾正明3 竹内明4 加藤シルビア5
2013.09.30 2014.03.28 藤森祥平
古谷有美5
2014.03.31 2014.10.03 藤森祥平
小林悠5・6
2014.10.06 2017.03.31 竹内明
佐古忠彦
山内あゆ 加藤シルビア (不在)
期間 メイン 女性サブ 男性サブ
月 - 木曜日 金曜日
2017.04.03 現在 井上貴博 ホラン千秋 国山ハセン 熊崎風斗
  • 1 取材キャスターも担当(古谷を除く)。
  • 2 『イブワイ』から続投。
  • 3 「ニューズアイ」開始前まで第2部ローカルパートも担当。
  • 4 JNN枠にのみ出演し、第1部の一部コーナーも担当。
  • 5 サブキャスターも担当(シルビアは「ニューズアイ」開始前まで)。
  • 6 隔週水曜日の『JNNフラッシュニュース』を兼務。
  • 堀尾、ホラン以外は出演当時TBS所属。
  • 2010年10月1日まで第1部で表示される名前テロップの上に堀尾は「総合司会」、長峰は「TBSアナウンサー」と表記された。これは『イブワイ』時代から引き継がれたものである。
  • 2017年4月3日以降、井上以外は「キャスター」扱いであるが、本項目では便宜上で「女性サブ」「男性サブ」と記す。
  • 古谷と小林悠は原則JNN枠には出演せず、藤森や加藤の代理として不定期で出演。また、小林悠は取材キャスターとしてでもJNN枠や「ニューズアイ」に不定期で出演した。

サブ・コーナーキャスター、ニュースプレゼンター[編集]

期間 サブ
月 - 金曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
2010.03.29 2011.04.01 藤森祥平 赤荻歩1 山内あゆ 山内あゆ
田中みな実
田中みな実
2011.04.04 2011.09.30 江藤愛2 久保田智子3
2011.10.03 2012.03.23 久保田智子 古谷有美 江藤愛
2012.03.26 2012.09.28 佐藤渚3 古谷有美 吉田明世
2012.10.01 2013.03.29 林みなほ 吉田明世
期間 サブ コーナー
月 - 金曜 月 - 金曜 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
2013.04.01 2013.09.27 古谷有美 (不在) 山内あゆ 小倉弘子
2013.09.30 2014.03.28 (加藤と古
谷→小林
悠が兼務)
赤荻歩 小倉弘子
国山ハセン
山内あゆ
国山ハセン
山内あゆ
熊崎風斗
小倉弘子
小林由未子
山内あゆ
小林由未子
2014.03.31 2014.10.03 赤荻歩
小林由未子
小倉弘子 山内あゆ 小倉弘子
熊崎風斗
山内あゆ
期間 コーナー
第0・1部 第2部
月 - 金曜 月曜・火曜 水曜 木曜 金曜 月曜 - 水曜 木曜・金曜
2014.10.06 2015.03.27 藤森祥平4
赤荻歩
小林悠4
小林由未子
皆川玲奈
小倉弘子
品田亮太
小倉弘子
小林由未子
熊崎風斗
宇垣美里
小倉弘子
小林由未子
宇垣美里
潮田玲子 小林由未子
2015.03.30 2015.08.14 赤荻歩4
小林悠4・5
皆川玲奈4
小倉弘子
小林由未子
(不在) 小川知子
小林由未子
2015.08.17 2015.09.25 小林由未子
または
皆川玲奈
2015.09.28 2016.03.25 小倉弘子
小林由未子
宇内梨沙
宇内梨沙 小川知子
小林由未子
小川知子
小林由未子
上村彩子
2016.03.28 2016.07.29 赤荻歩4
古谷有美4
小倉弘子
小林由未子4
上村彩子
小倉弘子
佐藤渚
上村彩子
小川知子
小林由未子
潮田玲子 小林由未子
2016.08.01 2016.09.30 赤荻歩4
古谷有美
小林由未子
小倉弘子
上村彩子
潮田玲子
小川知子
佐藤渚
古谷有美
小林由未子
2016.10.03 2017.03.31 小倉弘子
日比麻音子
小倉弘子
伊東楓
小川知子
山本恵里伽
期間 ニュースプレゼンター
2017.04.03 現在 山内あゆ、小林由未子、山本恵里伽
  • 開始時点でのキャスターは、全員『イブワイ』から続投。
  • 1 2010年7月から9月まで水曜日の『JNNフラッシュニュース』を兼務。
  • 2 2011年9月まで、隔週で木曜日も担当。
  • 3 『報道特集』を兼務(久保田は2011年8月まで、佐藤は2012年10月から)。
  • 4 不定期でニューズアイに出演。
  • 5 健康上の理由により2016年2月19日をもって降板し、その後退社した。
  • 潮田以外は出演当時TBSアナウンサーで、取材を担当することがある。

お天気コーナー[編集]

期間 キャスター パートナー
第0部 第1部 第2部
2010.03.29 2010.09.24 森田正光 (放送なし) 山内あゆ○
田中みな実○
せいしゅうくん
みれなちゃん
2010.09.27 2011.04.01 ゆのちゃん
れおくん
2011.04.04 2011.09.30 江藤愛○
久保田智子○
2011.10.03 2012.03.23 久保田智子○ 江藤愛○
古谷有美○
2012.03.26 2012.09.28 古谷有美○
吉田明世○
久保田智子●
2012.10.01 2013.03.29 古谷有美○
林みなほ○
吉田明世○
2013.04.01 2013.09.27 加藤シルビア●または古谷有美○
2013.09.30 2014.03.28 堀尾正明● 山内あゆ○
小倉弘子○
古谷有美●
2014.03.31 2014.10.03 小林悠●
または
小林由未子○
2014.10.06 2015.03.27 皆川玲奈○
宇垣美里○
潮田玲子
小林由未子○
2015.03.30 2015.08.14 皆川玲奈○
または
小林悠○
2015.08.17 2015.09.25 小林由未子○
皆川玲奈○
2015.09.28 2016.03.25 宇内梨沙○
上村彩子○
2016.03.28 2016.07.29 上村彩子○
または
古谷有美○
潮田玲子
小林由未子○
2016.08.01 2016.08.19 竹内明●
2016.08.22 2016.09.30 潮田玲子
佐藤渚○
上村彩子○
または
小林由未子○
2016.10.03 2017.03.31 小林由未子○
または
古谷有美○
日比麻音子○
伊東楓○
山本恵里伽○
2017.04.03 現在 小林由未子○ 山本恵里伽○ ホラン千秋●
  • 森田は気象予報士で、『イブワイ』から続投。
  • 2010年度のみ第2部は子役タレントが「お天気キッズ」として出演。
  • ○は女性サブキャスター。担当曜日はサブキャスターの曜日シフトと同じ。[注釈 9]
  • ●はメインまたはニュースキャスター。

取材キャスター[編集]

  • 岩井健浩(当時TBSアナウンサー、2010年3月29日 - 2011年9月30日)
『イブワイ』、『総力報道』から続投。
  • 西垣佑亮(当時TBS報道局記者)
事件・企画取材を担当。第2部『ニューズアイ』にも時折出演。

ニュースリーダー[編集]

全員、出演当時TBSアナウンサー。

コメンテーター[編集]

過去のコメンテーターは五十音順で以下の通り。

2010年6月2日放送の『Nスタスペシャル』への出演を経て、同年6月8日より出演し、2011年以降は週3日程度出演していたが、同年10月から月 - 木曜日に出演していた。祝日にあたる場合や杉尾の夏季休暇時は、不定期出演のコメンテーター1名が出演することがあった。2012年3月26日から2013年3月28日までは第1部と全国のニュースに出演していた。
ほか


日曜版[編集]

期間 メインキャスター1 スポーツ お天気
2010.04.04 2010.08.15 小川知子 杉山真也2 (不在)3 増田雅昭
山本潤4
2010.08.22 2011.03.27 山田愛里5
2011.04.03 2011.09.25 小川知子 蓮見孝之
2011.10.02 2012.03.18 増田雅昭6
2012.03.25 2014.03.30 長峰由紀 赤荻歩
2014.04.06 2014.06.29 国山ハセン 林みなほ7
2014.07.06 2015.09.27 伊藤隆太8
2015.10.04 2016.03.27 上村彩子7
2016.04.03 2017.03.26 国山ハセン9 河津真人6
2017.04.02 2017.08.27 品田亮太8 日比麻音子7
2017.09.03 現在 喜入友浩
  • 1 女性は2017年3月まで『TBSニュース』(一部期間を除く)、男性は2014年6月まで昼の『JNNニュース』を兼務。
  • 2 日曜夕方の『THE NEWS』から続投。
  • 3 メインキャスターが担当。
  • 4 2011年3月6日まで「あすのそら色」、同年4月3日から「Sunトピ」(VTR出演)を担当。
  • 5 小川の産休入りに伴う。
  • 6 「Sunトピ」も担当。
  • 7 『報道特集』を兼務。
  • 8 『JNNフラッシュニュース』、『S☆1』内「JNNニュース」を兼務。
  • 9 『アッコにおまかせ!』を兼務。
  • 増田、山本、河津以外は出演当時TBSアナウンサー。

土曜版[編集]

世界陸上2011韓国テグ中継により『報道特集』[注釈 14]と『ウィークエンドウェザー[注釈 15](関東ローカル)が休止されたため、土曜版を放送。 
  • 2013年1月5日:向井政生、吉田明世、元井美貴(気象予報士)
年始特番編成により『報道特集』が休止されたため放送[注釈 16]
年始特番編成により『報道特集』、『ウィークエンドウェザー』(関東ローカル)が休止されたため放送。
  • 2016年12月31日:蓮見孝之、山本恵里伽、石上沙織(気象予報士)
大晦日特番編成により『報道特集』、『ウィークエンドウェザー』(関東ローカル)が休止されたため放送。
  • 2017年8月12日:伊藤隆太、日比麻音子、久保井朝美(気象予報士)
世界陸上2017ロンドン中継により『報道特集』[注釈 17]、『ウィークエンドウェザー』[注釈 18](関東ローカル)が休止されたため放送。

年末年始[編集]

2010年度[編集]

日付 放送時間 キャスター お天気
29日・30日 18:00〜18:30 赤荻歩岡村仁美 三ヶ尻知子
31日 17:00〜17:30 蓮見孝之秋沢淳子 佐藤大介
1日 18:00〜18:30 向井政生・秋沢淳子 真壁京子
2日 杉山真也吉川美代子 増田雅昭
3日 17:30〜18:00 蓮見孝之・久保田智子 森朗

2011年度[編集]

日付 放送時間 キャスター お天気
29日 17:30〜18:00 伊藤隆佑水野真裕美 澤口麻里
30日 18:00〜18:30 井上貴博[要曖昧さ回避]・秋沢淳子 真壁京子
31日 17:30〜18:00 向井政生・岡村仁美 元井美貴
1日 蓮見孝之・小川知子 増田雅昭
2日 18:15〜18:30 石井大裕 三ヶ尻知子
3日 清原正博 森朗

2012年度[編集]

日付 放送時間 キャスター お天気
31日 17:30〜18:00 井上貴博・秋沢淳子 増田雅昭
1日 17:45〜18:00 杉山真也 元井美貴
2日 向井政生 佐藤大介
3日 18:15〜18:30 岡田泰典 森朗
5日 18:00〜18:30 向井政生・吉田明世 元井美貴
6日 赤荻歩・長峰由紀 増田雅昭

2013年度[編集]

日付 放送時間 キャスター お天気
30日 17:30〜18:00 伊藤隆太木村郁美 福岡良子
31日 17:30〜17:50 向井政生
1日 17:45〜18:00 小林正寿
2日・3日 石井大裕
4日 17:30〜18:00 伊藤隆佑・江藤愛 國本未華
5日 赤荻歩・長峰由紀 増田雅昭

2014年度[編集]

日付 放送時間 キャスター お天気
29日 18:00〜18:30 蓮見孝之・岡村仁美 元井美貴
30日 17:00〜17:30 増田雅昭
31日 17:30〜17:50 蓮見孝之 福岡良子
1日 17:00〜17:15 伊藤隆佑 多胡安那
2日 17:45〜18:00 熊崎風斗 小林正寿
3日 17:00〜17:15 國本未華
4日 17:30〜18:00 伊藤隆太・長峰由紀・林みなほ 増田雅昭

2015年度[編集]

日付 放送時間 キャスター お天気
31日 17:00〜17:20 蓮見孝之・秋沢淳子 森朗
1日 17:00〜17:15 駒田健吾 多胡安那
2日 元井美貴
3日 17:00〜17:30 駒田健吾・秋沢淳子・上村彩子 増田雅昭

2016年度[編集]

