この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

久保田智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くぼた ともこ
久保田 智子
プロフィール
愛称 くぼりん
出身地 日本の旗 日本 広島県東広島市
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-01-24) 1977年1月24日(40歳)
血液型 A型
最終学歴 東京外国語大学外国語学部
欧米第一課程英語専攻
部署 編成局アナウンス部
報道局外信部(2013年 - 2014年)
報道局政治部(2014年 - 2015年)
報道局経済部(2015年 - 2016年)
職歴 東京放送(2000年4月 - 2009年3月)
TBSテレビ(2009年4月 - 2017年6月、企業グループ再編に伴い東京放送より転籍)
活動期間 2000年 -
ジャンル 報道、生活情報
配偶者 あり
公式サイト 久保田智子プロフィール
出演番組・活動
過去 報道LIVE あさチャン!サタデー
おはよう!グッデイ
どうぶつ奇想天外!
2時っチャオ!
みのもんたの朝ズバッ!
報道特集
Nスタ
など
備考
2017年6月、TBSを退社。

久保田 智子(くぼた ともこ、1977年1月24日 - )は、日本アナウンサー報道記者

略歴

1977年1月24日神奈川県横浜市出生。父親は広島県出身で[1]、妹が1人いる。小学校までは神奈川県で過ごし、海老名市立有鹿小学校横浜市立緑小学校横浜市立竹山小学校に通学した。中学校1年の時に[1]広島県東広島市高屋に転居した。このため、公式プロフィールでは広島県出身としている。東広島市立高屋中学校広島県立広島皆実高等学校卒業。高校1年の夏休みに、アメリカ合衆国カリフォルニア州チノ市でホームステイした。

広島皆実高等学校時代の同級生には元プロサッカー選手山根巌が居り、1期上の先輩に元プロサッカー選手の下田崇(現サンフレッチェ広島コーチ、元サッカー日本代表選手)、1期下の後輩にアニメーション作家のひだかしんさく、2期下の後輩に為末大(元陸上競技選手)がいる[注釈 1]

東京外国語大学外国語学部に入学し、欧米第一課程英語専攻。大学3年次にカリフォルニア大学リバーサイド校への留学経験がある。また、竹内香苗は久保田の1年後輩にあたり、会社でも2012年に退社するまで1年後輩であり続けた。

東京外国語大学卒業後、2000年4月にTBS(東京放送[注釈 2]にアナウンサー第35期生として入社(同期は山内あゆ[2][3]2001年から『はなまるマーケット』の当時レギュラーだった森尾由美が司会を務めていた「お願い!すすメール」というコーナーで、同僚の山内あゆと共に出演していた。 また2001年から2008年までの7年間、『どうぶつ奇想天外!』4代目アシスタントを務める。『どうぶつ奇想天外!』の番組中で自身のキャラクターとしてペンギンのマペットをデザインし、TBSショップで販売していたこともあった[4]。また番組の企画でを飼い始めたのがきっかけで、自身の愛猫家ぶりをTBSアナウンサーブログに綴るようになる。

2002年4月からは入社3年目にして朝の情報番組『おはよう!グッデイ』のメインキャスターを元フジテレビアナウンサーで編成局専任局長だった露木茂と共に1年間務め、2003年からは『おはよう!グッデイ』の後枠番組としてスタートした『ウォッチ!』に先輩である土井敏之と1年間引き続きメインキャスターを務めた後に 2004年3月29日より再び『はなまるマーケット』に再登板、斎藤哲也と共にアシスタントとして出演し、主に『とくまる』『はなまるカフェ』『水野真紀の気ままに1DAYレッスン』を担当していた。

2004年9月27日からは小倉弘子の後任として『筑紫哲也 NEWS23』のスポーツコーナーを担当、長らく朝番組を務めてきた久保田にとって初めて深夜番組のキャスターとなった。その間、2004年10月、旧TBSの企業再編により、ほかの全アナウンサーとともに、TBSテレビ(旧TBS系テレビ制作子会社3社合併により発足した会社)へ出向[5]。『NEWS23』には2年間登板したが、番組リニューアルに伴い2006年9月22日の放送を最後に降板。しかし、降板直前の放送における落合博満(当時中日ドラゴンズ監督)へのインタビューがきっかけとなり、また自身の後任者であった高野貴裕が取材に行けなかった関係から、同年10月10日の中日のリーグ優勝決定当日には、降板後にもかかわらず同番組に登場し祝賀会のリポーターを務めた。ただし、ビールかけ実施は番組終了後のため生放送はされず、翌日の同局の各ニュース・情報番組などで取材VTRが使用されたのみだった。

