宣伝会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社宣伝会議
Sendenkaigi Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
東京都港区南青山3-11-13
新青山東急ビル
設立 1954年4月
業種 情報・通信業
事業内容 出版事業・一般書籍の編集出版・各種研修・セミナーの企画・実施など
代表者 代表取締役 東英弥
資本金 5億円
売上高 30億円
従業員数 100名
外部リンク http://www.sendenkaigi.com/
テンプレートを表示

株式会社宣伝会議(せんでんかいぎ)は、宣伝・広告・環境に関する雑誌新聞書籍を出版する総合出版社である。日本初のコピーライター養成機関である、コピーライター養成講座などの教育事業も展開している。日本で初めて広告専門誌を創刊した。

沿革[編集]

  • 1954年、日本初の広告専門誌として、月刊「宣伝会議」を創刊
  • 1957年、日本初のコピーライター養成機関として、コピーライター養成講座を開講
  • 1962年、月刊「宣伝会議」の通巻100号を記念し、公募広告賞「宣伝会議賞」を創設
  • 1994年大阪市北区に関西本部開設
  • 1997年福岡市中央区に九州本部開設
  • 1998年名古屋市中区に中部本部開設
  • 2002年札幌市中央区に北海道本部開設
  • 2003年、ビジネス書籍・雑誌の総合出版社「日本ビジネス出版」設立
  • 2005年、月刊「宣伝会議」を月刊から1日と15日発売の月2回刊へ刷新
  • 2007年、東京都港区に北青山オフィスを設立。管理部門、編集部門、営業部門、教育部門、販売部門、ウェブ部門の機能を移す。
  • 2012年、第50回「宣伝会議賞」を開催
  • 2013年、月刊「宣伝会議」を月2回刊から月刊へ刷新、主要四紙デジタル化を開始

主な出版物[編集]

  • 雑誌
    • 月刊「宣伝会議」
    • 月刊「販促会議」
    • 月刊「ブレーン」
    • 月刊「広報会議」
    • 季刊「編集会議」
    • 季刊「100万社のマーケティング」
    • 季刊「環境会議」「人間会議」
  • 年刊
    • 日本の広告会社
    • マスコミ電話帳
    • 広告制作料金基準表(隔年刊)

主なウェブサービス[編集]

  • AdverTimes(アドタイ) - 広告宣伝業界のニュース&情報ポータルサイト
  • 月刊「宣伝会議」デジタル版 - 2013年5月開始
  • 月刊「販促会議」デジタル版 - 2013年7月開始
  • 月刊「広報会議」デジタル版 - 2013年8月開始
  • 月刊「ブレーン」デジタル版 - 2013年9月開始予定

教育事業[編集]

1957年、最初に開講したのはコピーライター養成講座。 その後はブランディングマーケティングクリエイティブ販促広報デジタルと分野の教育へ拡げてきた。現在は札幌から沖縄まで日本全国で年間200を超えるプログラムを展開、7000社以上の企業が社員研修の一環として、導入をしている。近年の導入企業増加の背景には、日本企業が長年追求してきた「いいモノを安く」といった発想が限界に来ていることが挙げられる。価格面ではアジア企業に取って代わられつつある一方で、ブランド力でも、長い歴史のある欧米企業はもとよりサムスン電子のように日本企業をしのぐアジア企業が現れている。こうした中で、単なる機能や品質の追求ではなく、人間の感性や情緒に訴える無形のブランド価値の育成が急務となり、それを可能にする教育プログラムの需要が高まっている。

コピーライター養成講座[編集]

日本初のコピーライター養成機関。1957年に、山之内製薬で宣伝部長だった[1]久保田孝[2]が興した「久保田宣伝研究所」を母体として開かれた。この久保田宣伝研究所が現在の宣伝会議社である。

作家の中島らも林真理子らも講座でスキルを身に付けコピーライターとなった。他にも作詞家の阿久悠、歌手の佐野元春、映画評論家のおすぎ、歌人の枡野浩一などが修了生。コピーライターとしては、仲畑貴志、秋山晶佐々木宏児島令子中村禎神谷幸之助などが講座の修了生。 これまでに5万人以上の修了生を輩出している。 Copywriter Academic Courseの頭文字をとって通称「CAC(カク)」(命名者はコピーライターの眞木準)。

時代に合わせてプログラムを強化しており、初心者向けの基礎コースの他に、上級コース、専門コース、ボディコピー特訓コース、叩き上げコース、先輩コース、弟子入りコース、求人・人材採用専門コースなど、あらゆる領域のコピーが学べるようになっている。

