Nスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nスタ
ジャンル 帯番組 / 報道番組情報番組
演出 金子久伸(総合演出・番組P兼務/編集長)
出演者 以下および出演者を参照
製作
プロデューサー 松田崇裕(編集長兼務)
金子久伸
谷上栄一(制作エグゼクティブP)
制作 TBSテレビJNN
放送
映像形式 リアルタイム字幕放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
Nスタ(第1期第1シリーズ)
出演者 堀尾正明
加藤シルビア
竹内明
ほか
放送期間 2010年3月29日 - 2013年9月27日
放送時間 平日16:53 - 19:00
放送枠 TBSテレビ系列夕方ニュース枠
放送分 127分
回数 600
Nスタ(第1期第2シリーズ)
出演者 同上
放送期間 2013年9月30日 - 2014年10月3日
放送時間 平日 15:50 - 19:00
放送枠 TBSテレビ系列夕方ニュース枠
放送分 190分
Nスタ(第0部・第1部)
ニュースワイド
出演者 堀尾正明
山内あゆ
ほか
オープニング 中村巴奈重「Nスタニュースワイド★オープニングテーマ2014」
放送期間 2014年10月6日 - 2017年3月31日
放送時間 平日 15:53 - 17:50
→平日 15:50 - 17:50
放送枠 TBSテレビ系列夕方ニュース枠
放送分 117→120分
Nスタ(第2部)
ニューズアイ
出演者 竹内明
佐古忠彦
加藤シルビア
ほか
オープニング 田渕夏海「NEWS EYE OPENING 2014」
エンディング 田渕夏海「NEWS EYE ENDING 2014」
放送期間 2014年10月6日 - 2017年3月31日
放送時間 平日 17:50 - 19:00
放送枠 TBSテレビ系列夕方ニュース枠
放送分 70分
Nスタ(第2期)
出演者 井上貴博
ホラン千秋
ほか
放送期間 2017年4月3日 -
放送時間 平日 15:50 - 19:00
→平日 15:49 - 19:00
放送分 190→191分
Nスタ(日曜版)
出演者 赤荻歩
宇賀神メグ
ほか
オープニング 平日版と同じ
エンディング 同上
放送期間 2010年4月4日 -
放送時間 日曜日17:30 - 18:00
放送分 30分

特記事項:
・平日の17:50 - 18:15(25分間)と、日曜日の17:30 - 17:45・17:54 - 17:58.30(計19分30秒間)はJNN排他協定を適用し、当該時間はJNN系列全局で同時ネットする。
・開始から2011年3月6日までは日曜日の17:55 - 18:00に『あすのそら色』を内包。
・平日版の放送回数は2012年7月25日放送分まで[1]
旧タイトル名:Nスタ ニュースワイド・ニューズアイ(2014年-2017年、平日のみ。)
テンプレートを表示
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

Nスタ』(エヌスタ)は、2010年平成22年)3月29日からTBSテレビおよびJNN系列各局にて、平日日曜日夕方に放送されている報道情報番組である。ステレオ放送リアルタイム字幕放送を実施。

概要・歴史[編集]

平日版[編集]

2010年4月 - 2017年3月 堀尾→堀尾・竹内時代[編集]

TBSテレビでは2009年春改編にスタートした『総力報道!THE NEWS』と、半年後に開始した『総力報道!THE NEWS』の前座番組『イブニングワイド』を2010年3月26日で打ち切り、『イブニングワイド』をリニューアルする形で2010年3月29日に本番組をスタートした。TBSテレビ公式サイト内の番組紹介では2番組の統合により誕生した本番組を「ハイブリッドニュース番組」[2]と称している。

開始当初の全国ニュースは17:45 - 18:15(JST。以下、表記時刻は全てJST準拠とする)の30分間。さらに、2009年9月以来半年ぶりに全国ニュースと関東ローカルニュースを統合した。放送終了時間が19:00となり、8年間実施されていた平日19時台のフライングスタートが廃止。開始当初、本番組は17:45を境とした2部制を敷いており、第1部(ローカルセールスパート、16:53 - 17:45)・第2部(17:45 - 19:00、うち全国ニュースパートは17:45 - 18:15)から構成されていた。

総合司会には元NHKアナウンサーの堀尾正明、その他にもTBSアナウンサーの長峰由紀藤森祥平をはじめとする面々に加え、TBSアナウンサー兼報道局記者の佐古忠彦が起用された(佐古は2011年9月30日で一時降板)。

番組全編において、キャスター陣による掛け合いトークを多用しており、場合によってはコメンテーターがそれに参加する。ステレオ放送(『イブワイ』は2009年12月で2か国語放送を中止し、2010年2月からステレオ放送を実施)。

2011年6月6日から9月9日まで節電の一環としてクールビズを導入した。半袖シャツにネクタイを締めて出演することが多かったお天気キャスターの森田正光などを除き、堀尾・佐古ら男性出演者のほとんどはネクタイを着用せずに出演。

2012年3月23日をもって女性メインキャスターの長峰とサブキャスターの赤荻、江藤愛が降板。長峰と赤荻は日曜版メインキャスターに転出。同年3月26日からは久保田智子がメインキャスターに着任。番組自体のリニューアルも行われ、『イブワイ』時代から続いたバラエティ色の強い演出はされなくなった。これまで全国ニュース枠にレギュラーコメンテーターは出演していなかったが、コメンテーターとしてかつて『JNNニュースの森』キャスターを務めた杉尾秀哉が出演する[3]

2013年3月29日、メインキャスターの久保田が降板。翌週4月1日からは『みのもんたの朝ズバッ!』でサブキャスターを務めていた加藤シルビアと『総力報道!』でキャスターを務めていた竹内明が新たに加わり、産休だった山内あゆも番組に復帰。堀尾が全国ニュース枠への出演を取りやめ、番組内容もリニューアル。また、第2部および全国ニュース枠の開始時刻(=第1部の終了時刻)は17:50に変更。

2013年9月30日から、TBSテレビにおける放送開始時刻を15:50に繰り上げ3時間10分番組とし、この当時としては在京キー局では最も開始時刻の早い・最も放送時間の長い夕方ニュース番組となった[4][5][6][7]。これにより、TBSテレビにおける朝、昼、夕方ワイド番組の放送時間がいずれも約3時間となる。また、フィールドキャスターに2013年入社のTBS新人アナウンサーが新たに加入。番組は16:53・17:50を境とした3部制を敷き[8]、第0部(15:50 - 16:53)・第1部(16:53 - 17:50)・第2部(17:50 - 19:00、うち全国ニュースパートは17:50 - 18:15)から構成される。第0部はバラエティ色の強い演出や構成手法が取り入れられている。

2014年10月6日より、番組が下降傾向だったことを受け、本番組を第0・1部と第2部に大別し、第0・1部の『Nスタ ニュースワイド』(15:53 - 16:53・16:53 - 17:50)・第2部の『Nスタ ニューズアイ』(17:50 - 19:00)の2番組(コンプレックス)になり[9]、両方の天気コーナーを担当する森田を除く出演者もそれぞれに分割[注釈 1][11]。『Nスタ ニュースワイド』は、バラエティ色のあるニュース解説と、生活情報・芸能情報を軸とした情報番組、『Nスタ ニューズアイ』はJNN協定に基づく全国ネットワークニュースを軸とした「本格派報道番組」となっていた[12]。『 - ニュースワイド』は堀尾と山内あゆ(TBSアナウンサー)が総合司会を務め、『 - ニューズアイ』は竹内と3年ぶりの本枠復帰となる佐古が総合司会、加藤がサブキャスターを務めた。開始時間は3分遅い15:53開始(2016年10月3日からは開始時刻を15:50に復している)、視聴率は上昇しTBSテレビのゴールデンタイムが浮上する大きなジャンプ台にもなった。硬派な企画が意外にも視聴者に共感を呼んだ。これを受け本編終了は18:57.05から19:00に繰り下げられ、19時台の番組への接続が5年半ぶりにステブレレス(CMなしで次の番組が開始)となった。なお、『ニュースワイド』に関しては全編ローカルセールス枠だったため、放送しない系列局もあった。

2017年3月31日をもって、『Nスタ ニュースワイド』『Nスタ ニューズアイ』は2番組とも放送を終了。これと同時に、『イブニングワイド』時代からTBSの夕方枠報道・情報番組の総合司会を務めてきた堀尾が当枠を降板した。なお、堀尾は同年4月3日から『ビビット[13]のコメンテーターに就任[14]した。なお、2番組の番組終了時の出演者のうち、山内・山本恵里伽小林由未子・森田は同年4月3日からの『Nスタ』に続投となった。

2017年4月 - 井上時代[編集]

2017年4月3日から新たな『Nスタ』がスタートした。メインキャスターには、かつて『朝ズバッ!』で総合司会を務め、同年3月まで堀尾の異動先である『ビビット』に出演していた井上貴博が就任し[14]ホラン千秋(タレント)もサブキャスターとして新たに就任[15]。番組ロゴや内容も刷新され、関東地区のみ天気ループの表示が5年ぶりに復活した。若い視聴者にも向けた番組づくりに路線を変えつつある。

2017年7月31日から第0・1部の放送時間が変更となり、第0部が15:49 - 16:50(従前より1分繰り上げ・2分短縮)、第1部が16:50 - 17:50(従前より3分前拡大)となった。

2019年には、山本が『news23[注釈 2]サブキャスターへの異動に伴って、同年5月31日放送分で降板。6月3日からは、良原安美(TBSアナウンサー)が山本の後任を務めている[16]。さらに、2017年4月5日からホランと共に月 - 木曜のサブキャスターを務めていた国山ハセン(TBSアナウンサー)が、『グッとラック!』メインMCへの異動[17]に伴って、2019年9月26日放送分で降板。同年9月30日以降の月 - 木曜日では、ホランが単独でサブキャスターを続ける一方で、小林廣輝(TBSアナウンサー)がニュースプレゼンターに加わっている。

2020年9月21日の放送分からBGM・テロップ類等をリニューアルした。使用書体は放送開始当初から用いられていたニューロダンを廃し[注釈 3]、2020年度からのTBSのコーポレートフォントであるAXISフォントに改め、同時期にリニューアルした『news23』と共にブランド統一を更に推し進めている。また、お天気キャスターの森田が月 - 水曜日の出演となり、木・金曜日のお天気キャスターに國本未華が加入している。

日曜版[編集]

平日版放送開始に合わせて『THE NEWS(日曜夕方)』を改題・リニューアルしたものであり、これまで放送されてきた『JNNイブニング・ニュース』や『THE NEWS』などと同様に、ストレートニュース番組として放送している。基本的なコーナー・フォーマットは前番組の『THE NEWS』とほとんど変わっていないが、これまでモノラル放送であった音声モードをステレオ放送に切り替えた。

さらに、これまで別番組だった関東ローカル番組の『あすのそら色』を本番組の1コーナーとして吸収し、TBSでの放送時間が30分間に拡大した。2011年3月6日までは17:50 - 18:00の10分間に関東地方の天気予報が2度続けて放送される状況に変わりはなかった。

2011年4月3日、オープニングが簡素化されてヘッドラインがなくなり、『あすのそら色』も本編の天気予報コーナーに吸収される形で終了(5月1日からは「Sunトピ」のコーナー名で放送)するリニューアルを行った。

2011年10月2日以降はスポーツニュースとローカル枠が入れ替わり、TBS以外では17:45に一旦飛び降りてローカルニュースを放送した後、17:54に再び本番組をネットするという3部構成(ローカルニュースを本番組に内包、または毎日放送の『毎日新聞テレビ夕刊』や熊本放送の『熊日ニュース』のようにサンドイッチ化)へと変更。また、2012年9月30日までは一部地域を除き、次番組『THE世界遺産』へは、スポーツニュースの後に60秒の予告、番組終了後にも5秒の予告を挟んで、そのまま番組本編に入り、事実上のステブレレス編成となった。