日付 放送時間 キャスター お天気
31日 17:00〜17:20 蓮見孝之・山本恵里伽 石上沙織
1日 17:45〜18:00 長峰由紀 河津真人
2日 熊崎風斗 中村美公
3日 久保井朝美

主なコーナー[編集]

重大事件・事故発生時やゲストが出演する場合など、編成・構成上の都合で番組内容やコーナー開始時間が変更となることもある。

平日版[編集]

  • 1分天気(2017年7月31日 - )
15:49に放送。正式なコーナー名はないが、現在の東京の天気を中心に赤坂サカスから中継で伝える。森田と国山(金曜は熊崎)が担当。
  • ニュース解説(2017年4月3日 - )
井上とホランが担当する。
  • Nスタ4(2017年4月3日 - )
この時間までに入っているニュース、スポーツ情報をフラッシュニュース形式で扱う。
  • トクする! 3コマニュース(2013年9月30日 - )
主なニュースを「3コママンガ」風にそれぞれ3つの写真や図でまとめた「ざっくりボード」を使って紹介。2013年9月30日に「4時だ!Nスタ 日刊ざっくりニュース」として開始したが、翌週には「4時だ!Nスタ 日刊3コマニュース」に改題。2017年4月3日のリニューアルに伴い再び改題した上、放送時間は第0部と第1部の2回に変更された。
  • N天
森田とニュースプレゼンターによる最新の天気予報を伝えるコーナー。赤坂サカスから中継する。2017年3月までは第1部と第2部の放送であったが2017年4月以降は第0部と第1部の放送となった。「N天」とは「Nスタの天気予報」の略[19]。2012年3月29日までは第1部の放送は17:40頃、第2部の放送は18:45頃から行われていた。2013年3月まではNスタジオから伝えていた。2016年8月から2017年3月は第2部に限りNスタジオから伝えていた。
  • 5:15News(2015年5月8日 - )
この時間までに入っているニュース、スポーツ情報をフラッシュニュース形式で扱う。以前も同時間帯にほぼ同じコーナーがあったが、正式なコーナー名はなく堀尾が「最新のニュース」と紹介していた。2017年3月までは「5:30News」として放送。2017年4月からは17:15頃からの放送になったため「5:15News」に改題された。
  • Nコレ。(2017年4月3日 - )
インターネットなどで話題のエンタメ情報や生活情報などを伝えるコーナー。
  • 注目545(2017年7月31日 - )
注目のニュースや生活情報を1項目取り上げ詳しく報じる。
  • 特集
「イブワイ好奇心」を引き継ぐ特集コーナー。「Nトク」として開始し、東日本大震災発生後の約1か月間は「絆」特集として、被災地の復興に向けた姿や取り組みなどを放送していた。2013年4月1日「直アタリ!」に改題、2014年3月31日から「今日の特集」に改題し、2014年10月6日から『ニューズアイ』の特集コーナーとして放送されている。2014年10月以降は硬派な内容を扱うことが多くなっており、9月まで比較的多く扱われていたグルメや旅行情報などの内容は「Nトク」→「N探」に移行している。
  • 630関心事(2014年10月6日 - )
生活密着型の特集コーナー。2016年7月29日までは「Nトク」として、第1部後半に放送。2016年8月1日「N探」に改題し、第2部後半に放送。2017年4月3日「630関心事」に改題。グルメ等の生活情報を扱うことが多いが、この時間までに報じたニュース1項目を専門家ゲストの解説を交えて、改めて取り扱う日もある。
  • ホラン・森田のトクする天気(2017年4月3日 - )
ホランと森田が関東地方を中心とした気象情報を伝えるコーナー。関東周辺の海上・洗濯・紫外線情報も併せて伝える。
  • 6:45NEWS(2012年6月18日 - )
この時間までに入っているニュース、スポーツ情報をフラッシュニュース形式で扱う[注釈 19]。2014年3月28日までは「NEWSまるわかり」、翌週から「きょうのニュース」に改題、同年10月6日から「NEWSまるわかり」に再度改題。2015年3月23日から頭に630が付いた。2016年8月1日から「6:30News」に改題。2016年10月からは18:45頃からの放送になったため「6:45NEWS」に改題された。

タイムテーブル[編集]

2017年8月現在 (リニューアル後)

時刻 内容 備考
第0部(ローカルパート、15:49 - 16:50)
15:49.00
15:50.00
  • 1分天気
  • オープニング・ニュース
  • N天
  • Nスタ4
  • トクする!3コマニュース
第1部(ローカルパート、16:50 - 17:50)
16:50.00
  • Nトク!
  • 5:15NEWS
  • トクする!3コマニュース
  • N天
  • Nコレ
  • 注目545
16時台をネットしていない局で16:50開始の局が飛び乗り

挨拶なしでVTRからスタート

第2部(17:50 - 19:00)
(全国パート、17:50 - 18:15)
17:50.00
  • 全国のニュース
  • 特集・シリーズ企画(不定期)
JNN系列全局ネット枠
(関東ローカルパート、18:15 - 19:00)
18:15.00
  • 特集!
  • 630関心事
  • ホラン・森田のトクする天気
  • 6:45NEWS
  • エンディングトーク
エンディングで短くニュースを報じることもある。
19:00.00 CM無しで次番組へ。

日曜版[編集]

  • Sunトピ
17:49頃 - 放送。増田が天気や季節に関するリポートVTRを放送後、明日以降の関東地区の天気予報を伝える。
  • スポーツ
17:54頃 - 放送。当日行われたスポーツニュースをフラッシュニュース形式で扱う。

過去のコーナー[編集]

平日版[編集]

  • ヘッドライン
2011年1月下旬より東日本大震災以前まで第1部開始直後に放送された。
第1部で取り上げるニュースのヘッドライン映像を2〜4項目放送する。斜め書き表記の見出しテロップを使用している。
2011年1月下旬より放送。それまでは番組はトップニュースのVTRから開始していた。
ただし、ヘッドラインを放送するようになってからも重大事件・事故発生時は、ヘッドラインを省略してトップニュースのVTRから開始することがあった。
  • Nスタミニチュア劇場
番組スタート当初、第1部の枠内で放送されていたが、1ヶ月足らずで放送されなくなった。
  • NスタHEADLINE
2010年3月29日より2011年3月10日まで全国ニュースパート直前の17:44.40 - 17:45.00に放送。
スタジオ内のモニターに全国ニュースパートのヘッドライン(3項目)を表示し、佐古が「全国のニュースです」とアナウンスを行った後、ヘッドラインを読み上げた。
最後に読み上げられる項目は概ね、全国ニュースパートで最初に扱うニュースであった。
  • 参院選ほりおこし
第22回参議院議員通常選挙関連のニュースを扱ったシリーズ企画。第2部・全国ニュースパートの枠内で放送した。「参院選ほりおこし」放送時、「ニュースほりおこし」は「参院選ほりおこし」を扱った直後に放送した。
  • 森田さんのとことん天気(SEASON2→SEASON3)
2010年3月29日より2011年4月1日(2011年3月11・14 - 18・21 - 25日を除く)まで第2部・関東ローカルパート枠の中で放送していた天気予報コーナー。
赤坂サカスより中継。森田と子役2人が担当していた。『イブワイ』での「森田さんのとことん天気」を継承したものである。
森田が天気に関する3択クイズを出題し、子役2人が回答。CMを挟んで正解発表と解説を行い、関東地方の翌日の予報と東京の週間予報を伝えた後、最後に子役2人が明日の天気のポイントを復唱した。
ひるおび!』の天気コーナーでも使用されている、スージー・ズー(Suzy's Zoo)の作者で有名なスージー・スパッフォード作の熊のキャラクター、「ドレッシー・ジェシー」をコーナーロゴに採用していた。
子役の交代に伴い、2010年9月27日よりSEASON2からSEASON3にコーナー名を小変更した。
森田欠席時は森田の代役と子役によって進行したが、コーナータイトルは変更されなかった。
  • ホ〜リこみっ!
『イブワイ』時代の「ホリおこしっ!」の後継コーナーにあたる生活情報コーナー。出演者により専用装置にボールを投げ入れ[注釈 20]、5点(当初は10点)満点で内容を評価し、満点の場合は「タイコバン!」と称した判子を色紙に押していた。2010年3月29日より同年5月14日まで第2部・関東ローカルパートの枠内で放送。
  • 最新のニュース
佐古が前半をストレートニュース形式、CMを挿んで後半をフラッシュニュース形式で伝えた。ローカルパート内での放送だったが、全国各地の話題を比較的多く扱っていた。2010年3月29日より同年9月24日まで第2部・関東ローカルパートの枠内で放送し、下記の「Nスタ NEWS LINE」としてリニューアルされた。
  • あしたのNEWS
2010年6月14日より同年9月24日まで第2部・関東ローカルパートのエンディング前コーナーとして放送されたコーナー。
佐古が長峰の横に、サブキャスターがコメンテーター席に座り、翌日に何が行われるか(国会選挙スポーツの大会など)をCGで表示し[注釈 21]、それをテーマとしたトークを展開して番組を締めくくる。金曜放送分はコーナー名を「週末のNEWS」として土日の予定に触れた。『総力報道』のエンディングコーナー「明日のニュース」(→「明日のツボ」)の復活版とも言えるコーナーだった。
なお、初回放送の2010年3月29日から同年6月4日までは、佐古の着席後にコメンテーターが今日一日の放送内容の中で特に気になったことについてコメントし、堀尾の挨拶で番組は終了していた。また、サブキャスターはコメンテーターの後ろに立っていた。
コメンテーターが第1部のみの出演となった2010年6月7日から同年6月11日までは、今日一日のニュースをテーマにしたキャスター陣のトークで番組を締めくくっていた。
  • Nトレ
メインキャスターがなぞなぞなどの脳トレ問題を出題する。
2011年1月19日より放送を開始したが2011年3月末には放送されなくなった。
  • NEWS & SPORTS
2011年4月18日より9月30日まで放送。
サブキャスターが日替わりで担当し、ニュースとスポーツニュースを補足を加えずにフラッシュニュース形式で伝えた。
  • Nスタ NEWS LINE
佐古と長峰が担当。2010年9月27日より放送。
前半は全国ニュースパートで扱ったニュースを「今日のTOP NEWS」と題して再度伝え、後半はコーナー開始時間までに入電した最新ニュース(主に関東地方のニュース)をフラッシュニュース形式で4 - 5項目伝えた。
  • エンタメほ〜りこみっ!
『イブワイ』における「ご存知!?ワイドアワー」に近い、芸能情報と世界各地の話題を短く伝えるコーナー。2010年5月17日より始まったコーナーだが、それ以前も不定期で放送されていた。赤荻と山内(月 - 水)、田中(木・金)が担当。
担当キャスターは最初のVTRに入る前にシャドーピッチングのようなポーズを取りながら「ホ〜リこみっ!」と掛け声を入れた。
2010年9月24日までは18:40頃からの放送だったが、同年9月27日より18:31頃からの放送に変更された。
  • こちら運動部
スポーツコーナー。堀尾と藤森が担当した。藤森が番組を欠席する場合やニュースキャスターを兼務する場合は赤荻が担当した。
藤森はコーナー冒頭でコーナーロゴを表示したモニターの横へ駆け込みながら「こちら運動部、オッス!」と振りを入れ、コーナーの終わりには堀尾と共に「以上こちら運動部でした、オッス!」と振りを行っていた。
一部の系列局でネットが行われていたため、コーナー冒頭で名前テロップが表示されていた。
2010年9月24日までは18:29頃からの放送だったが、同年9月27日より18:42頃からの放送に変更した。
  • ほーりコミッ!6
第2部後半に放送。ニュースとスポーツニュース、エンタメ情報を補足を加えずにフラッシュニュース形式で扱う。
  • ほーりコミッ!プラス
第2部後半不定時に放送。1つの話題について深く掘り下げる。第1部で扱ったVTRを再編集して放送する日もあった。
  • ほりオシッ!(2012年7月16日 - )
第1部内で不定時に放送。ロンドン五輪に関する最新情報を伝える。
  • コールドケース -未解決事件を追う-
第1部内で不定期に放送。長期間解決出来ていない事件の経緯や現在の捜査状況などを久保田が取材報告し、視聴者からメールで情報を募っていた。
  • 街ネタ!(2013年4月1日 - 2013年5月24日)
第2部後半(18:35頃 - )に放送。関東地方の注目ニュースや催し物情報を紹介し、サブキャスターが担当する。堀尾やコメンテーターが掛け合いに参加する。
  • サキダシ![注釈 22](2013年4月1日 - 2013年9月27日)
第1部前半(17:15頃 - )に放送。この時間までに報道局に入っているニュースをフラッシュニュース形式で扱う。報道局内のデスクから竹内が伝え、スタジオの堀尾が掛け合いに参加する。
  • 掘り知ル(2013年9月30日 - 2014年3月27日)
月~木曜の第2部後半(18:50頃 - )に放送。堀尾とシルビアで「掘り知る」となっており、メインキャスター2人が担当。巷のトレンドなど紹介する。
  • 今週の「スゴすぎ」映像(2013年10月4日 - 2014年3月28日)
金曜の第2部後半(18:50頃 - )に放送。メインキャスター2人が担当。外信映像を紹介する。
  • シルビア先輩と!今日のちょい足し(2013年9月30日 - 2014年5月7日)
第0部中盤(16:35頃 - )に放送。月曜から木曜に放送。新人アナウンサーとシルビアによるコーナー。主に芸能情報やTBSの番組情報などを中心に伝える。2014年5月8日からオープニングに吸収された
  • ハッケン!(2013年4月1日 - )
第0部後半(16:38頃 - )に放送。月曜から木曜に放送。生活密着型のニュースコーナー。月曜から水曜は山内が木・金曜は小倉が担当する。両アナウンサーとも子供がいる主婦である。堀尾、コメンテーターが掛け合いに参加する。2013年9月27日までは第1部後半(17:36頃 - )に放送。
また、2013年10月14日より、メインキャスターであった久保田の中継による「ハッケン! in NY」を月に一回程度放送していたが、久保田が2014年2月に日本勤務に復帰したため今後の扱い不明。
  • 週刊 芸能・スポーツ あいうえお(2013年10月4日 - 2014年4月)
第0部中盤(16:35頃 - )に放送。金曜に放送。新人アナウンサーとシルビア、ハッケン!キャスターによるコーナー。新人アナウンサーがあいうえお作文を作って一週間を振り返るコーナー。
  • NEWSこれはジケンだ!(2013年9月30日 - 2014年10月3日)
第1部前半(17:10頃 - )に放送。竹内が担当。
  • ほーりコミッ!
第1部中盤(17:25頃 - )に放送。藤森と小林悠がスポーツやエンタメ情報や外信映像を補足を加えずにフラッシュニュース形式で扱う。2013年9月30日より、サキダシ!を実質的に統合したためニュースも複数項目報じられる。2013年4月中は別途スポーツコーナーとして「Nスポ」があった。
第1部後半(17:40頃 - )に不定期放送。JNN海外支局記者が各国の現状を取材。VTR終了後、取材を担当した支局と中継を繋ぎ、取材担当記者と堀尾らがトークする。
  • モクゲキ!(2013年10月25日 - )
第1部後半(17:40頃 - )に不定期放送。未解決事件(主に窃盗・強盗事件)の概要を、事件現場周辺に設置されている防犯カメラ等の映像と共に紹介し、視聴者から情報を募る。かつて行われていたコーナー『コールドケース』と内容が似ている。
  • 還れぬ人びと
第1部又は第2部JNN協定枠で不定期放送。北朝鮮による日本人拉致問題に関する情報や拉致被害者家族などへ取材した模様を報じる。
  • ニュース解説
不定時に放送。藤森によるニュース解説コーナー。タッチパネルを使用する。
  • 6:15関心事(2015年3月23日 - 2016年4月頃)
第2部で放送。最新のニュースや話題から1~2項目取り上げ、詳しく紹介する。
  • ニュース・アクセスランキング(2014年10月6日 - 2016年7月末)
第2部中盤(18:25頃 - )に放送。潮田(月 - 水曜)または小林由未子→古谷(木・金曜)と加藤が担当する。TBSテレビのニュース動画サイト「TBS NEWS」で、きょう一日、閲覧数が多かった上位5つをランキング形式で紹介。その後“今日の注目”としてランキングには入らなかったが、注目すべきニュースをVTRで紹介する。
  • 注目ニュース LINEUP(2016年8月22日 - 2017年2月頃)
第1部前半(16:53頃 )に放送。堀尾が第1部で取り上げるニュースを3項目紹介する。
  • 最新のニュース(2013年11月頃 - 2017年3月31日)
第0部前半(15:50頃 - )に放送。山内が最新のニュースを伝える。以前はRKB毎日放送今日感テレビ』内で時差ネットされていたが、2015年3月30日からはRKBが第0部から同時ネット開始。
  • しっかり天気(2014年10月6日 - 2017年3月31日)
森田と小林由未子または古谷が担当。第0部をネットしている地域の天気予報を伝える。赤坂サカスから中継する。2013年9月30日から「ざっくり天気」として開始したがコーナー名が変更された。当初は第0部中盤(16:30頃 - )に放送。2016年8月19日まではNスタジオから伝えていた。
  • 日刊 中吊りニュース(2014年10月6日 - 2017年3月31日)
第0部後半に放送。山内・赤荻と日比、伊東または山本この時間までに入っている芸能情報、スポーツニュース、外信映像をフラッシュニュース形式で扱う。
  • ホリダス(2014年10月6日 - 2017年3月31日)
第1部前半(時間不定)に放送。堀尾がニュースや話題のポイントをVTRを交えて紹介する。
  • きょうのカオ(2016年8月22日 - 2017年3月31日)
芸能情報、スポーツニュース、外信映像をフラッシュニュース形式で扱う。
  • 特命取材班マルトク(2015年4月3日 - 2017年3月31日)
特集コーナーで不定期に取り上げられる[注釈 23]。事件・犯罪行為や住民トラブルなどの騒動について番組取材班が徹底取材する。2016年11月17日には本企画の特番『張り込みスクープ24時 激撮!ワルの(秘)事件簿』を『水トク!』枠にて放送した。

