その原因、Xにあり!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
その原因、Xにあり!
ジャンル 医療番組 / バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
音声 STEREO放送
外部リンク その原因、Xにあり!
その原因、腸にあり!
〜肥満!便秘!肌荒れ!花粉症!あがり症!お悩み解決SP〜
(特番第1回)
放送時間 火曜日 19:00 - 21:54(174分)
放送期間 2016年3月29日(1回)
出演者 高嶋政宏
高橋真麻フリーアナウンサー
ほか
腸を知って身体のお悩み解決SP
(特番第2回)
放送時間 火曜日 19:00 - 21:54(174分)
放送期間 2016年9月6日(1回)
出演者 高嶋政宏
高橋真麻(フリーアナウンサー)
ほか
その原因、Xにあり!
放送時間 金曜日 19:00 - 19:57(57分)
放送期間 2016年10月28日[1] - 2017年9月29日(全33回)
出演者 恵俊彰ホンジャマカ
宮澤智フジテレビアナウンサー
ほか
ナレーター クリス・ペプラー
水樹奈々
テンプレートを表示

その原因、Xにあり!』(そのげんいん、エックスにあり!)は、フジテレビ系列2016年10月28日から2017年9月29日まで毎週金曜日 19:00 - 19:57(JST[2]に放送されていた[1]医療バラエティ番組である。全33回。

過去2回『その原因、腸にあり!〜肥満!便秘!肌荒れ!花粉症!あがり症!お悩み解決SP〜』(そのげんいん、ちょうにあり!〜ひまん!べんぴ!はだあれ!かふんしょう!あがりしょう!おなやみかいけつスペシャル〜)、『腸を知って身体のお悩み解決SP』(ちょうをしってからだのおなやみかいけつスペシャル)という番組タイトルで特別番組として放送された。

概要[編集]

誰もが抱える身近な悩みを医学の専門家と共に解明していく番組。フジテレビ系列での健康情報番組は2007年1月に打ち切りとなった『発掘!あるある大事典II』(関西テレビ制作)以来およそ9年ぶりになった。

恵俊彰がフジテレビ系列のレギュラー番組を担当するのは、『MUSIC FAIR』(2001年4月 - 2016年3月)以来の約半年ぶりとなった。

2017年9月29日をもって本番組は終了[3](最終回は21:49まで拡大の3時間SP)。

出演者[編集]

MC(健康コンシェルジュ・レギュラー版)[編集]

アシスタント[編集]

準レギュラー[編集]

ナレーション(レギュラー版)[編集]

MC(特番時代)[編集]

スタジオゲスト(特番時代)[編集]

第1回
第2回

専門家(特番時代)[編集]

  • 小林弘幸
  • 青江誠一郎
  • 辨野義己※第1回のみ
  • 小林暁子

ナレーション(特番時代)[編集]

放送リスト[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

スタッフ[編集]

特番時代[編集]

  • 構成:生貝宏治、松田敬三、加藤正人
  • リサーチ:スコープフリード
  • コーディネーター:OCEAPRO、GPA
  • TD:大嶋徹
  • CAM:八柄哲
  • VE:藤尾美之
  • AUD:村脇昭一
  • 照明:佐藤博樹
  • 美術制作:丹野ありさ
  • ヘアメイク:山田かつら
  • CGデザイン:今野さと子
  • CG:グレートインターナショナル
  • 編集:橋上憲二、中原勇
  • MA:小嶋雄介
  • 音効:川口匡暁
  • TK:瀬戸口節子
  • 協力:CAPSTONE共同テレビジョンフジアールスタジオヴェルトfmt、DEEP他
  • 広報:平井隆(フジテレビ)
  • AD:碇真人、佐藤絵理、渡邊健一郎他
  • FD:錫木亮
  • AP:渡邊裕美
  • ディレクター:吉行俊介、松井英泰、岡真夕、加藤千春、亀山剛志、曽我和隆、御松慧
  • 企画:情野誠人(フジテレビ)
  • 総合演出:伊藤渉
  • プロデューサー:秋月里江子、新本あじあ
  • 制作協力:NEXTEP
  • 制作著作:フジテレビ

レギュラー版[編集]

  • 企画:情野誠人(フジテレビ)
  • ナレーション:クリス・ペプラー、水樹奈々、槇大輔
  • 構成:生貝宏治、政宗史子、松田敬三、加藤正人(毎週)、森一盛、星野さやか、野地努(週替り)
  • リサーチ:高森雄幸、福田友哉、スコープ
  • TM:大嶋徹
  • TD/SW:菊池謙
  • CAM:八柄哲
  • VE:郡司洋、野瀬かおり
  • AUD:村脇昭一
  • 照明:小井手正夫
  • アートディレクター:邨山直也(フジテレビ)
  • 美術制作:丹野ありさ
  • 美術進行:山口武治
  • CGデザイン:デジデリック
  • CG:グレートインターナショナル
  • TK:瀬戸口節子
  • メイク:山田かつら
  • 音効:川口匡暁
  • 編集:上本学
  • MA:高野博臣、近藤宏紀
  • 協力:共同テレビジョン、フジアール、fmt、IMAGICA、CUEVO
  • 広報:高橋慶哉(フジテレビ)
  • AD:碇真人、柴﨑香苗、牛之濱誠康、小川美佐子、藤井雄真、松永悠里、岡本将太、栗林唯文、岡崎浩輝、宮森敬太、山口健四郎、寺川夕月、栗林唯文、白取春佳、定本彰、田原由結、高橋光(週替り)/松田聖也(毎週)
  • AP:狩野由美
  • FD:本多浩二、加治木淳
  • ディレクター:錫木亮、武藤由華、山本泰輔、西岡奈美、坂井元徳、御松慧、入江和寛、松井英泰、久野和洋、南家幸太、宮久乃、飯田智哉、前田信忠(前田→FD兼務)、中島敏弘、峰尾圭一、須田基之、板倉雄一、山本カンスケ、福井玄樹、牛山淳志、曽我和隆、大津正太、碇真人、宮森敬太(全員週替り)
  • 演出:吉行俊介、手塚裕子、池田浩士、亀山剛志、鈴木優、渡邊美香、川口達也、藤代賢二、赤平卓
  • 総合演出:伊藤渉
  • プロデューサー:秋月里江子/尾谷亜貴崇、相野谷智子、板谷泰彦、小泉美華、舘寿永
  • 制作協力:NEXTEP、共同テレビジョン、ドラゴンエンタテインメント、SMITE PICTURES、ノスコ・コンフィデンシャル
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 広報:平井隆、太田真紀子(2人共フジテレビ)
  • プロデューサー:竹内康人、河田宣正、寺田久美子、勝田久美子