2014年4月6日からは、スポーツキャスター[注釈 4]が加わり4人体制となった。

2020年4月5日から、ロゴ・テロップ類・テーマ曲が日曜版バージョンとして新調される。「多様なニュースを扱いたい」という意味を込め、藍色を基調とし虹色のラインが入ったテロップとなった。半年後の前述の平日版のリニューアルに先駆けて『TBS NEWS』とのブランド統一を図っている。[注釈 5][18]新型コロナウイルス対策のため、ニュースパートは報道フロアから、スポーツパートは従来のNスタジオから伝える形に一時的に変更される。

土曜日夕方の全国ニュースは『報道特集NEXT』からリニューアルした『報道特集』が割り当てられている。ただし、世界陸上などのスポーツ中継で『報道特集』が休止される場合は代替として『Nスタ』名義で放送される事例がある。

年末年始版[編集]

15 - 30分の短縮版として放送される。年末年始の夕方ニュースは1999年始までは『JNNニュース』として放送したが、同年末の『JNNニュースの森』以降は通常の夕方ニュースの短縮版として放送しており、これを踏襲している。

20 - 30分の場合は男女のアナウンサー2人と気象予報士、15分の場合はアナウンサー1人と気象予報士が担当。平日の場合、通常の平日版の出演者は休みとなり、TBSアナウンサーのシフト勤務となる。週末の場合、土曜日は『報道特集』の出演者、日曜日は通常の本番組日曜版の出演者がそれぞれ担当する。

2010年度は日曜版のフォーマット、2011年度以降は独自のフォーマットで放送される(ただし、2012年1月1日、2016年1月3日、2017年12月31日は通常の日曜版として放送)。このため、ローカル枠のタイムテーブルが若干異なっている。また、一部の地方局では関東ローカル枠も、天気のみもしくはニュース・天気とも差し替えずに放送している(そのことに配慮し、天気コーナーでは全国の予報を伝えている)。また、通常『報道特集』を放送している土曜日にも代替放送を行う。エンディングで『JNNニュース』のテーマが2016年度まで約8秒流れていたが、2017年度以降は本番組の平日版・日曜版と同一のエンディングテーマ音楽が流れている。

2017年度のリニューアル以後は、3が日の1日が曜日に関係なく平日版の年内最初の放送となっている。

2011年より毎年12月30日(2014年以前は毎年12月最終日曜日)に『報道の日』を放送するため、当該日の本番組は休止となる。『報道の日』本編終了後に、同番組内包扱いで代替の『JNNニュース』を放送する。

視聴率[編集]

2017年4月3日の井上時代初回の視聴率は第1部が6.7%、第2部が7.1%(いずれも平日版・ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を記録した[19]

2017年上期以降、視聴率上昇傾向にあり、日本テレビnews every.』、テレビ朝日スーパーJチャンネル』と互角な視聴率争いを展開しているほか、フジテレビみんなのニュース』→『プライムニュース イブニング』→『Live News it!(→ Live News イット!)』を上回っている[20][21]

2018年2月の第2部月間平均視聴率は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)となり、目標としていた8%を超えた[22]。2019年6月26日放送分で『news every.』を上回り視聴率1位を記録[23]

現在の出演者[編集]

職業(肩書き)が記されていない者は全員TBSアナウンサー。曜日が記されている者は原則として記載された曜日のみの出演・担当。
☆は『イブワイ』より、★は『総力報道』より続投。特記のない者は番組開始当初より出演・担当。◎は現在、『ひるおび!』のコメンテーターとして出演。

平日版[編集]

総合司会(メインキャスター)
2017年4月3日より出演。休暇や体調不良などで休演もしくはスタジオに不在の場合は国山→小林廣輝or熊崎が代役を務める。(メインキャスターとニュースプレゼンターorキャスターを兼務する)
2017年4月3日より出演。
ニュースプレゼンター
番組開始よりサブキャスターを担当。産休のため2011年3月31日に降板した後、2013年4月から2014年9月まではコーナーキャスター(2013年9月27日までは月 - 水曜、2013年9月30日から2014年10月3日までは火・水・金曜)に出演し、2014年10月から2017年3月まで『ニュースワイド』のメインキャスターとして出演していた。また、2014年4月から半年間は金曜のみ『いっぷく!』を兼務。
2014年3月28日までは木・金曜を担当。2014年10月から2016年9月頃まで水曜日は出演しなかった。
2019年6月3日より出演。 
2019年9月30日より出演。2020年9月17日まではキャスター。日曜日のアッコにおまかせ!の進行役(アシスタント)を兼務。
キャスター
2013年10月2日より出演。2014年3月28日までは水曜を担当。翌週から2015年3月26日までは木曜日を担当。また、2019年4月1日から2020年9月22日まではあさチャン!の月・火曜日スポーツキャスターを兼務していた。
お天気キャスター
2020年9月24日より出演。
コメンテーター
  • 2011年9月までは、いずれも不定期で毎日2 - 3名が出演。開始当初は天気予報・第2部の全国ニュースおよび「こちら運動部」を除いたエンディングまでの出演だったが、2010年6月7日からは17:39頃(第1部のニュース終了)までの出演となり、2012年3月26日からは第1部と全国のニュースに出演するようになった。金曜は従前どおり第1部のニュースコーナーまでの出演となる。
  • 2011年10月から月 - 木曜日(祝日を除く)のコメンテーターは杉尾のみの出演になり、金曜日のみ不定期で2名の出演(2012年4月からは金曜日1名に)
  • 2012年10月から月 - 木曜日(祝日を除く)のコメンテーターは杉尾に加え不定期コメンテーター1人出演。(杉尾は全国ニュースパートまで出演するが、不定期コメンテーターは第1部のみの出演となる。)金曜日については主に松原耕二と不定期コメンテーター1人出演。
  • 2013年3月で杉尾・松原が降板。毎日不定期コメンテーター1人の出演となり、第2部の全国のニュース枠を除いて出演。なお一部のコメンテーターは出演曜日が固定されていた。
  • 2013年9月30日からは毎日不定期コメンテーター2名の出演となり、原則第0部と第1部の出演となる。
  • 2014年2月、ソチ冬季オリンピック開催中は村主章枝ソルトレーク五輪トリノ五輪フィギュアスケート女子日本代表)と不定期コメンテーター1名での出演[注釈 7]となる。
  • 2014年4月以降は、一部を除き曜日別でコメンテーターが固定された。
  • 2017年4月以降は、不定期コメンテーター1名が、2020年9月18日までは原則第1部の「トクする!3コマニュース」終了時(17:39頃)まで出演していたが、2020年9月21日のリニューアル以降は「トクする!3コマニュース」→「気になる!3コマニュース」のコーナー開始時間が早まった関係で「気になる!3コマニュース」終了時(17:18頃)までの出演となっているが、2020年11月以降は一部のコメンテーターは第2部(JNN協定枠を除く)の「ここが知りたい」終了時(18:40頃)まで出演することがある。
  • 2020年2月以降、新型コロナウイルス感染症に関連する話題を取り扱う際は、岡田晴恵白鷗大学教育学部教授)、松本哲哉(国際医療福祉大学医学部教授)、倉持仁(インターパーク倉持呼吸器内科クリニック院長)などの感染症学の専門家や感染症内科医が時間に関係なく出演することがある[注釈 8]
主なコメンテーター(2020年12月現在)
  • 月曜日
    • 田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー、元シンクロナイズドスイミング選手)
  • 火曜日
2020年11月3日は欠席し、鈴木福(俳優)がゲスト扱いでエンディングまで出演(第2部のJNN協定枠、各部の天気コーナーは除く)

日曜版[編集]

メインキャスター
番組開始から2012年3月23日まで平日版のサブキャスター、その後同年3月25日から2年間日曜版のメインキャスター、さらに2013年9月30日から2017年3月31日まで平日版のサブキャスター→コーナーキャスターを担当。平日朝の『ビビット』担当により本番組を離れるも、2019年6月2日より再び日曜版のメインキャスターに復帰。
2019年6月2日より出演。
スポーツキャスター
2020年10月4日より出演。土曜日の『報道特集』のスポーツキャスターを兼務。
天気キャスター
2018年10月7日より出演。

過去の出演者[編集]

平日版[編集]

総合司会・ニュース・サブキャスター[編集]

期間 総合司会(男性メイン) 女性メイン ニュース1
1→0・1部 2部 1→0・1部 2部 1→0・1部 2部
2010.03.29 2011.09.30 堀尾正明2 長峰由紀2 (不在) 佐古忠彦
2011.10.03 2012.03.23 藤森祥平
2012.03.26 2013.03.29 久保田智子 藤森祥平
2013.04.01 2013.09.27 堀尾正明3 竹内明4 加藤シルビア5
2013.09.30 2014.03.28 藤森祥平
古谷有美5
2014.03.31 2014.10.03 藤森祥平
小林悠5・6
2014.10.06 2017.03.31 竹内明
佐古忠彦
山内あゆ 加藤シルビア (不在)
期間 総合司会(メイン) 男性サブ
月 - 木曜日 金曜日
2017.04.03 2019.09.27 井上貴博 ホラン千秋 国山ハセン 熊崎風斗
2019.09.30 2020.09.18 小林廣輝
  • 1 取材キャスターも担当(古谷を除く)。
  • 2 『イブワイ』から続投。
  • 3 「ニューズアイ」開始前まで第2部ローカルパートも担当。
  • 4 JNN枠にのみ出演し、第1部の一部コーナーも担当。
  • 5 サブキャスターも担当(シルビアは「ニューズアイ」開始前まで)。
  • 6 隔週水曜日の『JNNフラッシュニュース』を兼務。
  • 堀尾、ホラン以外は出演当時TBS所属。
  • 2010年10月1日まで第1部で表示される名前テロップの上に堀尾は「総合司会」、長峰は「TBSアナウンサー」と表記された。これは『イブワイ』時代から引き継がれたものである。
  • 2017年4月3日以降、井上以外は「キャスター」扱いであるが、本項目では便宜上で「女性サブ」「男性サブ」と記す。
  • 古谷と小林悠は原則JNN枠には出演せず、藤森や加藤の代理として不定期で出演。また、小林悠は取材キャスターとしてでもJNN枠や「ニューズアイ」に不定期で出演した。

サブ・コーナーキャスター、ニュースプレゼンター[編集]

期間 サブ
月 - 金曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
2010.03.29 2011.04.01 藤森祥平 赤荻歩1 山内あゆ 山内あゆ
田中みな実
田中みな実
2011.04.04 2011.09.30 江藤愛2 久保田智子3
2011.10.03 2012.03.23 久保田智子 古谷有美 江藤愛
2012.03.26 2012.09.28 佐藤渚3 古谷有美 吉田明世
2012.10.01 2013.03.29 林みなほ 吉田明世
期間 サブ コーナー
月 - 金曜 月 - 金曜 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
2013.04.01 2013.09.27 古谷有美 (不在) 山内あゆ 小倉弘子
2013.09.30 2014.03.28 (加藤と古
谷→小林
悠が兼務)
赤荻歩 小倉弘子
国山ハセン
山内あゆ
国山ハセン
山内あゆ
熊崎風斗
小倉弘子
小林由未子
山内あゆ
小林由未子
2014.03.31 2014.10.03 赤荻歩
小林由未子
小倉弘子 山内あゆ 小倉弘子
熊崎風斗
山内あゆ
期間 コーナー
第0・1部 第2部
月 - 金曜 月曜・火曜 水曜 木曜 金曜 月曜 - 水曜 木曜・金曜
2014.10.06 2015.03.27 藤森祥平4
赤荻歩
小林悠4
小林由未子
皆川玲奈
小倉弘子
品田亮太
小倉弘子
小林由未子
熊崎風斗
宇垣美里
小倉弘子
小林由未子
宇垣美里
潮田玲子 小林由未子
2015.03.30 2015.08.14 赤荻歩4
小林悠4・5
皆川玲奈4
小倉弘子
小林由未子
(不在) 小川知子
小林由未子
2015.08.17 2015.09.25 小林由未子
または
皆川玲奈
2015.09.28 2016.03.25 小倉弘子
小林由未子
宇内梨沙
宇内梨沙 小川知子
小林由未子
小川知子
小林由未子
上村彩子
2016.03.28 2016.07.29 赤荻歩4
古谷有美4
小倉弘子
小林由未子4
上村彩子
小倉弘子
佐藤渚
上村彩子
小川知子
小林由未子
潮田玲子 小林由未子
2016.08.01 2016.09.30 赤荻歩4
古谷有美
小林由未子
小倉弘子
上村彩子
潮田玲子
小川知子
佐藤渚
古谷有美
小林由未子
2016.10.03 2017.03.31 小倉弘子
日比麻音子
小倉弘子
伊東楓
小川知子
山本恵里伽
期間 ニュースプレゼンター
2017.04.03 2019.05.31 山内あゆ、小林由未子、山本恵里伽6
2019.06.03 2020.09.18 山内あゆ、小林由未子、良原安美
2020.09.21 現在 小林廣輝7、山内あゆ、小林由未子、良原安美
  • 開始時点でのキャスターは、全員『イブワイ』から続投。
  • 1 2010年7月から9月まで水曜日の『JNNフラッシュニュース』を兼務。
  • 2 2011年9月まで、隔週で木曜日も担当。
  • 3 『報道特集』を兼務(久保田は2011年8月まで、佐藤は2012年10月から)。
  • 4 不定期でニューズアイに出演。
  • 5 健康上の理由により2016年2月19日をもって降板し、その後退社した。
  • 6 2019年6月より「NEWS23」に担当替えのため。
  • 7 金曜日は出演しない。
  • 潮田以外は出演当時TBSアナウンサーで、取材を担当することがある。