日曜版[編集]

  • ヘッドライン
開始より2011年3月27日まで放送。
オープニングで番組ロゴを表示した後、「Yo-Yo-Calling」をBGMに取り上げる内容を1項目ずつVTRとともに表示していた。
平日版とは異なり、見出しテロップは斜め書きのものではなく、項目テロップと同一のものを使用していた。
  • あすのそら色

放送時間[編集]

※JNN全国ネット枠以外は関東地方における放送時間を記す。

期間 平日 日曜日
全編 全国枠 全編 全国枠
2010.3.29 2011.9.25 16:53 - 19:00
(127分)
17:45 - 18:15
(30分)
17:30 - 18:00
(30分)
17:30 - 17:50
(20分)
2011.9.26 2013.3.31 17:30 - 17:45
(15分)
17:54 - 18:00
(6分)
2013.4.1 2013.9.29 17:50 - 18:15
(25分)
2013.9.30 2014.10.5 15:50 - 19:00
(190分)
2014.10.6 2016.10.2 15:53 - 19:00
(187分)
2016.10.3 2017.7.30 15:50 - 19:00
(190分)
2017.7.31 現在 15:49 - 19:00
(191分)

平日のネット状況[編集]

JNN系列各局の番組名と放送開始時間[編集]

  • 第0部(15:49 - 16:50)・第1部(16:50 - 17:50)・第2部(17:50 - 19:00)の3部構成としてとして放送(第2部の17:50 - 18:15はJNN排他協定が適用されるため、JNN系列全局がフルネット)。
  • 緊急・特別編成実施時にJNN排他協定適用時間が拡大される場合や、編成上の都合や報道特別番組扱いで通常時非ネットのパートを臨時ネットする場合がある。逆に自社制作番組もしくは別の番販ネット番組を放送する場合もある。
  • 番組タイトルは、各局公式HPの週間番組表および各番組のHPを参考にしている。
  • ネット状況について
    • ◎印…フルネット
    • ○…15:50飛び乗りネット
    • △印…冒頭部分ネット(第0部・第1部は途中まで、第2部は18:15まで)
『Nスタ』ネット局(いずれもJNN系列
18:15以降の対応についての詳細はJNN夕方ローカルニュース一覧を参照。
放送局 番組タイトル 放送時間(東京発) 備考
第0部
15:49 - 16:50
第1部
16:50 - 17:50
第2部
17:50 - 19:00
TBSテレビ
(TBS)
15:49 - 19:00 Nスタ 番組制作局
北海道放送
(HBC)
13:55 - 15:44 ちちんぷいぷい(毎日放送制作)
15:44 - 19:00 今日ドキッ!
×
  • 2010年3月29日から2013年10月4日まで『北海道NEWS1』内にて第1部を全編同時ネット。
  • 2013年10月7日より『今日ドキッ!』に内包。詳細は当該項参照。
  • 2016年8月22日より第1部の冒頭部分の同時ネットを取りやめた(但し冒頭部分のニュースは録画ネットで対応)が、2017年7月31日より、再び冒頭部分のみ同時ネットするようになった。
青森テレビ
(ATV)
16:48 - 19:00 わっち!! ×
  • 2014年3月28日まで、第1部の枠で『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ)を時差ネットするため、通常時は第2部のみ放送。
  • 2014年3月31日から2015年4月3日までは第1部もネット。
  • 2015年4月6日からは、ローカルワイド番組『わっち!!』開始に伴い、第2部のみの放送に戻る。
IBC岩手放送
(IBC)
18:15 - 18:55 IBCニュースエコー
  • 2011年3月までは「こちら運動部」をネット。
  • 東日本大震災関連のニュースを伝えるため、2011年3月14日から4月1日まで第1部を特番扱いとして臨時ネットした。
  • 2014年6月9日から7月18日はFIFAワールドカップブラジル大会関連情報コーナーなどの放送に伴う特別編成のため第1部を臨時ネットしていた。
  • 2014年10月6日から第1部のネットを開始した。
  • TBSニュースバード制作の全国のスポーツニュースを放送。
東北放送
(TBC)
18:15 - 18:55 Nスタみやぎ
  • 2010年9月24日までは「こちら運動部」を時差ネットしていた。
  • 東日本大震災関連のニュースを伝えるため、2011年3月14日から同年4月29日まで第1部を臨時ネット。
  • 2012年1月4日より第1部のネットを開始。
  • 2014年3月31日から第0部のネットを開始した。
  • 2016年9月30日まで15:51 - 15:53にローカルパート『Nスタ早版』を放送していた。
テレビユー山形
(TUY)
18:15 - 18:54 Nスタやまがた[注釈 24] ×
テレビユー福島
(TUF)
18:15 - 19:00 Nスタふくしま[注釈 25]
  • 2015年3月30日から第0部のネットを開始した。半年間は「しっかり天気」直前に、福島県内のニュースと天気予報を放送していた(2015年3月まで13時55分に放送していた「TUFニュース」の代替)。
  • 2015年10月1日から、県内ニュースと当日放送の「TUF NEWS LIVE スイッチ!」の見所を放送する「スイッチ!オン」が開始するも「スイッチ!」とともに2016年9月30日に終わる。
  • 放送時間が18:15 - 18:55から5分延長し、2016年3月28日から月曜 - 木曜日のみ18:15 - 19:00に変更。ただし、金曜日の放送時間は変更なし。
  • 2017年7月31日から第0部は○に変更。
テレビ山梨
(UTY)
16:50 - 17:50 ウッティタウン6丁目[注釈 26]
18:15 - 18:55 UTYニュースの星
× ×
新潟放送
(BSN)
18:15 - 19:00 BSN NEWS ゆうなび
  • 第0部開始と同時にネットを開始。
  • 2014年9月26日まで『もうすぐNスタにいがた』を放送していた。
  • 「ニュース・アクセスランキング」を時差ネットしている。
信越放送
(SBC)
18:15 - 18:55 SBCニュースワイド ×
静岡放送
(SBS)
16:45 - 19:00 イブアイしずおか
(16:45 - 17:50 イブアイエンタ)
(18:15 - 19:00 イブアイNEWS)
×
  • 18時台に「ほーりコミッ!」を時差ネットしているほか、2011年10月以降は「Nトク」で放送されたVTRの遅れネットを行うことがある。
チューリップテレビ
(TUT)
18:15 - 18:53 N6
北陸放送
(MRO)
18:15 - 19:00 レオスタ
  • 2013年4月1日より第1部のネットを開始。
CBCテレビ
(CBC)
13:55 - 15:57 ゴゴスマ -GO GO!Smile!-
16:50 - 19:00 イッポウ
×
毎日放送
(MBS)
13:55 - 17:50 ちちんぷいぷい
18:15 - 19:00 VOICE
山陰放送
(BSS)
18:15 - 19:00 テレポート山陰
山陽放送
(RSK)
17:00 - 17:50 RSKイブニング5時
18:15 - 18:50 RSKイブニングニュース
×
  • 2017年9月1日まで、大阪より以西で、第0部、第1部も通常ネットしないのは、唯一当局のみであった。2010年10月1日までは第1部をネット。その後も特番編成を除いた祝日と、年末において、第1部を臨時ネットをしている。
中国放送
(RCC)
15:00 - 16:50 イマなまっ!
18:15 - 18:56 RCCニュース6
  • 2010年9月までは「こちら運動部」のVTRを部分ネットしていた。年末のみ第1部をネット。
  • 2017年4月3日から第1部のネットを開始。
テレビ山口
(tys)
18:15 - 19:00 tysニュースタイム ×
  • 2015年9月28日から第0部のみをネット開始。
  • 2015年10月末までは月曜 - 木曜のネットだったが、11月から金曜のネットも開始した。
  • 2016年4月1日から6月24日までは、毎週金曜日15:48 - 16:48に「やまぐち情報ワイド やるっチャ!」を放送するため、0部のネットは●に戻っていたが、2016年7月1日からは当番組が毎週13:55に繰り上がるため、◎に戻った。[注釈 27]
  • 2017年7月31日より第0部を○に変更となったが、2017年9月4日より自社制作夕方ワイド「ちぐスマ!」を放送するため、第0部のネットは同月1日をもって終了。
あいテレビ
(itv)
18:15 - 18:54 Nスタえひめ
  • 2017年4月3日より第0部のネットを開始。
  • 2017年7月31日より、第0部を○に変更。
テレビ高知
(KUTV)
16:17 - 16:50 テレっちのたまご
18:15 - 18:50 イブニングKOCHI
×
  • 2011年4月4日より第1部のネットを開始。
RKB毎日放送
(RKB)
13:55 - 15:50 今日感テレビ
18:15 - 19:00 今日感ニュース
  • 2015年3月27日までは『今日感テレビ』の内包番組扱い。
  • 2015年3月30日から第0部ネット開始。
  • 2017年7月31日より、第0部を○に変更。
長崎放送
(NBC)
15:54 - 16:50 あっぷる
18:15 - 18:55 Nスタ プラス長崎
×
  • 2016年4月1日より第1部のネットを開始。
熊本放送
(RKK)
18:15 - 18:55 RKK NEWS JUST.
  • 2010年9月までは「こちら運動部」を時差ネットしていた。
  • 水曜及び金曜の17:30頃に『パンパカパンツ』を放送。
  • 2017年4月3日より第0部のネットを開始。
大分放送
(OBS)
15:00 - 15:50 今日感テレビ(RKB毎日放送制作)
18:15 - 18:55 OBSイブニングニュース
  • 2016年4月4日から第0部のネットも開始。
  • 2017年7月31日より、第0部を○に変更。
宮崎放送
(MRT)
13:55 - 15:50 ちちんぷいぷい(毎日放送制作)
18:15 - 18:55 MRTニュース Next
×
南日本放送
(MBC)
13:55 - 15:50 ちちんぷいぷい(毎日放送制作)
15:50 - 16:53 かごしま4
18:15 - 19:00 MBCニューズナウ
琉球放送
(RBC)
18:15 - 18:53 RBC THE NEWS

