長谷川博一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索


はせがわ ひろかず
長谷川 博一
Hirokazu Hasegawa.jpg
2010年10月9日撮影
生誕 (1959-05-10) 1959年5月10日(58歳)
出身校 名古屋大学
職業 臨床心理士

長谷川 博一(はせがわ ひろかず、1959年5月10日 - )は、日本の心理学者。一般社団法人こころぎふ臨床心理センターセンター長。元臨床心理士(2017年9月1日まで)[注 1]東海学院大学教授愛知県名古屋市出身。

人物[編集]

南山大学在学中、学生相談室で山中康裕と出会ったことで心理学を志す。心理学者として刑事事件における被告の精神鑑定を務めた[1][注 2]。また、他の殺人事件[注 3]の被告らにも独自に接見し[1][2]、その一部は著書にまとめられている[3]

カウンセラーとして、東ちづる柳美里カウンセリングも行った[4][5]

2012年に東海学院大学を退職後、こころぎふ臨床心理センターを設立。「親子連鎖を断つ会」も主宰し、虐待問題にも取り組んでいる[6]

経歴[編集]

  • 1959年 - 愛知県生まれ。
  • 1984年 - 南山大学文学部教育学科卒業。
  • 1988年 - 名古屋大学大学院教育学研究科(心理学専攻)博士後期課程中途退学。
  • 1988年 - 東海女子大学(現在の東海学院大学)文学部人間関係学科 助手。
  • 1990年 - 東海女子大学文学部人間関係学科 講師。
  • 1994年 - 東海女子大学文学部人間関係学科 助教授。
  • 2001年 - 東海女子大学文学部人間関係学科 教授。
  • 2002年 - 東海女子大学文学研究科 教授。
  • 2012年 - 東海学院大学を退職。こころぎふ臨床心理センターを設立。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『子どもたちの「かすれた声」-スクールカウンセラーが読み解く「キレる」深層心理-』(日本評論社、1998年)
  • 『たましいの誕生日-迷えるインナーチャイルドの生きなおしに寄り添う-』(日本評論社、1999年)
  • 『こんにちは、メンタルフレンド-ひきこもりの子どもの心を開き、家族をも開く支援システム-』(日本評論社、2000年)
  • 『しつけ-親子がしあわせになるために-』(樹花舎、2002年)
  • 『たすけて! 私は子どもを虐待したくない』(径書房、2003年)
  • 『よい子になりたい-少女の心に棲みつく悪魔-』(樹花舎、2003年)
  • 『カウンセリングマインドの重要性-学校臨床の現場から-』(樹花舎、2004年)
  • 『あのとき、本当は……-封印された子どもたちの叫び-』(樹花舎、2004年)
  • 『断ち切れ! 虐待の世代連鎖-子どもを守り、親をも癒す-』(樹花舎、2004年)
  • 『新版 子どもたちのかすれた声-キレる深層心理を読み解く-』(樹花舎、2005年)
  • 『お母さんはしつけをしないで』(草思社、2005年)
  • 『あなたはダメな子じゃない-「私の子育て失敗かも……」というお母さんのためのマニュアル-』(主婦の友社、2006年)
  • 『わが子の気持ちがわからない-思春期の子育て-』(PHP文庫、2008年)
  • 『親と子の気持ちを結ぶ 魔法のしつけ』 (PHP文庫、2008年)
  • 『ダメな子なんていません-ダメな親もいません-』(新潮文庫、2009年)
  • 『お母さん、「あなたのために」と言わないで』(草思社、2011年)
  • 『殺人者はいかに誕生したか』(新潮社、2011年)
  • 『虐待する私を誰か止めて!』(光文社知恵の森文庫、2012年)
  • 『お母さんはしつけをしないで』(草思社文庫、2012年)

共著[編集]

  • 『“私”はなぜカウンセリングを受けたのか―「いい人、やめた!」母と娘の挑戦』(マガジンハウス、2002年) 共著:東ちづる

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 松浦直希 (2012年2月23日). “コラム ほばしら”. 西日本新聞 (福岡県北九州市: 西日本新聞北九州本社): 朝刊. http://www.nishinippon.co.jp/kitakyushu/hobashira/120227/post_83.shtml 2013年12月10日閲覧。 
  2. ^ “もっとわが子信じよう 東海女子大・大学院教授(臨床心理) 長谷川博一さん 子どもは友達と遊び、いたずらを経験して成長する”. 岐阜新聞 (岐阜県岐阜市: 岐阜新聞社): ぎふ平成人国記 第6部 学術編. (2006年10月12日). http://www.gifu-np.co.jp/kikaku/2006/heisei/6/heisei6_5.shtml 2013年12月10日閲覧。 
  3. ^ 長谷川博一 『殺人者はいかに誕生したか―「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く―新潮社2010年11月25日ISBN 97841032876122013年12月9日閲覧。
  4. ^ 『<私>はなぜカウンセリングを受けたのか―「いい人、やめた!」母と娘の挑戦―』 東ちづる、長谷川博一、マガジンハウス2002年11月21日ISBN 9784838712854
  5. ^ 虐待カウンセリング ~作家 柳美里・500日の記録~”. 日本放送協会. 2013年12月9日閲覧。
  6. ^ 親子連鎖を断つ会”. 長谷川博一 公式サイト. 2013年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]