お天気コーナー[編集]

期間 キャスター パートナー
月 - 水 木・金 第0部 第1部 第2部
2010.03.29 2010.09.24 森田正光 (放送なし) 山内あゆ○
田中みな実○
せいしゅうくん
みれなちゃん
2010.09.27 2011.04.01 ゆのちゃん
れおくん
2011.04.04 2011.09.30 江藤愛○
久保田智子○
2011.10.03 2012.03.23 久保田智子○ 江藤愛○
古谷有美○
2012.03.26 2012.09.28 古谷有美○
吉田明世○
久保田智子●
2012.10.01 2013.03.29 古谷有美○
林みなほ○
吉田明世○
2013.04.01 2013.09.27 加藤シルビア●または古谷有美○
2013.09.30 2014.03.28 堀尾正明● 山内あゆ○
小倉弘子○
古谷有美●
2014.03.31 2014.10.03 小林悠●
または
小林由未子○
2014.10.06 2015.03.27 皆川玲奈○
宇垣美里○
潮田玲子
小林由未子○
2015.03.30 2015.08.14 皆川玲奈○
または
小林悠○
2015.08.17 2015.09.25 小林由未子○
皆川玲奈○
2015.09.28 2016.03.25 宇内梨沙○
上村彩子○
2016.03.28 2016.07.29 上村彩子○
または
古谷有美○
潮田玲子
小林由未子○
2016.08.01 2016.08.19 竹内明●
2016.08.22 2016.09.30 潮田玲子
佐藤渚○
上村彩子○
または
小林由未子○
2016.10.03 2017.03.31 小林由未子○
または
古谷有美○
日比麻音子○
伊東楓○
山本恵里伽○
2017.04.03 2018.07.13 小林由未子○ 山本恵里伽○ ホラン千秋●
2018.07.16 2020.09.18 井上貴博●
2020.09.21 現在 森田正光 國本未華
  • 森田と國本は気象予報士で、森田は『イブワイ』から続投。
  • 2010年度のみ第2部は子役タレントが「お天気キッズ」として出演。
  • ○は女性サブキャスター。担当曜日はサブキャスターの曜日シフトと同じ。[注釈 11]
  • ●はメインまたはニュースキャスター。

取材キャスター[編集]

  • 岩井健浩(当時TBSアナウンサー、2010年3月29日 - 2011年9月30日)
『イブワイ』、『総力報道』から続投。
  • 西垣佑亮(当時TBS報道局記者)
事件・企画取材を担当。第2部『ニューズアイ』にも時折出演。

ニュースリーダー[編集]

全員、出演当時TBSアナウンサー。

コメンテーター[編集]

過去のコメンテーターは五十音順で以下の通り。肩書はいずれも出演当時のもの

2010年6月2日放送の『Nスタスペシャル』への出演を経て、同年6月8日より出演し、2011年以降は週3日程度出演していたが、同年10月から月 - 木曜日に出演していた。祝日にあたる場合や杉尾の夏季休暇時は、不定期出演のコメンテーター1名が出演することがあった。2012年3月26日から2013年3月28日までは第1部と全国のニュースに出演していた。
ほか


日曜版[編集]

期間 メインキャスター1 スポーツ お天気
2010.04.04 2010.08.15 小川知子 杉山真也2 (不在)3 増田雅昭
山本潤4
2010.08.22 2011.03.27 山田愛里5
2011.04.03 2011.09.25 小川知子 蓮見孝之
2011.10.02 2012.03.18 増田雅昭6
2012.03.25 2014.03.30 長峰由紀 赤荻歩
2014.04.06 2014.06.29 国山ハセン 林みなほ7
2014.07.06 2015.09.27 伊藤隆太8
2015.10.04 2016.03.27 上村彩子7
2016.04.03 2017.03.26 国山ハセン9 河津真人6
2017.04.02 2017.08.27 品田亮太8 日比麻音子7
2017.09.03 2018.09.30 喜入友浩
2018.10.07 2019.05.26 岡村仁美 喜入友浩 奈良岡希実子6
2019.06.02 2020.09.27 赤荻歩 宇賀神メグ 宇内梨沙7
2020.10.04 現在 齋藤慎太郎7

  • 1 女性は2017年3月まで『TBSニュース』(一部期間を除く)、男性は2014年6月まで昼の『JNNニュース』を兼務。
  • 2 日曜夕方の『THE NEWS』から続投。
  • 3 メインキャスターが担当。
  • 4 2011年3月6日まで「あすのそら色」、同年4月3日から「Sunトピ」(VTR出演)を担当。
  • 5 小川の産休入りに伴う。
  • 6 「Sunトピ」も担当。
  • 7 『報道特集』を兼務。
  • 8 『JNNフラッシュニュース』、『S☆1』内「JNNニュース」を兼務。
  • 9 『アッコにおまかせ!』を兼務。

  • 増田、山本、河津以外は出演当時TBSアナウンサー。

主なコーナー[編集]

重大事件・事故発生時やゲストが出演する場合など、編成・構成上の都合で番組内容やコーナー開始時間が変更となることもある。

平日版[編集]

  • 天気予報(2017年7月31日 - )
15:49に放送。正式なコーナー名はないが、現在と夜・翌朝の東京の天気を中心に赤坂サカスから1分間の中継で伝える。気象予報士[25]とパートナーのアナウンサー[26]Boonaが担当。「それではNスタ、スタートです!」のコメントでオープニングに入る。
  • ニュース解説(2017年4月3日 - )
井上とホランが担当する。
  • Nスタ News Clip(2020年9月21日 - )
この時間までに入っているニュース、スポーツ情報をフラッシュニュース形式で伝える。17時台は、エンタメとカルチャーも扱い、この時間のみBoonaも登場する。2020年9月21日のリニューアルに伴い、コーナー名を「Nスタ4」「5:15NEWS」「6:50NEWS」から「Nスタ News Clip」に改題。
  • 天気
第0部は、気象予報士とニュースプレゼンターがBoonaとともに最新の天気予報を伝える。2020年9月18日までは「N天」とコーナー名が付いていた(「N天」とは「Nスタの天気予報」の略[27])。赤坂サカスから中継する。
第1部は、井上と気象予報士がBoonaとともに最新の天気予報を伝える。2020年9月18日までは「イノ天」とコーナー名がついていた。最初全国各地に設置されている天気情報カメラ3〜4か所をリレー中継した後、翌日以降の全国の天気予報を伝える。
第2部は、ホランと気象予報士が関東地方を中心とした気象情報を伝える。2020年9月18日までは「ホラン・森田のトクする天気」とコーナー名がついていて、関東周辺の海上・洗濯・紫外線情報などから1つピックアップして「トクする」情報を合わせて伝えていた。2020年9月21日のリニューアル後は、森田担当時と國本担当時で構成が一部異なっており、森田担当時はリニューアル前と同様に「トクする」情報を伝えているが、國本担当時は降水確率、洗濯情報を伝えるほか天気や気温などをグラフ化して「くらべてどっち?」として気温の高低や雨量の多少などを示している。
  • 気になる! 3コマニュース(2020年9月21日 - )
主なニュースを「3コママンガ」風にそれぞれ3つの写真や図でまとめた「ざっくりボード」を使って紹介。2013年9月30日に「4時だ!Nスタ 日刊ざっくりニュース」として開始したが、翌週には「4時だ!Nスタ 日刊3コマニュース」に改題。2017年4月3日のリニューアルに伴い「トクする! 3コマニュース」改題した上、放送時間は第0部と第1部の2回に変更された(ショッキングなニュースなどを取り扱う場合「トクする!」を称さない)。2020年9月21日のリニューアルに伴い、放送時間を第1部前半に変更した上で「気になる! 3コマニュース」へ改題。
  • きょうのイチオシ(2020年9月21日 - )
注目のニュースや生活情報を1項目取り上げ詳しく報じる。2020年9月21日のリニューアルに伴い、コーナー名を「注目545」から「きょうのイチオシ」に変更。
  • 特集
「イブワイ好奇心」を引き継ぐ特集コーナー。「Nトク」として開始し、東日本大震災発生後の約1か月間は「絆」特集として、被災地の復興に向けた姿や取り組みなどを放送していた。2013年4月1日「直アタリ!」に改題、2014年3月31日から「今日の特集」に改題し、2014年10月6日から『ニューズアイ』の特集コーナーとして放送されている。2014年10月以降は硬派な内容を扱うことが多くなっており、9月まで比較的多く扱われていたグルメや旅行情報などの内容は「Nトク」→「N探」に移行していたが、2017年4月のリニューアル以降は、再びグルメや生活情報を扱った企画が多くなっている。
  • ここが知りたい(2017年4月3日 - )
生活密着型の特集コーナー。2016年7月29日までは「Nトク」として、第1部後半に放送。2016年8月1日「N探」に改題し、第2部後半に放送。2017年4月3日「630関心事」に改題。当初はグルメ等の生活情報を扱うことが多かったが、2017年10月からはこの時間までに報じたニュース1項目を専門家ゲストの解説を交えて、改めて取り扱うことがほとんどになっている。2020年9月21日のリニューアルに伴い、コーナー名を「630関心事」から「ここが知りたい」に変更するとともに、再びグルメ等の生活情報を扱うことが多くなっている。

タイムテーブル[編集]

2021年1月から

時刻 内容 備考
第0部(ローカルパート、15:49 - 16:50)
15:49.00
  • 天気
15:50.00
  • オープニング・ニュース
  • Nスタ News Clip
  • 天気
第1部(ローカルパート、16:50 - 17:50)
16:50.00
  • 気になる!3コマニュース
  • 天気
  • Nスタ News Clip
  • きょうのイチオシ
  • 第0部をネットしていない局で16:50開始の局(青森テレビテレビ山梨CBCテレビ毎日放送中国放送RKB毎日放送を除く)が飛び乗り。
  • VTRからスタートで、右上にタイトルロゴが表示される。
  • 飛び乗り局に配慮した挨拶などはなく、スタジオパートの冒頭で名前テロップが出るのみ。
  • 静岡放送・テレビ山口・長崎放送は一旦飛び降り、ここからローカル編成へ。
  • テレビ高知は17:15頃まで(祝日の場合はそのままフルネット)、北海道放送は17:18頃まで放送。飛び降り後は再びローカル編成へ。
  • RSK山陽放送は一旦飛び降りてローカル編成に入るが(祝日の場合はそのままフルネット)、「天気」・「Nスタ News clip」のみをコーナー扱いで同時ネットで放送し、「Nスタ News clip」で数項目程度ネットした後に区切りのいいところで飛び降り、再びローカル編成へ。
第2部(17:50 - 19:00)
(全国パート、17:50 - 18:15)
17:50.00
  • 全国ニュース
  • ニュースフラッシュ
  • 特集・シリーズ企画(不定期)
  • JNN系列全局ネットで放送。16:50と同様に右上にタイトルロゴが表示され、冒頭で再度テーマ曲と井上・ホランの挨拶が入る。
  • 画面右下に、JNNのウォーターマークが表示される(表示されない日もある)。
(関東ローカルパート、18:15 - 19:00)
18:15.00
  • 特集
  • ここが知りたい
  • 天気
  • Nスタ News Clip
  • エンディングトーク
  • TBSテレビ以外のネット局は飛び降り。
  • エンディングで短くニュースを報じることもある。
19:00.00
  • 終了
  • CM無しで次番組へ接続。