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送開始日 放送日時 遅れ 脚注
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 2016年10月28日 金曜 19:00 - 19:57 制作局
岩手県 岩手めんこいテレビ(MIT) 同時ネット
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
石川県 石川テレビ(ITC)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
佐賀県 サガテレビ(STS)
熊本県 テレビくまもと(TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS)
宮城県 仙台放送(OX) 2016年11月4日 [注 1]
長崎県 テレビ長崎(KTN) [注 2]
富山県 富山テレビ(BBT) 2016年11月18日 [注 3]
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) 2016年11月11日 金曜 15:50 - 16:50 遅れネット
岡山県・香川県 岡山放送(OHK) 2016年11月12日 土曜 15:00 - 16:00 [注 4]
近畿広域圏 関西テレビ(KTV) 2016年11月15日 火曜 19:57 - 20:54
青森県 青森放送(RAB) 日本テレビ系列 2017年1月6日[4] 金曜 0:57 - 1:54
(木曜深夜)
山口県 テレビ山口(TYS) TBS系列 2017年3月29日 水曜 13:50 - 14:53
福岡県 テレビ西日本(TNC) フジテレビ系列 2017年4月3日 不定期放送 [注 5]
北海道 北海道文化放送(UHB) 2016年10月28日 [注 6]
福井県 福井テレビ(FTB) 不定期放送
長野県 長野放送(NBS) スペシャル放送以外未放送
  • あくまで全編ローカルセールス枠の番組であるため、通常時は同時ネットの局であっても、一部ネット局では週によっては自主編成を行う場合があった。その場合は他日に振替放送するか臨時非ネットとする場合があった。
  • 2時間以上のSP放送時は、19:57以降がネットワークセールス枠のため、通常時の非ネット・遅れネット局(通常時のネット局であっても当日自主編成への差し替えを行った場合を含む。)・不定期ネット局では19:57開始でフジテレビからの裏送りで短縮版を放送するか、臨時同時フルネットとする場合があった。なお、裏送りで短縮版を放送するネット局は字幕なしとなった[注 7]
  • 2017年6月23日は当初予定では本番組を放送予定であったが、この日、本番組をフジテレビと同時ネットする予定だった全局で『藤井聡太14才』(東海テレビ制作)のネット受けに急遽変更のため、休止。なお『藤井聡太14才』は当初、東海テレビとさくらんぼテレビでのみ本番組の差し替え番組として放送予定であった[5][6]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 毎月最終週は自社制作番組『仙臺いろは増刊号』放送のため休止。初回は同番組を放送したため、第2回からネット開始。
  2. ^ 初回は自社制作番組を放送したため、第2回からネット開始。
  3. ^ 不定期で自社制作番組『BBTスペシャル』放送のため休止となる。初回・第2回は同番組を放送したため、第3回からネット開始。
  4. ^ 2017年1月13日放送分は同時ネット。
  5. ^ 2017年3月までは火曜夜などに不定期放送。2017年4月からは毎週月曜 15:50 - 16:50でレギュラー放送が開始されたが、ドラマの再放送を開始するため、7月17日の放送を持ってレギュラー放送を打ち切り。再び不定期放送に戻った。
  6. ^ 2017年4月21日までは同時ネット。2017年5月5日から同時間帯に自社制作番組『発見!タカトシランド』を放送している。
  7. ^ 2017年1月13日・5月5日・9月29日放送分が該当。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 恵俊彰、「とにかく正直に」 健康バラエティーMCへの意気込み」” (2016年10月12日). 2016年10月22日閲覧。
  2. ^ 恵俊彰、フジで初のゴールデン番組レギュラーMC 悩み解決バラエティー スポニチアネックス 2016年10月22日閲覧。
  3. ^ 『神ギ問』土19時、古舘は金19時、平日23時バラエティ拡大 - フジ10月改編 マイナビニュース 2017年9月4日閲覧。
  4. ^ 週刊ザテレビジョン北海道・青森版 2016年12月23日・30日・2017年1月6日合併号 p174で確認、2017年3月25日閲覧
  5. ^ 番組公式ホームページ 東海テレビ 2017年6月21日閲覧。
  6. ^ 藤井聡太四段の密着ドキュメンタリー特番、急きょ全国27局で放送へ。 マイナビニュース2017年6月21日発行、同月22日閲覧。

外部リンク[編集]

フジテレビ 金曜19:00 - 19:57枠
前番組 番組名 次番組
その原因、Xにあり!
(2016.10.28 - 2017.9.29)