特別編成[編集]

TBSが報道特別番組を制作・編成する場合は本番組を拡大する体裁を取ったり、本番組を基幹番組とするケースがある。JNN排他協定(以下「JNN協定」と表記)非適用であることが多く、その場合は第1部・第2部からのネット受入に対応できるよう、配慮がなされている。最初のケースである2010年6月2日が一例である。

2009年より行っている「プロ野球ドラフト会議」中継のため、当該日のNスタは第1部を休止、第0部・第2部の短縮放送となる。尚、堀尾など一部の出演者が中継番組やドキュメント番組の進行に関わる。

2011年から2013年9月までの一部の祝日に限り、放送時間を16時台へ拡大して放送していた。2011年9月19日が最初で、15:55か16:23より開始した。JNN協定非適用。

平日版[編集]

2010年[編集]

  • 6月2日鳩山由紀夫首相(当時)の辞意表明に伴い、15:55 - 16:53を『報道特別番組・Nスタスペシャル』として放送、主に佐古が進行を担当した。
    • JNN排他協定(以下「JNN協定」と表記)非適用。RSKなど一部の系列局でのネットとなった。通常、全国ニュースパートのみネットしている系列局のうち、TBCRCCは『Nスタスペシャル』と『Nスタ』第1部を報道特番扱いで放送、IBCは『Nスタスペシャル』をネットし、16:53からはローカル編成へ、MROなどは『Nスタ』第1部のみを報道特番扱いとして16:53からネットした。また、CBCは通常、16:50からの自社制作番組『イッポウ』の中で全国ニュースパートのみを内包ネットしているが、この日は番組内容を変更して16:53 - 17:39を第1部の同時ネットに差し替えた。 MBSでは自社制作番組『ちちんぷいぷい』内で随時対応し、『Nスタ』は通常通り全国ニュースパートのみのネットだった。
  • 11月23日北朝鮮韓国ヨンピョン島へ砲撃したことに関するニュースを速報で伝えるためTBSでは約10分前倒しして開始。
    • その後の第1部も通常時非ネット局のうち、CBCやRCCなどは第1部を特番扱いで放送したものの、MRO・MBS・RSKではネットせず通常編成[注釈 28]を行った。逆に第1部をネットしているRKBRKKOBSMRTMBCRBCでは九州実業団対抗毎日駅伝大会中継放送のためネットしなかった。通常、全国ニュースパートのみをネットしているNBCも該当時間は駅伝中継を放送した。

2011年[編集]

  • 2月24日ニュージーランドクライストチャーチでの地震被害に関するニュースを伝えるため、15:57 - 16:53に報道特別番組を放送、JNN協定非適用のため、ネット局はチューリップテレビ[注釈 29]など数局に限られた。
  • 3月11日 : 東日本大震災発生。以後14:50頃より終日報道特番を編成。16:53までは平日昼の『JNNニュース』コンビ(長岡杏子伊藤隆太)が担当。16:53から21:00までNスタ出演者がJNN報道特別番組として放送、佐古は報道フロア内のブースから伝えた。21:00から翌日の2:00までは『NEWS23X』(松原耕二膳場貴子)が担当。
  • 3月12日 : 引き続き2:00から5:00までの間、TBSニュースバードサイマル放送を行う。5:00から9:30まで『JNNニュース』の長岡・伊藤らが担当。9:30より15:00までの間は『Nスタ』の長峰と佐古、報道フロアから杉山がそれぞれ担当。15:00より20:00までは『報道特集』の出演者である金平茂紀日下部正樹が司会を、久保田が進行を担当し、報道フロアからは岡村仁美が伝えた。なお、この番組のみ『Nスタ』スタジオセットより『JNNニュース』に準拠した形で放送。20:00より翌日の1:00までは『NEWS23X』の出演者である松原と膳場が司会を務め、報道フロアは伊藤隆佑が担当した。1:00以降はTBSニュースバードのサイマル放送が行われた。13日も同様の対応となった。
  • 3月14日 : 15:55 - 21:00に放送時間を拡大、引き続き全編全国ネットだが、一部の系列局は18:15から25分間ほどをローカルニュースに差し替えて放送した。佐古は報道フロアから。
  • 3月15日 : 15:55 - 21:00に放送時間を拡大した。JNN協定は16:53 - 18:15と19:00 - 21:00に適用され、一部系列局は16:53に飛び乗りを行った。
  • 3月16日 : 15:55 - 19:55に放送時間を拡大した。JNN協定は16:53 - 18:15。19時以降は通常編成時がローカルセールス枠だったため、自主編成としている系列局では本番組を放送した系列局と、通常通り自主編成とした系列局とで対応が分かれた。
  • 3月171821日 : いずれも 15:55 - 19:00の放送。19時に終了し、第1部がローカルセールス枠に戻る。
  • 4月11日 : 東日本大震災発生1ヶ月の状況を伝えるため15:55より放送。JNN協定は通常時と同じ。堀尾・長峰が被災地の宮城県南三陸町より中継。番組の途中(17:16)に福島県浜通り地震が発生し、以降は佐古・藤森がNスタジオから最新情報を伝え、TBC・TUFなどとの中継に費やした。
  • 4月29日 : 東日本大震災発生50日後の状況を伝えるため16:30より放送。JNN協定は通常時と同じ。堀尾が被災地である宮城県南三陸町より現地リポートを行う。
  • 5月11日 : 東日本大震災発生2か月後の状況を伝えるため15:55より放送。JNN協定は通常時と同じ。
  • 6月2日 : 内閣不信任案採決関連を放送するため15:55より放送。JNN協定は通常時と同じ。
  • 7月22日プロ野球オールスターゲーム第1戦を18:00より生中継したため、放送時間を15:55 - 18:00と通常より約1時間繰り上げた。全国ニュース枠は16:45 - 17:15。
  • 8月29日 : 民主党代表選挙決選投票に関するニュースを伝えるため、13:50から14:50まで「JNN報道特別番組」として放送。キャスターは堀尾・久保田で、佐古は代表選挙の会場から中継出演。全国ニュース用のテロップ。
  • 8月29日 - 9月2日 : 世界陸上2011韓国テグ中継による特別編成。放送時間は17:30 - 18:30(8月31日のみ17:30 - 19:00)の短縮版で、全国ニュース枠は17:30 - 17:55(31日のみ17:30 - 18:00)。
  • 9月21日 : 15:55 - 16:53に『報道特別番組 台風15号について』として放送。JNN協定非適用。全国ニュース用のテロップ。
  • 10月10日 : 放送時間を30分繰り上げて放送。
  • 11月15日 : 『2014FIFAワールドカップ・アジア地区3次予選 北朝鮮×日本』(15:50 - 18:10)放送のため、第1部を 15:00 - 15:50・第2部を 18:10 - 19:00に放送。全国ニュース枠は18:30から19:00まで、一部の地域は18:50まで。
  • 11月16日 : 18:30より『プロ野球コナミ日本シリーズ第4戦・中日×福岡ソフトバンク』を放送のため、放送時間を通常より30分繰り上げた。
  • 12月19日 : 北朝鮮の金正日総書記死去に伴い、『報道特別番組 Nスタ緊急特集』を15:55 - 16:53に放送。JNN協定非適用。

2012年[編集]

  • 3月11日 : 東日本大震災発生から1年が経過するのに伴い、当番組と『NEWS23クロス』がコラボした『JNN報道特別番組 Nスタ×NEWS23クロス 3.11絆スペシャル』が13:54 - 16:54に放送された。番組内のテロップは両番組のものを折衷したようなデザインのものが使用された。14:00に飛び乗りポイント、15:24に飛び降りポイントが用意された。なお15:24に飛び降りたのはNBCとMRTの2局のみ。
  • 4月3日 : 15:55 - 16:53に『報道特別番組 台風並み暴風雨首都圏直撃』として放送、JNN協定非適用。MROでは、16:52から飛び乗って放送した。
  • 4月30日 : TBSでは16:23 - 19:00に放送時間を拡大した。
  • 8月2日ロンドンオリンピック中継に伴う特別編成のため、15:55 - 17:25の短縮版での放送となった。全国ニュース枠は16:25から30分。
  • 11月16日:『野球侍ジャパンマッチ2012第1戦・日本代表×キューバ代表』中継に伴う特別編成のため、16:00 - 18:30に放送時間を変更・拡大した。JNN協定は17:15 - 17:45に適用されたが、16:23よりネットを行った系列局もあり、同時刻にも飛び乗りポイントが用意された。
  • 11月22日愛知県豊川市豊川信用金庫で起きた立てこもり事件の様子を伝えるためTBSとCBCでは16:15 - 16:53に報道特別番組を放送した。CBCは引き続き「Nスタ」を番組最後まで放送した。
  • 12月7日:番組放送中の17:18頃、三陸沖地震が発生。スタジオでも揺れる様子が映し出され、それ以降は番組内容を急遽変更し、IBC・TBC・TUFなどとの中継に費やした。JNN協定非適用。
  • 12月242728日:16:53 - 18:30に放送時間を短縮。全国ニュース枠は17:30 - 18:00。

2013年[編集]

  • 1月4日:年始特番放送に伴う特別編成のため、17:00 - 18:00に放送時間を短縮。全国ニュース枠は17:00から30分。
  • 2月28日:18:30より『2013 ワールド・ベースボール・クラシック最終強化試合 日本代表×巨人』を中継のため、30分繰り上げ。
  • 3月6日:18:30より『2013 ワールド・ベースボール・クラシック1次ラウンドPOOLA 日本代表×キューバ代表』を中継のため、30分繰り上げ。
  • 3月11日:『3・11報道特別番組 大震災2年 復興と現実〜被災地の「今」あなたは知っていますか〜』(第1部…14:00 - 17:00・第2部…18:15 - 19:55)放送のため[注釈 30]、17:00 - 18:15に放送時間を変更。全国ニュース枠は17:00から30分。[20]
  • 3月12日:18:30より『2013 ワールド・ベースボール・クラシック2次ラウンドPOOL1・1位決定戦 日本代表×オランダ代表』を中継のため、30分繰り上げ。
  • 8月12日 - 16日:『世界陸上モスクワ大会』中継に伴い、17:30 - 19:00に放送時間を変更。この期間は普段第1部をネットしない一部の放送局(IBC・RSK・RCC・tys)でも、17:30から放送された。全国ニュース枠は通常通り17:50から。またこの期間コメンテーターの出演は無かった。
  • 12月23日:第0部休止[注釈 31]。16:53 - 18:30に放送時間を短縮、全国ニュース枠は17:30から25分[22]。18:30短縮は27日まで実施。