日曜版[編集]

  • Sunトピ
17:49頃 - 放送。奈良岡(2018年10月 - )が天気や季節に関するリポートVTRを放送後、明日以降の関東地区の天気予報を伝える。
  • スポーツ
17:54頃 - 放送。当日行われたスポーツニュースをフラッシュニュース形式で扱う。

過去のコーナー[編集]

平日版[編集]

  • ヘッドライン
2011年1月下旬より東日本大震災以前まで第1部開始直後に放送された。
第1部で取り上げるニュースのヘッドライン映像を2〜4項目放送した。斜め書き表記の見出しテロップを使用していた。
2011年1月下旬より放送。それまでは番組はトップニュースのVTRから開始していた。
ただし、ヘッドラインを放送するようになってからも重大事件・事故発生時は、ヘッドラインを省略してトップニュースのVTRから開始することがあった。
  • Nスタミニチュア劇場
番組スタート当初、第1部の枠内で放送されていたが、1ヶ月足らずで放送されなくなった。
  • NスタHEADLINE
2010年3月29日より2011年3月10日まで全国ニュースパート直前の17:44.40 - 17:45.00に放送。
スタジオ内のモニターに全国ニュースパートのヘッドライン(3項目)を表示し、佐古が「全国のニュースです」とアナウンスを行った後、ヘッドラインを読み上げた。
最後に読み上げられる項目は概ね、全国ニュースパートで最初に扱うニュースであった。
  • 参院選ほりおこし
第22回参議院議員通常選挙関連のニュースを扱ったシリーズ企画。第2部・全国ニュースパートの枠内で放送した。「参院選ほりおこし」放送時、「ニュースほりおこし」は「参院選ほりおこし」を扱った直後に放送した。
  • 森田さんのとことん天気(SEASON2→SEASON3)
2010年3月29日より2011年4月1日(2011年3月11・14 - 18・21 - 25日を除く)まで第2部・関東ローカルパート枠の中で放送していた天気予報コーナー。
赤坂サカスより中継。森田と子役2人が担当していた。『イブワイ』での「森田さんのとことん天気」を継承したものである。
森田が天気に関する3択クイズを出題し、子役2人が回答。CMを挟んで正解発表と解説を行い、関東地方の翌日の予報と東京の週間予報を伝えた後、最後に子役2人が明日の天気のポイントを復唱した。
ひるおび!』の天気コーナーでも使用されている、スージー・ズー(Suzy's Zoo)の作者で有名なスージー・スパッフォード作の熊のキャラクター、「ドレッシー・ジェシー」をコーナーロゴに採用していた。
子役の交代に伴い、2010年9月27日よりSEASON2からSEASON3にコーナー名を小変更した。
森田欠席時は森田の代役と子役によって進行したが、コーナータイトルは変更されなかった。
  • ホ〜リこみっ!
『イブワイ』時代の「ホリおこしっ!」の後継コーナーにあたる生活情報コーナー。出演者により専用装置にボールを投げ入れ[注釈 18]、5点(当初は10点)満点で内容を評価し、満点の場合は「タイコバン!」と称した判子を色紙に押していた。2010年3月29日より同年5月14日まで第2部・関東ローカルパートの枠内で放送。
  • 最新のニュース
佐古が前半をストレートニュース形式、CMを挿んで後半をフラッシュニュース形式で伝えた。ローカルパート内での放送だったが、全国各地の話題を比較的多く扱っていた。2010年3月29日より同年9月24日まで第2部・関東ローカルパートの枠内で放送し、下記の「Nスタ NEWS LINE」としてリニューアルされた。
  • あしたのNEWS
2010年6月14日より同年9月24日まで第2部・関東ローカルパートのエンディング前コーナーとして放送されたコーナー。
佐古が長峰の横に、サブキャスターがコメンテーター席に座り、翌日に何が行われるか(国会選挙スポーツの大会など)をCGで表示し[注釈 19]、それをテーマとしたトークを展開して番組を締めくくる。金曜放送分はコーナー名を「週末のNEWS」として土日の予定に触れた。『総力報道』のエンディングコーナー「明日のニュース」(→「明日のツボ」)の復活版とも言えるコーナーだった。
なお、初回放送の2010年3月29日から同年6月4日までは、佐古の着席後にコメンテーターが今日一日の放送内容の中で特に気になったことについてコメントし、堀尾の挨拶で番組は終了していた。また、サブキャスターはコメンテーターの後ろに立っていた。
コメンテーターが第1部のみの出演となった2010年6月7日から同年6月11日までは、今日一日のニュースをテーマにしたキャスター陣のトークで番組を締めくくっていた。
  • Nトレ
メインキャスターがなぞなぞなどの脳トレ問題を出題する。
2011年1月19日より放送を開始したが2011年3月末には放送されなくなった。
  • NEWS & SPORTS
2011年4月18日より9月30日まで放送。
サブキャスターが日替わりで担当し、ニュースとスポーツニュースを補足を加えずにフラッシュニュース形式で伝えた。
  • Nスタ NEWS LINE
佐古と長峰が担当。2010年9月27日より放送。
前半は全国ニュースパートで扱ったニュースを「今日のTOP NEWS」と題して再度伝え、後半はコーナー開始時間までに入電した最新ニュース(主に関東地方のニュース)をフラッシュニュース形式で4 - 5項目伝えた。
  • エンタメほ〜りこみっ!
『イブワイ』における「ご存知!?ワイドアワー」に近い、芸能情報と世界各地の話題を短く伝えるコーナー。2010年5月17日より始まったコーナーだが、それ以前も不定期で放送されていた。赤荻と山内(月 - 水)、田中(木・金)が担当。
担当キャスターは最初のVTRに入る前にシャドーピッチングのようなポーズを取りながら「ホ〜リこみっ!」と掛け声を入れた。
2010年9月24日までは18:40頃からの放送だったが、同年9月27日より18:31頃からの放送に変更された。
  • こちら運動部
スポーツコーナー。堀尾と藤森が担当した。藤森が番組を欠席する場合やニュースキャスターを兼務する場合は赤荻が担当した。
藤森はコーナー冒頭でコーナーロゴを表示したモニターの横へ駆け込みながら「こちら運動部、オッス!」と振りを入れ、コーナーの終わりには堀尾と共に「以上こちら運動部でした、オッス!」と振りを行っていた。
一部の系列局でネットが行われていたため、コーナー冒頭で名前テロップが表示されていた。
2010年9月24日までは18:29頃からの放送だったが、同年9月27日より18:42頃からの放送に変更した。
  • ほーりコミッ!6
第2部後半に放送。ニュースとスポーツニュース、エンタメ情報を補足を加えずにフラッシュニュース形式で扱う。
  • ほーりコミッ!プラス
第2部後半不定時に放送。1つの話題について深く掘り下げる。第1部で扱ったVTRを再編集して放送する日もあった。
  • ほりオシッ!(2012年夏)
第1部内で不定時に放送し、ロンドン五輪に関する最新情報を伝えていた。
  • コールドケース -未解決事件を追う-
第1部内で不定期に放送。長期間解決出来ていない事件の経緯や現在の捜査状況などを久保田が取材報告し、視聴者からメールで情報を募っていた。
  • 街ネタ!(2013年4月1日 - 2013年5月24日)
第2部後半(18:35頃 - )に放送。関東地方の注目ニュースや催し物情報を紹介し、サブキャスターが担当する。堀尾やコメンテーターが掛け合いに参加する。
  • サキダシ![注釈 20](2013年4月1日 - 2013年9月27日)
第1部前半(17:15頃 - )に放送。この時間までに報道局に入っているニュースをフラッシュニュース形式で扱う。報道局内のデスクから竹内が伝え、スタジオの堀尾が掛け合いに参加する。
  • 掘り知ル(2013年9月30日 - 2014年3月27日)
月~木曜の第2部後半(18:50頃 - )に放送。堀尾とシルビアで「掘り知る」となっており、メインキャスター2人が担当。巷のトレンドなど紹介する。
  • 今週の「スゴすぎ」映像(2013年10月4日 - 2014年3月28日)
金曜の第2部後半(18:50頃 - )に放送。メインキャスター2人が担当。外信映像を紹介する。
  • シルビア先輩と!今日のちょい足し(2013年9月30日 - 2014年5月7日)
第0部中盤(16:35頃 - )に放送。月曜から木曜に放送。新人アナウンサーとシルビアによるコーナー。主に芸能情報やTBSの番組情報などを中心に伝える。2014年5月8日からオープニングに吸収された
  • ハッケン!(2013年4月1日 - )
第0部後半(16:38頃 - )に放送。月曜から木曜に放送。生活密着型のニュースコーナー。月曜から水曜は山内が木・金曜は小倉が担当する。両アナウンサーとも子供がいる主婦である。堀尾、コメンテーターが掛け合いに参加する。2013年9月27日までは第1部後半(17:36頃 - )に放送。
また、2013年10月14日より、メインキャスターであった久保田の中継による「ハッケン! in NY」を月に一回程度放送していたが、久保田が2014年2月に日本勤務に復帰したため今後の扱い不明。
  • 週刊 芸能・スポーツ あいうえお(2013年10月4日 - 2014年4月)
第0部中盤(16:35頃 - )に放送。金曜に放送。新人アナウンサーとシルビア、ハッケン!キャスターによるコーナー。新人アナウンサーがあいうえお作文を作って一週間を振り返るコーナー。
  • NEWSこれはジケンだ!(2013年9月30日 - 2014年10月3日)
第1部前半(17:10頃 - )に放送。竹内が担当。
  • ほーりコミッ!
第1部中盤(17:25頃 - )に放送。藤森と小林悠がスポーツやエンタメ情報や外信映像を補足を加えずにフラッシュニュース形式で扱う。2013年9月30日より、サキダシ!を実質的に統合したためニュースも複数項目報じられる。2013年4月中は別途スポーツコーナーとして「Nスポ」があった。
第1部後半(17:40頃 - )に不定期放送。JNN海外支局記者が各国の現状を取材。VTR終了後、取材を担当した支局と中継を繋ぎ、取材担当記者と堀尾らがトークする。
  • モクゲキ!(2013年10月25日 - )
第1部後半(17:40頃 - )に不定期放送。未解決事件(主に窃盗・強盗事件)の概要を、事件現場周辺に設置されている防犯カメラ等の映像と共に紹介し、視聴者から情報を募る。かつて行われていたコーナー『コールドケース』と内容が似ている。
  • 還れぬ人びと
第1部又は第2部JNN協定枠で不定期放送。北朝鮮による日本人拉致問題に関する情報や拉致被害者家族などへ取材した模様を報じる。
  • ニュース解説
不定時に放送。藤森によるニュース解説コーナー。タッチパネルを使用する。
  • 6:15関心事(2015年3月23日 - 2016年4月頃)
第2部で放送。最新のニュースや話題から1~2項目取り上げ、詳しく紹介する。
  • ニュース・アクセスランキング(2014年10月6日 - 2016年7月末)
第2部中盤(18:25頃 - )に放送。潮田(月 - 水曜)または小林由未子→古谷(木・金曜)と加藤が担当する。TBSテレビのニュース動画サイト「TBS NEWS」で、きょう一日、閲覧数が多かった上位5つをランキング形式で紹介。その後“今日の注目”としてランキングには入らなかったが、注目すべきニュースをVTRで紹介する。
  • 注目ニュース LINEUP(2016年8月22日 - 2017年2月頃)
第1部前半(16:53頃 )に放送。堀尾が第1部で取り上げるニュースを3項目紹介する。
  • 最新のニュース(2013年11月頃 - 2017年3月31日)
第0部前半(15:50頃 - )に放送。山内が最新のニュースを伝える。以前はRKB毎日放送今日感テレビ』内で時差ネットされていたが、2015年3月30日からはRKBが第0部から同時ネット開始。
  • しっかり天気(2014年10月6日 - 2017年3月31日)
森田と小林由未子または古谷が担当。第0部をネットしている地域の天気予報を伝える。赤坂サカスから中継する。2013年9月30日から「ざっくり天気」として開始したがコーナー名が変更された。当初は第0部中盤(16:30頃 - )に放送。2016年8月19日まではNスタジオから伝えていた。
  • 日刊 中吊りニュース(2014年10月6日 - 2017年3月31日)
第0部後半に放送。山内・赤荻と日比、伊東または山本この時間までに入っている芸能情報、スポーツニュース、外信映像をフラッシュニュース形式で扱う。
  • ホリダス(2014年10月6日 - 2017年3月31日)
第1部前半(時間不定)に放送。堀尾がニュースや話題のポイントをVTRを交えて紹介する。
  • きょうのカオ(2016年8月22日 - 2017年3月31日)
芸能情報、スポーツニュース、外信映像をフラッシュニュース形式で扱う。
  • 特命取材班マルトク(2015年4月3日 - 2017年3月31日)
特集コーナーで不定期に取り上げられる[注釈 21]。事件・犯罪行為や住民トラブルなどの騒動について番組取材班が徹底取材する。2016年11月17日には本企画の特番『張り込みスクープ24時 激撮!ワルの(秘)事件簿』を『水トク!』枠にて放送した。
  • Nコレ(2017年4月3日 - 2019年3月1日)
インターネットなどで話題を集めるエンタメ情報や生活情報、外信映像などをフラッシュニュース形式で3〜4項目程度扱う。
  • Nスタ4(2017年4月3日 - 2020年9月18日)
この時間までに入っているニュース、スポーツ情報をフラッシュニュース形式で扱う。
  • Nトク!(2017年4月3日 - 2020年9月18日)
井上が注目ニュースのポイント等を、記者や専門家の話を交えながら詳しく紹介する。
  • 5:15NEWS(2017年4月3日 - 2020年9月18日)
この時間までに入っているニュース、スポーツ情報をフラッシュニュース形式で扱う。以前も同時間帯にほぼ同じコーナーがあったが、正式なコーナー名はなく堀尾が「最新のニュース」と紹介していた。2017年3月までは「5:30News」として放送。2017年4月からは17:15頃からの放送になったため「5:15NEWS」に改題された。2019年3月4日より、「Nコレ。」で扱っていたエンタメ情報を取り入れ、エンタメニュースに関しては「5:15エンタメ」として放送した。
  • 6:50NEWS(2017年4月3日 - 2020年9月18日)
この時間までに入っているニュース、スポーツ情報をフラッシュニュース形式で扱う[注釈 19]。2014年3月28日までは「NEWSまるわかり」、翌週から「きょうのニュース」に改題、同年10月6日から「NEWSまるわかり」に再度改題。2015年3月23日から頭に630が付いた。2016年8月1日から「6:30News」に改題。2016年10月からは18:45頃からの放送になったため「6:45NEWS」に改題。2017年11月頃からはコーナー開始が18:50頃からに繰り下がったため「6:50NEWS」に改題。