『NEWS23』を降りた後は昼枠に転じて2006年10月2日から2009年3月26日までは昼の情報番組『2時っチャオ!』のアシスタントを務めていた。

2008年3月8日J-WAVEのラジオ番組『RADIO DONUTS』にゲスト出演した。放送局のアナウンサーが系列外の放送局の番組に出演するのは数少ない例であるが、同番組に、かつて『NEWS23』で共演していた山田玲奈がアシスタントとしてレギュラー出演していたことから実現した。

また久保田は業務の都合上、週6日勤務のハードスケジュールをこなしていた時期が過去に3回あった。

  1. 2008年10月から2009年7月まで…従来の『2時っチャオ!』に加え、『報道特集[注釈 3]のニュースを担当。この時点で後輩の蓮見孝之岡村仁美らも週6日勤務だった。『2時っチャオ!』終了後も新たな帯番組『サカスさん』を担当していたが、同番組が週5日から週4日の放送に縮小され(同年9月終了)、一旦は生放送への週6日出演はおよそ10か月で解消。
  2. 2010年1月から9か月間…『みのもんたの朝ズバッ!』出演のため『報道特集NEXT』→『報道特集』と合わせて再び週6日勤務となっていた。
  3. 2011年4月から5か月間…『Nスタ』出演のため、『報道特集』とラジオ『プレシャスサンデー』と合わせて三度目の週6日勤務となったが、同年8月に『報道特集』を降板した。

2009年4月1日、旧TBS(東京放送)が持ち株会社「東京放送ホールディングス(TBSHD)」になったことに伴い[注釈 2]、ほかの(2004年度までに旧TBSへ入社した)アナウンサーとともに、正式にTBSテレビ所属のアナウンサーとなった。

2010年以後は報道・情報系番組にシフトチェンジし、2012年4月から1年間は堀尾正明と共に『Nスタ』キャスターを務めた。

2013年4月から報道局外信部兼務となり[6][7]、アナウンサー兼記者として活動している[6][7]。同年8月1日付でアメリカ合衆国ニューヨーク支局へ赴任することとなった[6][7][8]が、翌2014年2月19日に帰国したことをブログにて報告した[9]。ちなみに同支局には、2004年10月から2005年7月まで、先輩アナウンサー・小川知子が研修を兼ねて派遣されていた。しかし、特派員として海外の支局へ正式に赴任したTBSアナウンサーは、久保田が初めてである[6][7]

2014年、アメリカ合衆国からの帰国と共に報道局政治部へ異動となり、併せて土曜朝の新番組『報道LIVE あさチャン!サタデー』の出演者に名を連ねている[10]。2015年4月からは経済部へ異動した。

2015年5月5日、日本テレビの政治部記者と結婚[11]

2015年11月30日から2016年2月5日まで、産休の膳場貴子に代わって『NEWS23』のメインキャスターを務めた[12]。これにより4度目の週6日勤務となっていた。

2016年3月26日、最後の担当番組『報道LIVE あさチャン!サタデー』を降板し、放送終了後に公式ブログで「ニューヨーク駐在の夫と一緒に生活する為、TBSを退職する」ことを発表した[13][14]。尚、年次有給休暇の残留分を消化するため[13]、遅くとも2017年6月までTBSに籍を残していた[15]

人物・エピソード

  • ほぼ日刊イトイ新聞の連載漫画『TVウォッチャーの逆襲』第241回で同じ広島出身の大本彩乃(通称のっち・Perfume)に似ているとネタにされたこともある。
  • 先述の通り、東京外国語大学在籍時は英語を専攻していたため、英会話が得意。TOEICスコア920点の実力で、ハリウッド・スターが来日しTBSを訪れた際には、流暢な英語通訳を務めた。しかし、久保田自身はかつて担当していた日刊ゲンダイコラムにて執筆当時会社の同僚だった「海保(知里)さん、(竹内)香苗の方が私より英語が上手いです」と記していた。その後2008年6月に退社した海保が担当していた、BS-i(現在のBS-TBS)『Cat Chat 英語でFRIENDS DX』については、後任として後輩の新井麻希が2008年5月から登場。その新井も2010年10月いっぱいで退社し、2011年1月から出水麻衣を起用した『Cat Chat』の新シリーズが放送されている。
  • 大変な映画好きであり、愛読書は蓮實重彦の『監督小津安二郎』。蓮實重彦とは何度か対談した経験もある。
  • どうぶつ奇想天外!』のロケがきっかけで猫好きになり、自宅で2匹の猫(ロシアンブルーの母猫「モネ」と、モネの娘にあたる「マネ」)を飼っている。ちなみに、久保田のブログのトップページにはモネ・マネのイラストが起用されている。
  • 2008年2月に初の書き下ろしエッセイ本『日日猫猫』を発表。本の発売直後の2月24日には、東京・銀座の書店でサイン会を挙行した。この本を発売するほどにプライベートでは猫中心の生活だという。
  • お笑い芸人のビビる大木は、一番好きな女性アナウンサーに久保田の名前を挙げている。
  • 2012年に全米ヨガアライアンス認定のヨガインストラクターの資格を取得した[16]