2014年[編集]

  • 1月6日 - 10日13日:18:45より年始特番放送に伴う特別編成のため、第2部の終了時刻を18:45に繰り上げる。全国ニュース枠は通常通り。
    • 1月7日:15:22から放送開始、前倒し拡大部分は全てVTRで構成された。
    • 1月13日:第0部を休止。
  • 1月15日:TBSほか一部系列局において14:00 - 16:48に『第22回全日本高校女子サッカー選手権・準決勝』を放送に伴う特別編成のため、第0部のみ休止。
  • 1月16日:TBSほか一部系列局において、14:00 - 16:20に『第22回全日本高校女子サッカー選手権・決勝』を放送することに伴う特別編成のため、第0部のみ36分短縮。
  • 2月11日ソチオリンピック中継に伴う特別編成のため、第2部の終了時刻を18:45に繰り上げる。全国ニュース枠は通常通り。
  • 2月19日:ソチオリンピック中継に伴う特別編成のため、16:30 - 18:00に放送時間を変更・短縮[注釈 32]全国ニュース枠は17:00から25分。また当日は普段第1部をネットしないIBC・UTY・MBS[23]・RSK[注釈 33]・RCC[24]・tys・NBCも第1部より放送を行った。
  • 2月20日:ソチオリンピック中継に伴う特別編成のため、15:50 - 16:45に放送、全国ニュース枠は16:20 - 16:45。コメンテーターは村主のみ出演(15:50 - 16:20)となった。
  • 6月9日から7月14日はFIFAワールドカップ情報を入れるため、全国ニュース枠を17:40 - 18:15に拡大。また堀尾が同枠に出演することになり、自身にとっては1年2か月ぶりのJNN枠出演[注釈 34]となる。
  • 7月21日:第0部のみ休止[注釈 35]
  • 9月3日:自民党執行部の交代及び第2次安倍内閣の大幅な内閣改造実施を受けて13:55 - 15:48に『報道特別番組・Nスタ 内閣改造ライブ』を放送。キャスターは佐古・加藤・竹内(竹内は首相官邸前から中継出演)で、堀尾は通常通り第0部から出演。JNN協定非適用。
  • 9月22日 - 10月2日:『アジア大会韓国仁川』中継に伴う特別編成のため放送時間を変更・短縮した。
    • 9月22日 - 9月26日・9月30日 - 10月2日:第1部の終了時刻を17:00に繰り上げ。第2部のJNN協定適用部分を17:00-17:30に変更の上、系列局では17:30-18:15にローカルニュースを放送。TBS以外の系列局ではアジア大会中継を18:15飛び乗りとした。
    • 9月29日:15:50 - 16:55に放送、全国ニュース枠は16:30から20分。御嶽山噴火に関する報道のため、13:57 - 15:50に『Nスタ緊急特番・御嶽山噴火』(キャスターは佐古・加藤・竹内、竹内は御嶽山付近から中継出演)を別途放送、JNN協定非適用。
  • 10月30日:『プロ野球SMBC日本シリーズ2014第5戦・福岡ソフトバンク×阪神』を18:00から放送のため、放送時間を通常より1時間繰り上げ。
  • 11月2日:当番組の特別編『Nスタ特別編 虐待防止 母はなぜ殺人者に』を15:30 - 16:54に関東ローカルで放送。
  • 11月20日:『2014SUZUKI日米野球親善試合・侍ジャパン×MLBオールスターズ』を18:00から放送のため、60分繰り上げ、第0部休止。
  • 12月23日:TBSにおいて15:53 - 16:53に『水上の挑戦者SP』(競艇・第29回グランプリ優勝戦中継)[26]を放送、また18:30より年末特番放送[27]に伴う特別編成のため、第0部を休止、第1・2部のみの放送。全国ニュース枠は17:30 - 17:55に適用。年末編成に入り、全国ニュース枠繰上げは26日まで実施。

2015年[編集]

  • 1月7日:TBSにおいて15:22 - 16:53に『第23回全日本高等学校女子サッカー選手権大会・準決勝』を放送のため、第0部のみ休止。
  • 1月12日:15:55 - 16:53に『2015 HBCカップジャンプ』(HBC制作)を放送のため、第0部のみ休止。
  • 2月5日:第2部の関東ローカル部分において、当日午後に和歌山県で男児が刃物で刺され、心肺停止となっている事件が発生したのに伴い、MBS制作のローカル報道番組『VOiCE』の冒頭部分を臨時ネットした。
  • 3月11日:当日が東日本大震災発生から4年になるのに当たり、13:55 - 15:53[注釈 36]に当番組の特別番組『大震災4年NスタSP〜被災地の今、思い新たに』を放送。キャスターは佐古・小倉。JNN協定非適用。
  • 3月13日:第1部において、当日定期運行最終日となる寝台特急「北斗星」の最終列車がJR札幌駅を出発する様子を報じるため、HBC制作のローカル情報番組『今日ドキッ!』の一部分を臨時ネットした。
  • 8月24 - 28日:『世界陸上2015北京』中継のため、第0部を休止、第1部を1時間繰り上げ、第2部を1時間繰り上げ・15分短縮とした。全国ニュース枠は16:50 - 17:15に放送。
  • 9月10日:同日午前より栃木・茨城両県に大雨特別警報発表及び同日午後に鬼怒川の堤防が決壊したことを受けて、第0部の前座に『報道特別番組 Nスタ「栃木・茨城に大雨特別警報」』(14:55 - 15:53、ニューズアイ扱い)を別途放送した。このパートは関東他一部地域で放送。このパートのキャスターとしてスタジオから竹内・佐古・森田、茨城県常総市上空のヘリコプターから品田、栃木県日光市の中継現場から小林(悠)が出演。
  • 9月11日:前日午後発生の鬼怒川の堤防決壊による大規模被害及び前日夜から宮城県に大雨特別警報発表を受けて、第0部の前座として『Nスタ 宮城に特別警報 鬼怒川決壊の被害拡大』(14:55 - 15:53、ニューズアイ扱い)を別途放送。このパートは関東他一部地域で放送。キャスターはスタジオから佐古・小川・森田、茨城県常総市上空のヘリコプターから加藤、TBCの報道スタジオから横山義則(TBC報道部記者)、宮城県大崎市の中継現場から小林(悠)が出演。
    • なお、TBSニュースバードでは、10日・11日の両日とも、地上波でのCM部分と水害関連ニュース以外の部分を除き、サイマルネットを実施した。10日は『報道特別番組 Nスタ「栃木・茨城に大雨特別警報」』(14:55 - 15:53、ニューズアイ扱い)から19:00の「Nスタ・第2部」終了まで、11日は『Nスタ 宮城に特別警報 鬼怒川決壊の被害拡大』(14:55 - 15:53、ニューズアイ扱い)から17:50[注釈 37]の「Nスタ・第1部」終了まで放送[注釈 38]した。さらに、この時間帯のL字画面はNスタのカラーに合わせた形となり、画面左上部には、番組ロゴが表示された。
  • 11月3日:TBSにおいて13:57 - 16:53に『東日本実業団駅伝2015〜駅伝日本一への道』を放送のため、第0部のみ休止。
  • 11月12日:『2015 世界野球プレミア12 1次ラウンド・ドミニカ共和国×日本』を18:50[注釈 39]から中継のため、第2部を10分短縮。全国ニュース枠は通常通り。
  • 11月19日:『2015 世界野球プレミア12 準決勝・日本×韓国』を18:30から中継のため、第1部を20分短縮、第2部を20分繰り上げ・10分短縮する(第0部は通常通り)。全国ニュース枠は17:30 - 17:55に放送。
  • 12月23日:TBSと一部系列局において18:30より『トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!SP』放送のため、第2部を30分短縮する(第0・1部、全国ニュース枠は通常通り)。
  • 12月24・28・29日:18:30より年末特番放送に伴う特別編成のため、第1部を20分短縮、第2部を20分繰り上げ・10分短縮する(第0部は通常通り)。全国ニュース枠は17:30 - 17:55に放送。

2016年[編集]

  • 1月11日:15:25 - 16:19に『2016 HBCカップジャンプ』(HBC制作)を放送のため、第0部は16:19 - 16:53の短縮放送(第1部・第2部は通常通り)。
  • 3月11日:13:55 - 15:53に『Nスタ 3.11 震災5年 記憶を未来へ伝える力』を全国ネットで(この日の通常放送とは別枠で)放送[28][29]。キャスターはTBSスタジオから堀尾、宮城県南三陸町の中継現場から加藤がそれぞれ出演。この他、通常第0部をネットしていない局の中では、東北地方を中心に臨時ネットした局があった。
  • 3月21日:TBSほか一部地域[注釈 40]において、15:53 - 16:53に『水上の挑戦者SP』(競艇・第51回ボートレースクラシック優勝戦中継)を放送[30]のため、第0部のみ休止。
  • 4月15日:熊本地震関連報道のため、第0部の前座に『報道特別番組 Nスタ』を15:00 - 15:53に別途放送(ただし、全編ローカルセールス枠)。
  • 5月27日:オバマ米大統領の広島訪問関連報道のため、ニュースワイドを第0部のみに縮小し、第1・2部いずれもの全編をニューズアイに変更の上、『JNN報道特別番組 Nスタ ニューズアイ』として全国ネットで放送。竹内・佐古・加藤の他に、星浩・皆川玲奈(共に『NEWS23』キャスター)が広島市から出演。またTBSスタジオから堀尾・山内・当日の第0部コメンテーターだった岸井成格が出演。
  • 8月8日- 8月19日 :リオオリンピックの情報を入れるため、全国ニュース枠を17:40 - 18:15に拡大して放送。冒頭10分がリオオリンピック関連で堀尾ら第1部の出演者が担当する[注釈 41]
  • 8月8日:天皇陛下による『お気持ち』表明特番のため、一部の地域で通常非ネットである0部や1部を臨時ネットで放送(ただし、両編ともにローカルセールス枠)。
  • 8月31日:第2部の関東ローカル部分において、31日午前(30日深夜)から男が和歌山県内の集合住宅に立てこもっていた事件が急転したことに伴い、MBS制作の関西ローカル報道番組『VOICE』の一部分を臨時ネットした。
  • 10月21日:当日14:07頃に、鳥取県中部を震源とする最大震度6弱の地震が発生したことを受けて、15時台序盤より堀尾・山内・赤荻をキャスターとする報道特別番組を別途放送した(ただし全編JNN協定非適用。TBSニュースバードでもサイマル放送され、RSKなどネット局の中にはニュースバード経由でネットした局もあった。)。
  • 10月26日:『プロ野球SMBC日本シリーズ2016第4戦・北海道日本ハム×広島』を18:15から放送のため、第1部を20分短縮、第2部を20分繰り上げ・25分短縮(第0部は通常通り)。全国ニュース枠は17:30 - 17:55に放送。
  • 11月3日:TBS・TUYにおいて13:55 - 16:53に『東日本実業団駅伝2016』を放送のため、第0部のみ休止。
  • 12月16日:日露首脳会談に伴う特別編成で第0部の前に「拡大」(15:25 - 15:50)を臨時に設け、ニューズアイの体制にて放送。この特設パートは当日の『ゴゴスマ -GO GO!Smile!- 』(CBCテレビ制作)ネット局全局と一部系列局にて放送。また、『第0部』は臨時にニューズアイとしての放送に変更された上、全国ネットで放送。
  • 12月26 - 29日:18:30より年末特番放送に伴う特別編成のため、第1部を20分短縮、第2部を20分繰り上げ・10分短縮する(第0部は通常通り)。全国ニュース枠は17:30 - 17:55に放送。

2017年[編集]