日曜版[編集]

  • ヘッドライン
開始より2011年3月27日まで放送。
オープニングで番組ロゴを表示した後、「Yo-Yo-Calling」をBGMに取り上げる内容を1項目ずつVTRとともに表示していた。
  • あすのそら色

放送時間[編集]

※JNN全国ネット枠以外は関東地区における放送時間を記す。

期間 平日 日曜日
全編 JNN枠 全編 JNN枠
2010.3.29 2011.9.25 16:53 - 19:00
(127分)
17:45 - 18:15
(30分)
17:30 - 18:00
(30分)
17:30 - 17:50
(20分)
2011.9.26 2013.3.31 17:30 - 17:45
(15分)
17:54 - 18:00
(6分)
2013.4.1 2013.9.29 17:50 - 18:15
(25分)
2013.9.30 2014.10.5 15:50 - 19:00
(190分)
2014.10.6 2016.10.2 15:53 - 19:00
(187分)
2016.10.3 2017.7.30 15:50 - 19:00
(190分)
2017.7.31 現在 15:49 - 19:00
(191分)

ネット局[編集]

平日版[編集]

  • 第0部(15:49 - 16:50)・第1部(16:50 - 17:50)・第2部(17:50 - 19:00)の3部構成で放送(第2部の17:50 - 18:15はJNN排他協定が適用されるため、JNN系列28局ネット)。
  • 第0部・第1部はローカルセールス枠のため、JNN報道特番扱いとならない場合でも、TBSテレビ以外の通常時第0部または第1部が◎あるいは〇(第0部のみ)の局でも編成上の都合で臨時に×に変更する場合もあり、逆に通常時第0部または第1部が△または×の局でも緊急時及び特別編成実施時やJNN協定適用時間拡大時に臨時に◎または〇(第0部のみ)に変更する場合がある。なお第2部の全国ネット枠以外及び、15:50飛び乗りと16:50飛び乗り・飛び降りポイント以外は正式な枠切りがないため一部地域ではTBSテレビ発のコーナーを唐突に終了させローカル編成に入る場合もある(逆に緊急時等にローカルからキー局の映像に飛び乗る場合もある)。
  • 番組タイトルは、各局公式HPの週間番組表および各番組のHPを参考にしている。
  • ネット状況について
    • ◎…同時フルネット
    • 〇…同時ネット(第0部で冒頭1分間をローカルパートに差し替えて、15:50飛び乗り)
    • △…部分ネット(第0部、第1部は途中まで、第2部は17:50 - 18:15の全国ネット枠をそれぞれ同時ネット)
    • ▲…部分ネット(第1部の「井上・Boona・森田or國本の天気」・「Nスタ News clip」のみネット)
    • ×…非ネット
『Nスタ』ネット局(いずれもJNN系列
18:15以降の対応についての詳細はJNN夕方ローカルニュース一覧を参照。
放送対象地域 放送局 番組タイトル 放送時間(東京発) 備考
第0部
15:49 - 16:50
第1部
16:50 - 17:50
第2部
17:50 - 19:00
関東広域圏 TBSテレビ
(TBS)
15:49 - 19:00
Nスタ
制作局
北海道 北海道放送
(HBC)
15:49 - 19:00
今日ドキッ![31]
×
  • 2017年7月31日から第1部を△に変更(2020年10月12日からは「気になる!3コマニュース」が終わる16:50 - 17:20頃まで[注釈 22][注釈 23]同時ネット)。
  • 2020年10月5日から10月9日までは単独番組扱いで第0部・第1部を、2020年5月7日から5月25日まで、同年9月21日から10月2日まで(ローカル情報番組『今日ドキッ!』リニューアル準備に伴うもの)は第1部を何れも臨時に◎に変更。
  • 第1部は2013年10月4日までは◎(ローカル報道番組『北海道NEWS1』に内包)、2016年8月22日から2017年7月28日までは×(但し冒頭部分のニュースは録画ネットで対応)。
青森県 青森テレビ
(ATV)
16:50 - 18:56
わっち!!
×
  • 2015年4月6日から第1部を×に変更。同日からは東北地方のTBS系列局で唯一通常時第0部・第1部が×となっている。
  • 2014年3月31日から2015年4月3日までは第1部は◎(ただ、それ以前にも17時台に時差ネットで放送していた『森田一義アワー 笑っていいとも!』〈フジテレビ制作〉が放送できないもしくは休止となった場合に、穴埋めとして第1部を臨時に◎に変更することがあった)。
  • 2020年5月4日から5月22日まで第1部を単独番組扱いで臨時に◎に変更[注釈 24]
岩手県 IBC岩手放送
(IBC)
18:15 - 18:55
IBCニュースエコー
  • 2014年10月6日から第1部を◎に変更[注釈 25]
  • TBS NEWS制作のスポーツニュースを放送。
  • 2011年3月の東日本大震災発生前まで『ニュースエコー』内で「こちら運動部」をネットしていた。
宮城県 東北放送
(TBC)
18:15 - 18:55
Nスタみやぎ
  • 2012年1月4日から第1部[注釈 26]、2014年3月31日から第0部を各々◎に変更[注釈 27]
  • 2019年4月1日から15:40 - 15:49にローカルパート『Nスタみやぎ早版』を開始[注釈 28]
  • 2010年9月24日まで『Nスタみやぎ』内で「こちら運動部」を時差ネットしていた。
  • 2014年10月6日から2016年9月30日まで15:51 - 15:53にローカルパート『Nスタ早版』を放送していた。
山形県 テレビユー山形
(TUY)
18:15 - 18:54
Nスタやまがた[注釈 29]
×
福島県 テレビユー福島
(TUF)
18:15 - 19:00
Nスタふくしま[注釈 30]
  • 2020年3月30日から第0部を×に変更[注釈 31]
  • 『Nスタふくしま』内で「ここが気になる」をVTRのみ時差ネット。
  • 2015年3月30日から2017年7月28日までは第0部は◎[注釈 32]、2017年7月31日から2020年3月27日までは〇。
  • 放送時間が18:15 - 18:55から5分延長し、2016年3月28日から月曜 - 木曜のみ18:15 - 19:00に変更。ただし、金曜の放送時間は変更なし。
  • 2015年10月1日から、県内ニュースと当日放送の「TUF NEWS LIVE スイッチ!」の見所を放送する「スイッチ!オン」が開始するも「スイッチ!」とともに2016年9月30日に終了。
山梨県 テレビ山梨
(UTY)
16:45 - 18:55
スゴろく
×
新潟県 新潟放送
(BSN)
18:15 - 19:00
BSN NEWS ゆうなび
  • 第0部開始と同時に◎に変更。
  • 一部祝日編成で15時台に『ウイニング競馬』(テレビ東京制作)の特別版を系列外同時ネットする場合は第0部を臨時に×に変更。
  • 2014年9月26日まで『もうすぐNスタにいがた』を放送していた。
長野県 信越放送
(SBC)
18:15 - 18:55
SBCニュースワイド
×
静岡県 静岡放送
(SBS)
16:50 - 19:00
ORANGE
×
  • 2019年9月30日から第0部を◎に変更。
  • 18:30頃に第1部の「Nスタ News Clip」を、エンタメニュースに限って数項目抽出しVTR部分のみ録画ネット。
  • 同年9月24日 - 27日は、同月20日の『イブアイしずおか エンタ』終了から『ORANGE』開始までの代替編成扱いで第1部を臨時に◎に変更。
富山県 チューリップテレビ
(TUT)
18:15 - 18:53
N6
×
石川県 北陸放送
(MRO)
18:15 - 19:00
レオスタ
  • 2013年4月1日から第1部を、2021年1月4日から第0部を何れも◎に変更[32]
  • 『レオスタ』内で18:43からエンタメニュースを録画ネット。
中京広域圏 CBCテレビ
(CBC)[注釈 33]
15:49 - 19:00
チャント!
× ×
近畿広域圏 毎日放送
(MBS)
15:49 - 19:00
ミント!
  • 『ミント!』18時台コーナー「大事なトコロに赤えんぴつ」で全国ニュースを扱う際、当番組で放送されたニュースVTR(毎日放送では非ネットの第0部・第1部含む)を編集して流用する場合がある。
  • 2014年10月13日は、台風19号接近に伴い、『ちちんぷいぷい』が休止[注釈 34]となったため、当時放送されていた『ニュースワイド』の16時台・17時台とも代替編成扱いで臨時に◎に変更[注釈 35]
  • 2020年4月29日以降に祝日編成及びGW期間中等で「ミント!」が18:15開始の短縮版かつ『Newsミント!』のみ放送する場合は代替編成扱いで第1部[注釈 36]を臨時に◎に変更する場合がある。
鳥取県島根県 山陰放送
(BSS)
【火曜・水曜】15:50 - 16:50
なまラテ
18:15 - 19:00
テレポート山陰
岡山県・香川県 RSK山陽放送
(RSK)[注釈 37]
16:50 - 17:50
情報ワイド あれスタ
18:15 - 18:50
RSKイブニングニュース
18:50 - 19:00
笑味ちゃん天気予報
  • 2020年3月30日から第0部は再度◎に、第1部は▲[注釈 38][注釈 39](後者は番組編成上はローカル情報番組『情報ワイド あれスタ』内包番組扱いとなり、「井上・Boona・森田or國本の天気」・「Nスタ NEWS clip」をコーナー扱いで同時ネット[注釈 40])に各々変更。
  • 第0部は2019年9月30日から同年12月27日までは◎[注釈 41] 2020年1月6日から3月27日は〇[注釈 42]
  • 第1部は2010年3月29日から10月1日・2018年4月2日から2019年3月29日・2019年9月30日から2020年3月27日までは◎、2010年10月4日から2018年3月30日、2019年4月1日から同年9月27日までは×[注釈 43]
広島県 中国放送
(RCC)
15:40 - 18:56
イマナマ!
× ×
  • 2021年1月4日から第0部・第1部を再度×に変更[注釈 44](番組編成上はローカル情報番組『イマナマ!』内包番組扱いとなり、2021年1月4日からは第2部全国ネット枠のみ放送)。同日からは中国・四国地方のTBS系列局で唯一通常時第0部・第1部が×となっている。
  • 第0部は2020年1月6日から同年4月9日までは△[33]、4月10日から6月5日、7月13日から12月25日までは〇。2020年6月8日 - 7月10日[注釈 45]は×。
  • 第1部は2010年3月29日から2017年3月31日までは×、2017年4月3日から2019年12月27日まで[注釈 46]と2020年4月10日から5月22日、7月13日から同月24日は◎、2020年1月6日から4月9日と5月25日から7月10日は△[注釈 47]、7月27日から12月25日までは▲[注釈 48]
  • 2010年9月までは「こちら運動部」のVTRを部分ネットしていた。
山口県 テレビ山口
(tys)
16:50 - 19:00
mix
  • 2020年4月27日から第0部を再度◎に変更[注釈 49]
  • 第0部は、2015年9月28日から2017年9月1日までは〇(金曜のみ×の時期あり、2017年7月28日までは◎)、2017年9月4日から2020年4月24日までは×。
  • 第1部は一貫して×。ただし重大ニュース時や2020年9月までの再放送枠『時代劇アワー』・その後に枠移動してきた『ちぐスマ!』が休止となった際は単独番組扱いで臨時で◎に変更している[注釈 50]
愛媛県 あいテレビ
(itv)
18:15 - 18:54
Nスタえひめ
  • 2019年9月30日から第0部を再度◎に変更。
  • 第0部は2017年4月3日から2017年7月28日までは◎、2017年7月31日-2019年9月27日までは〇。
高知県 テレビ高知
(KUTV)
16:50 - 18:55
情報パレット からふる[注釈 51]
×
  • 2020年3月30日から第1部を△に変更(番組編成上は『情報パレット からふる』内包番組扱いとなり、16:50 - 17:20頃まで同時ネット[注釈 52][注釈 53])。
  • 18:50頃に第1部の「Nスタ News Clip」をエンタメニュースに限って数項目抽出し録画ネット[注釈 54]
  • 2011年4月4日から2019年9月27日までは第1部は◎[注釈 55]、2019年9月30日から2020年3月27日までは×。
  • 2019年9月まで『イブニングKOCHI』内で「特集」を録画ネットで放送していた。
福岡県 RKB毎日放送
(RKB)
15:40 - 19:00
タダイマ!
×
  • 2020年9月28日から第0部・第1部を×に変更[注釈 56](番組編成上は同日開始のローカル情報番組『タダイマ!』内包番組扱いとなり、2020年9月28日からは第2部全国ネット枠のみ放送)。同日からは九州・沖縄地方のTBS系列局で唯一通常時第0部・第1部が×となっている。
  • 第0部は2015年3月30日から2017年7月28日までは◎、2017年7月31日から2020年5月15日まで・2020年5月25日から9月25日まで〇[注釈 57][注釈 58]
  • 番組開始から2020年9月25日まで第1部は◎[34]
  • 2019年まで、毎年11月の文化の日に『九州実業団毎日駅伝』中継を放送する日は第0部・第1部を臨時に×に変更していた。
長崎県 長崎放送
(NBC)
月曜16:50 - 18:55
火曜 - 金曜16:50 - 19:00
Pint
  • 2020年3月30日から第0部は◎、第1部は×に各々変更[注釈 59]
  • 2016年以降、毎年11月の文化の日に『九州実業団毎日駅伝』中継(RKB毎日放送制作)を放送する日は第0部(2019年までは第1部)を臨時に×に変更。
  • 2016年4月1日から2020年3月27日までは第1部は◎。
  • 2020年4月27日から5月6日は第1部を臨時に◎に変更。
  • 2020年8月24日から28日までは第0部を臨時に×に、第1部を臨時に◎に各々変更。
熊本県 熊本放送
(RKK)
18:15 - 18:55
夕方LIVE ゲツキン!
×
  • 水曜及び金曜の17:30頃に『パンパカパンツ』を放送。
  • 2020年9月14日・2020年9月16日は第0部を臨時に◎に変更。
  • 2017年4月3日から2019年3月15日まで第0部は◎。
  • 毎年11月の文化の日に『九州実業団毎日駅伝』中継(RKB毎日放送制作)を放送する日は第1部(2017年・2018年は第0部・第1部)を臨時に×に変更。
  • 2010年9月までは「こちら運動部」を時差ネットしていた。
大分県 大分放送
(OBS)
18:15 - 18:55
OBSイブニングニュース
  • 2017年7月31日から第0部を〇に変更。2021年1月4日以降は第0部をネットしている局で唯一通常時編成で〇となっている。
  • 2016年4月4日から2017年7月28日までは第0部は◎。
  • 毎年11月の文化の日に『九州実業団毎日駅伝』中継(RKB毎日放送制作)を放送する日は第0部・第1部を臨時に×に変更。
宮崎県 宮崎放送
(MRT)
18:15 - 18:55
MRTニュース Next
×
  • 毎年1月第2月曜日の成人の日の『全国高校サッカー選手権大会』決勝戦中継(全国民放テレビ43局共同制作)放送による特別編成時、毎年11月の文化の日に『九州実業団毎日駅伝』中継(RKB毎日放送制作)を放送する日は何れも第1部を臨時に×に変更。
鹿児島県 南日本放送
(MBC)
15:49 - 16:50
かごしま4
18:15 - 18:55
MBCニューズナウ
  • 2019年以降に祝日編成で『かごしま4』が休止となる際は、第0部を単独番組扱いで臨時に◎に変更する場合がある。
  • 毎年11月の文化の日に『九州実業団毎日駅伝』中継(RKB毎日放送制作)を放送する日は第1部を臨時に×に変更。
沖縄県 琉球放送
(RBC)
18:15 - 18:53
RBC THE NEWS
  • 2020年6月1日から第0部を◎に変更[注釈 60]
  • 毎年11月の文化の日に『九州実業団毎日駅伝』中継(RKB毎日放送制作)を放送する日は第0部・第1部を臨時に×に変更。