学生時代

マラソンランナー

  • 2005年ホノルルマラソンに当時『NEWS23』内「サッカー23」のコーナーを担当していた中西哲生と共に出場。これが久保田のマラソン初挑戦となった。サブ5(4時間台)を目標に完走するも、ゴールゲートの時計はわずかに5時間を超えており、悔し涙を見せたが、後日、ネットタイムとしては4時間50分台であり、5時間を切ることができていたことが判明した[注釈 4][注釈 5]
  • 久保田はその後もホノルルマラソンには2014年を除いて[注釈 6]毎年出場し、いずれの年も完走を果たしている。2010年は当時レギュラー出演していた『報道特集』、2011年には『第44回日本有線大賞』とそれぞれ土曜日(JST)の生放送の番組に出演した後、ホノルルに直行し出場した。久保田は当大会のフルマラソンで4時間を切ることを目標にしている[17]
  • 一方、東京マラソンには個人でこれまで3度出場し、いずれも完走を果たしている。2009年の第3回大会に初出場し、4時間6分26秒で完走[18]。2010年の第4回大会に出場した際には、前回よりも10分近く早い3時間57分56秒で完走し、サブ4(3時間台)を達成。2011年の第5回大会は出場しなかった[注釈 7]が、2012年の第6回大会に2年ぶりに出場し3時間55分21秒で完走している[19]

番組出演時など

  • 2007年10月18日発売の「週刊文春」の記事によると、同年8月、同局の『みのもんたの朝ズバッ!』製作スタッフの派遣社員の男が女子トイレの個室内から久保田を携帯電話カメラ盗撮しようとしたところを発見し、その男を同僚と協力して取り押さえたことを報道される(派遣社員は赤坂署員に建造物侵入の容疑で逮捕された後、勤務していた制作会社「ジャスク」を解雇された)。

出演番組

過去

地上波(TBSテレビ)

レギュラー
単発・不定期

BS・CSテレビ

BS-TBS
TBSチャンネル
TBSニュースバード
  • CATCH THE WORLD(報道局外信部所属時に数回出演)

ラジオ

注記のない限りTBSラジオ

出演映画

ビブリオグラフィ

著書
雑誌記事
  • 息切れ - 本人による小説デビュー作。『群像』2012年7月号(2012年6月7日発売、講談社発行)掲載。

注釈

  1. ^ 久保田が2005年世界陸上ヘルシンキ大会ではキャスターとして現地からリポートを担当した際には為末が男子400mハードルで銅メダルを獲得した場面を伝えた。
  2. ^ a b 2001年9月まではラジオテレビ兼営局だったが、その後ラジオ・テレビともに子会社として分社化された(ラジオは2001年10月に「TBSラジオ&コミュニケーションズ」へ、テレビは2009年4月に「TBSテレビ」へそれぞれ移行)。東京放送はテレビの分社とともに持株会社・「東京放送ホールディングス」となり、「TBS」の呼称もTBSテレビの略称として継承された。
  3. ^ a b 2010年4月3日から、『報道特集NEXT』より改題。
  4. ^ 毎年2万人以上が参加するホノルルマラソンでは、後方になるとスタート位置からスタート地点を通過するまでにタイムラグがある。そのため、タイム計測は時計表示による計測とスタート地点を通過するところからセンサーによる計測を併用しており、後方からスタートしたランナーの記録はセンサー計測によるタイムが主に採用される。
  5. ^ 参考までに、2005年大会で一緒に走った中西は、足の痛みの影響もあり、久保田はおろか実父よりも遅いタイムでのゴールであった
  6. ^ 2014年も当初は参加する予定で、出場のための準備もすすめていたが、第47回衆議院議員総選挙が12月14日の実施に決まり、スケジュールの確保が困難になったため出場をキャンセルした。
  7. ^ 理由のひとつとして、久保田が当時レギュラー出演していたラジオの生放送番組『プレシャスサンデー』が、大会当日に聴取率調査の対象日(いわゆる「スペシャルウィーク」)に指定され、番組を休むことができなかったため。
  8. ^ 『TBS50年史』各種資料では、『SupoLOVE2001』と誤記[2][3]
  9. ^ 2011年4月 - 2012年3月まではサブキャスターとして出演(加入時 - 2011年9月まで火 - 金曜日、2011年10月 - 2012年3月までは全曜日)。2012年4月 - 2013年3月はメインキャスター。
  10. ^ 外信部所属時には「ハッケン! in NEWYORK」現地取材キャスター(初回出演は2013年10月14日)として、政治部所属時にはニュース映像やニュース解説で出演。
  11. ^ 膳場貴子の代役として出演。