  • 1月6日:当初は通常通り放送予定だったが、TBS・TBCにおいての前継番組『第25回全日本高校女子サッカー選手権・準決勝』[注釈 42]が放送時間を延長したため、第0部を10分短縮した(第1・2部は通常通り)。
  • 3月7日:『2017WBC 1次ラウンド 侍JAPAN×キューバ』を18:00から放送[注釈 43]のため、第1部を20分短縮、第2部を20分繰り上げ40分短縮(第0部は通常通り)。全国ニュース枠は17:30 - 17:55。
  • 3月8日:『2017WBC 1次ラウンド 日本×オーストラリア』を18:30から放送のため、第1部を20分短縮、第2部を20分繰り上げ10分短縮(第0部は通常通り)。全国ニュース枠は17:30 - 17:55。
  • 3月14日:『2017WBC 2次ラウンド 日本×キューバ』を18:15から放送[注釈 44]のため、第1部20分短縮、第2部を20分繰り上げ25分短縮(第0部は通常通り)。全国ニュース枠は17:30 - 17:55。
  • 3月23日:学校法人森友学園の国有地払い下げ問題に関連する同学園理事長・籠池泰典の衆議院参議院予算委員会での証人喚問のニュースのため、『第0部』の前に『報道特別番組 Nスタ』(14:45 - 15:50)を別途放送。このパートはこの日の『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』のネット局全局に加え、同番組をこの日非ネットとする一部系列局でも放送。
  • 7月3日:前日に投開票された東京都議会議員選挙に関する特別番組『緊急!首都大決戦の全真相』を21:50 - 23:00に放送。当番組のスタジオから井上・ホランが出演。
  • 9月3日:秋篠宮眞子の婚約内定記者会見の模様を放送するため、報道特別番組「ご婚約へNスタSP!おめでとう!眞子さま 小室さん会見・生中継」(14:50 - 15:30)を放送。JNN協定非適用だが、TBSニュースバードでもサイマル放送された。当日は日曜日だが井上・ホランがスタジオから、国山が中継でそれぞれ出演。また同番組内では当日行われた北朝鮮による6度目の核実験に関するニュースも報じられた。
  • 10月31日 - 11月2日:『プロ野球SMBC日本シリーズ2017第3戦 - 第5戦・横浜DeNA×福岡ソフトバンク』を18:15から放送のため、第1部を20分短縮、第2部を20分繰り上げ・25分短縮(第0部は通常通り)。全国ニュース枠は17:30 - 17:55に放送。
  • 11月3日:TBS・TUYにおいて13:55 - 16:50に『東日本実業団駅伝2017〜ニューイヤー駅伝への道〜』を放送のため、第0部のみ休止。

日曜版[編集]

2010年
2011年
  • 3月13日東日本大震災にともなう特別編成により休止。
  • 3月20日27日 : 東日本大震災の影響を伝えるため、「あすのそら色」を休止した。翌週から同コーナーは本編の天気予報に吸収されたため、3月6日をもって実質終了。
  • 8月14日: 『THE世界遺産』休止により18:00 - 18:30に変更。
  • 8月28日 : 『世界陸上中継』のため17:00 - 17:30に放送時間を変更した。また、8月27日にも、『報道特集』の代替として17:00 - 17:30に放送された。
  • 12月25日: 特別番組『報道の日』内で、17:20 - 17:40に放送。番組も通常のテロップをもとに少しアレンジされたものが使用された(各地域のローカルニュース含む)。
2012年
  • 4月29日 : 『中日クラウンズ最終日中継』にともない、18:00 - 18:30に放送時間を変更した。
  • 9月16日 : 報道特別番組『震災報道スペシャル 最悪放射能が残した汚染の実態』を16:00 - 17:30に放送したため、18:00 - 18:30に放送時間を変更した。(18:00 - 18:30の『THE世界遺産』は休止)
  • 12月30日 : 特別番組『報道の日2012』のため休止し、同番組終盤の17:10 - 17:30に代替ニュースを放送した。キャスターは本番組レギュラーの長峰・赤荻・増田が担当。
2013年
  • 1月6日 : 特別番組『世界!ご長寿超人グランプリ2 新春!ご長寿七福神を探せ』を16:00 - 17:30に放送したため、18:00 - 18:30に変更(18:00 - の『THE世界遺産』は休止)。
  • 2月10日3月24日7月14日8月25日:『THE世界遺産』休止により18:00 - 18:30に変更。
  • 5月5日 : 『中日クラウンズ最終日中継』にともない、18:00 - 18:30に変更。
  • 8月11日:『世界陸上モスクワ大会』中継のため休止。17:53 - 18:00に代替の『JNNニュース』を放送。キャスターは本番組レギュラーの長峰が担当。
  • 12月29日:特別番組『報道の日2013』放送のため休止し、同番組終盤の17:40 - 18:00に代替の『JNNニュース』を放送。キャスターは本番組レギュラーの長峰・赤荻・増田が担当。
2014年
  • 1月26日:『マギ』が17:00 - 17:56に拡大したため、18:00 - 18:30に変更(THE世界遺産は休止)。
  • 2月16日:当初は通常通り放送される予定だったが、前座番組「ソチ五輪2014・女子スノーボードクロス予選」が放送時間を延長したため、17:40 - 18:00に放送時間を変更・短縮した。
  • 3月23日8月31日11月23日:『THE世界遺産』休止により18:00 - 18:30に変更。
  • 5月4日:『中日クラウンズゴルフ最終日中継』にともない、18:00 - 18:30に変更
  • 12月28日:特別番組『報道の日2014』放送のため休止し、同番組終盤の17:40 - 18:00に代替の『JNNニュース』を放送。キャスターは本番組レギュラーの伊藤・林・増田が担当。
2015年
  • 2月1日ISILによる日本人拘束事件に関する報道に伴い、“緊急特番”として17:30 - 18:30に拡大(THE世界遺産は休止)。また伊藤は出演せず[注釈 45]、代わりに平日版『ニューズアイ』のキャスター・竹内明が出演した。
2016年
  • 1月3日:年始特番編成に伴い17:00 - 17:30に変更。またキャスターは長峰と伊藤が年始休暇のため、秋沢淳子駒田健吾が代替出演(上村と気象予報士の増田は通常通り出演した)。
  • 3月27日8月28日12月11日・12月25日:『THE世界遺産』休止に伴い18:00 - 18:30に変更。
  • 4月17日:熊本地震関連報道のため、17:30 - 18:30に拡大(THE世界遺産は休止)。また上村は出演せず[注釈 46]、代わりに平日版『ニューズアイ』のキャスター・佐古忠彦がスタジオから、竹内明が熊本県から中継でそれぞれ出演した。
2017年
  • 3月19日4月30日7月16日:『THE世界遺産』休止に伴い18:00 - 18:30に変更。
  • 8月13日:『世界陸上2017ロンドン・男子50km競歩』中継のため休止。中継内で17時台後半に代替の『JNNニュース』を途中挿入。キャスターは本番組レギュラーの長峰が担当。

演出[編集]

ロゴ[編集]

  • 初代:2010年3月29日 - 2012年3月25日
    • カラーリング:Nスタ
    • Eallin Japanがデザインを担当[31]。円形の中にバレーボールのような模様。縁は黒色、上は黄色、下は緑色のグラデーション(三日月のような形)。中央に「Nスタ」の文字。
  • 2代目:2012年3月26日 - 2013年3月31日
    • カラーリング:N Nスタ
    • 円形の中に形4本のライン。縁は黒色、一番上は薄い黄緑色、中央は黄緑色、下から2本目は黄色、一番下が緑色。中央に「N」の文字(フォントは初代と同様)。
    • 初代とは異なり、円形ロゴには「N」のみが入り、オープニング等では別のフォントで「Nスタ」と書かれていた。[注釈 47]
  • 3代目:2013年4月1日 - 2014年10月5日
    • カラーリング:第0部のみNスタ 第1・2部・日曜版の場合NスタNスタ
    • 初代とまったく同じ形かつ同じフォントだが、色は異なり赤色・黄色を基調としている。
    • 2013年9月30日から上記の赤色・黄色を基調としたものに加え、緑色が登場(第0部のみ)。
  • 4代目:2014年10月6日 - 2017年4月2日
    • カラーリング:第0・1部のみNスタ(上)ニュースワイド(下) 第2部・日曜版の場合Nスタ(上)ニューズアイ(下)
    • 初代および3代目の形を踏襲している。
    • 円形の中に上は「N」の文字、下は「スタ」の文字(「スタ」のフォントは初代と同様)。さらに下の部分に「ニュースワイド」「ニューズアイ」。
    • ニュースワイド」は黄緑色、「ニューズアイ」・日曜版がオレンジ。
    • 初代と同じフォントについて、2代目は「N」が残ったのに対し、4代目は「スタ」が残されている。
  • 5代目:2017年4月3日 - 現在
    • カラーリング:Nスタ
    • これまでのロゴを踏襲せず、完全刷新された。「N」が斜体となっており「スタ」の文字もスタイリッシュなテイストとなっている。

スタジオセット[編集]

いずれも『JNNニュース』と共用している。

  • 初代:2010年3月29日 - 2012年3月23日
    • 茶色や緑などの色を取り入れた。
    • メインキャスター席の背景に木目調の「Nスタ」のロゴが書かれている。なお、平日昼の『JNNニュース』や『Nスタ』を主体としない報道特別番組が放送される場合は磨りガラス状のプレートで隠されていた。
    • コメンテーター席の背景に北海道、本州・四国・九州に分割された日本地図がデザインされており、北海道の東側に「報道」の文字が書かれている。
    • 報道局に面する位置の上には大きな茶色の「JNN」のロゴが書かれている。
  • 2代目:2012年3月26日 - 2013年3月29日
    • 緑や黄緑を基調としている。
  • 3代目:2013年4月1日 - 2017年3月31日
    • 主に茶色を基調としている。
    • ローカル枠とJNN枠でセットの位置が異なっている。
    • 2014年10月6日より大幅にマイナーチェンジ。
      • スタジオの右半分を「ニュースワイド」、左半分は「ニューズアイ」で使用する。
      • 「ニュースワイド」用セットでは緑を、「ニューズアイ」用ではオレンジを基調とした明るい印象を加えた。
  • 4代目:2017年4月3日 - 現在
    • 主に白を基調としている。
    • 階段などが加え、同時に報道局の様子が見えなくなり、床の模様は『NEWS23』と同じものになる。

テーマ音楽[編集]

※()内の数字はJASRAC作品コードを表す。

期間 平日第0・1部 平日第2部・日曜版 備考
2010年3月29日 - 2012年3月25日 福岡ユタカ
「Yo-Yo-Calling」 (169-2598-0)
  • 12月の平日版は「Yo-Yo-Calling クリスマス・バージョン」がオープニングで流れた。
  • なおJNN枠では、福岡によるタイトルコールから始まり、スタジオオープニングで流れる。
  • 日曜版も当初使用されていたが、2011年4月3日からタイトルコールになった。
  • 日曜版のエンディングではOP版のアレンジしたものが流れた(日曜版は2011年9月25日まで「N天」BGM(作曲:福岡ユタカ))。
  • 2011年3月11日 - 4月1日まで、東日本大震災による特別編成により、自粛もしくは差し替えられていた。
2012年3月26日 - 2013年3月31日 羽岡佳
「SPLASH!!」 (184-3979-9)
  • 2012年3月26日より『JNNニュース』で使用されているもののアレンジ違い。[32]
2013年4月1日 - 2014年3月30日 SMAP
Yes we are」 (194-2260-1)
  • シンガーソングライターのさかいゆうが作詞・作曲した、オリジナルの書き下ろし新曲になっている。
  • JNN枠・日曜版・年末年始版では森俊之が編曲したインストゥルメンタルのアレンジ曲が使用された。
2014年3月31日 - 2014年10月5日 兼松衆
「Nスタテーマ」 (201-7053-0)
2014年10月6日 - 2017年4月2日 中村巴奈重
「Nスタニュースワイド★オープニングテーマ2014」 (206-1906-5)
田淵夏海
「NEWS EYE OPENING 2014」 (206-1992-8)
「NEWS EYE ENDING 2014」 (206-2011-0)
2017年4月3日 - 現在

なお2010年、2011年の年末年始版のみ提供クレジットとエンディング時に『JNNニュース』のテーマ曲(作曲:石坂慶彦、曲は平日昼のオープニングをフェードアウトさせたもの)が流れていた。2012年の年末年始版以降は「SPLASH!! JNNニュース バージョン」が流された。

スタッフ[編集]

2017年3月1日現在
  • ナレーション(『ニュースワイド』・『ニューズアイ』共通):トビー上原あおい洋一郎(ナレーター)、よしいよしこ(ナレーター、2013年4月~)、古田優児(フリーアナウンサー、2014年4月~)
  • ディレクター:加賀千草ほか
  • プロデューサー・編集長:松田崇裕(2014年9月頃~)
  • 番組プロデューサー・総合演出:金子久伸(2017年1月頃〜)
  • 制作プロデューサー:谷上栄一(2017年1月頃~)
  • 番組編集長:林三郎
  • 製作著作:TBS
過去
  • ナレーター:小早川正昭(声優・フリーアナウンサー)、深見梨加(声優・ナレーター)、一龍斎貞友(声優・ナレーター・講談師)、古賀慶太(俳優・ナレーター)、浅見裕明
  • 音楽:福岡ユタカ、羽岡佳
  • デスク:辻丸良明
  • プロデューサー:中鉢功、阿隅訓之(現:番組部長)、岡野保(岡野→2013年7月頃~2015年6月頃まで、)、赤阪徳浩(赤阪→2015年7月頃〜2016年7月頃)
  • チーフプロデューサー:武石浩明(以前はプロデューサー、現:社会部長)、小池博(2015年7月頃〜2016年12月頃、現:報道局次長)
  • 制作プロデューサー:西野智彦
  • 番組編集長:立山芽以子