日曜版[編集]

    • ◎…同時フルネット
    • 〇…同時ネット(17:45頃 - 17:54はローカルニュース・天気予報に差し替え)
放送対象地域 放送局 番組タイトル 放送時間(東京発) 備考
17:30 - 18:00
関東広域圏 TBSテレビ
(TBS)
Nスタ 制作局
北海道 北海道放送
(HBC)
青森県 青森テレビ
(ATV)
岩手県 IBC岩手放送
(IBC)
宮城県 東北放送
(TBC)
山形県 テレビユー山形
(TUY)
福島県 テレビユー福島
(TUF)
山梨県 テレビ山梨
(UTY)
Nスタ
UTYニュース
(17:44 - 17:54)
Nスタ
新潟県 新潟放送
(BSN)
Nスタ
長野県 信越放送
(SBC)
静岡県 静岡放送
(SBS)
富山県 チューリップテレビ
(TUT)
石川県 北陸放送
(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ
(CBC)[注釈 61]
近畿広域圏 毎日放送
(MBS)
鳥取県・島根県 山陰放送
(BSS)
岡山県・香川県 RSK山陽放送
(RSK)[注釈 62]
広島県 中国放送
(RCC)
山口県 テレビ山口
(tys)
愛媛県 あいテレビ
(itv)
高知県 テレビ高知
(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送
(RKB)
長崎県 長崎放送
(NBC)
熊本県 熊本放送
(RKK)
Nスタ
熊日ニュース
(17:44 - 17:54)
Nスタ
大分県 大分放送
(OBS)
Nスタ
宮崎県 宮崎放送
(MRT)
鹿児島県 南日本放送
(MBC)
沖縄県 琉球放送
(RBC)

テーマ音楽[編集]

※()内の数字はJASRAC作品コードを表す。

期間 平日第0・1部 平日第2部 日曜版 備考
2010年3月29日 - 2012年3月25日 福岡ユタカ
「Yo-Yo-Calling」(169-2598-0)
  • 12月の平日版は「Yo-Yo-Calling クリスマス・バージョン」がオープニングで流れた。
  • なおJNN枠では、福岡によるタイトルコールから始まり、スタジオオープニングで流れる。
  • 日曜版も当初使用されていたが、2011年4月3日からタイトルコールになった。
  • 日曜版のエンディングではOP版のアレンジしたものが流れた(日曜版は2011年9月25日まで「N天」BGM(作曲:福岡ユタカ))。
  • 2011年3月11日 - 4月1日まで、東日本大震災による特別編成により、自粛もしくは差し替えられていた。
2012年3月26日 - 2013年3月31日 羽岡佳
「SPLASH!!」(184-3979-9)
  • 2012年3月26日より『JNNニュース』で使用されているもののアレンジ違い[35]
2013年4月1日 - 2014年3月30日 SMAP
Yes we are」(194-2260-1)
  • シンガーソングライターのさかいゆうが作詞・作曲した、オリジナルの書き下ろし新曲になっている。
  • JNN枠・日曜版・年末年始版では森俊之が編曲したインストゥルメンタルのアレンジ曲が使用された。
2014年3月31日 - 2014年10月5日 兼松衆
「Nスタテーマ」(201-7053-0)
2014年10月6日 - 2017年4月2日 中村巴奈重
「Nスタニュースワイド★オープニングテーマ2014」(206-1906-5)
田渕夏海
「NEWS EYE OPENING 2014」(206-1992-8)
「NEWS EYE ENDING 2014」(206-2011-0)
2017年4月3日 - 2020年4月3日 (曲名・作曲者不明) (曲名・作曲者不明)平日版と同一
2020年4月5日 - 2020年9月20日 (曲名・作曲者不明)
2020年9月21日 - 現在 (曲名・作曲者不明)

なお2010年・2011年の年末年始版のみ提供クレジットとエンディング時に『JNNニュース』のテーマ曲(作曲:石坂慶彦、曲は平日昼のオープニングをフェードアウトさせたもの)が流れていた。2012年から2016年の年末年始版は「SPLASH!! JNNニュース バージョン」が流されが、2017年の年末年始版以降は当番組のテーマ曲が流れている。

スタッフ[編集]

  • チーフディレクター:高嶋貴之(TBSスパークル
  • 総合演出・番組プロデューサー・編集長:金子久伸
  • プロデューサー・編集長:松田崇裕
  • 制作エグゼクティブプロデューサー:谷上栄一
  • 制作著作:TBS

問題となった放送内容[編集]