出典

  1. ^ a b 「生まれたのは横浜」「横浜の中でも4回くらい転校」「父親が自分の実家のある、生まれ育った広島に、、、一緒に戻りました」「それが中学校1年生のとき」。 高須光聖「御影屋」にて久保田智子との対談より [1]
    (参考)「私の母の出身地佐渡には、」 Twitter 2015年2月11日 [2]
  2. ^ a b c d e f 『TBS50年史』資料編P240
  3. ^ a b c d e f 『TBSアナウンサーの動き』P34を参照。
  4. ^ キャットフードは食べられるのかな?”. 久保田智子の『日日猫猫』 (2007年4月26日). 2014年12月21日閲覧。
  5. ^ “TBS社員7割子会社出向…安住、小倉アナも”. ZAKZAK. (2005年1月21日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_01/g2005012107.html 
  6. ^ a b c d “TBSで初!久保田智子アナ、8月からNY支局勤務に”. スポーツニッポン. (2013年7月9日). http://web.archive.org/web/20130712213713/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/07/09/kiji/K20130709006178260.html 
  7. ^ a b c d “TBSの看板アナ・久保田智子アナがニューヨーク支局に栄転へ”. リアルライブ. (2013年7月12日). http://npn.co.jp/article/detail/48020145/ 
  8. ^ “人気女子アナ「ニューヨーク女子会」TBS久保田智子アナも8月転勤”. J-CASTニュース. (2013年7月10日). http://www.j-cast.com/tv/2013/07/10179176.html 
  9. ^ ご報告”. 久保田智子の『日日猫猫』 (2014年2月21日). 2014年12月21日閲覧。
  10. ^ “TBS久保田アナ、帰国後初レギュラー!政策課題を身近に”. サンケイスポーツ. (2014年3月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140309/oth14030904070002-n2.html 
  11. ^ TBS久保田アナ、日テレ37歳政治記者と結婚”. スポーツ報知 (2015年5月15日). 2015年5月15日閲覧。
  12. ^ a b NEWS23久保田智子の日日猫猫 2015年12月1日。同日閲覧。
  13. ^ a b ご報告”. 久保田智子の『日日猫猫』 (2016年3月26日). 2016年3月26日閲覧。
  14. ^ TBS久保田智子アナが退社、夫の住む米国へ”. 日刊スポーツ (2016年3月26日). 2016年3月26日閲覧。
  15. ^ WEBRONZA > 社会・スポーツ > 筆者一覧 > 久保田智子”. WEBRONZA. 朝日新聞社. 2017年8月21日閲覧。
  16. ^ キャットフードは食べられるのかな?”. 久保田智子の『日日猫猫』 (2012年8月21日). 2014年12月21日閲覧。
  17. ^ 弾丸ラン断行!”. 久保田智子の『日日猫猫』 (2011年12月12日). 2014年12月21日閲覧。
  18. ^ 完走の感想”. 久保田智子の『日日猫猫』 (2012年2月27日). 2017年8月5日閲覧。
  19. ^ ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3”. 久保田智子の『日日猫猫』 (2012年2月27日). 2014年12月21日閲覧。

参考資料

  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 資料編
    • 付録DVD-ROM『ハイブリッド検索編』
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書。PDFファイル。全34ページ)
  • 各種外部リンク

関連項目

外部リンク

先代:
外山惠理
どうぶつ奇想天外!アシスタント
第4代
次代:
枡田絵理奈
先代:
斎藤哲也(単独)
はなまるマーケット司会者
2004.03 - 2004.09
※斎藤哲也と2人体制
次代:
海保知里
※最初の半年間のみ斎藤哲也と2人体制