見出し・項目テロップの色[編集]

見出し・項目テロップの両端や丸囲み部分がコーナーやニュースの形態によって色などが変わるのでここで列挙する。なお、テロップのフォントは『イブワイ』と同じく「ロダン-NTLG」(フォントワークス)を使用していたが、2013年4月1日から「ニューロダン」(フォントワークス)に変更された。また、見出し・項目用以外のVTR中のテロップは『JNNニュース』や『TBSニュース』も同番組に準拠している。

2014年10月6日に同番組がリニューアルされたが、『JNNニュース』『TBSニュース』のテロップの更新は行われず、2013年4月1日から2014年10月3日のものを使い続けている。

現在[編集]

過去[編集]

2010年3月29日から2012年3月25日まで
  • 基本・汎用のもの(平日版は以下の各コーナー[注釈 48]以外、日曜・年末年始版はスポーツニュース以外の全ニュース)…テロップ左端と丸囲み部分の上部は黄色に近いオレンジ、右端と丸囲み部分下部は緑色。囲み内に「Nスタ」の文字を配している。
  • 平日版全国ニュース・日曜版スポーツニュース(2011年4月3日以降)…テロップ両端は緑と黄緑のグラデーション。丸囲み上下は緑、囲み内にJNNロゴを表示。日曜版スポーツのテロップ両端の配色は平日版全国ニュース用のものと同一だが、囲み内に「スポーツ」の文字が入る。VTR右上部に表示される見出しテロップは原則として1段表示。
  • Nトク…テロップ両端は明るいオレンジのグラデーション。丸囲みが無く、その部分に「Nトク」のロゴを表示。
  • ほーりコミッ!5・6…テロップ両端の色はなく、囲み内に「ほり5」(または「ほり6」)の文字。ニュース用はテロップ左端上が緑色、スポーツニュース用は青、エンタメ情報用は赤紫に色付けされており、それぞれ白抜きで「NEWS」、「SPORTS」、「エンタメ」の表記が入る。また、コーナー内で訃報を伝える場合はテロップ左端上が「訃報」の表記に差し替えられる。
  • ほーりコミッ!プラス…テロップ左端は黄色に近いオレンジ、右端は赤。囲み内に「ほりプラ+」の文字。
  • 速報…テロップ両端は赤のグラデーション。丸囲み上下は赤、囲み内に「速報」の文字。下記に挙げる「中継」・「特報」とは違い、この時のみ、丸囲みのデザインが大きく表示された。
中継時やJNN取材班によるスクープの放送時は丸囲み部分のみ変更され、上下が赤になり、囲み内に「中継」、あるいは「特報」の文字が入る。
  • 訃報…テロップ両端を黒のグラデーションとし、白黒基調のテロップを使用。丸囲み部分は放送時間によってニュース用、もしくは平日版全国ニュース用のテロップに準拠する。
  • こちら運動部、日曜(2011年3月以前)・年末年始版スポーツ…テロップ両端は青と淡い青のグラデーション。丸囲み上下は青、囲み内に「スポーツ」の文字。VTR右上部に表示される見出しテロップは原則として1段表示だった。
  • エンタメホ〜リこみっ!(2010年5月17日以降)…テロップ両端は明るい黄色。丸囲みが無く、その部分に「エンタメ」の文字が入っていた。
    • ホ〜リこみっ!…テロップの両端は明るい赤と明るい青。不定期放送時の「エンタメホ〜リこみっ!」はこちらのテロップを使用していた。
  • Nスタ NEWS LINE…VTR右上部に表示される見出しテロップは原則として1段表示。ニュース用テロップと同じ配色だが、丸囲み内に「NEWS LINE」とコーナー名の表記が入っていた。また、VTR放送中は画面下部に項目表示が行われていた。
  • NEWS&SPORTS…このコーナーのみテロップの両端が曲線ではなく直線状になっている。ニュース用はテロップ左端上が緑色に、スポーツニュース用は青くなっており、それぞれ白抜きで「NEWS」、「SPORTS」の表記が入る。 VTR右上部に表示される見出しテロップは原則として1段表示。
  • ほーりコミッ!…テロップ両端はニュース用テロップと同じ配色だが、丸囲みが無く、テロップの右下に「ほーりコミッ!」のロゴが入る
  • サッカーW杯・南アフリカ大会関係のニュース…テロップ両端は虹色。丸囲みが無く、その部分に大会公式ロゴマークを表示。
  • 東日本大震災報道時の「絆」特集…テロップ両端は「Nトク」用のものと同じ配色だが、JNNとJRNが共同で実施している復興支援キャンペーン「絆 - きずな - プロジェクト」のロゴがテロップ内に表示される。丸囲みにあたる部分は他のテロップよりも縮小されているが、ニュース用テロップと同じ意匠のもの。
2012年3月26日から2013年3月31日まで堀尾・久保田時代
  • 基本・汎用のもの、日曜版…丸囲み全体が。丸囲みの中の文字は、日曜版も含め初代ロゴで使用された「N」のマークを、平日版全国ニュースでは「JNN」ロゴをそれぞれ白抜きで表示する。テロップ左端(VTR内は右端)・上部の色も緑色である。
  • 速報…丸囲み全体が。テロップ左端(VTR内は右端)・上部は赤色。丸囲みの中の文字は白抜きで「速報」が入る。
中継時やJNN取材班によるスクープの放送時も上記「速報」時のデザインが適用され、囲み内の文字が「中継」や、「特報」、「独自」に置き換えられて入る。
  • 訃報…テロップ左端(VTR内は右端)・上部を黒色・灰色のグラデーションとし、白黒基調のテロップを使用。丸囲み部分は放送時間に合わせた基本のものが使用される。
  • Nトク…テロップ右端・上部は明るいオレンジのグラデーション。丸囲みが無く、その部分に、「Nトク」のロゴを表示。
  • ほーりコミッ!5・6→ほーりコミッ!…テロップ右端・上部の色は、ニュース用は緑、スポーツニュース用は青、エンタメ情報用は赤紫に色付けされている。丸囲みの上にほーりコミッ!の文字が、丸囲みの中の文字は、5と6の文字が入っていたが、2012年6月18日から基本・汎用のものと同じNのマークに変更になった。
  • ニュースまるわかり…ほーりコミッ!と同じテロップが使われているが、丸囲みの左側にニュースまるわかりの文字が書かれている。
2013年4月1日から2014年10月3日堀尾・加藤時代
  • 基本・汎用のもの、日曜版…テロップ左下側(VTR内は右上側)に赤色と黄色の基準であり、白色バックの右上の文字は、日曜版も含め初代ロゴで使用された「Nスタ」ロゴを、平日版全国ニュースでは「JNN」ロゴをそれぞれ表示する。テロップ下部(VTR内は上部)の色は白色と灰色である。
  • 速報…テロップは基本・汎用のものが使用され、赤色バックで、テロップ左端に「速報」の文字が縦長に入る。
中継時やJNN取材班によるスクープの放送時は、テロップ左端に「中継」や、「特報」、「独自」の文字が縦長に置き換えられて入る。「独自」の放送時は、黄色バックで表示される。
  • 訃報…テロップ左下側(VTR内は右上側)に黒色・灰色とし、白黒基調のテロップを使用。白色バックの右上には、放送時間に合わせた基本のものが使用される。
  • サッカーW杯・ブラジル大会関係のニュース……テロップ左下側(VTR内は右上側)に緑色・青色・黄色とし、黄色バックの右上には、放送時間に合わせた基本のものが使用される。
  • アジア大会・仁川関係のニュース……テロップ左下側(VTR内は右上側)にオリンピックの色とし、テロップ左端は、大会公式ロゴマークを表示。放送時間に合わせた基本のものが使用される。
2014年10月6日から2017年4月2日まで
  • 画面左上にNスタのロゴが表示されている。
『共通』
  • 速報…テロップは基本・汎用のものが使用され、赤色バックで、テロップ左端に「速報」の文字が縦長に入る。
  • 訃報…テロップ右下側(VTR内は右上側)に黒色・灰色とし、白黒基調のテロップを使用。白色バックの右上には、放送時間に合わせた基本のものが使用される。
『ニュースワイド』
  • 基本・汎用のもの…
『ニューズアイ』
  • 基本・汎用のもの、日曜版[注釈 49]

不祥事[編集]