  • 2010年4月2日放送の関東ローカルでのエンディングで、マツダスタジアムで行われていたプロ野球セントラル・リーグ 広島東洋カープ - 読売ジャイアンツ(巨人)戦において、試合開始前にノックをしていた巨人コーチの木村拓也がグラウンド内で突然倒れ、救急車で病院に搬送された際に、ニュース内容では意識不明と報じていたが、見出し字幕で「急死」と表示した。その後、同日の『JNNフラッシュニュース』や『NEWS23X』、TBSの公式HPにて訂正・謝罪した[36]。本番組においても4月5日放送の冒頭で堀尾・長峰が訂正・謝罪を行った。TBS広報部では「急に飛び込んだニュースで混乱していた。」と経緯を説明している[37][38]
  • 2016年4月21日の『ニュースワイド』ブロックにて、「ホリダス」のコーナーで平成28年熊本地震について取り上げた際、地震の震源地に近い熊本県上益城郡益城町の避難所(益城町役場)の前から生中継した。その生中継の最中、画面に映っていたリポーターとインタビューを受けていたピースボートの女性の背後から被災者と思われる男性が現れ、男性は「見せ物ではない」「車(中継車)邪魔だからどかせよ!」と大声で怒号を飛ばした。東京のスタジオでこの様子を見ていた堀尾は慌てた様子で「中継を引き取ります。ご迷惑になっているようですみませんでした」と謝罪し、中継を急遽打ち切った。この騒動についてツイッター上では「報道各社は被災地に迷惑かけすぎ」「被災者からしたら、報道を建前にしたネタあさりと思われても仕方ない」といった非難の声が上がった。TBS広報部は「避難所について役場の担当者に許可を取り、ボランティアの受け入れについて放送を行っていました。今後も被災者の方々のお気持ちに十分配慮しながら取材を続けてまいります」とコメントした[39]
  • 2017年9月12日の放送で、16:10過ぎのCM前に「イスラム国戦闘員の家族に日本人か」のナレーションおよび「『イスラム国』家族に『日本人』?」のテロップとともに、佳子内親王がイギリス留学に際して空港で関係者に挨拶している映像が誤って5秒程度流れた。その後CM明けに井上が謝罪した[40]
  • 2019年2月21日の放送で、数日前から東京都内でミミズクの目撃情報が相次いでいることを受けて、番組の取材班が現地周辺の捜索を実施。17:39頃に「ミミズク見つかる 阿佐ヶ谷で手すりの上に」とのテロップと共にミミズクが発見された等とリポーターが生中継を行ったが、実際は置き物であることが明らかになり、約10分後にリポーターが中継で謝罪。その後、18:55頃(第2部の関東ローカル枠内)に井上が「生中継で、東京杉並区でミミズクを見つけたとお伝えしました。しかし確認したところ、これは置き物であったことがわかりました。訂正してお詫びいたします」と改めて謝罪した[41]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は両番組とも堀尾が続投と伝えられた。[10]
  2. ^ この時の改編にともない、番組タイトル表記が『NEWS23』から『news23』に変更(新聞等の番組表でのタイトル表記は従前通り前者のまま)。
  3. ^ 厳密に言えば2009年度の『イブニングワイド』から2012年度まではロダンNTLG。何れも太めのウエイトを使用していた。
  4. ^ 当該時間帯にスポーツキャスターが設置されるのは、『JNNニュースの森』時代の初田啓介以来17年ぶりとなる。
  5. ^ 夕方の全国ネットのニュース番組で同タイトルの番組で平日と週末でテロップやテーマ曲が違うのは、2015年3月まで放送されていた『FNNスーパーニュース』以来5年ぶりとなる。
  6. ^ a b 重大な気象事案発生時以外は、原則JNN全国枠には出演しない。
  7. ^ ただし2月20日は村主のみ出演
  8. ^ 松本、倉持の両名は、診療や講義がある場合はそれぞれの病院からリモート出演。休診日等の場合に限りスタジオ出演。
  9. ^ 以前は東京本社科学環境部副部長や科学環境部編集委員、デジタル報道センター編集委員、科学環境部部長を歴任していた
  10. ^ 解説委員時代にも一時期出演していた
  11. ^ 山内・田中が出演していた時期で、木曜日は両者とも出演していたが、パートナーは田中が担当した。
  12. ^ 以前は明治学院大学教授を歴任していた
  13. ^ 2016年4月より再び出演。2013年4月から2016年3月までは『NEWS23』アンカーマンだった
  14. ^ 2015年12月、国政選挙に立候補を表明する意向を示しTBSを退職した。現:立憲民主党(当選時は民進党所属の参議院議員。
  15. ^ 日本水泳連盟前会長、スポーツ庁長官就任後は出演機会が減少していた
  16. ^ 2016年3月までは金曜日に出演していた
  17. ^ 東京都知事選挙出馬に伴い降板した。2014年から2016年にかけては東京都知事
  18. ^ 番組ではこの採点システムを「SSS(スーパー・スタマ・システム)」と呼んでいた。「スタマ」は「Nスタボール」の通称とされる。
  19. ^ 2010年7月5日より。同年7月2日まではスタジオ内のモニターに表示していた。
  20. ^ コーナー開始当初は特に決まったタイトルが無かったが、2013年4月17日放送分よりこのタイトルで放送されることになった。
  21. ^ コーナー開始当初は金曜日の特集コーナーとしていたが、のちに金曜日以外にも放送され週に2回放送される場合もある。
  22. ^ 2017年7月31日から2020年9月18日までは16:50 - 17:15頃まで同時ネット(第1部冒頭のメインニュース及び「5:15NEWS」数項目程度をネットした後区切りのいいところで飛び降り。また、第1部を部分ネットしている間は画面左上の番組ロゴCGを北海道放送送出の『今日ドキッ!』のロゴテロップで隠していたが、第2部全国ネット枠ではロゴ隠しは行われていなかった)。
  23. ^ 但し、一部祝日編成及び2020年の新型コロナウイルスが流行して以降はその日のニュースの内容等によっては第1部のみまたは第0部・第1部の両パートのどちらかを臨時に◎に変更する場合がある。
  24. ^ わっち!! on Twitter: "本日もご覧頂き、ありがとうございました!
  25. ^ ネット開始以前にも2011年3月の東日本大震災直後や2014年のサッカー・FIFAワールドカップブラジル2014期間中とその前後に第1部を臨時に◎に変更した実績がある。
  26. ^ ネット開始以前にも東日本大震災発生直後の2011年3月14日から4月29日に第1部を臨時に◎に変更した実績がある。
  27. ^ ただし、『直球勝負!イーグルスLIVE』(東北楽天ゴールデンイーグルス戦、デーゲームもしくは薄暮デーゲーム中継)放送時は第0・1部のどちらかもしくは両パートを、18:15からのナイター中継放送時に『Nスタみやぎ』を16:50 - 17:50に繰り上げ放送する際は第1部のみを何れも臨時に×に変更する場合がある(何れも雨天中止時はネット復帰)。
  28. ^ 第0部を臨時に×に変更する場合や、予めTBSテレビ側で第0部が休止となることがはっきりしている場合は放送しない。その場合は、前座番組『ゴゴスマ』(CBCテレビ制作、13:55 - 15:40)を臨時フルネットとすることが多い。
  29. ^ 放送開始から2016年4月1日まで金曜は18:50まで。
  30. ^ 金曜は18:55まで。
  31. ^ 同日からCBCテレビ制作『ゴゴスマ』(13:55 - 15:49)の番販ネット開始に伴う、自社編成枠を15:49 - 16:50に枠移動したため。
  32. ^ 半年間は「しっかり天気」直前に、県内ニュースと天気予報を放送していた(2015年3月まで13時55分に放送していた「TUFニュース」の代替)。
  33. ^ 2014年3月31日までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、中部日本放送。
  34. ^ なお、当該時間帯は当初、『With Tigers MBSベースボールパーク セ・リーグクライマックスシリーズファーストステージ第3戦「阪神タイガース×広島東洋カープ」』中継を放送予定だったが(中国放送でもネット受けまたは実況差し替えのどちらかで放送予定だった)、前日に阪神がファイナルステージ進出を決めたため非開催となった。
  35. ^ NスタニュースワイドNスタ ニュースワイド - テレビ番組表の記録 2014年10月13日のテレビ番組表(大阪・地上波1)
  36. ^ 2020年5月4日は第1部を臨時に◎に変更予定だったが、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言延長による安倍晋三内閣総理大臣の記者会見を中継する関係で、第2部全編が全国ネットとなったため、臨時に第1部の時間を「Newsミント!」に差し替えた。
  37. ^ 2019年3月29日(2018年度の「平日版」最終放送日)までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、山陽放送。
  38. ^ 同日からCBCテレビ制作『ゴゴスマ』(13:55 - 15:49)の番販ネット開始に伴う、自社制作枠を16:50 - 17:50に設定したため。
  39. ^ 但し、祝日や年末特別編成では『情報ワイド あれスタ』が休止となるため、第1部を単独番組扱いで臨時に◎に変更するが、16時台にボートレース中継等を放送する際は第0部または第0部・第1部両パート(祝日のボートレース中継の放送終了時間の関係上、第1部開始時間と重複してしまうため。中継終了後は第2部の全国ネット枠が始まるまでは、代替番組を穴埋めで放送)のどちらかを臨時に×に変更する場合がある。また2020年12月24日・25日は、第2部関東ローカルの「Nスタ NEWS clip」からエンディングまでを臨時同時ネットで放送した。
  40. ^ 原則として「Nスタ NEWS clip」で数項目程度ネットした後に区切りのいいところで飛び降りるが、当日の放送内容によっては「井上・Boona・森田or國本の天気」のみをネットして飛び降りとなる場合がある他、重大ニュースまたは記者会見を放送する際は当番組のネット受け時間を繰り上げかつ時間を拡大する場合がある。
  41. ^ 2018年4月2日から2019年3月29日まで、祝日や年末特別編成により当時16時台に放送されていたローカル情報番組『RSK4時なま』休止時に代替編成扱いで第0部を臨時に◎に変更していた。
  42. ^ 但し、編成上は、15:49のままで、冒頭1分間はCMに差し替えていた。
  43. ^ その間も祝日などで17時台のローカル情報番組(『イブニングDonDon』→『RSKイブニング5時』→『ごじまる』〈2019年4月1日から同年9月27日まで〉)休止時は代替編成扱いで第1部を臨時に◎に変更していた。
  44. ^ 同日からCBCテレビ制作『ゴゴスマ』(13:55 - 15:40)の番販ネット開始に伴い、ローカル情報番組『イマナマ!』の放送時間を15:40開始に変更したため。
  45. ^ 臨時でネットの場合あり
  46. ^ Veryカープ! RCCカープナイター』(広島東洋カープ戦)を放送する日の第1部は臨時に×に変更(その場合、『イマなまっ!』が『RCCニュース6』との合同番組として17:50まで拡大放送された。ただ、該当日に『イマなまっ!』が休止もしくは拡大放送とならない時は第1部を△に変更〈その際は概ね「イノ天」〔現在の「井上・Boona・森田or國本の天気」〕が終わる17:30頃までネットし、その後広島のスタジオから『 - ニュース6』のフォーマットで県内ニュース・天気予報を放送〉)。
  47. ^ 17:20過ぎで飛び降り(概ね「5:15NEWS」終了のタイミングで)。
  48. ^ 「Nスタ NEWS clip 」をコーナー扱いで同時ネット
  49. ^ 2020年4月27日から7月3日までは新型コロナウイルス感染拡大の影響でローカル情報番組『ちぐスマ!』が休止となったのに伴う穴埋め措置によるもの。7月6日から『ちぐスマ!』が再開したものの、17時台に枠移動となったこともあり正式に第0部が◎となった。
  50. ^ 2020年9月21日 - 10月2日は『ちぐスマ!』終了から『mix』開始までの代替編成扱いで第1部を臨時に◎に変更。
  51. ^ 新聞・テレビ情報誌の番組表では16:50 - 18:55に『Nスタ&からふる』と、当番組と『 - からふる』がコンプレックス枠扱いで表記されている。
  52. ^ 概ね「気になる!3コマニュース」が終わるタイミングで飛び降り、そのままステブレレスで17時台のローカルパートが開始される。ただしコーナーの放送時間よっては強制的にローカルパートが始まる場合もある(例えば「3コマニュース」のVTRが終わるタイミングなど。)。
  53. ^ 但し、祝日編成で『 - からふる』が18:15開始の短縮版放送となる際は、第1部を単独番組扱いで臨時に◎に変更するが、16時開始のボートレース中継(TBSテレビ制作の場合は除く)を同時ネットする際は第1部を臨時に×に変更(中継の放送終了時間の関係上、第1部開始時間と重複してしまうため)する場合がある。なお、2019年12月26日・27日は年末特別編成に伴い『 - からふる』が全編休止となったため、第2部を単独番組扱いで臨時に◎に変更(「ホラン・森田のトクする天気〈現在の「ホラン・森田or國本の天気」〉も差し替え無しでそのまま放送、県内ニュース・天気予報は17:40 - 17:50に『KUTVニュース・天気予報』を放送)。2020年5月5日・6日は第2部の「630関心事」(現在の「ここが知りたい!」)が終わる18:45頃までネット受けで放送し、その後は高知のスタジオから県内ニュース・天気予報を放送。
  54. ^ 当日の県内ニュースの量が多い日や祝日編成により第1部を臨時に◎とする日を除く。
  55. ^ 毎年8月のよさこい祭りの時期には、演舞中継や関連番組のため第1部を臨時に×に変更する場合があった。また、毎年年末の最終放送日は『イブニングKOCHI』が17:00頃からの拡大放送となるため、第1部を臨時に×に変更していた。
  56. ^ 同日からCBCテレビ制作『ゴゴスマ』(13:55 - 15:49)の番販ネット開始に伴い、ローカル情報番組『タダイマ!』の放送時間を15:40開始に設定したため。
  57. ^ 稀に編成の都合で、第0部が×になることがあった。
  58. ^ 2020年5月18日から22日は第0部を臨時に△に変更(15:41 - 16:50〈15:50 - 16:30頃に部分ネット〉に当番組第0部と新型コロナ関連ニュースを主体とした『今日感テレビ』の特別版によるコンプレックス番組『今日感・Nスタ』を放送したため)。
  59. ^ 但し、『Pint』が18:15開始の短縮版放送となる際は、代替編成扱いで第1部を臨時に◎に変更する場合がある。
  60. ^ 但し、琉球放送の編成の都合で週1日から最大4日程度、第0部を臨時に×に変更する場合がある。
  61. ^ 2014年3月30日までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、中部日本放送。
  62. ^ 2019年3月31日(2018年度の「日曜版」最終放送日)までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、山陽放送。

