北野大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きたの まさる
北野 大
北野 大
生年月日 (1942-05-29) 1942年5月29日(74歳)
出生地 東京都足立区
職業 科学者

北野 大(きたの まさる、1942年5月29日 - )は、日本の化学者タレントコメンテーター秋草学園短期大学学長。 元・淑徳大学人文学部表現学科教授、元・明治大学理工学部応用化学科教授。専門は環境化学工学博士東京都立大学(現:首都大学東京)、1972年、学位論文「光分解-ガスクロマトグラフィーの研究」)。日本分析化学会会員。所属事務所三桂東京都足立区出身(現在も在住)。

兄に会社役員(宇野製作所取締役営業本部長を歴任)の北野重一、弟にビートたけし(北野武)、姪に北野井子がいる[1]

人物[編集]

東京府東京市足立区(現:東京都足立区)出身。次男。

足立区立第四中学校東京都立上野高等学校を経て明治大学工学部工業化学科卒業。もともとは英語を学びたく千葉大学文理学部(現在の文学部)英文科に合格したが、母親の命で工学部工業化学科に進んだ。 その後、大正製薬に入社し、研究部防虫課でワイパアなどの同社殺虫剤製品(現在は白元に部門譲渡)の品質改良などに従事した。その後、学者への道を目指して退職し、東京都立大学大学院工学研究科工業化学専攻修士課程に入学。1972年博士課程修了。修了後はロッテの非食品部門に短期間勤務したが退社し、分析化学の専門家として、財団法人化学品検査協会(現:財団法人化学物質評価研究機構)に勤務する。

弟のビートたけしの縁で司会者の大橋巨泉に見出され、1987年からタレント活動も行っている。大曰く、自分がテレビに出られるのは「弟の七光り」[2]

1987年10月、『関口宏のサンデーモーニング』のコメンテーターとしてテレビに初出演した[3]。それが縁で関口宏事務所(現在の三桂)に所属する。1988年8月に大橋巨泉司会の人気クイズ番組だった『クイズダービー』のレギュラーとなる。また『平成教育委員会』、『スーパークイズスペシャル』、『たけしのニッポンのミカタ』などでは、弟のたけしとは何度か共演している。現在では『ひるおび』や『Nスタ』にコメンテーターとして出演中である。

財団法人化学品検査協会では主任研究員を務め、1994年淑徳短期大学教授に就任。1996年から4年制として改組した淑徳大学国際コミュニケーション学部教授を経て、2006年から明治大学理工学部応用化学科専任教授に就任し、2013年3月で定年退職した。

2004年9月からは江戸川総合人生大学学長に就任、行政生涯学習をテーマに現在まで関わる。

2013年4月からは淑徳大学総合福祉学部教授に就任。2014年4月からは淑徳大学人文学部表現学科教授に就任。

2017年4月秋草学園短期大学学長に就任。

安全学の研究者でもある。

弟のたけし同様、野球好きで、プロ野球読売ジャイアンツ埼玉西武ライオンズに在籍した清水隆行のファン。

役職[編集]

受賞歴[編集]

  • 2004年日本分析化学会技術功績賞
  • 2006年環境科学会学会賞

家族[編集]

お笑いタレント映画監督のビートたけし(北野武)は実弟であり、北野井子は姪にあたる。

愛称は「北野先生」の他、「まー兄ちゃん」「お兄さん」と呼ばれる。また、大橋巨泉からは「まーちゃん」と呼ばれている。テレビ出演の際には、弟のたけしからは「兄貴」と呼ばれている。小さい頃は「大」と呼び捨てにされていた(現在でも、テレビでこの呼び方をされることがある)。兄弟の中で下から2番目であったので、上の兄弟の呼び方をそのままたけしが使ったためである。

クイズダービーの出演[編集]

大橋巨泉司会の番組『クイズダービー』には、かつて長年務めた篠沢秀夫(当時学習院大学教授)の後を引き継いで、第652回(1988年8月6日放送時)から第795回(1991年7月13日放送時)までの約3年間、5代目1枠のレギュラー解答者として出演した。それ以前にも第626回(1988年2月6日放送時)に、出場者が博士号に関係した人達の大会ということで、北野も5枠のゲスト解答者として一度登場した。2014年12月19日、2015年5月22日の復刻版でも1枠回答者として出演した。

エピソード[編集]

  • 千葉大学文理学部(現・文学部)英文科に合格したにもかかわらず、母に「工学部じゃないとだめだ」と言われ、2次募集で明治大学工学部工業化学科(現・理工学部応用化学科)に進学した。
  • たけしが東京芸術大学大学院の教授に就任したため、兄弟揃って大学教授となっている。
  • たけしによると、学生時代に友人から借りた自動車を運転中に父・菊次郎をひき逃げしたことがあるという。しかし、これは事実ではなく、たけし著『菊次郎とさき新潮文庫版(2001年、新潮社ISBN 978-4101225241)の北野執筆のあとがきによると、実際は、父親が自転車に乗っているときに、どこかの会社の自動車の扉が開いてそれと接触したということである。大自身は今でも自動車免許を持っていない。
    • 「人をひいた」と顔面蒼白で帰ってきたところ、母・さきは「もう寝ちゃいな。一日経っちまえば分かりゃしないんだから」と大に言い、たけしには「警察が来ても絶対言うな」と口止めをしたが、しばらくして顔面血だらけの菊次郎が「俺をひいて逃げていきやがった奴がいる!」と怒りながら帰ってきた。見ると菊次郎の自転車がペシャンコになっており、さきとたけしはそれで事情を察知し大笑いになったという。
  • 『マジカル頭脳パワー!!』の『エラーを探せ!』では北野をモチーフとしたキャラクターがしばしば登場していた。
  • 兄弟が全員独立した後、大の一家が両親と同居していた。
  • たけしの著書『菊次郎とさき』によると大は兄弟の中で最も母・さきを恐れていたという。さきの告別式当日は雷が鳴るほどの荒天で「これはお袋が怒っているんだ」とビクビクしている姿を見た長兄・重一が「今の時期に雷が鳴るのは当たり前だ」と窘めたが、式の最中だけは雨も止んで空が晴れたため「やっぱりお袋は凄い、凄いよ」と驚嘆していた。その姿にたけしは「これが博士号持ってる学者かい…」と内心呆れていたという。