  • 2010年4月2日放送の関東ローカルでのエンディングで、マツダスタジアムで行われていたプロ野球セントラル・リーグ 広島東洋カープ - 読売ジャイアンツ(巨人)戦において、試合開始前にノックをしていた巨人コーチの木村拓也がグラウンド内で突然倒れ、救急車で病院に搬送された際に、ニュース内容では意識不明と報じていたが、見出し字幕で「急死」と表示した。その後、同日の『JNNフラッシュニュース』や『NEWS23X』、TBSの公式HPにて訂正・謝罪した[33]。本番組においても4月5日放送の冒頭で堀尾・長峰が訂正・謝罪を行った。TBS広報部では「急に飛び込んだニュースで混乱していた。」と経緯を説明している[34][35]。なお、木村はその5日後である4月7日に死去した。
  • 2010年12月1日の放送で、関東ローカルでのエンディング間際にて、市川海老蔵暴行事件について「警視庁が、暴行したとされる26歳の男(当時の段階では実名・顔写真ともに非公表)の身柄を確保した」と誤って報じた。その後、同日夜の『JNNフラッシュニュース』にて訂正・謝罪し、翌日にあたる12月2日放送の本番組でも事件の続報を取り上げた上で、その最後に「実際には逮捕されていなかった」と改めて訂正・謝罪を行った。
  • 2016年4月21日の放送で、平成28年熊本地震の震源地に近い熊本県上益城郡益城町の避難所(益城町役場)の前から生中継したが、画面に映っていたTBSの記者とインタビューを受けていたピースボートの女性の背後から現れた被災者と思われる男性から「見せ物ではない」「車(中継車)邪魔。どかせよ!」などと大声で怒鳴られ、生中継を急遽打ち切った。東京のスタジオから現場の様子を見ていた堀尾は慌てた様子で「中継を引き取ります。ご迷惑になっているようで、すみません」と謝罪したが、この騒動についてツイッター上では「報道各社は被災地に迷惑かけすぎ」「被災者からしたら、報道を建前にしたネタあさりと思われても仕方ない」といった非難の声が上がった。TBS広報部は「避難所について役場の担当者に許可を取り、ボランティアの受け入れについて放送を行っていました。今後も被災者の方々のお気持ちに十分配慮しながら取材を続けてまいります」とコメントした[36]
  • 2017年9月12日の放送で、「イスラム国戦闘員の家族に日本人か」のナレーションおよび「『イスラム国』家族に『日本人』?」のテロップとともに、佳子内親王がイギリス留学に際して空港で関係者に挨拶している映像が誤って5秒程度流れた。その後CM明けに井上が謝罪した[37]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は両番組とも堀尾が続投と伝えられた。[10]
  2. ^ 当該時間帯にスポーツキャスターが設置されるのは、『JNNニュースの森』時代の初田啓介以来17年ぶりとなる。
  3. ^ 重大な気象事案発生時以外は、原則JNN全国枠には出演しない。
  4. ^ ただし2月20日は村主のみ出演
  5. ^ 以前はTBSテレビ報道局政治部首相官邸キャップだった
  6. ^ 以前は東京本社科学環境部副部長や科学環境部編集委員、デジタル報道センター編集委員を歴任していた
  7. ^ 2016年3月までは金曜日に出演していた
  8. ^ 2016年4月より再び出演。2013年4月から2016年3月までは『NEWS23』アンカーマンだった
  9. ^ 山内・田中が出演していた時期で、木曜日は両者とも出演していたが、パートナーは田中が担当した。
  10. ^ 以前は明治学院大学教授を歴任していた
  11. ^ 2015年12月、国政選挙に立候補を表明する意向を示しTBSを退職した。現:民進党参議院議員。
  12. ^ 日本水泳連盟前会長、スポーツ庁長官就任後は出演機会が減少していた
  13. ^ 東京都知事選挙出馬に伴い降板した。2014年から2016年にかけては東京都知事
  14. ^ 当時岡村がレギュラー出演していた
  15. ^ 当時元井がレギュラー出演していた
  16. ^ なお『ウィークエンドウェザー』(関東ローカル)は前継番組「超人気クイズ番組統一No.1決定戦!THEクイズ神【再放送】」内で放送
  17. ^ 日比がレギュラー出演
  18. ^ 久保井がレギュラー出演
  19. ^ エンタメ情報を扱った時期もあった。
  20. ^ 番組ではこの採点システムを「SSS(スーパー・スタマ・システム)」と呼んでいた。「スタマ」は「Nスタボール」の通称とされる。
  21. ^ 2010年7月5日より。同年7月2日まではスタジオ内のモニターに表示していた。
  22. ^ コーナー開始当初は特に決まったタイトルが無かったが、2013年4月17日放送分よりこのタイトルで放送されることになった。
  23. ^ コーナー開始当初は金曜日の特集コーナーとしていたが、のちに金曜日以外にも放送され週に2回放送される場合もある。
  24. ^ 放送開始から2016年4月1日まで金曜は18:50まで。
  25. ^ 金曜日は、18:55まで。
  26. ^ 2016年1月4日より枠移動の上、週1回番組から帯番組に移行した。
  27. ^ 2016年8月平日(ただし、8月8日の天皇陛下『お気持ち』表明発表の日は除く)のリオオリンピック期間中や年末など、全国枠の放送開始時間が通常より繰り上がる場合は、第1部放送中の時間枠の別番組確保が難しいため、通常放送の0部は休止になる。一方、●だった時期でも緊急時などは○に変更されることがあった。
  28. ^ MROでは時代劇の再放送を、MBSでは『ちちんぷいぷい』は休止して『くらべるくらべらー』の再放送を、RSKでは『イブニングDonDon』の特別版を放送。
  29. ^ チューリップテレビは、被災した学生が在籍した『富山外国語大学』の地元局。
  30. ^ 第2部には堀尾・久保田・藤森がキャスターとして出演した。
  31. ^ TBSが15:55 - 16:53に『羽鳥慎一の1万人の第九音楽旅(ツアー)』(MBS制作)を放送。[21]
  32. ^ 当初は16:00 - 18:00に放送予定だったが、前継番組である「ソチオリンピック中継」が放送時間を延長したため、変更された
  33. ^ 当初は、時代劇の再放送であったが、オリンピック中継が延長になったため、急遽ネットした。
  34. ^ ただし出演はFIFAワールドカップ関連情報時のみで、一般のニュースは通常通り竹内・加藤・藤森が報じる
  35. ^ 『感動!レジェンド動物園〜世界が認めた熱血飼育員〜』(RKB制作)[25]を放送のため。
  36. ^ 一部系列局は15:00で飛び降り。
  37. ^ TBSニュースバードのEPG上は18:10まで
  38. ^ 但し、11日は「第2部」終了の19時まで、はNスタのカラーに合わせた形でL字画面を表示した。
  39. ^ TBS・HBC・RCCのみ。その他系列局は19:00
  40. ^ RSK、KUTV、tys、OBS、RBCも同時ネットで放送。BS-TBSも16:00から飛び乗り放送。
  41. ^ この冒頭10分が「ニュースワイド」で放送した為。
  42. ^ 番組自体はMBCにも同時ネットされた。
  43. ^ 関東ほか一部地域を除き、18:30飛び乗り(飛び乗り局ではローカルニュースを17:55から遅くとも18:30まで放送していた)。
  44. ^ TBS・HBC・MBS・RCCのみ。他の系列局は18:30飛び乗り(飛び乗り局ではローカルニュースを17:55から遅くとも18:30まで放送していた)。
  45. ^ 『JNNフラッシュニュース』、『S☆1』は通常通り出演。
  46. ^ 同日午前生放送されたTBSラジオの番組には通常通り出演
  47. ^ 女子アナの罰で当番組のロゴを表示する際は、2013年4月以降も2012年度のフォントを一部用いている。
  48. ^ 東日本大震災発生以降、暫くの間は全国ニュースと「絆」特集を除き、汎用テロップが使用されていた。
  49. ^ 平日のローカルニュース番組名に『Nスタ』を冠する系列局(宮城など)でも、これが使われる。

出典[編集]

  1. ^ Nスタ600回!!☆ 吉田明世のLacky Diary TBSブログ
  2. ^ Nスタ
  3. ^ “TBS佐藤&吉田アナ「Nスタ」新キャスターに”. サンケイスポーツ. (2012年3月19日). オリジナル2012年4月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120421210347/http://www.sanspo.com/geino/news/20120319/oth12031905040006-n1.html 2014年12月21日閲覧。 
  4. ^ 10月から『Nスタ』は午後4時スタート! 生活情報も更にパワーアップ! TBSホット情報
  5. ^ TBS宣伝部 2013年9月4日の発言
  6. ^ TBS「Nスタ」相棒再放送と直接対決!午後3時50分スタート Sponichi Annex 2013年9月4日閲覧。
  7. ^ TBS : 夕方ニュースを1時間前倒し プライムタイムへの流れを改善 毎日新聞デジタル 2013年9月4日閲覧。
  8. ^ 信越放送 テレビ週間番組表 2013年9月30日 2013年9月19日閲覧。
  9. ^ “潮田玲子、『Nスタ』キャスター就任「新たな挑戦に喜び」”. ORICON STYLE. (2014年9月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2042562/full/ 2016年7月30日閲覧。 
  10. ^ 「さんまのからくり」後番組は今田耕司が司会のバラエティー SANSPO.COM 2014年9月4日閲覧。
  11. ^ Nスタ 公式2014年10月5日の発言
  12. ^ (TBS)10月期はニュース強化とバラエティー改編で「家族で見られる」局へ(マイナビ2014年9月4日 9月7日閲覧)
  13. ^ a b 堀尾正明キャスター、4月から『ビビット』コメンテーターに - ORICON STYLE2017年1月11日
  14. ^ “ホラン千秋「Nスタ」新キャスター 大学時代はアナ試験全滅”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年1月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/25/kiji/20170125s00041000066000c.html 2017年1月25日閲覧。 
  15. ^ 2017年3月31日までの番組タイトルは『白熱ライブ ビビット』。
  16. ^ 「奇跡の38歳」丸岡いずみキャスター“激戦区”デビューは… - スポーツニッポン 2010年3月30日
  17. ^ 『Nスタ』数字上昇の秘密はホラン千秋のバランス感,NEWSポストセブン,2017年8月27日
  18. ^ 宮根誠司「ミヤネ屋降板」フジ新番組に電撃移籍へ,週刊文春,2017年10月26日号
  19. ^ 2010年3月29日放送での出演者の発言による。
  20. ^ 「3・11報道特別番組 大震災2年 復興と現実〜被災地の『今』あなたは知っていますか〜」番組公式 Web ページ 2013年3月4日閲覧。
  21. ^ MBSサントリー1万人の第九HP
  22. ^ テレビ番組表:SBC信越放送12月23日
  23. ^ MBSテレビ番組表 2014年2月13日閲覧
  24. ^ RCCテレビ番組表2014年2月19日 2014年2月13日閲覧
  25. ^ RKB番組HP
  26. ^ 放映情報|地上波・ラジオ中継BOAT RACE OFFICIAL WEB SIDE2014年12月10日閲覧
  27. ^ 年末年始特別番組・1月新番組 12月23日TBSテレビ2014年12月10日閲覧
  28. ^ 東日本大震災から5年 3月11日(金)の『Nスタ』は拡大版を生放送。被災地の“今”を「360°動画」で記録 TBSホット情報 2016年2月5日閲覧。
  29. ^ Nスタ3.11震災5年 記憶を未来へ伝える力 TBSテレビ 2016年3月2日閲覧
  30. ^ 水上の挑戦者SP TBSテレビ 2016年3月15日閲覧
  31. ^ Nスタ|Eallin Japan Co.,Ltd.
  32. ^ 羽岡佳 最新情報2012年3月26日更新「TBSテレビ『Nスタ』」より。
  33. ^ 『「Nスタ」内での字幕スーパー誤表記に関するお詫び』 - TBS 2010年4月2日
  34. ^ 『TBSがG木村コーチを「急死」と誤って表示』 - サンケイスポーツ 2010年4月2日
  35. ^ 『プロ野球:巨人・木村コーチ倒れる TBSが字幕誤る』 - 毎日新聞 2010年4月3日
  36. ^ 生放送中に「見せ物でない」と怒号、TBSが中継を断念 「報道各社は迷惑かけ過ぎ」とネットで非難の声産経新聞 2016年4月22日
  37. ^ TBS、イスラム国ニュースで「佳子さま映像」流す 「『イスラム国』家族に『日本人』?」のテロップも

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBSおよびJNN系列 平日夕方のJNN NEWS
前番組 番組名 次番組
総力報道!THE NEWS
(2009年3月30日 - 2010年3月26日)
Nスタ
(2010年3月29日 - 2014年10月3日)

Nスタ ニュースワイド
※15:53 - 17:50→※15:50 - 17:50
Nスタ ニューズアイ
※17:50 - 19:00
(2014年10月6日 - 2017年3月31日)

Nスタ
(2017年4月3日 - )
-
TBSおよびJNN系列 日曜夕方JNN NEWS
THE NEWS
(2009年4月5日 - 2010年3月28日)
Nスタ
(2010年4月4日 - )
-
TBS 平日夕方の関東ローカルニュース
イブニングワイド
(2009年9月28日 - 2010年3月26日)
Nスタ
(2010年3月29日 - 2014年10月3日)

Nスタ ニュースワイド
※15:53 - 17:50→※15:50 - 17:50
Nスタ ニューズアイ
※17:50 - 19:00
(2014年10月6日 - 2017年3月31日)

Nスタ
(2017年4月3日 - )
-
TBS 平日15:49 - 15:50枠
ゴゴスマ -GO GO!Smile!-
※13:55 - 15:50
(2015年9月28日 - 2017年7月28日)
【1分短縮して継続】
【当番組のみCBC制作】
Nスタ
(2017年7月31日 - )
-
TBS 平日15:50 - 15:53枠
15時リピート(ドラマ再放送枠)
※14:55 - 15:55
(2012年10月1日 - 2013年9月27日)
【5分短縮して継続】
Nスタ
(2013年9月30日 - 2014年10月3日)
15時リピート(ドラマ再放送枠)
※14:55 - 15:53
(2014年10月6日 - )
【3分延長して継続】
ゴゴスマ -GO GO!Smile!-
※13:55 - 15:51
(2015年9月28日 - 2016年9月30日)
【1分短縮して継続】
【当番組のみCBC制作】
コレ 買いダネ!!
※15:51 - 15:53
(2015年9月28日 - 2016年9月30日)
Nスタ ニュースワイド
(2016年10月3日 - 2017年3月31日)

Nスタ
(2017年4月3日 - )
-
TBS 平日15:53 - 16:53枠
15時リピート(ドラマ再放送枠)
※14:55 - 15:55
(2012年10月1日 - 2013年9月27日)
【5分短縮して継続】
16時リピート(ドラマ再放送枠)
※15:55 - 16:53
(2012年10月1日 - 2013年9月27日)
※2013年9月27日までは『15時リピート』と枠統合のうえ、
『月曜ゴールデン』を再放送する場合あり
Nスタ
(2013年9月30日 - 2014年10月3日)

Nスタ ニュースワイド
(2014年10月6日 - 2017年3月31日)

Nスタ
(2017年4月3日 - )
-
TBS 平日16:53 - 17:50枠
イブニングワイド
※16:53 - 18:40
(2009年9月28日 - 2010年3月26日)
Nスタ
(2010年3月29日 - 2014年10月3日)

Nスタ ニュースワイド
(2014年10月6日 - 2017年3月31日)

Nスタ
(2017年4月3日 - )
-
TBS 平日17:50 - 18:40枠
イブニングワイド
※16:53 - 18:40
(2009年9月28日 - 2010年3月26日)
Nスタ
(2010年3月29日 - 2014年10月3日)

Nスタ ニューズアイ
(2014年10月6日 - 2017年3月31日)

Nスタ
(2017年4月3日 - )
-
TBS 平日18:40 - 19:00枠
総力報道!THE NEWS
※18:40 - 19:50
(2009年3月30日 - 2010年3月26日)
Nスタ
(2010年3月29日 - 2014年10月3日)

Nスタ ニューズアイ
(2014年10月6日 - 2017年3月31日)

Nスタ
(2017年4月3日 - )
-
TBS 日曜17:30 - 17:55枠
前番組 番組名 次番組
THE NEWS
(2009年4月5日 - 2010年3月28日)
Nスタ
(2010年4月4日 - )
-
TBS 日曜17:55 - 18:00枠
あすのそら色
(2008年4月6日 - 2011年3月27日)
【当番組に内包】
Nスタ
(2011年4月3日 - )
-