受賞実績も豊富で、例えばコピーライターの登竜門となっているTCC(東京コピーライターズクラブ)新人賞の2016年度の受賞者24名のうち、実に15名が同講座の修了生になるまでになっている。

編集・ライター養成講座[編集]

2000年に開講し、これまで約 4 千人を超える修了生を輩出してきた編集者・ライターの教育機関。現場で活躍する編集者・ライターから、新しい発見を引き出す取材のやり方、読む人の心を動かす編集・ライティングの技術などを基礎から幅広く、習得する。 『日経エンタテインメント!』編集委員 品田英雄や、『NewsPicks』編集長 佐々木紀彦、『週刊SPA!』『日刊SPA!』編集長 金泉俊輔、『クーリエ・ジャポン』編集長 井上威朗、『現代ビジネス』ゼネラルマネージャー 瀬尾傑、『嫌われる勇気』著者 古賀史健、博報堂ケトル 嶋浩一郎、『AERA』前編集長で現朝日新聞社総合プロデュース室の浜田敬子、ダイヤモンド社 竹村俊介、幻冬舎 箕輪厚介、ネットニュース編集者・ライター 中川淳一郎、上阪徹、内沼晋太郎、木崎伸也、山田ズーニー米光一成などが講師を務める。

クリエイティブ系講座[編集]

  • CMプランニング&ディレクション講座
  • Webライティング実践講座
  • アートディレクター養成講座(ARTS)
  • クリエイター・プランナーの評価制度改善セミナー
  • クリエイティブ・ディレクション基礎講座
  • クリエイティブ・ライティング講座
  • クリエイティブディレクション講座
  • デザイン・ディレクション基礎講座
  • ラジオCM制作実践講座
  • 広告デザイン基礎講座
  • 最新カンヌセミナー

マーケティング系講座[編集]

  • BtoB企業のための顧客獲得型Web施策基礎講座~インバウンドマーケティング入門~
  • オリエンテーション基礎講座
  • コスト&クオリティマネジメントセミナー
  • ソーシャルメディアマーケティングセミナー
  • デジタルマーケティング実践講座
  • パッケージディレクション講座
  • ビッグデータを活用したマーケティング・プランニング実践講座
  • ブランドマネージャー育成講座
  • マーケティング実践講座
  • メディアプランニング基礎講座
  • 海外視察研修
  • 企業のための定期勉強会広告・宣伝編2013
  • 健康・美容マーケティング基礎講座
  • 広告の評価基準を作るための1日集中講座
  • 歯科開業医のためのマーケティング基礎講座

広報系講座[編集]

  • Facebookスタートアップセミナー
  • PR基礎講座
  • インナー広報実践講座
  • コーポレートサイト強化1日集中セミナー
  • ソーシャルメディアリスクマネジメントセミナー
  • ニュースリリース作成講座
  • メディアリレーションズ実践講座
  • 危機管理広報講座
  • 広報効果測定1日セミナー
  • 広報担当者養成講座
  • 採用広報強化セミナー
  • 戦略PR講座

デジタル系講座[編集]

  • インスタグラムマーケティング基礎講座
  • Web&広告プランニング講座
  • Webデザイン・ディレクション基礎講座
  • Webプロデューサー養成講座
  • Webマネジメント基礎講座
  • インターネットマーケティング基礎講座
  • スマートフォンマーケティング講座

企画・営業系講座[編集]

  • コミュニケーションデザイン実践講座
  • 企画営業力養成講座
  • 企画書・プレゼン講座
  • 受注を勝ち取る企画提案セミナー
  • 提案営業力養成講座

販促系講座[編集]

  • イベント企画・集客実践講座
  • セールスプロモーション講座
  • プロモーショナル・マーケター養成講座
  • 売れるネット通販実践講座
  • 販促物のレスポンスを獲得するための1日集中セミナー

就職支援系講座[編集]

  • 広告界就職講座

宣伝会議賞[編集]

宣伝会議が主催する、広告表現のアイデアをキャッチフレーズおよびCM企画で競う日本で最大の公募広告賞。多くの広告賞は、実際に広告として使われた表現を審査対象としているが、宣伝会議賞では、協賛企業から課題として出題される商品・サービスについての広告表現を公募しており、実際に広告物に使われていないものが審査対象となる。広告制作の仕事をしていなくても応募が出来るため、コピーライターに限らず、広告業界を目指す学生や、主婦なども応募しており、最近では受賞作を実際に広告として使う例も見られる。

糸井重里林真理子も過去に同賞を受賞している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]