著書[編集]

  • 『マー兄ちゃんの西の国から―世界おもしろ発見!!』(1988年、ワニブックスISBN 978-4847010620
  • 『なぜか、たけしの兄です』(1988年、主婦と生活社、/「TODAY BOOKS」版:1998年)
  • 『いま、飲み水が恐ろしい!―果てしなく汚染されている“水”の新事実』(1991年、主婦と生活社)
  • 『僕が「化学者」になった理由―マー兄ちゃん、教育・家族・環境を語る』(1994年、PHP研究所)
  • 『世界おもしろ発見!―マー兄ちゃんの海外遊泳術』(1994年、PHP研究所、ISBN 978-4569566917
  • 『農薬・添加物 こうすれば安心して食べられる』(1995年、主婦と生活社、ISBN 978-4391117202
  • 『飲み水は、いま!』(1996年、研成社
  • 『されど、たけしの兄です』(1998年、主婦と生活社
  • 『いまだに、たけしの兄です』(2000年、主婦と生活社
  • 『ドクター北野の地球なんでも好奇心』(2001年、日本放送出版協会
  • 『北野家の訓え 強く、たくましく生きる』(2003年、PHPエル新書)
  • 『教育のプロが語る 「できる子ども」は環境で決まる』(2005年、ダイヤモンド社ISBN 978-4478970584

共編著[編集]

  • 『化学分析のしかた・考え方』(吉弘芳郎共編著、1982年、オーム社
  • 『人間・環境・地球―化学物質と安全性』(及川紀久雄共著、1994年、共立出版
  • 『サラリーマン 自分づくりのすすめ―地球・ビジネス・社会・生活 環境への適合を目指す』藤江俊彦共著(1997年、産能大学出版部
  • 『リサイクル知恵袋』(石沢清史、松田美夜子、寄本勝美共著、1997年、中央法規出版
  • 『図解 地球環境にやさしくなれる本―ダイオキシンから環境ホルモン、温暖化まで、身近な環境問題のすべて』(監修、1998年、PHP研究所)
  • 環境ホルモンを考える会編『環境ホルモンから家族を守る50の方法―今日から始める生活防衛マニュアル』(監修、1998年、かんき出版
  • 『さわやかかんきょうノート―環境汚染と健康障害』(大島明、井口泰泉、西岡一共著、1999年、ぱすてる書房
  • 『21世紀のライフスタイル』全3巻(上田広,松原健司,永江総宜,岩村沢也,淑徳大学国際コミュニケーション学部環境問題研究プロジェクト編、1999-2002年、研成社
  • 図解 地球環境にやさしくなれる本―家電リサイクル法からダイオキシンまで、身近な環境問題を考える(監修、2001年、PHP研究所)
  • 『資源・エネルギーと循環型社会』(編著 及川紀久雄,久保田正明共著、2003年、三共出版
  • 『北野大とやさしく学ぶ面白バイテクゼミナール』(日野明寛,田部井豊共監修、2004年、旭屋出版
  • 『環境と生命』(及川紀久雄編著 久保田正明,川田邦明共著、2004年、三共出版)
  • 『心に残る名詩・名歌・名句』(監修、2004年、主婦と生活社)
  • 『人間・環境・安全―くらしの安全科学』(及川紀久雄共著、2005年、共立出版、ISBN 978-4320043756
  • 『環境と安全の科学―演習と実習』(及川紀久雄,保母敏行共編著、2007年、三共出版、ISBN 978-4782705384
  • 安全学入門―安全の確立から安心へ(向殿政男,菊池雅史,小松原明哲,山本俊哉,松原健司共著、2009年、研成社)
  • 『北野大vsビートたけしの新環境文化論 もったいないねこのバチ当たりめ!(ビートたけしと共著、2010年、あ・うん、ISBN 978-4901318976
  • 『低炭素社会と資源・エネルギー』及川紀久雄編著 篠原亮太共著 三共出版 2011
  • 『なぜ、製品の事故は起こるのか 身近な製品の安全を考える 安全学入門 part2』向殿政男,小松原明哲,菊池雅史,山本俊哉,大武義人共著 研成社 2011

メディア出演歴[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • JARO(1995年)
  • 公共広告機構(現:ACジャパン、1992年)因みに弟・武もACジャパンになった2009年にCM出演している。

北野大を演じた人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この他、重一と大との間に兄が1人いたが、たけし出生前の幼い頃に死亡している。また、たけしとの間に妹が1人いる。
  2. ^ 『なぜか、たけしの兄です』(TODAY BOOKS版)、10頁。ISBN 4-391-12250-2
  3. ^ 『なぜか、たけしの兄です』(TODAY BOOKS版)、11-20頁。

外部リンク[編集]