出典[編集]

  1. ^ Nスタ600回!!☆ 吉田明世のLacky Diary TBSブログ
  2. ^ Nスタ
  3. ^ “TBS佐藤&吉田アナ「Nスタ」新キャスターに”. サンケイスポーツ. (2012年3月19日). オリジナルの2012年4月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120421210347/http://www.sanspo.com/geino/news/20120319/oth12031905040006-n1.html 2014年12月21日閲覧。 
  4. ^ 10月から『Nスタ』は午後4時スタート! 生活情報も更にパワーアップ! TBSホット情報
  5. ^ TBS宣伝部 2013年9月4日の発言
  6. ^ TBS「Nスタ」相棒再放送と直接対決!午後3時50分スタート Sponichi Annex 2013年9月4日閲覧。
  7. ^ TBS:夕方ニュースを1時間前倒し プライムタイムへの流れを改善 毎日新聞デジタル 2013年9月4日閲覧。
  8. ^ 信越放送 テレビ週間番組表 2013年9月30日 2013年9月19日閲覧。
  9. ^ “潮田玲子、『Nスタ』キャスター就任「新たな挑戦に喜び」”. ORICON STYLE. (2014年9月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2042562/full/ 2016年7月30日閲覧。 
  10. ^ 「さんまのからくり」後番組は今田耕司が司会のバラエティー SANSPO.COM 2014年9月4日閲覧。
  11. ^ Nスタ 公式2014年10月5日の発言
  12. ^ (TBS)10月期はニュース強化とバラエティー改編で「家族で見られる」局へ(マイナビ2014年9月4日 9月7日閲覧)
  13. ^ 2017年3月31日までの番組タイトルは『白熱ライブ ビビット』。
  14. ^ a b 堀尾正明キャスター、4月から『ビビット』コメンテーターに - ORICON STYLE2017年1月11日
  15. ^ “ホラン千秋「Nスタ」新キャスター 大学時代はアナ試験全滅”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年1月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/25/kiji/20170125s00041000066000c.html 2017年1月25日閲覧。 
  16. ^ 『Nスタ』良原安美アナが6月からレギュラー出演|TBSホット情報 TBSテレビ公式サイト 2019年5月22日発表、同日閲覧。
  17. ^ 新情報番組『グッとラック!』9月30日朝8時スタート!|TBSホット情報 TBSテレビ公式サイト 2019年9月2日発行、同年9月3日閲覧。
  18. ^ 「お答えします」より、2020年7月16日回答教えてTBSニュース β版”. TBSテレビ. 2020年7月14日閲覧。
  19. ^ 「奇跡の38歳」丸岡いずみキャスター“激戦区”デビューは… - スポーツニッポン 2010年3月30日
  20. ^ 『Nスタ』数字上昇の秘密はホラン千秋のバランス感,NEWSポストセブン,2017年8月27日
  21. ^ 宮根誠司「ミヤネ屋降板」フジ新番組に電撃移籍へ,週刊文春,2017年10月26日号
  22. ^ “TBS「Nスタ」 “フレッシュさ”で平日夕方に定着…視聴率も右肩上がり”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年3月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/19/kiji/20180317s00041000220000c.html 2018年3月19日閲覧。 
  23. ^ TBS「Nスタ」が日テレ「every.」に悲願の勝利 最大の功労者はホラン千秋ではなく‥,デイリー新潮,2019年6月29日
  24. ^ 秋元里奈|食べチョク代表 on Twitter: "【お知らせ】この度、夕方のTBS報道番組「Nスタ」にレギュラー出演することになりました
  25. ^ 月〜水が森田、木・金は國本
  26. ^ 2019年10月以降は月曜日~木曜日は小林廣輝、金曜日は熊崎
  27. ^ 2010年3月29日放送での出演者の発言による。
  28. ^ 直球勝負!イーグルスLIVE』(東北楽天ゴールデンイーグルス戦、デーゲームもしくは薄暮デーゲーム中継)放送時を除く(その場合は臨時で第0部が非ネットとなり、第1部もしくは第2部全国ネット枠からの放送となる)。
  29. ^ 2020年3月27日までは15:50飛び乗り。
  30. ^ 2019年9月27日までは15:50飛び乗り。
  31. ^ 2013年10月7日より当番組に内包。詳細は当該項目を参照。
  32. ^ MROテレビ 2021年1月改編|インフォメーション|MRO北陸放送2020年12月1日閲覧
  33. ^ オープニングと冒頭のニュース1 - 2項目のみ放送。概ね16:06頃で飛び降り(但し、ローカル編成の都合上ニュースの途中でも飛び降りとなる場合もあった)。
  34. ^ 2015年3月27日まではローカル情報番組『今日感テレビ』内包番組扱い。
  35. ^ 羽岡佳 最新情報2012年3月26日更新「TBSテレビ『Nスタ』」より。
  36. ^ 『「Nスタ」内での字幕スーパー誤表記に関するお詫び』 - TBS 2010年4月2日
  37. ^ 『TBSがG木村コーチを「急死」と誤って表示』 - サンケイスポーツ 2010年4月2日
  38. ^ 『プロ野球:巨人・木村コーチ倒れる TBSが字幕誤る』 - 毎日新聞 2010年4月3日
  39. ^ 生放送中に「見せ物でない」と怒号、TBSが中継を断念 「報道各社は迷惑かけ過ぎ」とネットで非難の声産経新聞 2016年4月22日
  40. ^ TBS、イスラム国ニュースで「佳子さま映像」流す 「『イスラム国』家族に『日本人』?」のテロップも
  41. ^ TBS「Nスタ」東京・杉並ミミズク報道で謝罪 生中継で発見報告も「置き物でした」 - スポーツニッポン 2019年2月21日配信・閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBSおよびJNN系列 平日夕方のJNNニュース
前番組 番組名 次番組
総力報道!THE NEWS
(2009年3月30日 - 2010年3月26日)
Nスタ
(2010年3月29日 - 2014年10月3日)

Nスタ ニュースワイド
※15:53 - 17:50→※15:50 - 17:50
Nスタ ニューズアイ
※17:50 - 19:00
(2014年10月6日 - 2017年3月31日)

Nスタ
(2017年4月3日 - )
-
TBSおよびJNN系列 日曜夕方JNNニュース
THE NEWS
(2009年4月5日 - 2010年3月28日)
Nスタ
(2010年4月4日 - )
-
TBS 平日夕方の関東ローカルニュース
イブニングワイド
(2009年9月28日 - 2010年3月26日)
Nスタ
(2010年3月29日 - 2014年10月3日)

Nスタ ニュースワイド
※15:53 - 17:50→※15:50 - 17:50
Nスタ ニューズアイ
※17:50 - 19:00
(2014年10月6日 - 2017年3月31日)

Nスタ
(2017年4月3日 - )
-
TBS 平日15:49 - 15:50
ゴゴスマ -GO GO!Smile!-
※13:55 - 15:50
(2015年9月28日 - 2017年7月28日)
※1分短縮の上継続、
同番組のみCBC制作
Nスタ
(2017年7月31日 - )
-
TBS 平日15:50 - 15:53
15時リピート(ドラマ再放送枠)
※14:55 - 15:55
(2012年10月1日 - 2013年9月27日)
※5分短縮の上継続
Nスタ
(2013年9月30日 - 2014年10月3日)
15時リピート(ドラマ再放送枠)
※14:55 - 15:53
(2014年10月6日 - )
※3分延長の上継続
ゴゴスマ -GO GO!Smile!-
※13:55 - 15:51
(2015年9月28日 - 2016年9月30日)
※1分短縮の上継続、
同番組のみCBC制作
コレ 買いダネ!!
※15:51 - 15:53
(2015年9月28日 - 2016年9月30日)
Nスタ ニュースワイド
(2016年10月3日 - 2017年3月31日)

Nスタ
(2017年4月3日 - )
-
TBS 平日15:53 - 16:53
15時リピート(ドラマ再放送枠)
※14:55 - 15:55
(2012年10月1日 - 2013年9月27日)
※5分短縮の上継続
16時リピート(ドラマ再放送枠)
※15:55 - 16:53
(2012年10月1日 - 2013年9月27日)
※2013年9月27日までは『15時リピート』と枠統合の上、
『月曜ゴールデン』を再放送する場合あり
Nスタ
(2013年9月30日 - 2014年10月3日)

Nスタ ニュースワイド
(2014年10月6日 - 2017年3月31日)

Nスタ
(2017年4月3日 - )
-
TBS 平日16:53 - 17:50
イブニングワイド
※16:53 - 18:40
(2009年9月28日 - 2010年3月26日)
Nスタ
(2010年3月29日 - 2014年10月3日)

Nスタ ニュースワイド
(2014年10月6日 - 2017年3月31日)

Nスタ
(2017年4月3日 - )
-
TBS 平日17:50 - 18:40
イブニングワイド
※16:53 - 18:40
(2009年9月28日 - 2010年3月26日)
Nスタ
(2010年3月29日 - 2014年10月3日)

Nスタ ニューズアイ
(2014年10月6日 - 2017年3月31日)

Nスタ
(2017年4月3日 - )
-
TBS 平日18:40 - 19:00
総力報道!THE NEWS
※18:40 - 19:50
(2009年3月30日 - 2010年3月26日)
Nスタ
(2010年3月29日 - 2014年10月3日)

Nスタ ニューズアイ
(2014年10月6日 - 2017年3月31日)

Nスタ
(2017年4月3日 - )
-
TBS 日曜17:30 - 17:55
前番組 番組名 次番組
THE NEWS
(2009年4月5日 - 2010年3月28日)
Nスタ
(2010年4月4日 - )
-
TBS 日曜17:55 - 18:00
あすのそら色
(2008年4月6日 - 2011年3月27日)
※本番組に内包
Nスタ
(2011年4月3日 - )
-